2015年05月06日

ネーヤも弁当会(勉強会)のお話

さてと、今日でゴールデンウィークもおしまい黒ハートいろいろと遊びまわってきたネーヤ、何か忘れているなぁ〜exclamation&questionって思っていたら、忘れていたのはブログ更新でしたあせあせ(飛び散る汗)

と言う事で、本日はブログ更新!内容は勉強会についてのお話!!
え?それって4コマ漫画界の貴公子がネタにしてなかった??という読者さんはかなりの薬剤師ブログ通わーい(嬉しい顔)
ネーヤも昨日見てきてビックリしちゃったわよどんっ(衝撃)でね、被っても悪いし、ネーヤは今回はボツネタにするか、貴公子には一言連絡入れておこーって思ったんだけどね。今回のネタは前々から考えていたし・・・連絡入れるのは面倒だし貴公子なら怒らないだろうからいいやっexclamationって思ったから、そのまま書いちゃうわね揺れるハート
まあ、内容は殆ど被らないし、せっかくだから貴公子の内容もちょっとだけ引用しちゃうけど、向こうのブログを見ていない人には関係ないからいいわよね???

でね、唐突だけどDrや薬剤師には学会や勉強会と言った集まりがあるのね。ちょっとそれを分類してみると・・・

1、日本薬剤師学術大会と言った全国規模のもの
2、関東地区や都道府県での学術大会
3、地区での薬剤師会や医師会の勉強会
4、メーカー主催の勉強会
5、医療機関内での勉強会

などなど様々、他にも同じ科のDrが集まって症例検討会なんかもあるのね。
で、これらの勉強会なんかの殆どは協賛として製薬メーカーさんが付くの。それでね、製薬メーカーはこのような勉強会には、食事や飲み物なんかを用意してくれるの。最近では段々縮小の傾向にあるけど、昔は大規模な勉強会となると、それが終わった後、懇親会と称して立食パーティー、二次会の接待、タクシーチケットは当たり前の世界だったのよ。最近では殆どなくなってしまったけどねたらーっ(汗)ちなみに、今でも小さな勉強会などでも製薬メーカーがお弁当とかを用意してくれることが多くて、貴公子が言うように勉強会ならぬ、弁当会などと揶揄されるわけね。
で、製薬メーカーさんもPRを兼ねて、勉強会の前に自社製品を紹介したり、講師のDrには自社贔屓のDrを連れてきたりとかも良くあるお話。例えばある地区でネーヤが出席した医師会の勉強会では・・・

某製薬メーカーの学術さん「本日はご多忙の中、数多くの先生方にお集まり頂き誠にありがとうございます。○○先生のご講演に先立ち、先日当社から発売されましたA錠の説明をさせて頂きます。簡単ではございますが、各先生方のお手元には軽食を用意させて頂きました、お疲れでしょうから食事でも摂りながら聞いていただけると幸いでございます。」
なんて挨拶から始まって、A錠の説明が始まるのね。もちろん、各机の上にはお弁当やペットボトルの飲み物が用意されているの。まあ説明は、良くあるもので他社製品との比較や安全性なんかを淡々と説明していくわけね決定それが終わると講師のDrが登場。司会には地区の医師会長や学術担当のDrがいて、講師のDrの略歴を説明。大体ここまでで、30分くらいかな?この後、タイトルに沿った学術的な話や症例紹介がなされていくのね。大体これが1時間強かな?ちなみにDrによっても違うけど、1時間強のうち、強の部分はこのとき協賛してくれた製薬メーカーさんのPRが入るの。それが、こんな感じ・・・
Dr「・・・と、この疾患において本日協賛してくださったメーカーのA錠を使用したところ、臨床検査数値も改善され、多剤との併用や副作用の心配も少なく、この患者様は現在もA錠の服用でQOLが保たれております」
とかねるんるんまあ、この程度なら可愛いもの。中にはA錠の良さを伝えようと最初からA錠の使用例を前面に押し出してくる講師のDrもいるくらい。

ああ、こんな話ではつまらないわよねあせあせ(飛び散る汗)ネーヤが書くんだから、もっと違う目線からハートたち(複数ハート)
でね、このとき出されるお弁当と言うのは、もちろんホカ弁などというレベルではなく、ちょっと高給なお弁当有料別に買えないほど高給ではないけど、ちょっと地元で名前が通った料亭や洋食屋さんの仕出し弁当や、有名なパン屋さんのサンドイッチなんかなのね。ハッキリ言ってしまうとネーヤはこのお弁当が楽しみるんるん
貴公子は・・・
《薬剤師で勉強している》=《弁当会に参加している》と思っている痛い薬剤師
と綴っていたけど、その第一人者がネーヤなのよっどんっ(衝撃)(あ、でもほんのちょっとだけ勉強もしてるわよ)

で、この協賛メーカーは圧倒的に先発メーカーが多い。まあ、それは当然よねexclamationジェネリックメーカーがPRするとしたらコストパフォーマンスや剤形の説明が主になってしまうから勉強会にはならない物ねもうやだ〜(悲しい顔)まさか・・・
「今回当社で発売されたB錠のジェネリック品はB錠より吸収がよく、効果発現が早く、効果もB錠を上回ります」
なんて言おうものなら、ジェネリック品の定義が根底から覆されるだけでなく、薬事法なんかに引っかかって発売停止になっちゃうだろうからねバッド(下向き矢印)
じゃあ、ジェネリックメーカー協賛での勉強会(弁当会)はないの??って仰る読者の方々。
それじゃあ、ここでお話が終わっちゃうでしょ失恋もちろん、ジェネリックメーカーでも頑張っている所があるから、こんな話題に振ったのよexclamation
今回、紹介するのは・・・
日医工株式会社さん
ジェネリックメーカーでも、大手のメーカーさんね。このメーカーさんの勉強会と言うのは結構ユニークでお薬の効能効果や、作用機序とかの勉強会ではなく、ジェネリック品への変更基準や保険に関しての勉強会を行ってくれるのわーい(嬉しい顔)
まあ、Drはターゲットではなく、薬剤師や、事務さんがターゲットになっているわけね。ネーヤの薬局でも2回ほど勉強会をしてもらったけど・・・
1回目、先発品名処方・一般名処方をジェネリック品に変更するときのルール
 これは、ジェネリック品からジェネリック品への変更もあったけど、用量の変更は許されるのか、剤形変更はどこまでOKなのか、などなど大体理解しているつもりだったけど、ネーヤが勘違いしている所もあって、勉強になったわね揺れるハート
2回目、これから増える特定疾患について
 今年の1月から、特定疾患に関する給付方法が変わったでしょ?それに関する細かい算定方法やこの秋に増える疾患に関しても情報を出してくれるの。これに関してはうちの事務さん達がいろいろと質問していたわね黒ハート

でね、もちろんこのときの勉強会も日医工さんのご好意でお弁当が用意されるんだけど、ネーヤの薬局では午後が休みのときに、勉強会を行うことが多いのね。お弁当を用意する手前、2回目の勉強会の前に日医工のMR、Nさんがやってきてこんな会話がなされたのね。

N「で、ネーヤ先生。次回の勉強会ですが人数は何名ほどになりますか?」
ネ「えーっと、そのときはパートの薬剤師さんも出席させていただいて、事務さんは3名だから、全部で5名出席させていただくわね」
N「分かりました、じゃあお弁当は5人分で、代わり映えしなくて申し訳ありませんが、この前の洋食屋さんのお弁当で宜しいですか?何かご希望があればそちらにしますけど?」
ネ「ああ、別にこの前と同じでいいわよ、すごく美味しかったわーい(嬉しい顔)
N「分かりました、じゃあ今回も同じお弁当を用意させていただきますね。そう言えば、次回の勉強会の後はもう、お休みでしたよね??」
ネ「???そうよ、午後にお休みのときの方が、ユックリ勉強会ができるしね。この前の勉強会のときも休みだったけど???」
N「すいません、それを忘れておりまして・・・じゃあ、今回のお弁当はニンニクを使用しても大丈夫ですね。前回は午後のお仕事に差し障りがあると思いまして、ニンニク抜きでお弁当を用意させていただいたんです。」
ネ「え?そこまで気を遣ってくれてたの??」
N「はい、やはり患者様の前でニンニクの匂いをさせていたのではマズイかと思いまして。」

まあ、当然といえば当然なんだけど、この心遣いにはちょっと感動しちゃったわよexclamation×2
確かに勉強会のお弁当なんて、付属品みたいなものなんだけど・・・
こう言った心遣いだけでもメーカーさんやMRさんの評価は上がるわよね!!!


と言ったところで、本日は大したオチもなくこれにておしまいっ
ダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私はお弁当なんか気にした事もありませんが?と言う真面目な医療関係者さんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑え?私はお弁当だけもらえて、勉強会がないのが理想なんですが?と言うネーヤ以上にフザけた医療関係者さんはこちらをポチッと






↓やはり、チョットした気遣いは嬉しいよねexclamationお弁当についているペットボトルのお茶が綾鷹だと嬉しくなるわーい(嬉しい顔)と言うこだわりがある人はこちらをポチッと押した後、どこのお弁当が美味しかったか是非コメしてください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 12:21| Comment(20) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

あ、はい・・・そうですね!?

さてと、今日は薬剤師ブログで初めての内容るんるん
それは配送さん黒ハート

えっ?配送さんについて書かれた薬剤師ブログを読んだことがある??
シー!あなたが黙っていれば分かりゃしないわよっ!!
多分、こんな所に目をつけるオフザケ薬剤師なんてネーヤくらいよっexclamation薬剤師ブロガー界の隙間産業と読んでちょうだいexclamation×2

さて、前フリはこのくらいにして・・・
この配送、以前は注文を受けてMSさんが得意先まで持っていくことが普通だったのね決定大体、朝とお昼に会社によってお薬を車に積んで得意先に配送するの。ところがそれだと手間も掛かるし、得意先のDrや薬剤師とゆっくりお話も出来ないから、各卸とも次第に配送専門の人間を用意し始めたの。
でね、それからレセコンが普及・発達しだしてお薬の在庫管理もそれでし始めたの。それまでは薬剤師や事務さんが自分の目で在庫量を確認して発注を出していることが多かったと思うけど、その頃から在庫がある一定量より少なくなるとレセコンが教えてくれて、レセコンから発注できるようになって来たのね。そうすると、特に一括注文する必要性もないから細かい発注になって行ったのよ。
で、細かい発注になると配送の方も忙しくなって来て、各卸とも卸とは別会社の配送センターを作って、そこが一手に配送を引き受けるようになってきたというのが、現状exclamationまあ、急配の場合はMSさんが配送する事もあるけどね。で、この配送センター、卸によって違うのだけれども、卸の近くにある場合も有るし、卸とは全くの別な土地が安い田舎などに広大な土地を持って、近代的な建物でかなり大きな範囲で配送を引き受けているのね。昔はMSを引退した方が再就職で配送に回ったりもしたけど、今ではそういうのは殆どなくなって、資本は同じでも全くの別会社になっている場合が多いのね。

でね、この配送が薬局に来たときは、薬剤師と以下のような会話がなされることが普通なのねひらめき
配「こんにちは、お世話になります○○薬品です。検品お願いします。」
と挨拶と共に、伝票が薬剤師の手に手渡され・・・
薬「はい、じゃあA錠の100錠包装が3本、Bカプセルの1000カプセル包装が1本、ああ、湿布はこちらの隅に置いてくれる?それからC錠の500錠包装が1本、それから・・・」
と言う風に伝票を読み上げていって、配送の人がそれを箱から出していくのね。
でもって、検品が終わった所で、受け取りの印鑑を伝票に押して・・・
薬「はい、ご苦労様。これ受け取り伝票ね黒ハート
配「ありがとうございますexclamationまたお願いしますexclamation×2
と配送の人は、受け取り伝票とお薬を持ってきた空のコンテナを持って退場。となるわけねひらめき

ところが・・・とあるM卸さんで画期的なシステムが生み出されるのね。
M卸さんが生み出したシステムとは配送センターでお薬の検品を行い、それをコンテナに詰めて封印してそれと共に伝票と検品票を得意先にお届け。得意先では配送の人間と薬局の人間で検品をせずにコンテナごと検品票をお渡しして、受け取り伝票に受け取り印だけ貰って配送の人間は退場するといったシステム。まあ、これで間違いが無いとは言い切れないけど、その後薬局はユックリと検品票を使って検品するといったシステム。
これだと配送の人も余計な時間を取られずに、物だけ置いて次の得意先に行けるという事なのねひらめき

でもねぇ〜このシステムって、非人間的と言うか・・・ちょっと人によってはイラッむかっ(怒り)とすることもしばしばなのよパンチ
え?どういうことかって??じゃあ、それは再現フィルム?でね黒ハート

とある日、ネーヤの薬局の午前10時。薬局の中は第一陣の患者様でいっぱいどんっ(衝撃)ネーヤも事務さんもお薬の払い出しやレセコン入力にてんてこ舞いどんっ(衝撃)薬局のいすも全て埋まっている所に、M卸の配送員Lさんがコンテナを積んだ台車を押しながらご来局。

L「お世話になります、Mです。朝の配送、こちらにおいておきますね」

そう言うや否や、薬局の待合室の待合室の隅にコンテナを積んでいく。ちょうど月初で結構たくさん発注したし、湿布の箱もあって、ただでさえ狭い待合室が益々狭くなっていく。コンテナを全て下ろし終えた所で・・・

L「これで全てです!検品はセンターでしてありますので、こちらに受け取り印をお願いします。」

ちょっと、待てぇ〜い!
状況を見ろやぁ〜!!
お前の都合だけで物事を進めるなやぁ〜!!!



あら、ネーヤとしたことがお恥ずかしいあせあせ(飛び散る汗)
でもね、気が小さなネーヤにはそんな風に怒鳴る事もできなくて・・・
ネ「あ、はい・・・そうですね。じゃあこれ・・・」
そう言って、手早く印鑑を押して返すだけで精一杯。
L「ありがとございましたるんるん
あたふたしているネーヤたちを尻目にLさんは車に乗り込むと、次の得意先に向かってしまった・・・


でね、このM卸の配送システム。必ずしもコンテナで置いていくわけではないの。発注品目が少なければ、その場で封印を解いて、中身のお薬だけ取り出して、その場で検品していく場合もあるのね。M卸の配送員さんは何人かいて、普通に検品をしてお薬だけ置いて言ってくれる方もいらっしゃるのよ決定
で、またとある日のネーヤの薬局、本日は先日と違って薬局はすごく暇。30分ほど前から患者様も途切れて、薬局の中はゆったりとした時間が流れていく・・・と、そのときご来局したのは件のLさんどんっ(衝撃)

L「お世話になりますMです。午後の配送になります。受け取り印をお願いします。」

そう言った手には、やや小さめのコンテナが一つ。

ネ「ああ、ご苦労様。じゃあ検品するわね」
L「いえ、検品はもうセンターの方でしてありますので、印鑑だけで結構ですexclamation

え?ちょっと待合室の中を見てよ?誰もいないでしょ?
これだけのお薬くらいこの場で検品してコンテナ持って帰ってよ!!
あんた、バカじゃないのっ!!!


はぁーはぁー、今回は言ってやったわexclamation×2
でも、言ったのはLさんが帰った後の事務さんの前。

そのとき気が小さいネーヤは・・・
ネ「あ、はい・・・そうですね。じゃあこれ・・・」
たった一枚しかない伝票に印鑑を押して、Lさんに返す。Lさんまたもや・・・
L「ありがとうございましたるんるんまたお願いしまするんるんるんるん
と帰っていった・・・たらーっ(汗)もちろん、コンテナの中は伝票通り100錠包装のお薬が3品目たらーっ(汗)

ねー、M卸さん・・・
このシステム考え直した方が良くない?
少なくとも、Lさんにはこのシステムは向いてないよ!!!


それにね、Lさんがうちの薬局の担当になってから、新しく採用になるお薬でどこの卸も採用に関与してない場合、ネーヤは絶対にM卸には新採用品目を回さなくなったものもうやだ〜(悲しい顔)

配送だって、立派な会社の顔よっ!!!

と、ここで嘆いた所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓まあ、確かに薬剤師ブロガー界の隙間産業だよねわーい(嬉しい顔)まさか、配送が来るとは思っても見なかったexclamationって、意表をつかれた方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、これで薬剤師ブログと言うのはどうなのむかっ(怒り)って、懐疑的な目を向けられた方はこちらをポチッと







↓私、実はとある卸の配送なんですが・・・あのシステム、得意先で評判が良くないですどんっ(衝撃)って、仰る方はこちらをポチッとした後、会社の方に是非報告書をあげてください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 19:18| Comment(17) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い!〜MRの質〜

さてと、ここの所忙しくてなかなかブログ更新できないネーヤもうやだ〜(悲しい顔)
今月はもう無理かなと思っていたけど、今日の予定がポッカリ空いてしまったので、今日は更新わーい(嬉しい顔)ちなみに今日のお題は前回予告した通り・・・

ジェネリックメーカーのMRはMRではないの???

ああ、タイトルは違うけど気にしないでちょうだいexclamation中身は上記の通りだからどんっ(衝撃)

でね、どういった事かと言うと、前々回に挙げたブログにちょっと興味を引くコメントを頂いたの。まあ、説明は後に回して、そのコメントの抜粋がこちら!

そこで、現役薬剤師のネーヤさんにMRについて伺いたいことがあります。
GEを取り扱うMRの仕事ぶりを教えて頂きたいのです。GEMRは新薬MRと違い低価格の宣伝ばかりして、肝心の薬に関する知識や情報に乏しく、MRとは名ばかりの存在だ、という情報をネットで沢山見かけました。
ですが、本当にそうなのでしょうか?GEしか取り扱わないといえどMR認定資格はちゃんと取るし「情報提供・収集」がまともにできない(必要ない)ならそもそもGEメーカーはMRを採用しないですよね?
正直、GEMRに対する風当たりの強さからネガティブな情報が氾濫しているのではないか、と疑っています。
なので、実際に日頃から大勢のMRと関わっておられるネーヤさんからGEMRの実態、ネーヤさんが感じておられる事等、色々と伺いたいのです。


コメントを下さった方は、ビンタさん黒ハートこの度、MRの内定を頂いた方。コメントを見せてもらった限りでは、ジェネリックメーカーに内定が決まったのかな?
でね、このコメントを見たネーヤは目から鱗が18枚くらい落ちたのよexclamation今まで《先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い!》シリーズなんか書いてきたけど、もっとマクロな題材があるじゃないどんっ(衝撃)
と言う事で、本日はこれについて書いちゃうよ揺れるハート一応解説は入れていくけど、まあ、元々がマニアックなブログな上に、今日はさらにマニアックな内容だから、分からなくなっちゃった方は今回のブログをプリントアウトして近所の薬剤師さんに訊いてちょうだいexclamation×2

じゃあ、思うままに書いていくから・・・ちなみに今までのブログと重複するから適当に読んで行ってちょうだいね!
先ず、ジェネリック品。これは今までも書きまくったから説明は要らないわよねあせあせ(飛び散る汗)でね、今でこそジェネリック医薬品とかエスタブリッシュ医薬品とか言われているけど後発品はその昔、ゾロ品と呼ばれていたのね。先発品に対して後からゾロゾロ湧いて出てくるように発売されるからゾロ品。これは今でもちょっと歳がいった医療関係者は使っちゃうんじゃないかしら?あまりいい言葉ではないけど、言いやすいしねたらーっ(汗)
で、そう呼ばれていた時代にはジェネリック品と言うのは納入価が命だったの。半値なんていうのは当たり前で、半値8掛け、キャッシュバックやサンプル添付で薬価の1割なんていうのも珍しくはなかったと聞いているわ。
えっ?キャッシュバックやサンプル添付??うーん、これは悪しき時代の言葉なんだけど・・・つまり薬価が1万円のお薬を5千円で買ったときに、おまけとして2千円の現金を渡したり、サンプルのお薬をもう1箱プレゼントしたりしたの。サンプルは普通に患者様に使って代金や保険請求をしていたのね。
でね、細かい事は省略するけど、この時代にはメーカーさんが病院や薬局に行って、価格交渉をしていたのね。卸はメーカーさんから指示された値段で医療機関にお薬を卸していたのよ。つまりMRさん(当時はプロパーって呼ばれていたんだけど)はお薬のお話と共に価格のお話のウェイトがかなり多かった時代だったのねもうやだ〜(悲しい顔)
で、この時代はお薬を使えば使うほど儲かる暗黒の時代だったのよ。もちろん真面目なDrも数多かったけど、お薬を滅茶苦茶な量を処方するDrもいたのね。中にはお薬がご飯の量以上だったなんて冗談が出るくらいだったの。
でね、このお話は先発メーカー、後発メーカー両方共にあったお話なんだけど、どちらかと言うと後発メーカーの方が価格のお話がメインだったのね。確かに当時の後発メーカーは納入価のお話ばかりだったらしいわよ。

と、ここまでが後発医薬品がゾロ品と呼ばれていた頃のお話。この後いろいろな医療改革が生まれてくるのね。ネーヤもそれほど詳しいわけではないから、思いつくままに書いていくわねるんるん
先ず、何よりも大きいのが医療費が増大してきたこと。
昔は医療費はそれこそ湯水のように使われていた時代だったのね。昔は国保0割(負担金なし)や社保の本人が1割だった時代があるの。ちなみにその後国保社保ともに3割になっていくんだけど、医師国保や全国建設国保は0割、薬剤師国保や退職者国保は2割だったのね。ちなみに今は全て3割になってるわ。
高齢者(70歳以上)も昔は0割だったのね。今では1割で、今年4月2日以降に70歳になった方は2割負担。
何が言いたいのかと言うと、昔は保険のお金がかなりあったの。ところがボスが無計画にガンガン使っていたために懐具合が寂しくなってしまったのねたらーっ(汗)そこで、ボスは患者様の負担を多くすると共になるべく医療費を抑えるように飴と鞭で指導をし始めたの。
これはいろいろあるんだけど、鞭の方はお薬の種類を多くした場合、処方箋発行費を安くしたり、無駄なお薬と思われるお薬に関しては保険を支払わないために監視を強化したりしたの。最近では薬局と処方箋の付け合せを行っているわね。
飴に関しては、お薬の名前を一般名で処方した処方箋に関しては保険点数を増やしたりしたのね。と、同時に薬局ではジェネリック医薬品の使用率が多い薬局には加算点数をつけさせたりしたの。逆に低い薬局には罰則は無いけど、厳しく指導する事になっているわもうやだ〜(悲しい顔)
で、ジェネリック医薬品の使用は医療費を抑えるボスの施策となっているわけ決定

じゃあ、次に行くわね。次は建値制度の導入。
前に書いてあるけど、昔はお薬の納入価はメーカーが直接医療機関と交渉してたのね。でも、それだとメーカーと医療機関の癒着も出てくるし、メーカーは直接医療機関と価格交渉を無くして、卸さんに価格交渉を委ねたのね。そうする事によって、販売競争を正常化させると共に、MRは価格抜きにして純粋にお薬のPRをする事になったの。ちなみに前にも書いたことがあるけど、最近は接待や過度の販促資材品も無くすようになって来ているわねるんるん

さてと、前置きが長くなったけど・・・
えっ?長すぎて疲れた??
やだなぁ〜!こんなのいつもの事じゃない!!


と言う事で、ここからMRさんのお話に入っていくわよexclamation×2
先ずね、ビンタさんが仰る通り、今までの経緯を考えるとジェネリックメーカーのMRさんはMRとは名ばかりでMRじゃないと考えられてしまうかもしれないわね。確かにネーヤがMRをしてた時代には、ネーヤが納めていた医薬品をジェネリック品に変えられて、苦々しい思いをしたこともあったし、『価格でやりやがってちっ(怒った顔)』と思った事があるのは事実。
でもね、もうそういう時代ではないのよわーい(嬉しい顔)ジェネリック品は確かに納入価が安い物もあるけど、先発品と殆ど変わらない物も多く、これから益々そういう傾向は強くなると思う。
でね、そうなってくると後発メーカーのMRさんも価格のPRなんていらなくなってくるわね。純粋にお薬のPRで勝負しなくてはならなくなるわよ揺れるハート
次に、MR認定試験のお話。これも先発・後発メーカーどちらのMRさんも同じ試験を受けるの。メーカーによって試験が変わる訳ではないからね。自動車の運転免許と同じで老若男女全てが同じ土俵なのよ。ああ、それから付け加えておくと、薬学生の中にはMRになる方もいるわよね。ちなみに薬剤師免許を持っていてもMR試験はあるからねexclamationまあ、薬剤師免許を持っていれば試験の一部は免除となるけど、MR試験に合格できないとなるとメーカーはMRとして不適格と見なされちゃうからね。

じゃあ、先発メーカーと後発メーカーのMRは同等って言う事??って思った読者の方々わーい(嬉しい顔)

えーっとね、ここからはネーヤの主観だけで物を言うから話半分に聞いて欲しいんだけど・・・
先発メーカーと後発メーカーのMRさんではちょっと質が違ってくると思うのよどんっ(衝撃)つまりね、ビンタさんのコメ返にも書いたんだけど、専門知識やPR方法がちょっとずれているのね。先発メーカーはそのライバルが他社メーカーの類似薬である事に対して、後発メーカーのターゲットは先発品や同じ後発品となるわけね。

ん?分からない??
じゃあ、例を挙げて説明するわね。例えばこのブログでもいろいろと書いてきたディオバン錠。ノバルティス社さんの製品だけど、相手は同じARBであるブロプレス錠やオルメテック錠なんかになるわけね。これをPRするには降圧効果や副作用の頻度などがPR文句となるわけ。それに問題にもなっちゃったけど腎臓の保護作用があるとか・・・まあ言うなれば薬理学的なPRがメインとなるわけ。
それに対して、ディオバン錠のジェネリック品であるバルサルタン錠「メーカー名」の相手はディオバン錠や他社のバルサルタン錠になるのよひらめき例えば、サンド薬品さんからしてみれば、オーソライズドジェネリックでバルク(原材料)、添加物、製造ラインも全て同じで、同じお薬で患者様の負担が少なくなります!と言う宣伝になってくるだろうし、日医工株式会社さんなんかは調剤用パッケージで調剤過誤や調剤の負担を減らします!といった宣伝が出来るのね決定他のメーカーさんでも割線を深く入れて、半分に割りやすくなっています!とかシートの色を変えて薬効も記載してありますので服用間違いが少なくなります!とかいった宣伝の仕方になるわね黒ハート
それからね、マイスリー錠のジェネリック品でゾルピデム錠「KN」がそうだけど、先発品にはないOD錠があるのね。この場合には、夜間にトイレに行きたくなる人が水分を少しでも摂らずに服用できます!といった宣伝の仕方が出来るでしょ?
つまりね、後発メーカーのMRさんは製剤学的なPRなどがメインとなるわけ。それから先発品を後発品に変更するときの法律上の問題なんかは先発メーカーさんはあまり重要視していないのに対して、後発メーカーさんはその分野はミッチリ教え込まれているのよ。
だから、どちらが上とかしたとか無いのね。そのメーカーさんによってPRする部分が違うんだからexclamation×2
ちなみに、Drや薬剤師だって同じなのよ。医師免許を持っていれば、一応どの疾患だって診ることが出来るし、内科医が目薬を処方する事もあるし、極端な事を言えば目のオペをしても問題ないのよ。まあやる人はいないでしょうけどね。薬剤師だって勤める薬局によって、得意分野が少しづつ違ってくるのね。まあどちらも専門認定医師や専門認定薬剤師と言う資格はあるけどね。
ああ、ブログを読んでいる方ならブログでも分かりやすいんじゃないかな?同じ薬剤師のブログでも、お薬の作用機序や副作用を中心に書いてあるブログもあるし、医療制度をメインに扱ったブログもあるでしょ?まあ、どちらもボスが認めてくれた薬剤師だし、お薬のことを中心に書いているブロガーさんだってたまには保険制度のことを書くしねexclamation

じゃあ、長くなっちゃったからそろそろまとめるかな?つまりね・・・・・

MRはMRなのよっ!!!

ちなみにネーヤは尋ねたい内容によってMRさんを選んでいるけどねわーい(嬉しい顔)中には、「自社に関係のないお薬に関して何でそんなに詳しいのっあせあせ(飛び散る汗)」って言うMRさんもいてビックリよっどんっ(衝撃)

それでは・・・ああ、遅れてしまったけど・・・

ビンタさん、本当に内定おめでとう!
たくさん勉強して、これぞ・・・
THE MR!!
と言われる様になってくださいね!!!



と、言った所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私は先発メーカーのMRですが法律・製剤学ともに精通していますけど、何かexclamation&questionと言う優秀なMRさんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は後発メーカーのMRですが大学時代は薬理学教室に在籍していましたが、何かexclamation&questionと言う、やはり優秀なMRさんはこちらをポチッと







↓薬剤師ブロガーさんは、たくさんいるけどネーヤみたいにフザけたブロガーさんはいないわねふらふらこれはこれで貴重な存在よねるんるんって、褒めているんだか貶しているんだか良く分からない感想を持った方はこちらをポチッと押した後、お目直しに違うブログに飛んでください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 12:09| Comment(18) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。