2015年06月24日

きゅーにゅーきゅーにゅー!

さてと、今日は久しぶりにお薬のお話わーい(嬉しい顔)
あ、でも最初に言っておくわどんっ(衝撃)今日のお話は、一般患者様のためのお話だから、ウソやデフォルメ、その他諸々が交錯しているから、業界の方が見たらツッコミ所満載なの黒ハートだ・か・ら・・・

本日のお話は業界人閲覧禁止!
薬学部生も2年生まで!!


と言う事にさせていただくわexclamationまあ、見るだけならいいけど・・・ツッコミは禁止ね揺れるハート

で、早速。とある日、ネーヤのかかりつけ患者様からコメを頂いたの。内容は『レルベアってどんなお薬?』と言う内容。
でね、レルベアと言うのは気管支喘息の吸入治療薬。ちなみにネーヤが懇意にしていただいている読者の中にこのお薬のMRさんがいるから、説明してもらおうと思ったけど、それも芸が無いもうやだ〜(悲しい顔)で、ネーヤが説明するんだけど、ネーヤが説明しだすと無駄に長くなっちゃうのよねふらふらしかも、喘息関係のお話をしていくと、アッチコッチお話が飛んじゃって・・・だから、今日はネーヤが知っている事だけを簡単に説明していくわねハートたち(複数ハート)
先ず、喘息って言うのは簡単に言うと、喉から肺にかけて息の通りが悪くなって、上手く呼吸ができなくなる病気。似たような病気に咳喘息、COPD、気管支拡張症などいろいろあるんだけど、今回質問されたのはレルベアについて。このレルベアは気管支喘息の適応しか持たないからそのお話だけね黒ハート

先ずね、どんな病気かを知ってもらうために・・・ゴムホースを使って水播きする光景を思い浮かべてちょうだい。
でね、そのホースの途中を手で強く握ると水の通りが悪くなるでしょ?またはホースのゴム自体が厚くて内径が小さくても水の通りが悪くなるわよね?それが気管支喘息と同じわーい(嬉しい顔)気管支がそのホース、中を通る水が呼吸だと考えればいいの!
つまりね、気管支喘息と言うのは気管支が細くなる、又は気管支の壁が厚くなって呼吸の通りが悪くなる病気なの!!ちなみにその原因はアレルゲンとなる埃や花粉、ペットの毛など、または気温の変化などでも気管支喘息は引き起こされるのね。あ、あとストレスなんかもその原因となることがあるわあせあせ(飛び散る汗)
ここまでは理解できたかな?

でね、ここからは喘息治療薬について話を移していくわね。これも種類がたくさんありすぎるから、吸入薬限定ねるんるんちなみに気管支喘息と書くと文字数が多くて長くなるから、これ以降は喘息と省略させてもらうわねひらめき
その昔、喘息と言うのは気管支が細くなる病気と考えられていたの。で、各製薬メーカーは・・・
じゃあ、気管支を広げるお薬を出せばいいじゃね?
と考えるのね。そして考え出されたのがβ刺激剤。まあ細かい薬理作用は置いといて、気管支にあるβ受容体と言うところを刺激して気管支を広げるお薬と考えてちょうだい。で、世界ではこのβ刺激剤の吸入薬が幅を利かせ始めるのね。ところが、このβ刺激吸入薬が売れ始めると同時に、不思議な現象が起きるのね。それは・・・

心臓に負担がかかって死亡者数が増えた事

ああ、だからと言って吸入薬を止めようなんて考えないで!お話は最後まで聞いてちょうだい!!
んーとね、β刺激剤って言うのは気管支を広げると同時に心臓に負担をかけてしまうと言う事が分かったの。だから、このβ刺激剤の反対のβ遮断薬と言うのもあって、血圧を下げるのにも使われるわ。
でね、ここから研究が進むのね。β受容体と言うのは、β1とβ2と言う二つの種類があって、β1は心臓に多く、β2は気管支に多いと言う事が分かったの。そこでメーカーはまた考えるのねひらめき
じゃあ、β2受容体だけ刺激してやればいいんじゃね??
ってね。そこで開発されたお薬がβ2刺激吸入剤exclamation
これが出ると同時に、心臓に負担がかかって、死亡する患者様は減っていくの。普通なら、ここで良かった良かったわーい(嬉しい顔)となるはずなんだけど、ここでまた問題が生まれてくるのね。最初の内はβ2刺激剤が効いていた患者様も使っていくうちにこのお薬が効き難くなってくるのよ。でね、そう言った患者様を調べていくと、気管支が細くなるというより、気管支を構成する肉が炎症を起こしていて内径が狭くなっていると言うことが分かるのね。そこでメーカーは考えるの。
じゃあ、気管支の炎症を取ってやればいいんじゃね???
という事で考え出されたのがステロイド吸入剤。ステロイドは皆様も良くご存知の通り、炎症を強く抑える働きを持っているのね決定
で、吸入ステロイド剤が世界で売り出されるの。ただし、ステロイドだけでは効かない気管支が細くなっている喘息もあるから、β2刺激剤も組み合わせて使われるようになったのね。それからこの直後、世界を震撼とさせる発表が行われるの。それは・・・
吸入剤に使われているフロンガスがオゾン層を破壊してしまう!
と言う事実。まあ、実際に吸入剤に使われるフロンガスは全体から見れば微々たるものだったけど、環境破壊を見逃すわけにはいけないと言うことで、その後オゾン層に影響を与えない代替フロンガスや粉を吸入するドライパウダー剤が出てくるのね。で、ここで一件落着となるところが、吸入剤はまだ進歩していくのねひらめき
先ずは、β2刺激薬は作用時間が短いから1日に何回もしなくてはならなかったんだけど、長時間作用して喘息の発作をコントロールできる長時間作動型β2刺激薬、通称ラバ(LABA)が開発されるのね。
そしてβ2刺激薬とステロイドを2回も吸入するのは面倒という人のためにこのラバとステロイドが一緒に吸入できるという合剤が出てきたのね。

だいぶ端折っているんだけど、これがレルベアなの!!!

という事で、レルベアはこんなお薬と分かっていただけたかなぁ〜???
でね、ここまでが読者の方から質問された回答揺れるハート
でも、調子に乗ったネーヤは続けちゃうわねるんるん

この吸入薬と言うのは、内服薬と違って直接患部に届くから、お薬の量が少なくて、全身性の副作用が少ないと言うメリットがあるのね。ところが吸入薬にもデメリットがあるの、ネーヤが考えるにそれは・・・・・

1、ちゃんと吸入できたか不安
2、吸入方法が面倒


の2点たらーっ(汗)これらについてはやっぱり吸入薬より内服薬の方が上回るメリットよねもうやだ〜(悲しい顔)
まあ、この2つの点ではメーカーさんもかなり工夫をしてきて、1番目のデメリットではちゃんと吸入すると口の中に甘い味が広がるものや、吸入器のインジケータの色が変わって教えてくれるなんて言うのもあるんだけど、2番目の方はなかなかねぇ〜。ある吸入薬のMRさんが言うには・・・、
イ、カバーをあけて
ロ、レバーを押して
ハ、吸って
ニ、カバーを閉める
だけで、簡単です!と言われても・・・まあ、今回質問にあったレルベアなんかは(ロ)のレバーを押してがないと言う分だけ簡単だとは思うけど、それでもそれを面倒に思う患者様も多いのは事実。まあこれ以上省略のし様が無いとは思うけど、中には(ロ)のところで
ロ、下の部分をカチッと音がするまで回して
なんていうのもあるしね。まあ、それを患者様に納得させて使わせるのが薬剤師のお仕事と言われればそうなんだけど、中には『そんな面倒なら飲み薬にしてくれ!』なんて仰る患者様もいるし・・・実際にこのブログやTwitterなどを通して聞いた話だと、吸入剤だけ異様に残っている方若干2名いらっしゃるしねたらーっ(汗)だからね、もちろんネーヤも努力するけど・・・

お薬を眺めていても効果はないのよ!
今日説明したようにどんなにいいお薬でもねっ!!
だからやっぱり、用法用量を守って使ってちょうだいっ!!!


と、叫んだところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓そう言えば、吸入薬家にも溜まっているなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)なんて、ネーヤをイラッむかっ(怒り)とさせる人はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は大丈夫exclamation吸入薬と共に内服薬も同じ様に余っているからわーい(嬉しい顔)と、もっとネーヤをイラッパンチとさせる人はこちらをポチッと







↓私はちゃんとお薬を飲んでいるわよ!と、ネーヤを笑顔わーい(嬉しい顔)にしてくれる方はこちらをポチッと押した後、お薬を忘れないコツをコメントしてください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 16:30| Comment(32) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

本当にツッコミどころ満載!



ちっくしょー!!!

(小梅太夫さん懐かしいなるんるんいまごろなにしていらっしゃるかしら黒ハート


と、いきなり叫んだところで本日のブログの始まりexclamationちなみに本日のブログは医療関係者向け、一般の人はあまり読んでも面白くないから覚悟だけはしておいてバッド(下向き矢印)
でね、え?なんでそんな風に叫んだのかって??それはね・・・

ネーヤのブログの半分はネタと緻密な計算でできているからよっ!!!
(どこかで聞いたことがあるかもしれないけど無視してちょうだいっ!)

今日はね、コメントで頂く最近多いジェネリック品への変更について書くつもりだったのたらーっ(汗)
でもね、その前に最新ネタでどーしても!ツッコミを入れたくなったから予定を変更してお届けするわっexclamation×2
え?このブログの半分はネタと緻密な計算と言うのは分かったけど、残りの半分は??と思った方。

残りの半分はパクリとイキアタリバッタリ、それに思いつきよっ!!!

とりあえず、今日はそのツッコミネタを間に挟んで書くから、ジェネリック品への変更ネタは次回ね!コメントをくれた方は、もう少し待っていてね黒ハート

では、今日のブログもネーヤの薬局から始まる。本日いらっしゃったのはE卸のMSさんKさん、若手ながら早くて的確な情報提供をしてくれるMSさん揺れるハート
K「こんにちは、お世話になります。MのKです」
ネ「あら、Kさんこんにちは。今日はいつも訪問する時間より早くない?」
K「ああ、ちょっと都合で時間が空いたんです。それにネーヤさんに早めの情報をお届けしたくて。」
ネ「へー、それは殊勝な心がけわーい(嬉しい顔)で、どんな情報?」
K「はい、これをご覧ください」

そう言って、ファイルから取り出した1枚のリーフレット。一番下には日医工株式会社の文字が書いてある。そのリーフレットは薬局に置いてきちゃったので見せられないけど、書いてある内容を簡単に書くと以下の通り。

販売名が一般名に変わります

ビーソフテン油性クリーム0、3%
      ↓
ヘパリン類似物質油性クリーム0、3%「日医工」

ビーソフテン外用スプレー0、3%
      ↓
ヘパリン類似物質外用スプレー0、3%「日医工」


ああ、一応一般の方向けに簡単に説明しておくとね、ビーソフテンと言うのはジェネリック品なのね。先発品の名前はヒルドイド。まあ、効果を簡単に言うと皮膚の血行を良くしたりして、しもやけや皮膚を滑らかにするのに使われるのね。抗がん剤の副作用でよくあるハンドフット症候群のときなんかは、「手足がベタベタになってもいいから、とにかく塗れ!」なんて指導を行ったり、「ハンドクリームだと思って適当に塗っておいて」なんて指導を行うDrや薬剤師(ネーヤの事よっ!)がいるくらいの副作用も少なく非常に優れたお薬なのね決定ちなみにヘパリン類似物質と言うのはヒルドイドの一般名なのね。

で、そのリーフレットに一瞥をくれたネーヤ。
ネ「ああ、商品名が一般名に変わるだけでしょ?別に珍しくはないと思うけど?」

ここでも、解説。ジェネリック品も昔は商品名がついていて、いろいろとあったのね。それに関しては昔ネーヤがブログで書いたからちょっと見てきてちょうだいexclamation

《お薬の名前〜徒然なるままに〜》

見てきてくれた?でもね、最近ではジェネリック品は一部の商品を除いては
一般名「メーカー名」
と言う名前にしているのね。でもって、昔の商品名を持ったジェネリック品も最近ではこの法則にしたがって一般名「メーカー名」に変更する事がよくあるのよ。で、解説は終わりにしてKさんとの会話に戻るわね黒ハート

K「そうなんですけどね・・・一般名に変わるのはこの2種類だけなんですよね・・・」
ネ「え?どういうこと??他の基材は???」
K「変更ありません、ビーソフテンのままですたらーっ(汗)

えーっと、ここでも解説が必要かな?
ヒルドイドって言うのは、基材によって何種類かあるのね、それが・・・
・ヒルドイドゲル0、3%
・ヒルドイドクリーム0、3%
・ヒルドイドソフト軟膏0、3%
・ヒルドイドローション0、3%
の4種類。つまり日医工さんの変更は・・・
・ヒルドイドゲル0、3%→ビーソフテンゲル0、3%「日医工」
・ヒルドイドクリーム0、3%→ビーソフテンクリーム0、3%「日医工」
・ヒルドイドソフト軟膏0、3%→ヘパリン類似物質油性クリーム0、3%「日医工」
・ヒルドイドローション0、3%→ビーソフテンローション0、3%「日医工」
となるわけね。ああ、ここでビーソフテンローション0、3%「日医工」がおかしいと気がついた方もいるわよね。でもね、これはこれで正解なの。ビーソフテンローション0、3%とビーソフテン外用スプレー0、3%はデバイスが違うだけで、中身のお薬は同じなのね(ちなみに薬価は外用スプレーの方が高い)ひらめき
でも、ローションはビーソフテンローション0、3%の名前で、ビーソフテン外用スプレー0、3%はヘパリン類似物質外用スプレー0、3%「日医工」に名前が変更になるのよあせあせ(飛び散る汗)

・・・・・・・・・・

Why Nichi−Iko Company Why!!!


なんで、基材が変わるだけで、同じ主成分なのに名前を変えるの?
しかも、ビーソフテンローションとビーソフテン外用スプレーは基材も全く同じでデバイスが違うだけじゃん!

と、厚切りジェイソンさんのネタをパクっているところで、Kさんはそのリーフレットを裏返す。

K「で、ネーヤさん。名称変更と共に容器のデザイン変更があります。」
besoften-oilcream25_1311.jpg
besoften-oilcream100_1310.jpg
besoften-oilcream500_1310.jpg
とまあ、これが現在の容器デザイン。
それが今度は・・・・・
名前と共に、キャップや文字の色がブルーに変わるのよどんっ(衝撃)
パッと見、薬品名も変わっているし同じお薬とは思えないくらいexclamation×2
ちなみに、これは日医工さんのHPに行って見たけど、名称変更だけで容器変更の発表は成されていなかったので、写真は無しもうやだ〜(悲しい顔)

あっけに取られているネーヤにKさんはさらに続けて、追い討ちをかける

K「ネーヤさんは、ビーソフテンは日医工さんですよね。」
ネ「お・おう・・・Kさんの所から入れているでしょ?」
K「ちなみに、ビーソフテンは持田製薬さんからも販売されている事はご存知ですよね?」
ネ「お・おう・・・前に持田製薬さんのMRさんから、『宜しかったら、うちのビーソフテンもよろしくお願いします』って言われた事があったもの。」
K「ちなみに、持田製薬さんは容器の色は変わらないんですよね・・・」

Why MOCHIDA Company Why!!!

K「ですから、容器の色とかを気にする患者様などでしたら、持田製薬さんの方に変えたほうがいいかもしれませんね」
ネ「お・おう・・・そ・そ・そうかもしれないあせあせ(飛び散る汗)
K「ああ、患者様がいらっしゃったようですわーい(嬉しい顔)それじゃあ、私はこれで!あ、持田さんのにするときも帳合はうちにして下さいねるんるん

そう言うと、Kさんはにこやかに退出ダッシュ(走り出すさま)

でね、これが不思議でたまらないネーヤはいろいろと調べてみたの。
で、分かったことは・・・名前がヘパリン類似物質に変わるお薬は製造元が日医工株式会社さん。名前が変わらないビーソフテンは製造元が帝國製薬株式会社さんなのよひらめき
でも、結局は製造販売承認を帝國製薬株式会社さんに移管しただけで中身は全く同じじゃないの?
しかも、名称変更する油性クリームと外用スプレーは、製造元は同じ日医工株式会社さんなんでしょ??
それから、Kさんには聞き忘れちゃったけど、持田製薬さんは名称変更はどうするの???
念の為、持田製薬さんのHPを見てきたけど、容器変更はモチロンの事、名称変更も何も書いていないのよふらふら

え?ひょっとして、製造販売元である日医工株式会社さんの策略?
その2社って、仲が悪いの(ソンナワケナイ)


Why Nichi−Iko・MOCHIDA Company Why!!!

と、最後まで厚切りジェイソンさんをパクって推したところで、本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私は日医工株式会社の関係者なんですが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押してから情報をください黒ハート
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は持田製薬株式会社の関係者なんですが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押してから事実確認をして下さい揺れるハート







↓私はどちらの関係者でもありませんが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押して、厚切りジェイソンを楽しみながら、ことの成り行きを見守りましょう

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:26| Comment(16) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

処方箋のお作法〜続編〜

さてと、本日は前回の続編exclamation読者の皆様、お待たせいたしましたexclamation×2

え?誰も待っていない??他のブログに行く???
ちょ、ちょ、ちょっとまってあせあせ(飛び散る汗)
まあ、他のブログに行くのは仕方ないとして、それじゃあネーヤのご挨拶だけ聞いてから、行ってちょうだいどんっ(衝撃)

このブログ、本日を持ちまして、5周年を向かえましたぁ〜!
これもひとえに読者の皆様のおかげです!!
ありがとうございます!!!


ということで・・・

おめでとう!!!


と言ってくださる方は、こちらをポチッとしてから行ってちょうだいexclamation

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

え?おめでたくも何ともない??
いいわよ、それじゃあネーヤ一人でさびしく祝杯あげるからたらーっ(汗)

と、業務連絡はここまでにして、この前の続編。
この前のブログでは処方箋の中で、処方欄が一番大切って書いたわよね。そりゃあまあ、どこも不備があったりしてはならないんだけど、やっぱり処方欄に不備があると患者様の健康被害が出ることもあるし、処方疑義をかけなくてはならないから、患者様をお待たせしちゃうしねふらふら
でね、今日はここの処方に特化して書いていくから、若き研修医の方は是非、読んでちょうだいどんっ(衝撃)(本日も上から目線exclamation
じゃあ、早速行くわよ!この前のクラシエの漢方は理解できたわよね?今回もネーヤが困った処方箋内容を挙げていくからねグッド(上向き矢印)

Rp)
ツムラ No68 3包
         分3毎食前 14日分

これはツムラの芍薬甘草湯。ツムラさんの芍薬甘草湯は1包2、5gしかないし、薬剤師が見れば意味は通るから間違える事もないんだけど、処方箋としてはアウト!Noや略号で記載する事は許されていないのよむかっ(怒り)だから・・・
Rp)
ツムラ芍薬甘草湯  7、5g
         分3毎食前 14日分

と、書くのが正解。また、芍薬甘草湯だけ書いてメーカー名を書き漏らしも気をつけて!

Rp)
(頓)ロキソニン錠60mg 1T
         分1寝る前 10日分

これは、頓服薬の定義が間違っているのねひらめき頓服薬は薬を継続的に使用するのではなく、必要時に1回服用することを目的とした服用方法だから、毎日飲ませたい場合は内服薬にしなくてはならないの。だからこの場合・・・
Rp)
(頓)ロキソニン60mg 1T
         疼痛時 10回分

または、
Rp)
ロキソニン60mg 1T
         分1寝る前 10日分

が正解。もし、疼痛時だけ寝る前に、服用させたければ、処方コメントで頓服なら「寝る前のみ服用」、内服なら「痛みがなければ、服用中止」と書くのが正解!

Rp)
アレロック錠2、5mg 3T
         分2 朝食後・寝る前 28日分

これは間違いではないんだけど、これだと朝食後と寝る前に1、5錠づつ飲ませることになるのね。患者様からお話を聞いたら、「このお薬は眠気が強いから朝食後に1錠、寝る前に2錠飲んで!」とDrからの指示が出ていたの。だからこの場合は・・・
Rp)
アレロック錠2、5mg 3T
         分2 朝食後・寝る前(1−2)28日分

が正解。ちなみにアレロック錠の規格は5mgもあるから・・・
Rp)
アレロック錠2、5mg 1T
         分1 朝食後 28日分
アレロック錠5mg   1T
         分1 寝る前 28日分

にしないと、査定を受ける場合もあるから、注意してねexclamationついでに薬局側だけど、下の処方箋が出た場合は内服調剤料は1回しか取れないからねどんっ(衝撃)

Rp)
ネシーナ錠25mg 0、5T
         分1 朝食後 84日分

これも、間違いではないのよもうやだ〜(悲しい顔)これは先ほどのアレロック錠とは逆で、ネシーナ錠には半量規格の12、5mgと言うのがあるのよバッド(下向き矢印)確かに25mgを半錠にした方が、12、5mgを使うより薬価的には安くなるけど、半分に割る手間や、84日間、湿気などの安定性を考えた場合、12、5mg1錠の方が良くない?
ちなみに、このときネーヤは疑義照会をかけたけど、Drからの回答は「患者様が良ければ!」だったわ。こう言う時は処方コメに「患者様の同意があれば、規格変更可。」と書いておいてくれるとありがたいわ黒ハート
ちなみに、規格を書かないDrもいるけど、それはもう論外だからねむかっ(怒り)規格が1種類しかないお薬でも、規格は必ず書いてちょうだいパンチ

Rp)
ヒノポロン口腔用軟膏 5g
         1日3回 食後歯肉に塗布      2調剤
Rp)
アズノールうがい液4% 10ml   1本
         1日数回 うがい

お次は、似たような間違いだから、まとめて書くわね黒ハート
外用の場合、処方の後に1調剤って書く場合があるのね。多分内服の日数と同じ意味合いだと思うけど、上の処方はヒノポロン口腔用軟膏を2本調剤する指示だと思うけど、外用は1調剤以外は書いてはいけないの。
下の処方は書いてある通り、アズノールうがい液を1本出せばいいのだけど、アズノールうがい液って、5ml入りと10ml入りの2種類があるのね。これだと5ml2本は不可ということになりそうだけど・・・これは処方箋が間違いexclamation外用薬の処方箋は、その量を総量で書くという決め事があるの。つまり・・・
Rp)
ヒノポロン口腔用軟膏 10g
         1日3回 食後歯肉に塗布     1調剤
Rp)
アズノールうがい液4% 10ml
         1日数回 うがい

が正解!アズノールうがい液なんかは、5mlを2本でも、10mlを1本でも大して影響はないと思うしね。まあ、細かく言えば家と職場においておきたいから、5mlを2本にして欲しいと言う場合もあるかもしれないけどね。で、これに関して困った処方が・・・
Rp)
強力ポステリザン軟膏 60g
         1日1回 就寝前に使用

の処方。これは確かに外用薬で総量が書いてあるから、間違いではないと思われるけど、協力ポステリザン軟膏も2gチューブと30gチューブがあるのよ。2gチューブの場合は肛門に差し込んで中に注入する使い方が多く、30gチューブは外側に塗る場合が多いのね。まあ、2gチューブならそれを指に出して塗ってもいいから、2gチューブを使う薬局が多いと思うけど。
Rp)
強力ポステリザン軟膏 60g
         1日1回 就寝前に注入(または塗布)

と書くのが正解exclamationこれなら、どちらを使えばいいのかハッキリするから、余計な疑義照会もいらなくなるわね決定

だいぶ長くなってきちゃったわねあせあせ(飛び散る汗)こう言うのを書き出したら本当にキリがなくなっちゃうから、あと1つだけ例を挙げて最後にするわね揺れるハート

Rp)
カリーユニ点眼液0、005%  10ml
          1日3回両目に点眼

カリーユニ点眼液と言うのは初期老人性白内障の点眼薬。これは用量規格が1本あたり5mlしかないし、一見して正しいように見えるんだけど・・・
Rp)
カリーユニ点眼液0、005%  2瓶
          1日3回両目に点眼

が正解。これはね、単位は薬価がついた単位で書かなくてはいけないの。だから同じ様に点眼剤でもクラビット点眼液0、5%なんかは
Rp)
クラビット点眼液0、5%   10ml
          1日3回右目に点眼

で正解。この辺りはややこしいたらーっ(汗)ボスが統一してくれればいいんだけどねもうやだ〜(悲しい顔)それにレセコンだと、数字を打ち込むだけだから、クラビット点眼液を2本処方したつもりが、2mlなんていう処方箋を見たことがあるわバッド(下向き矢印)

と、まあこんな所かな?他にもたくさん書きたい事はあるけどまた小出しにしていくから、本日のブログはこれにておしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓へー、いろいろな間違いがあるのねひらめきそれを全部覚えるだけでも大変そうあせあせ(飛び散る汗)って、大変さを理解してくれた方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、それを正していくのが薬剤師のお仕事だよね揺れるハートそれで食っているんだからるんるんって、辛辣な事を言っちゃう方はこちらをポチッと







↓それにしても、このブログが5年間も続いているのが不思議だわexclamation&questionとっくに消えて無くなっていそうなのにexclamation×2って、ネーヤと同じことを考えた方はこちらをポチッと押した後、お祝いコメをくださいハートたち(複数ハート)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 15:45| Comment(29) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。