2015年09月12日

OD錠だってお薬だよ?!

さてと、もうすぐシルバーウィークぴかぴか(新しい)
このときネーヤはバカンスに出かけて、ブログはお休みするから今の内に頑張って書かないとね黒ハート(もちろん単なる見栄よっあせあせ(飛び散る汗)

で、本日のブログの本題に入る前に知り合いのヘルパーさんから聞いたお話。ヘルパーさんになるためにはいろいろな介護講習を受けなくてはならないんだけど、その中にこんな設問があるのね。

認知症が強いPさん。自分の排出物(つまり、うん○の事)を手でこねくり回して丸めた後、『ほら、あんたの好きなお団子だよ。食べな!』と差し出して来ました。ヘルパーであるあなたはどの様な対応を取りますか?

と言う問題。で、ここで時間を取っても仕方ないから答えねexclamation

『ありがとう!おいしそうにできたね!!でも、今はお腹がいっぱいだから後から食べるね。このお皿に乗せておいて。手が汚れちゃっただろうから一緒に洗いに行きましょう。』と言って、紙皿を差し出してその排出物をPさんから受け取ってから、手を洗わせる。

と言うのが回答。ここで決してそのお団子が排出物であるとか汚いとか言ったり、怒ったりしてはいけないと言うこと。
ふむふむ、ネーヤもお薬を飲ませるために患者様には怒ったりなだめすかしたり、いろいろとするのだけれどもこういう方法も勉強になるわねわーい(嬉しい顔)


と、言った所で本日の本題。ネーヤもそうだけど、ブロガーさん達は他のブロガーさん達のブログを見て、いろいろ勉強したり、話題を探したりしていると思うのねひらめき
あ、ちょっとお話がそれるけど、りく様ブログを休止しちゃったのねもうやだ〜(悲しい顔)本当に楽しくてためになるブログだったのに残念たらーっ(汗)1日も早く戻ってきてね黒ハート

で、本題に戻して、最近気になった話題がOD錠についてexclamationとくに話題になっているのが・・・
ビオスリーOD錠!!!
いろいろなご意見があったんだけど、結構否定的に見られているブロガーさんが多いのよもうやだ〜(悲しい顔)
ちょっと、引用させてもらっちゃうと・・・

・OD錠に何の意味があるのか?
・OD錠なんか無くたって、散剤があるからいいじゃん!
・普通錠を噛み砕いて飲めばいいんじゃね?
・単なるジェネリック対策じゃん!

などなどあせあせ(飛び散る汗)
でね、天邪鬼なネーヤとしては、これらに異議を唱えたくなっちゃうのよむかっ(怒り)
先ず、最初のOD錠の意味と散剤に関して、散剤があると言っても、粉薬が苦手な患者様って結構いると思うわよ?ちなみにネーヤの薬局の中には、いい歳したオッサン(失礼!)の患者様でも粉薬は絶対だめと言う方もいらっしゃるし、逆にどんな小さな錠剤でも玉のお薬はダメ!と言う女子高生もいるわ。特に喘息やCOPDなんかの患者様では散剤はむせてしまう事も多いから、OD錠と言うのはかなり有用性が高いと思うわけね。
次に、噛み砕いて飲めばいいんじゃね?と言うご意見。これもねぇ〜・・・患者様と言うのは病気でお薬を服用されるわけよね?そうなると(多少偏見も入るけど)免疫力が弱い小児やご高齢者の方が多いと思うわけ。だとしたら、そう言った方々に「飲みにくければこの錠剤を噛み砕いて飲んでください」って言うのは酷じゃないたらーっ(汗)義歯の方なんかが噛み砕くのはきついと思うし、その破片が義歯の下にもぐりこんだらかなり不快な思いをすることになると思うわよもうやだ〜(悲しい顔)
それから、ジェネリック対策・・・まあこれはネーヤにも分からないわけではないけど、先発メーカーさんが新薬を発売するときに先ずは効果を優先させるのではないかしら?うん、もちろん製剤的なことも考えてはいるでしょうけど、やはり優先させるのは効果だと思う。だとしたら普通錠で発売した後にOD錠を出してきたりするのは問題ないんじゃない?アリセプト錠なんかは普通錠で発売されて、その後細粒やD錠や内服ゼリー、そしてドライシロップまで発売になっているわけよね。途中ジェネリック品でODフィルムなんていうのも出てきたけど、これだって元をただせば、エーザイさんの開発だったわよね?まあ、ボスからストップが掛かって、仕方なく子会社のエルメッドエーザイさんから発売されたんだけどね。
そうやって考えれば、確かにジェネリック対策かもしれないけど、現在は後発メーカーが先発に無いOD錠や規格のものを出してくるくらいだから、それくらいは許されるんじゃないかしら?

ちなみに冒頭で出てきた認知症のPさん。この方がお薬嫌いの患者様だとして、『Pさん、オヤツに飴玉があるけど食べない?』って介護の人間がビオスリーOD錠を手渡したりしてもいいんじゃないかしら?
要はね・・・
患者様にメリットがあればそれはそれで良いんじゃないかと思うのよ!!!
まあ、ビオスリーは薬価が安いから多分ジェネリック品は出てこないだろうし、製造販売元の東亜薬品工業株式会社さんが、ある程度ポリシーを持って出してきたものだと思うわよexclamation

で、ここで話が変わるけど、ネーヤはこれに関してボスにも言いたい事があるパンチ
先ずね、ボスってば先発品の名前で書かれている処方箋は、Drへは事後報告でいいから後発品への変更を患者様にジェネリック品への変更を促す事と言うのを促進しているわよね?でもって、ジェネリック品への変更は成分が同じならば・・・
普通錠(先発品処方)→普通錠(後発品)
          →OD錠(後発品)
          →カプセル(後発品)
と、かなり変更の自由度が高いわけ。でも・・・
普通錠(先発品処方)→OD錠(同一メーカーの先発品)
          →普通錠(併売の他メーカー)
などは認められていないのよっむかっ(怒り)この場合は事前の疑義照会が必要となるのね。
ちなみに、ボスは薬剤師は患者様およびその家族等にしっかりと説明をしてアドヒアランスの向上に努めること薬剤師に言っているんでしょ?だとしたらこのくらいの変更は事後報告でも許されてしかるべきなんじゃないのっパンチ
それからね・・・
普通錠(先発品処方)→細粒(後発品)
も認めていないわよね?これも変じゃないexclamation&question
だってね、ボスは前々からジェネリック品は同じ主成分を使っているから効果は同じ!と主張しているわけよね?じゃあ同じ内服である錠剤から細粒に変えたって同じでしょ?それとも何?薬剤師にそんな権限なんか与える必要は無いと思っているわけ???ちゃんと患者様に説明して同意を得られれば、そのくらいの変更は事後報告で許されるべきだと思うわよexclamation×2

ついでにもう一つ、後発品の分割調剤と言うのがあるでしょ?通称お試し調剤。
ああ、分からない人のために説明しておくわね。例えば・・・

Rp)
A錠(先発品) 1錠 分1朝食後28日分

と言う、処方箋がきたとするわよね?患者様は長年A錠を服用していて慣れているの。この時、A錠の後発品B錠が新発売となったならば、薬局は患者様にB錠をオススメしなくてはならないのね。でも、この患者様が『ジェネリック品を試してみたいけどちょっと不安』となった場合のために、分割調剤と言うのがあるの。これはね、B錠をお試しで7日分(日数に規定は無い)服用してもらって、それで問題なければ残りの21日分もB錠で調剤するの。もしB錠で不都合(B錠は大きくて飲みにくいなど)があった場合、残りの21日分はA錠を調剤すると言う仕組み。
非常に合理的に見える仕組みなんだけど、この場合7日間服用したら、この患者様は再び薬局に来なくてはならないの。これが非常に面倒でしょ?患者様も嫌がるだろうし、積極的に後発品の分割調剤を行っている薬局は少ないんじゃないかしら?
だからね、ここは患者様と薬局の話し合いで、合計で28日分のA錠とB錠を調剤してしまえばいいと思うわけ。問題が無ければ次の処方から全てB錠で調剤すればいいわけだし、その方がジェネリック品への移行がスムーズに行くわよexclamation

あ、そうそう!るるー主さんがOD錠の味についてもブログを上げていたけどこれに関しても、分割調剤が認められてもいいわよね!確かにOD錠は味がちょっと・・・と言う方もいるし、ぜんぜん問題が無い人もいるからね揺れるハート

と、言う事で・・・

薬剤師も6年制になって、現場の勉強が充実されてきたし、もう少し規制緩和をしてちょうだいっ!
薬剤師の権限を患者様との対話で広げてもいいと思うの!!
ボォォォ〜ス!!!


と叫んだところで、本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私は、粉薬が苦手なのもうやだ〜(悲しい顔)口の中に広がるあの感触が嫌どんっ(衝撃)と言う方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は、玉のお薬が苦手なのもうやだ〜(悲しい顔)いつまでも飲み込めなくて、最後は吐き出しちゃうどんっ(衝撃)と言う方はこちらをポチッと







↓確かに製剤的な面で選択肢が広がる事はいいことだけど・・・在庫の面で苦労しそうあせあせ(飛び散る汗)と言う方はこちらをポチッと押してから、メーカーさんに小包装の充実を図る様に嘆願書を提出いたしましょう揺れるハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 16:10| Comment(28) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

ビオ3OD(限定)のなぜなぜ・・・。
乳酸菌製剤という薬価下限ラインの薬に、開発費を投じてODを作った。という謎。

>>お薬嫌いだから、介護の人間がビオスリーOD錠を手渡したりしてもいいんじゃないかしら?

ごめんなさい、ここだけは話の受け取り方の違いで誤解招きそうなので・・・。
プラセボ的な理由&正規の医薬品だとしたら、介護職の内服介助は不可だと思います。
あくまでも、医師の処方・指示で一包化された薬の介助。しかできないので・・・。

続いて、整腸剤の疑問。
新しい抗生剤、化学療法でおそらく乳酸菌製剤が見直しされてると思いますが、耐性剤含めて新しい乳酸菌製剤がない。
まあ、出したところで、安さ横並びで元取れるとは思いませんが。

OD錠増えてると思うのですが、自分含めて意外と見ないです。
昨日、市販薬の確認してたらありました。下痢にストッパ。
問題は、IBSの自分に使う日が来るのか・・・。という疑問。

白杖と薄情をかけたのに、誰もつっこんでくれなくて、みんな薄情だなあと思ってる偽善者かいごやでしたw
Posted by かいごや at 2015年09月12日 19:43
ネーヤさん、こんばんわ!

そうなんですよ!東亜さんもお薬の剤型にこだわるなら最小包装も考えて下さいっ!せめて210錠包装出しませんか??

薬局での剤型変更にももう少し寛容になってもいいですよね。粉が飲めないとかカプセルじゃ嫌とか聞いてしまうと、うーーーんってなっちゃいます。後発品未発売だったりするととっても手間がかかるし、患者様も「じゃいいや」ってなりますよね。かかりつけ薬局とか言うなら薬局らしいオーダーメイド医療の推進方法も考えてもらいたいです。
あ、あと力価も。「病院の採用リストに10mgの採用はないから5mg2錠にしろ」って結構乱暴な話じゃないかと思うのです。医療費あがるじゃーん(ーー;)

かいごや様へ。
うちの薬局も在宅業務をしているのですが、「医師の指示による一包化のされた薬の介助しか出来ない」って、そうなんですか!!!
前に、「介護士等が薬を渡すなら一包化加算は算定不可」って言われたことがあるんです。要は本人が薬を管理して自分で薬を飲むのに誤薬がないように加算してもいいよって受け取っていたのです。それじゃあ介助者さんはどうすんだーってなりますよね???(意味判っていただけたかなぁ…)
Posted by さくら at 2015年09月12日 21:28
>>さくら様

一応根拠は下記の346ページを見て頂ければ。
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/338-348.pdf#search='介護職+服薬介助'

保険算定に関しては、ごめんなさい。わからないです。

以前ネーヤさんのブログ(喘息か、吸入薬系かな?)にもアップしたような記憶があるのですが、基本医行為は禁止です。
自分が介護職新人の頃は、爪切りや水銀体温計も医行為に当たってたんですよ。

あくまでも、ご利用者様のサポートをするのが、介護職の役割です。
別個になっている薬を、その時間用にまとめる(と言えばいいかな?)までは難しいと思います。と言うより、確実に誤薬します。

特に在宅のヘルパーは毎回同じ人に当たるわけでもないですし、薬が変わってもその情報が伝わるわけでもないので・・・。
そういう意味では、一包化&ご家族や、訪問看護師・薬剤師が毎食時向けにセッテイングして頂ければ、リスク少なく服薬介助行われると思います。

病院や施設でも、基本薬剤部や薬局で一包化されていて、毎食時に看護師が配付して回りますよね。
それを介護職が、服薬介助するパターンです。
それも、最新の処方薬を間違いなく確実に飲んで頂く為だと思います。
病院によっては、飲み終わった薬の袋も看護師が回収します。
服薬確認の為。

介助者という意味では、ご家族もヘルパーも同じだと思います。
それに、毎日ヘルパーが入るかどうかもわからないですから。

ただ、在宅系の施設(特養など)での一包化加算は難しいかもしれませんね。薬局から受け取った後の薬剤管理は施設看護師になりますから。

これで、回答になりましたか?

かいごやは、どちらかというと施設が中心です。
在宅介護で実際の声が聞けるのは、みみすけ様です。

と言うことで、みみすけ様。
実際のところ宜しくお願いします。
また、みみすけ様に投げてしまった・・・。m(_ _)m
Posted by かいごや at 2015年09月12日 23:24
マイスリーOD錠を「オーバードーズ専用ですか?」と、心療内科で先生に聞いたら「ちゃうわ!」と突っ込まれました。

ヘルパーさんって大変なんですね…
私ならゲロっちゃいそうです
Posted by ゆりりん at 2015年09月12日 23:49
大雨で泣きそうになった(若干、泣いた)みみすけです。あの大雨って言ったら産まれてから初めての降りで、怖かった怖かった(; ̄ー ̄A

決壊した所までは我が家からは一時間ぐらいのところ。東京・千葉方面に行くにはよく通った道もあります。多くの命が危険にさらされ、多くの命が助けられ、多くの人たちが命がけで助けてくれています。一県民としてお礼するばかり。

もともとアレルギー体質の私にはジェネリックも恐怖。同じ効果、でも混ぜ物にアレルギーを発揮しちゃうこともあるんですよね。安いから…と飛び付くと怖い。ねーやさんが言うように私も薬局でジェネリックを勧められ、「1週間分だけ変えてもらう」って事は出来ないと聞いてそのままに。1週間飲めば大体効き目は分かりますよねぇ。

ボスは机上の空論ですから。な〜んでも書類、書類。紙では分からない何かを知ろうとはしない。介護の現場で色々かいくぐってきましたが、う⚪こ団子、靴にう⚪こポトリ事件、もちろん踏んづける事件。若干、顔は引きつってますが何とか対応してますよ。

一番の思い出。おやつ介助をしていたまだ若い頃の私は、介助を一旦止め別な利用者の食べこぼしを処理。戻ろうとして、手をテーブルに強打!「あぁ〜痛い痛い」いいながら介助に戻るとそのおばあちゃんが「いだがったっぺぇ〜どれ…だいじだいじ」と自分の唾をつけ、ナデナデ。おやつも「半分、食べろな〜」と。

端から見れば「唾をつけられナデナデ」かも知れないけど、おばあちゃんがナデナデしてくれたこと。大事な人だと思っていてくれることが嬉しかった‼介護とはすべて許すこと。
Posted by みみすけ at 2015年09月13日 11:33
( ̄□ ̄;)あっ!!丸投げに今、気付いた。かいごやのヤロー‼なんちゃって〜それではお答えしましょう。

実際の現場で言えば「一包化されてると…楽!しかも安心!」在宅系のサービスを使ってる方の大半が訪問診療や訪問看護が入っている方が多いので、管理されてる場合が多いですね。

ボスの空論では「一包化されたもののみ!」て感じですよね。でも実際は一包化しておらず、シートのまま。古い病院なんかだと説明書すらない事もありますねぇ〜

そうなると「一包化されたもののみ」と言うことで拒否る事はうちに関してはありません。事業所の意向にもよりますが、出来る範囲で服薬情報を取り寄せます。もちろんケアマネも巻き込みますが…

直接、病院や薬局に問い合わせて確認することもあります。ついでに「本人が何を言っても一包化してください」って頼んじゃいます♪それが命を守るためですからね!決まった薬をきちんと飲み、安定して生活することが一番ですからね。

紙袋に1日 回、朝・昼・夕ぐらいしか書いてないのでシートから抜いて飲ませる事も実際はたまにあります。頓服処方もありますから。出来る限り、一包化してもらうようお願いしてます。

詳しくは各市町村の地域包括、または県の介護保険室、またはかいごやさんにお問い合わせください。

もうひとつ!例えば28日分処方されたのに、14日分無くした。足りない分を処方してもらおうとなると全額自己負担になるそうですよ。特別な場合を除いて…の話しにはなりますが、みなさん気をつけなはれや!

これで答えになってるかなぁ(; ̄ー ̄A
Posted by みみすけ at 2015年09月13日 11:53
>かいごやさん、さくらさん、みみすけさん

皆さん、こんにちは!
えーっと、いろいろと盛り上がっていて、私が出る幕はない様なので、それでは(^_^)/~~

って、やったら怒られそうなので・・・
先ず、さくらさんが言っていた介護者がお薬を管理する場合、一包化の算定はできません。その場合、患者様から実費で頂くか、サービスで一包化するかしかありません。
ちなみに、算定条件としては薬剤師が治療上必要とみなして、Drからの許可があった場合になります。多種類で患者様が飲み間違いをする、とかリウマチなどでお薬の包装を開けられない等が該当します。ただし、介護者や家族の手間を省くと言うのではそれには該当せずに一包化は保健上認められていないです。

でもって、かいごやさんが提示してくれた資料ですと普通のお薬などではダメなように書いてありますが、みみすけさんが仰る通り、それを守っている施設はないと思います。この辺は非常に微妙だと思うのですが、お薬を手渡してやるだけでも医療行為とみなされるのかどうかと言う事にもなると思います。(介護審査上では一部介助ですね)
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 15:19
>かいごやさん

で、それぞれの方にもwww
ストッパは下痢の時の一時しのぎにはなりますが、やはりストレスが多いかいごやさんの場合には、ちゃんとした処方薬をオススメ致します。
前にブログでも書きましたが、IBS専用のお薬でイリボー錠と言うのがあります。うちの薬局でも受験前の子供さんなんかがよく処方されています。一度、主治医とも良くお話されてみてくださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 15:31
かいごや様 みみすけ様

丁寧なご回答ありがとうございました。
うちの薬局は施設のお仕事が多いのです。たまに施設にお邪魔してお会いする介護士さん達には本当に頭が下がります。
ぜひ、薬局にもっとワガママ言って下さい。
意外ともっとお手伝い出来ることもあると思います。お薬の整理とか一包化時の印字とか。

あ、あんまし安請け合いすると薬剤師さんに怒られるなぁ(笑)

みみすけ様、大雨大変でしたね!まだまだ思わぬ不都合もあるかと思います。お気をつけてお過ごしください。
Posted by さくら at 2015年09月13日 15:35
>さくらさん

そうなんですよね!
ジェネリックメーカーに限らず、全ての製薬メーカーはそれなりの小包装を出すべきなんですよね!!1クール分くらいの包装は必要だと思います。
それから、病院なんかのオーダリングシステム!
メチコバール250μg6T分3毎食後
なんかはジェネリックなので
500μg3T分3毎食後
に変えられますが、
メバロチン5mg2T分1夕食後
なんかは
メバロチン10mg1T分1夕食後
には変えられないですからね!
これが、気の利いたDrだと処方コメに『規格変更可』って書いてくれるんですけどね。逆に規格変更不可の場合はジェネリック変更と同じ様にその旨の記載と、署名が必要としてくれればいいのに(ノ_-。)
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 15:46
>みみすけさん

あはは、私は直接介護の現場を見てはいないですが、介護審査などでそのようなお話は良く目にしますね。それを見るたびに介護する側は大変だろうなぁ〜と介護度を上げてしまうのはナイショですw

今回のお試し調剤のお話、いずれは後発品率80%超えを狙っているようですので、ブログに書いた様に変更の可能性もあるのではないかと私は思っています。
その際にはみみすけさんも是非ジェネリックをお試しになってくださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 16:03
>ゆりりんさん

こんにちは!コメありがとうございます(^^)
OD錠がオーバードーズ専用www
これには笑いました、言われた心療内科のDrも思わず突っ込んでしまったんでしょうね(;^_^A
私も患者様から言われたら、『んな事、あらへん!』とナンチャッテ関西弁でツッコミを入れそうです!

そうですね、介護関係の仕事の方なんかは給料が安い割りに重労働で大変だと思います。職業柄、そう言う人と交流を持つことがありますが、その大変さには頭が下がりますm(_ _)m
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 16:14
みみすけ様。
なんで、かいごやに問い合わせ。なのかなあ???
確かに制度が複雑化してるので、あちこち問い合わせまくって、根拠法なんか取り寄せてますけどw
最近では2割負担とか・・・。面倒だ・・・。
居宅や施設も、医療情報(健康診断書)などは、各事業所各部門に回していますよ。
今までの自分の場合、初回利用時必須。その次は何かの拍子か必要時ですが。

先週の大雨凄かったですね。あの雨の中、車検で県外に行っておりまして、バイパス走ってました。前が見えないし。
車線が見えないし。眠かったし(爆)
友人の実家地区が浸水したらしい。とか、かいごやの高校近辺は浸水警戒地区に指定されたらしいか、色々話が出ていました。

さくら様
やっぱり(特養や有料等の)施設が多いのですね。
それなら、一包化求められますよね。
確かにそれだと、加算は取れないと思います。
特養は訪問診療とか往診という扱いではないらしい(歯科を除く)。
特養の中に診療所があり、嘱託の医師が診察。という扱いみたいですね(どういうシステムなのか、正直自信なし)。
県の医療機関情報システムを見ると、特養内診療所ってでてました。
特養の医療システムに関しては無知なので、ボ〜〜〜〜〜スにお問い合わせくださいm(_ _)m

ネーヤ様
主治医とはきちんと話していますよ。
結論として、効いてるか効いてないか分からないから、対症療法でごまかす。という結論でいつも終わってしまいますw
Posted by かいごや@まるなげしちゃうもん at 2015年09月13日 19:33
やぁやぁ(  ̄ー ̄)ノ君たち。盛り上ってるじゃないかい!なんちゃって〜

薬局にもっとワガママを言えと…じゃ〜粉薬は無くして全部、錠剤にすること。エンシュアは塩っぱ系の味を作ること(味噌汁的な)あとは〜IPDを一包化すること。あとは〜あとは〜 …………。

うちの特養にも薬局が来てくれます。特別仕様にラインを入れてくれたり、ありがたいことです。ただ〜し、肝心の別付けの錠剤を付け忘れるバカナースが!付け忘れるならまだしも、飲まなくて済む薬を付けた大バカナースも。介護員が気づかなけりゃ〜大事だろうよ‼

医療も介護もグレーゾーンは多いと思いますよ。訪問向けにグレーゾーンのQ&Aみたいなのも出てますが、結局は「各市町村に問い合わせてください」またまた市町村によって見解が違ってくるのが厄介ですが…

私は飲む錠数も多いので、一包化をお願いしちゃってます。おそらくサービスかと…祖父の薬は処方箋に「一包化してください」とハンコあり。飲み忘れるのでデカイ字で朝・昼・夕と入れてもらったり。ありがたいことです。

ねーやさん。わたしゃ〜ジェネリックはイヤじゃ。ジェネリック飲むぐらいなら高くて体に合うものがいい!でもねーやさんが言うなら1回ぐらいは試してあげてもよ〜ございますわ。なんちゃって〜( ^∀^)
Posted by みみすけ at 2015年09月13日 20:39
ネーヤ様、OD錠の話が出たので、ちょっと教えていただきたいのです。

私の勤めている薬局では、ロラタジンとキプレスがよく出ます。ロラタジンDSとキプレス細粒を夕食後の服用にした時は、同じ飲ませ方という扱いになりますが、ロラタジンDSもしくはロラタジンOD錠とキプレスチュアブル錠では、同じ夕食後になっていても、飲ませ方が違うとのことになっているそうで、薬袋も別々にだしています。会計も
高くなっていると思います。

小児科メインなので、OD錠もチュアブル錠も子供に飲みやすいというメリットがあるのですが、どうしてチュアブル錠だけ特別扱いなのでしょうか?

それからみみすけさん、大変な目に会われましたね。

今回の大雨には、関東は全般的にやられましたね。あと、宮城県も。私の県も地味に被災しましたけど、大事には至りませんでした。大震災の時も被災した県ではありましたが、極めて地味でした。でも私の住んでいる所は、ホットスポット(放射能が強いところ)で、被災地あつかいではありましたけどね。
意外だったのは、静岡県。かなり大雨だったのに大丈夫でしたよね。これは、昔、狩野川が台風で氾濫して大被害が出たので、すごい放水路をつくっていたからなんですって。私の母親がその時、被災して、家に年配の男の人の遺体が流れてきたと、恐怖を語っていました。
今回のこの被災をきっかけに、こちらのほうにも立派な放水路をつくて欲しいものです。
Posted by BE-SAKU at 2015年09月13日 21:35
なるほど

みみすけ様のHH事業所は、特養併設型_φ( ̄ー ̄ )

特養内診療所の事で質問があった時も、みみすけ様に問い合わせれば問題なしと_φ( ̄ー ̄ )
診療報酬の点数の取り方が、一般診療所と異なるらしい事は聞いとりますので( ̄+ー ̄)

いつも丸投げしてご迷惑かけているみみすけ様に、情報収集大好き、かいごやからのプレゼント(ハート)

少しはお好みの塩対応できたかな?←意味違うし

http://www.ajinomoto.co.jp/nutricare/public/products/medimeal_soup/

http://www.terumo.co.jp/consumer/products/foods/liquid_food/terumeal_soup.html
Posted by かいごや@丸投げしてやるもん at 2015年09月13日 22:09
>かいごやさん・みみすけさん

えーっと、もう私を抜きに皆さんでお話をしてくださっても構いませんが(;^_^A
そのうち、昔ながらの掲示板でも作っておこうかなw

とりあえず・・・
>かいごやさん
主治医と仲良くなさっているのはすごく良いことだと思います。
今後も二人三脚で疾患と向き合ってくださいね(^▽^)/
>みみすけさん
はい、薬局にはワガママを言ってもいいと思いますよ(^^)
それによって、薬局側も患者様のニーズが明確になってきますし、勉強になると思います。
でも・・・無理なこともある事は理解してくださいね!
ちなみに添加物によるアレルギー反応は食品によって起きるアレルギー反応と同程度の確率です!毛嫌いせずに一度はお試しくださいね!
Posted by ネーヤ at 2015年09月13日 22:53
>BE-SAKUさん

こんばんは!
えーっと、OD錠とチュアブル錠は口の中で溶かすという点では似ていますが、服用方法は違うお薬なんです。
OD錠は自然に口の中で溶けますが、チュアブルの場合、噛み砕くのが基本で、舐めているだけでは溶けないです。従って、同じ服用時点でも指導内容が異なるために調剤料も2つ取れます。

ちなみに静岡県は、そのような放水路が整備されていると言う点もありますが、都市伝説のような考えで徳川家康公が晩年を過ごす為に、風水的なもので静岡県(駿河)を整備して、その死語も家康公の保護に守られていると言う噂がまことしやかに囁かれています(*^-^)
Posted by ネーヤ at 2015年09月14日 00:07
最初に 一応? 記事に関して。
そんな細かい 意味のない 規定が ジェネリックさんたちにあるなんて 知りませんでした。
OD錠、うちのこどもらも処方されてますが。
以前 書いたように シングレアチュアブル以外 全て 水で飲んでます。
メトリジンも エバステルも アレグラもその他も味が…
なのに 医療用 漢方薬 ツムラ抑肝散、娘、普通に そのまま 飲んでます。
「美味しくないけど何かの調味料の素の味がする!」と。
でも 1年以上にもなるのに なんの調味料かが 思いだせてません(^_^;)

話題?一包化ですが。
我が家も 上の子のは親切心で、娘の学校や寄宿舎は 『何度も時間をみて & 数種類の薬の管理』が、めんどくさい』という理由で、云われます。
息子のは 自分で 調整してる分があるのと、あと 薬の半分以上が 湿気や遮光など色んな理由で 一包化不可 なので 無理。
娘のは、同じく 8割がた 一包化無理な性質の薬なのと、
それをクリアしても テオドールを夕食後に一包化に入れちゃったら、
朝の分を わざわざ5時半に起きて飲まなきゃならなくなる(~_~;)
調整しようと してるのも ありますが。

で、他人事とおもってたら。
最近 私も 新しく代わった ケアマネさん等から、
一包化 を 云われるのですが…。不可なのが 多いんですよね〜。

そっちのボスも 学校のボスやボスの部下(都道府県)も ホント 現場の声をもうちょっと 聴いてくれ〜!と思うことが あります。

あっ そうそう。 私も最初見た時に 思わず「オーバードーズの略? なワケないよな。Why?」と、
子どもらが貰ってきた日に、ネットでググって調べました。かなり悩んだ うさぎぃです。

長文 失礼しました。
Posted by うさぎぃ at 2015年09月14日 01:31
>うさぎぃさん

こんにちは(^^)
はい、結構細かい規定があって、いろいろと面倒です!
チュアブルは噛み砕いて舐めることが前提で、OD錠は噛まないで舐めるのが前提となります。そしてOD錠はそのまま水で服用しても良いのですが、チュアブルの場合は噛み砕いてからでないと、効果が発揮できないと思います。
ちなみに抑肝散は中に甘草と言うその名の通り、甘い成分が入っています。ただしこの甘味、癖があるというか、私にとってはあまり美味しくないです。多分サッカリンなどの人口甘味料に近いのではないかな??

一包化についてはいろいろと言われますね。確かにすべてを許していたらまた保険財政が!となってしまいそうですが、患者様の背景をかんがみて、もう少し現場に任せてくれるといいなぁ〜!と思っていますヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月14日 12:23
ネーヤさま
チュアブル錠の疑問、丁寧に回答していただきありがとうございました。
あと、静岡県の都市(?)伝説、とてもおもしろいですね。今度母に会ったら、話してみようと思います。
お礼のコメントがだいぶ遅くなってしまいまして、ごめんなさい。この頃、帰りが遅くなってしまいまして・・・。
昨日は、仕事が終わったのが8時15分!社員の人たちは、まだ仕事を続けていました。
これから冬にむかってどうなるのかと、今から恐ろしいです。
実は、今年の5月から近隣の薬局が閉店しまい、そこで受け持っていた透析患者の薬をこちらでひきうけることになりました。
定時薬、臨時薬を合わせると1年前に比べ、倍近くの処方箋を受け付けることになり、それなのに人員は1人も増やしてくれないのです。
あっ、そうだ!ここで変だな〜と思うことを思い出した。
透析患者さんって、食直前でのむ薬が結構あるのですが、
例えば、毎食前と毎食直前とあった場合、調剤料は1つしかとれないんですよね。飲むタイミングが違うのにね。
これも、ボ〜スが決めたから?
この頃、よく一包化が話題になっていますが、透析の患者さんは、半分ぐらいが一包化の人たちです。
中には、50代で、働いている人ものですが・・・。
一包化OKの条件って、結構厳しいみたいですが、透析患者さんだと大丈夫なのかな?
すみません。今回は愚痴のようなコメントになってしまいました。
ネーヤさんは、1人薬剤師で仕事をしているのですものね。私も頑張ります!

Posted by BE-SAKU at 2015年09月17日 08:21
>BE-SAKUさん

こんばんは!
シルバーウィークもあり、今週は忙しいですね!
それにしてもBE-SAKUさんの薬局は忙しそうですね、大変そうだと思うとともに、羨ましくもあります(^^)

ああ、食前と食直前は以前は別物として調剤料が取れましたが、最近では取れなくなっている地区が多いです。
保険の算定方法は、その地区によっていろいろとローカルルールがあり、食前と食直前もそうですが、例えば、ワーファリンの1,5錠も、1,5mgと言う規格が無いことから半割加算が取れたりする場合もあります。
一包化も同様で、要は保険者が認めるかどうかにあります。ただし、BE-SAKUさんが出したような透析患者さんの場合、大前提の『服用方法に関して迷ってしまう』『お薬の包装を開けるのが困難』と言うのには当てはまりませんので、査定対象になるとは思いますけどね。
まあ、その辺に関してはBE-SAKUさんのところの薬局長さんが今までの経験を元に抜け道を考えているかと思います。是非その辺りの考えを聞いてみたいですし、交流を図りたいものですヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月17日 22:36
こんばんは! ネーヤさん。
もうこうなってくると、わからないことばかりで・・・。
透析患者の一包化は、クリニックのほうで、処方箋に一包化というハンコを押してくるので、やっているのであって、患者さんがどんな状態なのかは、全くわからないんですよね。
本当は、透析をしているクリニックに行って患者さんに直接投薬するべきなのでしょうが、薬剤師は午前中は4人いることもあるけど、午後は3人になってしまい、事務は常時1人しかいないので、それができず、調剤してクリニックのドライバーさんにわたすだけ。
そんな状態なので、加算はとらず、基本料しかもらっていません。一包化の場合は、もちろんもらっていますが、査定対象になったら、それもアウトなのでしょうか・・・。

Posted by BE-SAKU at 2015年09月19日 23:07
>BE-SAKUさん

こんばんは(^^)
はい、多分その場合は一包化加算も怪しいです。と言うより、加算を取っていないと言うのは薬学管理料ですよね?
その場合、ボスの言い分としては・・・
「薬の服用に関して管理もしていないのに、何で一包化の必要性がわかるの?それは薬局側のサービスにしかならないから、保険は使えないよ?」
となります。結果としてそれに気が付かれたら・・・まあ、処方医の指示があるので悪質な行為とはならないでしょうけど返戻対象にはなると思います(;^_^A
基本としては、定期的に患者様、若しくはその家族と面会して、薬学管理料も算定すべきでしょうねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月20日 00:22
ネーヤさん、そうです。薬学管理料をとっていません。
それが、一包化加算の妨げになるとは・・・。
どおりで、透析の調剤を他の薬局がやりたがらないわけだ・・・。

ああ、憂鬱。せっかく今日から連休なのに!
透析患者さん、増える一方だし、どうしよう。

今回は、ただの私のつぶやきなので、ネーヤさん、返信のコメはしなくていいですよ。
ゆっくりお休みしてください。

私は、この連休中に県内のロードレースに、高校の仲間と出る予定なので、そこでしっかり気分転換してきます!
Posted by BE-SAKU at 2015年09月20日 19:21
>BE-SAKUさん

こんばんは!(^^)

まあ、透析患者さんの場合、輸液の配送など手がかかることが多いですからね(;^_^A

おや?ロードレース??へー、チャリによるレースかな???何kmくらい走るんでしょうね?

ちなみに私は、明日は友人の墓前で酒盛りをしてきます!最近、奴の所には行ってなかったから、喜んでくれると思ってますヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年09月20日 22:10
普通錠から散剤への変更は、調剤料の関係でかえって患者負担が高くなる場合もあるのでは?

と考えると薬剤師側の判断だけで勝手に変更するのはどうかなと思います
Posted by ごん兵衛 at 2015年09月21日 13:33
>ごん兵衛さん

こんにちは、コメありがとうございます(^^)

はい、散剤にした場合、高くなる場合もあります。
ただしこの場合、問題になるのは価格だけの事であり、(まあ散剤だと効果発現時間とかが変わると言うのは無視させていただいて)変更による価格を患者様に提示して、それで患者様からの承諾が得られれば、良いのではないかと思います。

錠剤→カプセルなどが認められている以上、同じ内服薬で変更を認めないと言うのは少し変なような気がします。
Posted by ネーヤ at 2015年09月22日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425800804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック