2015年08月30日

先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い〜武闘派〜

さてと、一時期の暑さも収まって朝晩は涼しい今日この頃。
あ、でもね。まだまだ熱中症とかはあるから気を抜いちゃあダメよあせあせ(飛び散る汗)しっかり水分とってくださいねexclamation

さてと、今日は雨今回の仁義なき戦いシリーズは12月発売予定の合剤についてアップしてきたんだけど、今日はその最後。尾道3部作には足元にも及ばないけども合剤ジェネリック3部作。トリを飾るのは・・・

アマルエット配合錠

言わずと知れたカデュエット配合錠のジェネリック品。今までの配合剤は1つの疾患に対して作用が違う2つの薬剤を配合したお薬だったけど、カデュエット配合錠は高血圧症にアムロジピン、脂質異常症にアトルバスタチンと、2つの成分を配合して2つの疾患を併発している患者様に用いる珍しいお薬。ネーヤが知らないだけかもしれないけど、他には無いんじゃないかしら?
で、今回のアマルエット配合錠は10社から発売、確か薬価は半額ね決定いつもなら先発品には無いOD錠がジェネリック品には出たりして、盛り上がるのだけれども今回は全て普通錠みたいだわねひらめき
で、アマルエット配合錠に関してはこれ以上ネーヤが興味を引いた点は無いのねもうやだ〜(悲しい顔)
じゃあ、本日はこの辺で・・・って終わったら読者の皆様も納得しないでしょ?ネーヤもこれで終わったら楽だけど、イマイチ充実感がないのよ。だから本日はこのカデュエット配合錠の発売メーカーのファイザー社さんについてのお話黒ハート
あ、今日も一般の方には???のお話になってしまうけどゴメンねふらふら

で、ファイザー社さんと言えば世界第1位の売り上げを誇るアメリカのメガファーマなのねexclamation
アムロジピン(商品名ノルバスク)やアトルバスタチン(商品名リピトール)などの大ヒット商品はもちろん、ED治療薬のバイアグラや経口禁煙補助薬のチャンピックスなんかのユニークなお薬を発売している事でも有名な製薬メーカーexclamation×2
聞いたところでは実力主義のアメリカの製薬メーカーらしくて老若男女関係なく能力の高い人間はガンガン上に上げていくし、給料もかなり高いとの事どんっ(衝撃)
まあ、こんな事を書くと炎上しそうだけれども、上司が自分の娘くらいの年代だった!なんていうことも稀にあるらしいし、仕事が厳しくて離職率が高いのもこの業界では有名。その代わり前に書いた様に給料もいいので、優秀な人材は中途採用もかなり採用すると言う噂。
以前ね、ネーヤがこのファイザー社のMR、Pさんと呑みながら話していたときに・・・

ネ「ねえ、Pさん。ファイザーさんてかなり給料がいいでしょ?ネーヤでも中途で雇ってもらえるかしら?」
P「簡単ですよ、ネーヤさんの場合は基礎知識はありますから、先ずアメリカに数年留学してもらってネイティブイングリッシュを完璧にしてくれば、すぐに本社採用です!」

と、冗談交じりに言われたのは、結構強く記憶に残っているのねわーい(嬉しい顔)
でね、ファイザー社さんの紹介はこのくらいにして、このファイザー社さん。ここ数年ジェネリック品市場への参入がすごいの。前回のブログに書いたアムバロ錠も前々回のブログに書いたカムシア錠もファイザーさんからジェネリック品が発売予定なのね。
特にカムシア錠は特許問題になっていて、アメリカは訴訟問題が多いのに、多くの後発メーカーが手を出さなかったにも拘らず先陣を切ってファイザーさんが出してきた所を見ると、かなり自信を持って出してきたのだろうなぁ〜、日本第一位の製薬メーカー武田さんと言えどもファイザーさんが出してきた事はかなり頭が痛いだろうなぁ〜と、ネーヤは思ってしまうあせあせ(飛び散る汗)
まあ、ファイザーさん自身も、自社の先発品ではジェネリック品にかなりシェアを奪われただろうから・・・

やられたらやり返せ!
取られた分は、他のメーカーの先発品を我社のジェネリック品で取りに行け!!
世界第一位のメガファーマを舐めんなよっ!!!


くらいな事は考えているのかもしれないわねたらーっ(汗)
まあ、どこの先発メーカーさんも自社のジェネリック品が発売されるときには戦々恐々としているわけで、防衛手段として、配合錠やOD錠を出してみたり、子会社を使ってオーソライズドジェネリックを出してみたりするわけなんだけど、ファイザー社さんの場合、子会社を持たずにオーソライズドジェネリックを出して来ないで、他に目を向けるとは先発メーカーの武闘派だわねがく〜(落胆した顔)

でもね、まあ武闘派はいいとしても、ネーヤはちょっと不満な所もあるのよねもうやだ〜(悲しい顔)それは・・・

なんで、シロスタゾールを販売中止にしたのよっ!
ネーヤの薬局で説明するのにエラく苦労したんだからねっ!!


ということ。まあメーカーさんは利潤を追求しなくてはならないから、売れない品目は販売中止して整理して行かなくてはならないし、シロスタゾールは他のメーカーさんでも多数出ているから影響が少ないと言われれば仕方ないから、この叫びはネーヤの愚痴以外何者でもないけどねたらーっ(汗)それにアメリカのメーカーさんらしく合理的であるといえばそうなんだけどたらーっ(汗)
でもねファイザーさん、この前はレボフロキサシン細粒の販売中止も発表したでしょ?
こういうのがあると、気が弱いネーヤはファイザー社さんのジェネリック品はまた販売中止になるのではないかと思って、敬遠しちゃうのよもうやだ〜(悲しい顔)まあ、ファイザー社さんがネーヤの薬局みたいな場末の薬局を相手にするとは思えないけど・・・

アムバロ配合錠やカムシア配合錠は発売中止なんて言わないでよっ!!!

と、愚痴ったところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓確かに昔はゾロ品なんて相手にしなかったけど、今のジェネリック品発売は戦々恐々としているわexclamationと言う先発メーカーに勤務する方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑昔はゾロメーカーってバカにされていたけど、今はジェネリックメーカーとして胸を張って得意先を訪問できるわわーい(嬉しい顔)と言う後発メーカーの方はこちらをポチッと







↓尾道3部作、面白かったなぁ〜exclamation×2それにしても、ネーヤが3部作を名乗るなんておこがましいむかっ(怒り)なんて大林 宣彦監督ファンの方はこちらをポチッと押してから、尾道3部作をご鑑賞くださいあせあせ(飛び散る汗)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 16:35| Comment(11) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

はい( ´ ▽ ` )ノ
全くわかりませんw
ネーヤ様が薬剤師ぽい事をアップしているので、ラベンダーの匂いを嗅いだのではないかと思いました。

ネーヤさんが、世界企業で創薬かあ・・・。
どんな薬を作るんだろうwww
Posted by かいごや at 2015年08月30日 19:14
ネーヤ様
申し訳ありません。

まずは、尾道3部作の話から・・・。

尾道+ドラマ・邦画で脳内検索すると、震災時に重なりますが、
某国営放送の朝ドラ、てっぱん。

大林監督+ラベンダーで検索すると、監督が監修したらしい、
タイム・リーフという小説・映画しか出てきません・・・。
Posted by かいごや at 2015年08月30日 19:58
>かいごやさん

こんばんは(^^)
ナンチャッテですけどボスは薬剤師名簿に乗せてくれてあるみたいなので、一応薬剤師みたいですw

ちなみに、尾道3部作は『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』の3作品です。
機会があれば是非ごらんくださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年08月30日 20:24
ネーヤさん、こんばんわ!

怒涛の月末を終え、燃え尽き気味です。
よほど疲れてたんでしょうね、この3部作、区別がつかなくて
「ネーヤさん、更新しないなぁ、忙しいのねぇ」
と勝手に思い込んでました(笑)。

年末の合剤GE祭りが私は恐ろしいです。
まず、名前が覚えられない。
そして置くとこがない。(なんかいつも言ってますね…)
この調子でGE化が進んだらうちみたいな面薬局は地盤沈下するなぁ。

話は変わるのですが、最近うちをご利用いただく患者様。
調剤をお待ちの間によく事務やら薬剤師やら捕まえて説教…もとい為になるお話をしていただくのですが、この間、
「医師の後発品変更不可の指示とはどういうことだ」
と延々からま…いやいや、食い下がられまして。
私もネーヤさんのブログやら皆様の受け売りをして何とか受け答えをすることができたのですが、最後にその患者様に
「変な話だな!厚生省に友人がいるから今度言ってやろう」
とちょっとプチ自慢げに言われました。(笑)
その厚生省のお友達に他にもいろいろ聞きたいので、今度レポート用紙に質問事項をまとめさせていただいてもよろしいですか?
という言葉を飲み込んだ私でした。
Posted by さくら at 2015年08月31日 23:11
>さくらさん

こんばんは!
あはは、今回の3部作は私も書いているうちに・・・
『あれ?このネタ前回使ったっけ??』
などと何度も読み返しながら書いてました(;^_^A
年末には、この3種類の合剤のほかにジェイゾロフトなんかもありましたね。こちらはブログにするのはやめましたが、規格やOD錠の有無とツッコミ所が満載ですニヤ(・∀・)ニヤ

いますよねぇ〜、そういう患者様。
自分の子供や兄弟が薬剤師で『ジェネリックはよくない』とか『手帳は要らないと言え』とか吹き込まれて、それを自慢そうに話される患者様。
その息子さんや兄弟が、遠くに住んでいればいいのですが、同じ薬剤師会の薬局だったりすると、薬剤師会で顔を合わせたときに複雑な気分になります。
『患者様のお子様の薬局で調剤されたらいかがでしょう?』と言う言葉を私も何回も飲み込んで、愛想笑いして調剤しています(ノ_-。)
Posted by ネーヤ at 2015年09月01日 00:07
も、もしかしてねーやさん。これだけ書くってことは、高校野球が終わって“お尻掻きながらビール飲めない”から?????

確かに今回は一般人の私にはムズい‼薬局や製薬会社の裏側って感じ〜そうそう、最近かかりつけのクリニックでロキソニンテープを入れ始めて〜と思ったら院外に。

私はアレルギーのためにゼポラステープだけど、何となくロキソニンテープのが効きそうな気がする。体に合うものが一番だけど、効くなら痒くなっても…

イヤァo(><;)(;><)o
Posted by みみすけ at 2015年09月01日 21:52
ネーヤさん、本当にジェネリックネタが好きですね。
私、疑問に思ったんですけど、なんで日本では、大手製薬会社がジェネリックを出さないのかしら?わざわざ子会社をつくって、そこから出すんですよね?
ブランドイメージが壊れるから?
ファイザーさんは平気でやっているのにね。
大手同士で、自分の会社で開発していない薬はジェネリックを出しまくるという手はないんでしょうかね・・・。
先発品をジェネリックと同じ値段に下げるという手もありますよね。一部、ジェネリックも先発品もそれほど値段が変わらないものもありますが・・・。
それから、中途採用で入ったら、上司が自分の娘ぐらいの年代だった・・・って言うくだり、調剤薬局ではよくある話ですよね。
特に、男の人の場合は、お互いにやりにくそうですよ。
このところの薬剤師不足により、この頃は、調剤経験の全くない、製薬メーカーを早期退職した人が来ることが多くなりました。
私の薬局でも、早期退職をした58歳の男の人が入ってきました。薬局長さんは30代半ばの女性です。
なかなか大変でしたよ。患者さんに投薬しているときに、横から口を挟んでくるし・・・。患者さんが不安になるんですよね。違うことを言われると。
かといって、粉の調剤は、怖くてさせられないし、教えようにも、3人ぐらいしかいないと、業務に追われて無理なんです。
うちの薬局に8ヶ月ぐらいいて、その後他店に移動になったんですが、移って4ヶ月で辞めてしまいました。
そこのお店はの薬局長さんは、40代の男の人だったので、大丈夫だと思ったのですが、ダメでしたね。
昔の知り合いで、この間会ったときに、製薬会社を早期退職して、次は調剤薬局に就職が決まっていると言っていた人がいたけど、その人も50代。大丈夫かなーと心配してしまいます。
Posted by BE-SAKU at 2015年09月01日 23:13
>みみすけさん

こんばんは!
いや、別にお尻を掻きながらビールは呑みませんが(;^_^A
現在は健康診断のため、肝臓を休めてます!もう2週間ほど経ちました(^^)

ああ、今回の記事は一般の方には理解できないでしょうねw
介護に携わるみみすけさんやかいごやさんもこの辺はブラックボックスだと思います(。-∀-) ニヒ

湿布は内服薬よりも体感がハッキリ分かりますので、患者様の趣味もハッキリしますね。中にはかぶれると分かっていても痒み止めと共に湿布を使われる方もいます。
まあ、それだけ痛みを止めたいのだとは思いますが、薬剤師としてちょっと複雑です(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年09月01日 23:21
>BE-SAKUさん

こんばんは!
日本ではまだジェネリックがちゃんと定着していないという点があるでしょうね。
ジェネリックと言う言葉が生まれてまだ10数年しか経っていないと思いますし、その前はゾロ品と言う屈辱的な呼び方でしたからね。
それから、日本のメーカーは自社を可愛がる傾向にあるようにも思えます。武田薬品工業さんのAGはあすか製薬さん、第一三共さんには第一三共エスファさんなどが付いていますね。まあ、ノバルティスさんにもサンドさんがついていますし、日本だけでは無いかもしれませんが。
その中でファイザーさんはちょっと異色なのかもしれません。今回ブログで使った武闘派と言う言葉は、我ながら的を射た言い方なのではないかと思います。

まあ、年上の部下と言うのも良くある話ですよね。私も何人か経験があります。ただし私の場合は、一線を退いてパートになった薬剤師の先生方ばかりなので、知識も経験も私より数段上なので、私の方が上司として恥ずかしい思いをしています(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年09月02日 00:18
3部作 といえば ガンダム しか あたまに浮かばない
うさぎぃです。

ファイザーさん、ほかにもあるですが(自身らが直接、というより、 病院の明細に掲載がある くすり…)。
イコール ジェノトロピン になっております。
あの、でっかいバッグ 便利なので病院へ行く際は持って行ってます。
ジェノッピー本体と 注射針、消毒薬(個別包装)に、
こちらから持ってく、使用済みの注射針を入れた 容器と
結構 たくさん入るので。

ネーヤさんの願いが届いて 販売中止になりませんように。
患者側も 同じ効き目だよ、と言われても…
薬が変わると 不安になりますもんね。


ためしに 単品で 医療売店で 〇ル〇 カテーテルチップシリンジの10mlを買ったら…。
今の生理食塩水のなかの 口に ぴったり はまりました! ちょっとキツメ だけど;汗
あとは… チビの分ですね。
Posted by うさぎぃ at 2015年09月02日 12:12
>うさぎぃさん

こんにちは!
まあ、メーカーは利潤を追求しなくてはならないので、お薬も需要がなくなれば、製造中止になっていくのは仕方がないことですけどね。できることならばファイザーさんにはもう少し粘って欲しかったと言うのが正直な感想です(;^_^A
患者様の場合、気にする人はお薬の包装が変わっただけでも懐疑的になる方もいらっしゃるので苦労します(^^)

ああ、ピッタリのシリンジが見つかったんですね!!
それは何より!他のお薬もピッタリの物が見つかるように祈っていますヽ(*^^*)ノ

なるほど、うさぎぃさんはガンダム世代でしたか?私はガンダムよりもプリキュア世代です(。-∀-) ニヒ
Posted by ネーヤ at 2015年09月02日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425047605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。