2015年06月06日

本当にツッコミどころ満載!



ちっくしょー!!!

(小梅太夫さん懐かしいなるんるんいまごろなにしていらっしゃるかしら黒ハート


と、いきなり叫んだところで本日のブログの始まりexclamationちなみに本日のブログは医療関係者向け、一般の人はあまり読んでも面白くないから覚悟だけはしておいてバッド(下向き矢印)
でね、え?なんでそんな風に叫んだのかって??それはね・・・

ネーヤのブログの半分はネタと緻密な計算でできているからよっ!!!
(どこかで聞いたことがあるかもしれないけど無視してちょうだいっ!)

今日はね、コメントで頂く最近多いジェネリック品への変更について書くつもりだったのたらーっ(汗)
でもね、その前に最新ネタでどーしても!ツッコミを入れたくなったから予定を変更してお届けするわっexclamation×2
え?このブログの半分はネタと緻密な計算と言うのは分かったけど、残りの半分は??と思った方。

残りの半分はパクリとイキアタリバッタリ、それに思いつきよっ!!!

とりあえず、今日はそのツッコミネタを間に挟んで書くから、ジェネリック品への変更ネタは次回ね!コメントをくれた方は、もう少し待っていてね黒ハート

では、今日のブログもネーヤの薬局から始まる。本日いらっしゃったのはE卸のMSさんKさん、若手ながら早くて的確な情報提供をしてくれるMSさん揺れるハート
K「こんにちは、お世話になります。MのKです」
ネ「あら、Kさんこんにちは。今日はいつも訪問する時間より早くない?」
K「ああ、ちょっと都合で時間が空いたんです。それにネーヤさんに早めの情報をお届けしたくて。」
ネ「へー、それは殊勝な心がけわーい(嬉しい顔)で、どんな情報?」
K「はい、これをご覧ください」

そう言って、ファイルから取り出した1枚のリーフレット。一番下には日医工株式会社の文字が書いてある。そのリーフレットは薬局に置いてきちゃったので見せられないけど、書いてある内容を簡単に書くと以下の通り。

販売名が一般名に変わります

ビーソフテン油性クリーム0、3%
      ↓
ヘパリン類似物質油性クリーム0、3%「日医工」

ビーソフテン外用スプレー0、3%
      ↓
ヘパリン類似物質外用スプレー0、3%「日医工」


ああ、一応一般の方向けに簡単に説明しておくとね、ビーソフテンと言うのはジェネリック品なのね。先発品の名前はヒルドイド。まあ、効果を簡単に言うと皮膚の血行を良くしたりして、しもやけや皮膚を滑らかにするのに使われるのね。抗がん剤の副作用でよくあるハンドフット症候群のときなんかは、「手足がベタベタになってもいいから、とにかく塗れ!」なんて指導を行ったり、「ハンドクリームだと思って適当に塗っておいて」なんて指導を行うDrや薬剤師(ネーヤの事よっ!)がいるくらいの副作用も少なく非常に優れたお薬なのね決定ちなみにヘパリン類似物質と言うのはヒルドイドの一般名なのね。

で、そのリーフレットに一瞥をくれたネーヤ。
ネ「ああ、商品名が一般名に変わるだけでしょ?別に珍しくはないと思うけど?」

ここでも、解説。ジェネリック品も昔は商品名がついていて、いろいろとあったのね。それに関しては昔ネーヤがブログで書いたからちょっと見てきてちょうだいexclamation

《お薬の名前〜徒然なるままに〜》

見てきてくれた?でもね、最近ではジェネリック品は一部の商品を除いては
一般名「メーカー名」
と言う名前にしているのね。でもって、昔の商品名を持ったジェネリック品も最近ではこの法則にしたがって一般名「メーカー名」に変更する事がよくあるのよ。で、解説は終わりにしてKさんとの会話に戻るわね黒ハート

K「そうなんですけどね・・・一般名に変わるのはこの2種類だけなんですよね・・・」
ネ「え?どういうこと??他の基材は???」
K「変更ありません、ビーソフテンのままですたらーっ(汗)

えーっと、ここでも解説が必要かな?
ヒルドイドって言うのは、基材によって何種類かあるのね、それが・・・
・ヒルドイドゲル0、3%
・ヒルドイドクリーム0、3%
・ヒルドイドソフト軟膏0、3%
・ヒルドイドローション0、3%
の4種類。つまり日医工さんの変更は・・・
・ヒルドイドゲル0、3%→ビーソフテンゲル0、3%「日医工」
・ヒルドイドクリーム0、3%→ビーソフテンクリーム0、3%「日医工」
・ヒルドイドソフト軟膏0、3%→ヘパリン類似物質油性クリーム0、3%「日医工」
・ヒルドイドローション0、3%→ビーソフテンローション0、3%「日医工」
となるわけね。ああ、ここでビーソフテンローション0、3%「日医工」がおかしいと気がついた方もいるわよね。でもね、これはこれで正解なの。ビーソフテンローション0、3%とビーソフテン外用スプレー0、3%はデバイスが違うだけで、中身のお薬は同じなのね(ちなみに薬価は外用スプレーの方が高い)ひらめき
でも、ローションはビーソフテンローション0、3%の名前で、ビーソフテン外用スプレー0、3%はヘパリン類似物質外用スプレー0、3%「日医工」に名前が変更になるのよあせあせ(飛び散る汗)

・・・・・・・・・・

Why Nichi−Iko Company Why!!!


なんで、基材が変わるだけで、同じ主成分なのに名前を変えるの?
しかも、ビーソフテンローションとビーソフテン外用スプレーは基材も全く同じでデバイスが違うだけじゃん!

と、厚切りジェイソンさんのネタをパクっているところで、Kさんはそのリーフレットを裏返す。

K「で、ネーヤさん。名称変更と共に容器のデザイン変更があります。」
besoften-oilcream25_1311.jpg
besoften-oilcream100_1310.jpg
besoften-oilcream500_1310.jpg
とまあ、これが現在の容器デザイン。
それが今度は・・・・・
名前と共に、キャップや文字の色がブルーに変わるのよどんっ(衝撃)
パッと見、薬品名も変わっているし同じお薬とは思えないくらいexclamation×2
ちなみに、これは日医工さんのHPに行って見たけど、名称変更だけで容器変更の発表は成されていなかったので、写真は無しもうやだ〜(悲しい顔)

あっけに取られているネーヤにKさんはさらに続けて、追い討ちをかける

K「ネーヤさんは、ビーソフテンは日医工さんですよね。」
ネ「お・おう・・・Kさんの所から入れているでしょ?」
K「ちなみに、ビーソフテンは持田製薬さんからも販売されている事はご存知ですよね?」
ネ「お・おう・・・前に持田製薬さんのMRさんから、『宜しかったら、うちのビーソフテンもよろしくお願いします』って言われた事があったもの。」
K「ちなみに、持田製薬さんは容器の色は変わらないんですよね・・・」

Why MOCHIDA Company Why!!!

K「ですから、容器の色とかを気にする患者様などでしたら、持田製薬さんの方に変えたほうがいいかもしれませんね」
ネ「お・おう・・・そ・そ・そうかもしれないあせあせ(飛び散る汗)
K「ああ、患者様がいらっしゃったようですわーい(嬉しい顔)それじゃあ、私はこれで!あ、持田さんのにするときも帳合はうちにして下さいねるんるん

そう言うと、Kさんはにこやかに退出ダッシュ(走り出すさま)

でね、これが不思議でたまらないネーヤはいろいろと調べてみたの。
で、分かったことは・・・名前がヘパリン類似物質に変わるお薬は製造元が日医工株式会社さん。名前が変わらないビーソフテンは製造元が帝國製薬株式会社さんなのよひらめき
でも、結局は製造販売承認を帝國製薬株式会社さんに移管しただけで中身は全く同じじゃないの?
しかも、名称変更する油性クリームと外用スプレーは、製造元は同じ日医工株式会社さんなんでしょ??
それから、Kさんには聞き忘れちゃったけど、持田製薬さんは名称変更はどうするの???
念の為、持田製薬さんのHPを見てきたけど、容器変更はモチロンの事、名称変更も何も書いていないのよふらふら

え?ひょっとして、製造販売元である日医工株式会社さんの策略?
その2社って、仲が悪いの(ソンナワケナイ)


Why Nichi−Iko・MOCHIDA Company Why!!!

と、最後まで厚切りジェイソンさんをパクって推したところで、本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私は日医工株式会社の関係者なんですが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押してから情報をください黒ハート
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は持田製薬株式会社の関係者なんですが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押してから事実確認をして下さい揺れるハート







↓私はどちらの関係者でもありませんが・・・たらーっ(汗)と言う方はこちらをポチッと押して、厚切りジェイソンを楽しみながら、ことの成り行きを見守りましょう

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:26| Comment(16) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネーヤさん。い〜っつも思うんですが、何か現場の声は届いてないですよね??厚生省の偉いのといい、製薬会社といい( `д´)まあ〜便利さや判別のしやすさを優先するのか、やたらシートに薬の名前がデカデカとかかれていたり…

そんなこと考えるなら「シートの間隔開けろ!」「分包出来るように湿気ない薬にしろ!」と言いたい…。アイピーディカプセルなんか湿気やすいからと毎回、シートで処方。

たった一粒だけ別にシート付け。漢方薬も少なくしてほしいし、美味しく飲めるようにしてほしい!エンシュアリキッドに味噌汁味やカレー味を追加して欲しい!文句言い出したら切りがない。

患者第一に考えてほしいなぁ(/ー ̄;)
Posted by みみすけ at 2015年06月06日 20:59
>みみすけさん

こんばんは!
あはは(^○^)
お気持ちは良く分かります!みみすけさんのお仕事の場合、MRさんとは接触の機会があまりないので、伝えにくいですよね。
そんなときには、私の様な薬局薬剤師に伝えておくといいです!全部がメーカーに伝わるとは言いませんが、私の様なお節介な薬剤師が意気揚々とMRに伝えますヽ(*^^*)ノ

カレー味や味噌汁味のいいですね!
今度、メーカーさんに言っておきます!!
Posted by ネーヤ at 2015年06月06日 21:40
こんばんは。

個人感でいうと、ヒルドイドローションが好きです。
軟膏はベトツクので、手作業がしにくい・・・。

ヘパリン類似って事は、血行も良くなるって事ですか?
抗凝固剤内服中の方に、ヘパリン類似を処方して良いのか、ふと思うときがあります。

しかし、持田さんも、不思議な会社ですよね。
GEやってるかと思ったら、先発品(エパデール・レクサプロ等)もやってるし。
関連小会社が扱ってるならともかく・・・。

ちなみに、なんでK氏との会話で急に男になったんですか?
しかし、さっしーは強いなあ(ぽそり
Posted by かいごや at 2015年06月06日 22:52
>かいごやさん

こんばんは!
はい、ヒルドイドは血行を良くすることによって、皮膚の修復を助けます。炎症を抑えるためにステロイドを混ぜたりもします(^^)

ちなみに、自社でGE部門を持っているメーカーは結構あるんですよw
ファイザー、杏林、ケミファなんかがそうです!

男?ああ、おねぇでもあると同時に僕っ娘なんですw
それにしても、かいごやさんが、AKBファンだとは知りませんでしたw
Posted by ネーヤ at 2015年06月06日 23:54
なんか どこから どう突っ込んだら良いんだか…。
3,4回 必死で読んじゃいました(笑)
不思議ですね〜。

薬の外観というかシートの変更が多いのは もう最近諦めてますが…(その度に寄宿舎から「薬、替わったんですか?」も含めて;手紙に書いてるのに)
メプチンクリックヘラーみたいな 変更?(変身?)は うーん。 まだ在庫あるけど早めに娘に確認させなきゃ、と、
いつもの薬局にお願いしたら1ヶ月ほどかかったけど
メーカーさんから 練習器を取り寄せてくれ、
実際に操作をさせて貰い 大丈夫とわかりました。

だから。色まで変わっちゃうと…。結構 患者サイドは 状況によっては、大変かも。(しかもそれが全てが 変わるわけではない…)

みみすけさんが 書いてらした「ア〇ピ〇〇ィー」ですが。
シートの裏紙?が結構 軟くないですか?
小分けしてたら すぐに穴が… でも シート自体の切り離しは結構 頑丈というか 軟弱というか 綺麗にスパッと切り離せない…。 我が家だけかなぁ〜。
Posted by うさぎぃ at 2015年06月07日 03:55
>うさぎぃさん

おはようございます(*゚ー゚)v

本当に今回の変更は私も???と首をひねるばかりでした(;^_^A
包装変更は結構気にする患者様が多くて、説明しても後になって『前のお薬の方がよく効いた』などと言われて困ってしまうこともあります。
前にも書きましたが、モーラステープ!久光さんは緑色を、祐徳さんは紫色を基調にした包装なんですが、こっちの方が効くからそちらを納入してくれと言われて、2種類のモーラステープを在庫していた時代もありました(;^_^A

アイ○ーディーは取り扱いがないので良く分かりませんが、シートによっては切り離しが、手で容易にできない物もありますね。一度、MRさんに聞いたことがあるのですが、その素材(素材の名前は忘れました)だと、燃やした時に有害ガスが発生しにくい素材なんだそうです。
お薬もそうですが、シート素材なんかもいろいろと工夫が凝らされているんだなぁ〜!と感心した覚えがありますヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月07日 10:27
うさぎぃさん、ネーヤさん。

確かにアイピーディーカプセルの裏は破れやすい!そのくせシートは固い!!抜きやすいかも知れないけど、ちょこっと当たるとす〜ぐピリッ‼

ハサミがないと切り離せないしι(`ロ´)ノ湿気やすいからと毎回、シートで処方なのに破れやすい!って…怒。んもぉーっ( `д´)

そもそも分包の袋って湿気ないようになってないんですかね?分包する動作がいけないのか、分包したあとに湿気やすいからなのか…

そもそも分包が湿気やすいからなら、他の薬は大丈夫なのかって話になりますねぇ〜前は自分でシートを切り離して小袋に一回分ずつ入れてたんですけど、めんどくさくって…。

ネーヤさん。どうなんですかね⁉
Posted by みみすけみ at 2015年06月07日 11:03
こんにちは

AKBのファンじゃないですよ〜。
話術のうまい人が好きなんです。

良く言うじゃないですか、嘘つきは介護の始まり。って←違うって。
医療も福祉も、話術がかなりのウェイトを占めていると思うんですよ。
特に認知の人なんかは、話術に長けてないと。

その他には、嗣永桃子(通称ももち)さんとか、
篠原ともえ(しのらー)さんとか、演じているようで、きちんとツボは押さえているトークが好きなんですよ。

あとは、時事ネタも入れないと、若いのについていけない←重要
Posted by かいごや at 2015年06月07日 12:06
>みみすけさん・うさぎぃさん

こんばんは!
大鵬薬品さんには良く伝えておきますね(;^_^A

ちなみに、分包紙はポピュラーなのはグラシン紙という材質なんですが、やはり製品のヒートに比べると吸湿性は格段に上がってしまいます。
一応調べてみましたが、分包した場合、25℃湿度60%の過酷度試験で6ヶ月間は品質に問題が無いようですが、25℃75%、40℃75%まで条件をあげると、早い時点から変化が出てしまうとの事です。
まあ、みみすけさんが行っている方法が一番確かなんだと思います。
あとは、密封容器(お茶缶やインスタント珈琲の空き瓶など)に入れて、冷蔵庫で保管しておけば、少しは長持ちすると思いますヽ(*^^*)ノ

Posted by ネーヤ at 2015年06月07日 19:14
>かいごやさん

こんばんは!
話術の上手い人が好きなんですね(^^)
じゃあ、私なんかダメだなぁ〜、こんなに口下手でシャイなおねぇじゃあこの商売向いていないかもしれません(ノ_・。)

一応、時事ネタは入れていますけど、私の場合、お笑いに偏っているからなぁ〜、ちなみにAKBのメンバーで顔と名前が一致するのは数人ですw
高橋みなみさんと言う方が、現在のリーダーでもうすぐ卒業と言うのは昨日初めて知りました(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年06月07日 19:23
>>じゃあ、私なんかダメだなぁ〜、こんなに口下手でシャイなおねぇじゃあこの商売向いていないかもしれません(ノ_・。)

嘘つきは薬剤師の始まり。と_φ( ̄ー ̄ )
良くそんなこと言えるものだwww
Posted by かいごや at 2015年06月07日 20:27
ネーヤさんこんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
いつもブログの更新楽しみにしています。

ヒルドイドですが、「美容効果が高く数万円の高級クリームと同等の効果」などとネットでまことしやかに言われているようです。
そのせいでヒルドイド指名で皮膚科受診する女性も増えているんだとか。。
そういうことで保険が使われるのもどうかと思いますが、「ヘパリン類似様物質」ですもんね。
一応薬だし、数万円のクリームほどの効果って、、、どうなんでしょうか?
ネーヤさんはどう思われますか?
Posted by うさちゃん at 2015年06月08日 09:01
ビーソフテン
日医工さんも持田さんも
名称変更は実施し、
日医工さんのみ油性クリームの外観をブルーにするようです

うちはビーソフテンクリームも採用していて、
今回このビーソフテンクリームは、名称変更なしですが、ブルーなので、
油性クリームとクリームどちらもブルーは、調剤での取り間違いにも繋がるため
油性クリームは持田さんのピンクがベストだと思います
Posted by at 2015年06月08日 12:47
>かいごやさん

やだなぁ〜、こんなに誠実な薬剤師を捕まえてwww

私のは嘘ではなくて方便と言うのですよ(^^)
Posted by ネーヤ at 2015年06月08日 19:45
>うさちゃんさん

こんばんは!初コメありがとうございます(^^)

えーっと、うさちゃんさんはこちら側の方なのかな?
ヒルドイドは『処方箋医薬品以外の医薬品』なので、私の様なオフザケ薬剤師でも、一般の方に販売することが可能です。
g単価が25円程度のお薬なら、私は2〜5倍程度の金額で販売すると思います。
ちなみに、とある情報ですが、化粧品と言うのは、同じ成分であっても、ある程度高くなければ売れないそうです(;^_^A
そうやって考えると・・・まあ、価値観は人それぞれなので、何とも言えませんが、それでその女性が満足できるなら、それでもいいのかもしれませんねw
私の薬局の患者様なら、『やめておけ!』ってアドバイスするかと思いますヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月08日 21:52
>名無しさん

こんばんは!情報ありがとうございますヽ(*^^*)ノ

でも、同じ名前で製造ラインも(多分)同じ、それでシートや容器デザインが違うというのは非常に厄介ですね(;^_^A
以前にブログでも書きましたが、モーラステープでグリーン(久光)では効かないが、ブルー(祐徳)なら効くと言い張った後期高齢者の患者様がいて、2規格用意しましたが、今回も似たようなケースが想定されるので、非常に不安です(ノ_-。)
Posted by ネーヤ at 2015年06月08日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420236623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。