2015年05月31日

処方箋のお作法〜続編〜

さてと、本日は前回の続編exclamation読者の皆様、お待たせいたしましたexclamation×2

え?誰も待っていない??他のブログに行く???
ちょ、ちょ、ちょっとまってあせあせ(飛び散る汗)
まあ、他のブログに行くのは仕方ないとして、それじゃあネーヤのご挨拶だけ聞いてから、行ってちょうだいどんっ(衝撃)

このブログ、本日を持ちまして、5周年を向かえましたぁ〜!
これもひとえに読者の皆様のおかげです!!
ありがとうございます!!!


ということで・・・

おめでとう!!!


と言ってくださる方は、こちらをポチッとしてから行ってちょうだいexclamation

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

え?おめでたくも何ともない??
いいわよ、それじゃあネーヤ一人でさびしく祝杯あげるからたらーっ(汗)

と、業務連絡はここまでにして、この前の続編。
この前のブログでは処方箋の中で、処方欄が一番大切って書いたわよね。そりゃあまあ、どこも不備があったりしてはならないんだけど、やっぱり処方欄に不備があると患者様の健康被害が出ることもあるし、処方疑義をかけなくてはならないから、患者様をお待たせしちゃうしねふらふら
でね、今日はここの処方に特化して書いていくから、若き研修医の方は是非、読んでちょうだいどんっ(衝撃)(本日も上から目線exclamation
じゃあ、早速行くわよ!この前のクラシエの漢方は理解できたわよね?今回もネーヤが困った処方箋内容を挙げていくからねグッド(上向き矢印)

Rp)
ツムラ No68 3包
         分3毎食前 14日分

これはツムラの芍薬甘草湯。ツムラさんの芍薬甘草湯は1包2、5gしかないし、薬剤師が見れば意味は通るから間違える事もないんだけど、処方箋としてはアウト!Noや略号で記載する事は許されていないのよむかっ(怒り)だから・・・
Rp)
ツムラ芍薬甘草湯  7、5g
         分3毎食前 14日分

と、書くのが正解。また、芍薬甘草湯だけ書いてメーカー名を書き漏らしも気をつけて!

Rp)
(頓)ロキソニン錠60mg 1T
         分1寝る前 10日分

これは、頓服薬の定義が間違っているのねひらめき頓服薬は薬を継続的に使用するのではなく、必要時に1回服用することを目的とした服用方法だから、毎日飲ませたい場合は内服薬にしなくてはならないの。だからこの場合・・・
Rp)
(頓)ロキソニン60mg 1T
         疼痛時 10回分

または、
Rp)
ロキソニン60mg 1T
         分1寝る前 10日分

が正解。もし、疼痛時だけ寝る前に、服用させたければ、処方コメントで頓服なら「寝る前のみ服用」、内服なら「痛みがなければ、服用中止」と書くのが正解!

Rp)
アレロック錠2、5mg 3T
         分2 朝食後・寝る前 28日分

これは間違いではないんだけど、これだと朝食後と寝る前に1、5錠づつ飲ませることになるのね。患者様からお話を聞いたら、「このお薬は眠気が強いから朝食後に1錠、寝る前に2錠飲んで!」とDrからの指示が出ていたの。だからこの場合は・・・
Rp)
アレロック錠2、5mg 3T
         分2 朝食後・寝る前(1−2)28日分

が正解。ちなみにアレロック錠の規格は5mgもあるから・・・
Rp)
アレロック錠2、5mg 1T
         分1 朝食後 28日分
アレロック錠5mg   1T
         分1 寝る前 28日分

にしないと、査定を受ける場合もあるから、注意してねexclamationついでに薬局側だけど、下の処方箋が出た場合は内服調剤料は1回しか取れないからねどんっ(衝撃)

Rp)
ネシーナ錠25mg 0、5T
         分1 朝食後 84日分

これも、間違いではないのよもうやだ〜(悲しい顔)これは先ほどのアレロック錠とは逆で、ネシーナ錠には半量規格の12、5mgと言うのがあるのよバッド(下向き矢印)確かに25mgを半錠にした方が、12、5mgを使うより薬価的には安くなるけど、半分に割る手間や、84日間、湿気などの安定性を考えた場合、12、5mg1錠の方が良くない?
ちなみに、このときネーヤは疑義照会をかけたけど、Drからの回答は「患者様が良ければ!」だったわ。こう言う時は処方コメに「患者様の同意があれば、規格変更可。」と書いておいてくれるとありがたいわ黒ハート
ちなみに、規格を書かないDrもいるけど、それはもう論外だからねむかっ(怒り)規格が1種類しかないお薬でも、規格は必ず書いてちょうだいパンチ

Rp)
ヒノポロン口腔用軟膏 5g
         1日3回 食後歯肉に塗布      2調剤
Rp)
アズノールうがい液4% 10ml   1本
         1日数回 うがい

お次は、似たような間違いだから、まとめて書くわね黒ハート
外用の場合、処方の後に1調剤って書く場合があるのね。多分内服の日数と同じ意味合いだと思うけど、上の処方はヒノポロン口腔用軟膏を2本調剤する指示だと思うけど、外用は1調剤以外は書いてはいけないの。
下の処方は書いてある通り、アズノールうがい液を1本出せばいいのだけど、アズノールうがい液って、5ml入りと10ml入りの2種類があるのね。これだと5ml2本は不可ということになりそうだけど・・・これは処方箋が間違いexclamation外用薬の処方箋は、その量を総量で書くという決め事があるの。つまり・・・
Rp)
ヒノポロン口腔用軟膏 10g
         1日3回 食後歯肉に塗布     1調剤
Rp)
アズノールうがい液4% 10ml
         1日数回 うがい

が正解!アズノールうがい液なんかは、5mlを2本でも、10mlを1本でも大して影響はないと思うしね。まあ、細かく言えば家と職場においておきたいから、5mlを2本にして欲しいと言う場合もあるかもしれないけどね。で、これに関して困った処方が・・・
Rp)
強力ポステリザン軟膏 60g
         1日1回 就寝前に使用

の処方。これは確かに外用薬で総量が書いてあるから、間違いではないと思われるけど、協力ポステリザン軟膏も2gチューブと30gチューブがあるのよ。2gチューブの場合は肛門に差し込んで中に注入する使い方が多く、30gチューブは外側に塗る場合が多いのね。まあ、2gチューブならそれを指に出して塗ってもいいから、2gチューブを使う薬局が多いと思うけど。
Rp)
強力ポステリザン軟膏 60g
         1日1回 就寝前に注入(または塗布)

と書くのが正解exclamationこれなら、どちらを使えばいいのかハッキリするから、余計な疑義照会もいらなくなるわね決定

だいぶ長くなってきちゃったわねあせあせ(飛び散る汗)こう言うのを書き出したら本当にキリがなくなっちゃうから、あと1つだけ例を挙げて最後にするわね揺れるハート

Rp)
カリーユニ点眼液0、005%  10ml
          1日3回両目に点眼

カリーユニ点眼液と言うのは初期老人性白内障の点眼薬。これは用量規格が1本あたり5mlしかないし、一見して正しいように見えるんだけど・・・
Rp)
カリーユニ点眼液0、005%  2瓶
          1日3回両目に点眼

が正解。これはね、単位は薬価がついた単位で書かなくてはいけないの。だから同じ様に点眼剤でもクラビット点眼液0、5%なんかは
Rp)
クラビット点眼液0、5%   10ml
          1日3回右目に点眼

で正解。この辺りはややこしいたらーっ(汗)ボスが統一してくれればいいんだけどねもうやだ〜(悲しい顔)それにレセコンだと、数字を打ち込むだけだから、クラビット点眼液を2本処方したつもりが、2mlなんていう処方箋を見たことがあるわバッド(下向き矢印)

と、まあこんな所かな?他にもたくさん書きたい事はあるけどまた小出しにしていくから、本日のブログはこれにておしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓へー、いろいろな間違いがあるのねひらめきそれを全部覚えるだけでも大変そうあせあせ(飛び散る汗)って、大変さを理解してくれた方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、それを正していくのが薬剤師のお仕事だよね揺れるハートそれで食っているんだからるんるんって、辛辣な事を言っちゃう方はこちらをポチッと







↓それにしても、このブログが5年間も続いているのが不思議だわexclamation&questionとっくに消えて無くなっていそうなのにexclamation×2って、ネーヤと同じことを考えた方はこちらをポチッと押した後、お祝いコメをくださいハートたち(複数ハート)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 15:45| Comment(29) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネーヤさん。5周年おめでとーo(* ̄○ ̄)ゝ 末長くお幸せに!

て…受けとる側の薬剤師の方が詳しい気がしちゃうのは私だけですか?!いつも行く薬局は、薬剤師さんが変わると間違うんです。2ヶ所あるんですが、間違うんです。

2ヶ所から薬が出て、どちらも半月ほどずれているので内科は日付も入れてもらうことに。この前はジェネリック不可にしたら、チェックがついてるにも関わらず28日分を分包。「同じ薬ですね〜」と会計をしようとして私が「今回からジェネリック不可になったんですよね」て言ったら、「……………へ?」って…おい!

それからまた作り直し。かかりつけ薬局を持つようにするって話しになってるみたいなんですが、考えもの。片方には在庫がない。けど、これはある。片方には向こうの在庫がなかったものはあるけど、これはある…ならいいけど。

ネーヤさん。かかりつけ薬局に決めた!
Posted by みみすけ at 2015年05月31日 17:15
こんばんは。

それではそういうことで、失礼・・・。

ということは、前回の内容からすると、ほぼ正解かな。
一日量○g分×って書いた気がするから。
正解者へのプレゼントは何ですかwww

ちなみに、医療用漢方薬。ツムラとかクラシエとかありますが、
漢方は、メーカー名まで指定なんですか?
メーカーによって、若干生薬量とか違うようですが。

介護職必需品であり、高齢者も処方されている、ヒルドイド。
処方してもらう時に、処方箋は50gだったけれど、薬局側は利便性を考慮して25gの容量しか常備してないらしく、2本貰ったことあります。1本でも2本でも金額変わりませんので。って話があったのを思い出します。
あれは、g単価だからかな?
個人で使う分には、一番小さい規格の方が持ち歩きやすいから便利なので無問題ですけどね。

ボルタレンゲルも50g処方だけれど、25g2本で貰ってる。使う分にはその位の方が使いやすいので気にしてなかった。
Posted by かいごや at 2015年05月31日 19:02
>みみすけさん

こんばんは!お祝いのお言葉ありがとうございます!
まあ、間違いを冒した薬局を擁護する気はありませんが、薬剤師も人の子、なれてくるとついついうっかりミスが出る事もあります(ああ、もちろんそのために監査業務があるんですけどね)
ちなみに、私は患者様の顔と名前を一致させるのが苦手で、名前よりも患者様が服用している薬で覚えていることが多いです。
来局された患者様の顔を見て、処方箋も見ずにお薬を用意していると、レセコン入力している事務さんから、「今日はお薬種類が変わっています!」などといわれることも良くあります(;^_^A

在庫は結構難しいですね。慢性疾患のものなら、用意しておくことが多いですが、急性疾患のお薬や返品がきかないもの(要冷品)などは、患者様の家に届けることが多いです。まあそれでいいと言ってくださる患者様に感謝です(^^)
まあ、かかりつけ薬局を持ったほうが、お薬の管理もしやすいですし、いろいろと相談に乗ってくれるので良いとは思いますよヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年05月31日 19:28
>かいごやさん

こんばんは!今回もコメありがとうございます!!
正解でしたので、今度私の薬局に来られた時に、リ○D1ケースサービスしますねw

漢方薬は仰る通り、メーカーによって配合が微妙に違います。今回の芍薬甘草湯では、クラシエは細粒、ツムラでは顆粒と粒の大きさも違うんですよ。まあ、私が薬剤師をやっている中でメーカー名を記載していなかった処方箋は1回だけ、それも遠方の医院さんで疑義照会をかけましたけどね。ちなみに同じお薬なのに、メーカーが違うと言う事で名前が違う場合もあります。それだと2つ在庫しなくてはならないので、非常に厄介です。まあ、あまりにも高価なお薬などの場合、処方元に連絡入れて、変更しちゃいますけどねw

ヒルドイド・ボルタレンほか塗り薬には5gと10g(ステロイドが多い)25gと50gというように2つの規格があるものがたくさんあります。小さい規格の方が、使い回しがきくので、うちの薬局も小さい規格を用意していることが多いです。ただし汎用品ですと、大きなチューブの方が使いやすいといわれることもあり、2つの規格を在庫しているものもあります。患者様によっては、「今日は家においておきたいから大きいチューブ、今日は旅行に持って行きたいから小さなチューブ」と指定される方もいらっしゃいます。ちなみにg数で薬価は決まっていますので、50g1本も25g2本も値段は変わりませんヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年05月31日 19:45
5周年おめでとうございます(#^.^#)
これからも、楽しいブログを期待しております〜!

って、そこでポチッとすると、別なページにいっちゃうじゃないの・・・いいのかしらそれで(^_^;)
絶対、そのあとはランキングみて他のブロガーに浮気しちゃうと思う、わたくしww

薬って本当に大変ですね・・日々、ミスって上司に大目玉をくらっているわたくしには、勤まらないお仕事ですね、うっかり薬剤師さんとかもいるのかしら?!
Posted by きりちょん at 2015年05月31日 22:54
ネーヤさん、5周年おめでとうございます。
これからも、楽しいブログをよろしくお願いします。

処方箋の書き方って決まりがたくさんあって大変ですね。
全部把握しているDrっているのかしら??
前も言いましたけど目薬の規格はなんとかして欲しい!
うちにも私を含めウッカリ者が多いですから(笑)。
Posted by さくら at 2015年06月01日 00:13
>きりちょんさん

こんばんは!
ありがとうございます!もう5年も経ったなんて自分でも信じられないです!!

ああ、途中のポチは、今回のブログが良く分からない人の一般向けのポチですwそれでも私に1票入るからOKですw
まあ、それで他のブロガーさんに浮気したとしても、それはそれでお互い様と言う事で(;^_^A

うっかり薬剤師・・・生まれてきてゴメンなさい(by太宰ネーヤ)
Posted by ネーヤ at 2015年06月01日 00:26
>さくらさん

こんばんは!お祝いの言葉ありがとうございます!!

うーん、Drなら全て知っておかなければならない項目ばかりなんですけどね。ここに書いたのは、全て事実に基づいたものばかりです(;^_^A
前回のブログコメで現役Drからコメを頂きましたが、最近では電子カルテが発達しているために、このようなお作法を知らない研修医さんが増えているように思えます。
まあ、もっとレセコンや電子カルテが発達してくれば、このような間違いはなくなるかもしれませんね。
点眼剤は・・・今統一したら、それはそれでアチコチから不満が噴出するでしょうね。今後は全てmlで統一とかになるのではないでしょうかね???
Posted by ネーヤ at 2015年06月01日 00:52
ネーヤさん、5周年おめでとうございます!!!
これからもためになって楽しいブログを宜しくお願いします。

今回のブログネタは何か…もう…すいませんって感じ。
珍妙な処方箋を出す片棒担いでます。今はちゃんとレセコンがありますので、手書きといえばバ○○グラとかプ○○シアとか保険きかない薬ばかりですが、レセコン使ってても間違いはあります。

でもね〜ちょっとだけ言い訳させて下さいな(涙)。

患者様がよく「他の病院で貰ってた○○という薬、ここでも出せないか?」と聞かれる事って大変多いです。出せますよ勿論。病名さえつければ。先生だって何の薬かは判ります。ただ規格がわからないんです。使わないから。

お薬手帳がこんな時にこそ役に立つのに…。よその処方をこっちで出して欲しかったら、せめてお薬手帳か薬情の紙か現物持ってこいや〜(プロレス風)。

ま、それを怠った患者様のあやふやな記憶のせいで、トンでもない処方になるわけですね。

「漢方出して欲しいの、あのね、○○番で黄色の線だったわ」
(心の中=多分ツムラだと思うんだけど、私ら番号言われても名前判んないわよ!グラム数…えっと2,5gで毎食間?寝る前?)

「ヒルドイド出して!こーんなサイズ」
(心の中=ソフトかローションかクリームか?ビーソフテンならスプレーもありまっせ。指でサイズ作られても信用出来ませんがな。)

で医師に尋ねても、外用薬の場合「んー判らん。貰ってた患者さんに聞いて」と言われる始末。まあ自分の処方じゃないから仕方ないんですけどね。

で、私はさすがに「ツムラ68番」や「ヒルドイド」のみで処方を書く気にはなれませんので、門前薬局さんに電話して薬名や規格を確認したり、患者さんとじっくり話してあたりをつけて処方を出して、薬局で現物を見て下さいとお願いします。(処方箋にもその旨メモします)まったく良いやり口ではないのは判っていますが、後で違うと言われても困りますものね。(実際薬局でこれとは違うと言われる事もあるんですよ)

後はマ○○リーが5mgか10mgか患者様が覚えていないとか。(内服薬の量は医師の判断で無理やり決めてもらいますけどね。医師の仕事ですから)

重ねて言います。お薬手帳は持っててよ〜!
かかりつけ以外なら特にね〜〜!
ましてや他院の処方を出して欲しいならマストアイテムよ〜!
でないとネーヤさんがまた変な処方が来たってブログネタにするわよ〜〜!!!

あ、ちなみに外用薬と頓服の出し方はさすがにもう間違えないです。たまに入力ミスしますけど(テヘペロ)
Posted by 紫もんちゃ at 2015年06月01日 14:47
ネーヤさん、こんにちは!
この時期に新人向けな基礎講座、とっても助かっています(*´∀`*)ノ
投薬にも行き始めて2週間位経ちますが、点数をパッと見て合ってるかわからないし、保険外もわからないして毎日あたふたしてます。
先日はネーヤさんの過去のブログにあったクレナフィンの処方量がややこしいヤツの処方箋がうちの薬局にも来て、ちゃんと疑義照会できました!(実際に電話したのは先輩ですが)
これからもネーヤさんを目指して頑張ります!
Posted by はじめ at 2015年06月01日 19:44
5周年おめでとうございます!
いつも仕事中にブログ読んで勉強してます!

毎回楽しい内容を織り込みながら実践に役立つ内容ばかりでネーヤさんの文才と薬剤師としてのレベルに嫉妬してます!

これからも更新期待してます!
Posted by よし at 2015年06月01日 20:36
>紫もんちゃさん

こんばんは!
あはは、別に紫もんちゃさんの事を言っているわけではないので、大丈夫ですよw
でも、今回のブログに関しては、頷けるでしょ?ww
患者様の発言に関しては私も困ることが多いです(;^_^A

「ほら、小さくて白い錠剤で、シートが銀色の奴!」
(そんなの、うちの薬局だけでも何十種類ある!)
「血圧のお薬で、一番弱い奴よ!」
(ARB?Ca?利尿剤?α?β?)
「お腹のお薬よ!」
(胃?腸?膵臓?消化剤もあるし、抗コリンもあるし・・・)
「胸が痛いときに貼る湿布よ!」
(これは、後日ニトロである事が判明!)

などと、私の頭を悩ますことで満載です(-。−;)
お薬の名前も結構うろ覚えですし、そう言う人に限って、お薬手帳は要らないって言うんですよね(ノ_-。)
私も何回も、処方元の門前薬局に電話して確認したことがあります(^^)

まあ、多少の間違いはご愛嬌ですねw内服薬2錠分3で出された時は、受付さんに「とりあえず粉にして2/3にすればいいですか?」って言って笑いを取った覚えがありますw

あ、お祝いの言葉ありがとうございます!
これからもクダラナイブログを書き散らかしていきますので、また読んで下さいねヾ(=^▽^=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月01日 23:48
>はじめさん

こんばんは!コメありがとうございます(^^)

まあ、最初はそんなものです。私も新人の頃は、保険の種別や規格に関して全く分からず、右往左往していた覚えがあります(;^_^A

ああ、私みたいなのを目指していては、1人前に慣れませんよw薬局の優秀な先輩や上司からちゃんとしたテクニックを盗み取って、早く1人前の薬剤師になって活躍してくださいねヾ(=^▽^=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月02日 00:05
>よしさん

こんばんは!初コメとお祝いのお言葉ありがとうございます\(^▽^)/

いやいや、よしさんのブログも拝見させていただきましたが、漢方薬の知識はもとより、ピアノやプログラミングの才能があるなんて、私の方が嫉妬してしまいます(゚ー゚;A

こんなクダラナイブログですが、また遊びに来てくださいね!
あ、でもお仕事中はダメです!休憩時間に息抜きとしてお楽しみくださいね(*´∇`*)
Posted by ネーヤ at 2015年06月02日 00:17
最初(娘が2才で テオドールや 色々とめいっぱいの処方時)は 薬価単位というのが わからず…。
なんで こんな書き方?? 統一出来ないの?と。

ソフトの内容にもよると思いますが…。
かかりつけ先の大学病院の電子カルテ(全てが変わる前から 半分電子化になってて)、
結構 シビアで 間違ってなくても チェックの入れ方で、オーダーが入らないことも。
先日 あまり外来を持たない偉い先生が、
とりあえず 次の私の主治医までのつなぎに、と
インタール吸入液1%2ml 全3管 のはずが…
変なとこに チェックが入ったせいで オーダーが入らず、
結局 全9管1日3回 吸入 で9本に。その後の診察で本数を調整。

電子カルテじゃないけど。
子どもら二人ともが 1日3〜4回ベネトリンとインタールで吸入を各々してた時は。
ベネトリン1瓶に合わせて インタールが処方で、2人合わせると あの箱が いくつもあって…。
しかも 他の薬もあるので。ひと月分貰うと 
夜逃げみたいな量に…。(テオドールのドライシロップも結構、嵩張る〜!)


息子が 量りを買わなきゃ!と云ったのは…。
エビリファイ散1%(朝晩)と、リスパダール細粒1%(頓服)を見て。
だんだん息子もわかってきましたが、
途中 減量中には。
「えーっ。見た目と全体の量が減らないんなら 混ぜ物した 〇醒〇みたい! 詐欺だー(笑)」と Dr.に突っ込み、
Dr.も「じゃあ 元に戻そうか? 減らないよ〜(笑)」と。

私としては。エレンタールさんが なぜ g なのかが知りたい。
細かく 濃度とかを調整する方もいますが あれ 開封したら すぐに湿気るから、
一旦 全量を 〇mlの水に溶かし?て そのあと 調整するのだから 1袋で いいじゃん!と。
だいたい1日4袋を 1日4回 6時間毎って…。

あー やっぱり グダグダな 愚痴になっちゃいました(^_^;)

あっそうそう。眼薬、こどもら 二人で 違うのを貰い、処方箋を見て この記事と同じように なってしまい、
当時高1(小6にしか見えない…)の息子が。
「なんで 瓶 と mlがあるん? じゃあ△ml下さいって云ったら 何かに詰めてくれるの??」と、
薬局の薬剤師さんに ニヤニヤしながら訊き、
「お・と・な・の・事情!」と笑顔で返されおりました。

ホントに 大変な作業ですね〜。お疲れ様です。
そうでなくても 忙しいのに、ややこしいのに。
時々、うちのバカ息子みたいなのがいるし…。 すみません。 
Posted by うさぎぃ at 2015年06月02日 00:40
すみませ〜ん m(__)m m(__)m
肝心な事 忘れた…。

5周年、
おめでとうございます!

ってことは…。
うさぎぃは。殆ど最初から お世話になってた?
(ずっと読み逃げだったけど… 汗)

これからも よろしくお願いします。
Posted by うさぎぃ at 2015年06月02日 01:06
>うさぎぃさん

こんばんは!お祝いコメありがとうございます!!

あはは、子供の目線と言うのは、時には奇抜すぎてついて行けない事もありますが、基本は純粋で正しい目線ですので、大人からしてみると、非常に戸惑ってしまいますよね(;^_^A
mlと瓶、gと袋や包。それに液体なのにgと表記するお薬。こればっかりは、お薬を生業とする薬剤師もちゃんと説明できる人は少ないと思います。
「オ・ト・ナ・の・事情」wいい言葉ですね(^^)
私なら、「えーっと、これはね!お薬のメーカーさんが国に申請する時に、1本だからそれで申請をかけてね(アセアセ)瓶に詰めてもいいけど、それをすると余計な雑菌が入ってしまうからね・・・」
って、ひたすら余計な事を言って、子供達に呆れられそうです(゚ー゚;A

ちなみに、Drもお薬によってはアバウトなところがあり、
「この次に合わせるから!」
と言うのは上等文句なところがありますw
まあ、患者様の残薬を見て、Drに
「次回はA錠は○日分、B錠は○○日分、頓服は×回分、湿布は××枚でお願いします」
と、手紙やFAXを送るのも薬剤師の立派なお仕事だから、それはそれでいいんですけどねw

これからも、またクダラナイブログを書いていきますので、呆れずに、遊びに来てくださいねヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月02日 21:35
この程度の仕事に6年の教育が必要な意味が分からない。

記載間違いを探すだけなら、機械や事務員でもできるのではないか?

患者側として言わせてもらえば、薬の提案をしてくれるのはお医者さんであり、薬剤師ではない。

信頼しているのはその病院或いは指導医であり薬剤師を信用している訳ではない。

薬剤師に上から目線で物を言われるお医者さんに同情する。



Posted by 事務員? at 2015年06月13日 01:31
>事務員?さん

こんにちは、コメありがとうございます。

お名前を拝見した時に、こちらの業界の方かと思いましたが、コメの内容からすると違うみたいですね。
私の様なオフザケ薬剤師のブログでは、薬剤師の必要性が良く分からないようで申し訳ありませんね。
まあ、薬剤師を目指す薬学部の方が4年制から6年制に延長されたのはそれなりの意味があるのだと思いますよ。

記載間違いを探すだけなら、機械や事務員でもできる。
→仰る通りです。しかしながら現在の状況において、それができていないのですから、薬剤師も必要となされているのだと思います。まあ、これは薬剤師のお仕事の一部としてお捉えください。

患者側として言わせてもらえば、薬の提案をしてくれるのはお医者さんであり、薬剤師ではない。信頼しているのはその病院或いは指導医であり薬剤師を信用している訳ではない。
→先ず、基本は処方(薬の提案)は医師(最近では薬剤師もそれに参加する事もありますが)調剤は薬剤師と決められております。ちなみに医師が調剤するのは、薬剤師が調剤できない時の緊急避難的な措置です。まあ、今までのブログのコメを遡って見て頂ければ分かると思いますが、それ(院内処方)に関して私は反対は致しません。事務員?さんがそう思うのであれば、医師に院内処方をお願いされるか、最初から院内処方の病院・医院を選択される事をお勧め致します。

薬剤師に上から目線で物を言われるお医者さんに同情する。
→そんなに上から目線の事務員?さんに言われましても(苦笑)薬剤師が医師に疑義紹介や提案をするときはちゃんと礼を尽くして物を言うと思いますよ?まあ、これに関しては私は調べたわけではないので良く分かりませんけどね。
現在、院外処方を採用している病院・医院は7割程度です。国は院外処方を奨励しましたが、決して強制はしておりません。それをどのように捉えるかは事務員?さんのご判断に任せますが、多分社会人であろう事務員?さんが初コメ(多分)してくださったのに対して、その物の言い方で社会人として通用するのかな?と事務員?さんの回りの方々に私は同情を禁じえません。
Posted by ネーヤ at 2015年06月13日 16:28
コメントへの返信ありがとうございます。

調剤薬局の薬剤師の必要性は、実際に調剤薬局で働いている薬剤師の方と話しても理解できませんでしたので、貴方のブログがふざけている為ではないと思います。

機械や事務員ができる仕事を薬剤師が行う必要性を説明するのは誰でも大変だと思いますよ。

別に、院内処方をしてほしいとは書いていませんが?どの文章でそう思われたのでしょうか?わずか数行の文章で誤解が生じるとは日本語は怖いですね。

お医者さんの評判は気にしており何処に行くかは選択しますが、調剤薬局は近いから行くことが殆どです。

実際、お医者さんの評判はよく聞きますが、薬剤師の評判は、態度の良い悪い以外では聞いたことがありませんし、お医者さんを推薦してくれる方からも、薬剤師を推薦された事はありません。患者の多くは、近くにあるから行く程度の認識なのでしょうね。院内でも院外でも誰がやってもほとんどの薬は気になりませんから。

上から目線に聞こえたら失礼しました。

ささいな記載誤りを得意げに訂正する小役人のような感性の人を見るとつい言いたくなるんですよね。

周りには迷惑をかけているとは思いませんし、迷惑と思えば離れていくでしょう。

むしろ、無駄なコストを指摘し経費削減に貢献すれば経営者からは喜ばれますし、専門性の高い仕事を専門家に、低い仕事をそれ以外にときちんと割り振れば、労働者にも喜ばれますよ。

例外は、役所などの専門性が必要ない仕事をさも専門家でないとできないように偽装しているところ位ですね。
Posted by 事務員? at 2015年06月18日 17:04
>事務員?さん

こんばんは、再コメありがとうございます。

どうもお互い考え方などが食い違っているようですね。

お医者さんの評判は気にしており何処に行くかは選択しますが、調剤薬局は近いから行くことが殆どです。
→そういった考え方が多いと思います。ただし、現在国などはかかりつけ薬局の推奨をしています。薬局の使い方として、どうするかは患者様自身が決めることですので、薬剤師としては、その有効性を説明などはしますが強制はできません。ただし、私のような単なるオフザケ薬剤師のところでも、かかりつけ薬局と認めてくださる患者様も少数ながらおり、受診なさっている病院すべての処方箋を持ち込んでくださいます。それが何だ?と言われればそこまでですが、そういった薬局の有効活用をしている患者様もいると言うことは認識してください。


別に、院内処方をしてほしいとは書いていませんが?
→ああ、これは私がそう感じ取っただけかもしれませんね。事務員?さんのコメを読んでいると、いかにも薬剤師は役立たずで、薬さえもらえれば、薬局や薬剤師の必要性は感じないと受け取ったものですから。
一応、院内処方という選択肢があるということが分かって頂ければいいです。

ささいな記載誤りを得意げに訂正する小役人のような感性の人を見るとつい言いたくなるんですよね。
→これに関しては、ここは私の遊び場であり、何とも言い訳のし様がありませんね。実際にこれでフィーを頂いているわけではないので、私の独りよがりなブログと認識してくださるより他は無いです。不快でしたら読むのを中止してくだされば宜しいかと思います。ここのブログなどより真面目に書いている薬剤師ブロガーさんもたくさんおりますのでそちらに行かれることをお勧め致します。
まあ、事務員?さんがこう言うフザケタブログを見て、叩くのが趣味と言われるなら仕方がないと思いますので、また叩きにいらしてくださいね。
Posted by ネーヤ at 2015年06月18日 18:57
返信ありがとうございます。

それが何だ。とは言いませんが、そんなお客さんがいても当たり前でしょう。

社会人としての適性を疑われた自分のような存在にも、何でも問い合わせてくれるお客さんはいます。

同じ商品を扱うコンビニですら、その店(チェーンではなく店)のファンがいます。ある程度の接客が出来ていれば、気に入ってくれるお客さんがいるのはどの業界でも当然だと思います。

すべての処方箋をもちこむ=かかりつけ薬局と認識しているとの認識は短絡的ではないですか?

院内処方については、一定の知識はありますので、説明は不要です。

後、これも誤解があるようですが、薬剤師=役立たずとは思っていません。

調剤薬局で袋詰め作業をすることが主な仕事の薬剤師には特に有用性を感じていないだけであり、製薬や総合病院などで働いている薬剤師等との会話は楽しかったですし、尊敬しています。

ブログについては、その通りですね。

叩くのが趣味という訳ではなく、専門家系のブログを見て楽しんでいたら、専門家らしくない事を書いているブログがあったので思わず書き込んだといったところです。

冷静に考えれば、診察、処方、経過観察等を行うことができない調剤薬局の薬剤師に、専門的な知見(あるいは経験)を求める事が間違っていましたね。

この程度の仕事に保険料が大量につぎ込まれているかと思うと頭には来ますが、利権は何処にでも付き物ですから仕方ないですね。
Posted by 事務員? at 2015年06月19日 14:43
>事務員?さん

再々のコメントありがとうございます。
いろいろな食い違いはあるようですが、事務員?さんの中で完結を迎えられたようですし、事務員?さんが納税された血税を私ごときの専門的な知見を持たないオフザケ薬剤師が利権を貪り食うと言うことで構いません。

それから私はこんなブログしか書けないのでそれで構いませんが、私は調剤薬局薬剤師の代表でもございませんし、調剤薬局の薬剤師全てがこのようだと思わないで頂きたいですね。調剤薬局の薬剤師でも真面目に病気や処方内容に向き合い、専門的な知見を生かされている方はいらっしゃると思いますよ?

どこにそんな薬剤師がいる?と言われても困りますが、事務員?さんは専門家系のブログを楽しむのがご趣味のようですのでご自身でお探しになってくださいね。
Posted by ネーヤ at 2015年06月19日 18:24
返信はありがたいのですが、、いつ、誰が、そんな趣味があると言いました??

楽しむ行為=趣味ってのは短絡的すぎます。

まぁ、独りよがりの決めつけが多い人である事は理解できましたが。

前回のケースといい、もう少し文章読解力をつけた方がよろしいのではないかと思いますよ。(この短いやりとりで何度もはちょっと。。)

調剤薬局の薬剤師についても、現場をよくご存じの貴方から、袋詰め作業にはこのような専門的知見が必要であるとの意見がでてきませんので、信じろというのも無理な話でしょう。

存在する可能性の極めて低い人を探すのは不毛ですので、せっかくの提案ですがお断りします。
Posted by 事務員? at 2015年06月19日 21:21
>事務員?さん

そうですか、それではあきらめましょう。

いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by ネーヤ at 2015年06月20日 00:03
通りがかりで失礼します。25年目(笑)の医師です。

調剤薬局の視点でのお話、興味深く拝見しました。
かつて(GEがゾロと呼ばれていて、調剤誤りによる医療事故についても話題になることがなかったころ)は、処方箋の記載にあたって、剤型・規格については、厳密に書くことを求められていませんでしたし、処方箋鑑定により剤型・規格が決定されていて、疑義照会もなく、処方されていました。突然、疑義照会が増えたのは、疑義照会に保険点数がついた瞬間だったことが鮮やかに思い出されます。

Goodman & Gilmanの The Pharmacological Basis of Therapeuticsの末尾には、処方箋の書き方が出ていましたが、かつてのわが国の書き方と比較しても、かなり大雑把だったので驚きましたし、実際に米国・英国の処方箋の書き方を見て、緩いのにおどろきました。

日本の院外処方箋で、書き方が細かくなるのは、ひとえにガラパゴス的に精緻化された保険制度の影響が大きいのだろうなとあらためて感じますし、そこに人的コストをかけることに問題意識をもたない、「ボス」しっかりしろよ、と思います。

それから、
処方箋の書き方の講義を学生にかれこれ20年弱、(ちゃんと、剤型、規格、製剤量・成分量、水剤のあつかい、軟膏剤の扱いもおしえてますよ。)していますが、学生にはなんのことやらわからんでしょうから、記憶に定着しないようです。
へんな処方箋が出ないように、身の回りではやることをやってみているんですけどねぇ。

では、どうぞお大事に....
Posted by けい at 2015年07月04日 12:14
>けい先生

こんばんは、現役のDrからコメントを頂けるとは嬉しいです。

確かに昔は処方箋も手書きでしたし、その処方箋はほぼ間違いなく門前の薬局での調剤でしたから、お互いになぁなぁになっていたところもあったんでしょうね。
それに、今ほど規格や剤形が多様化していませんでしたからね。ケフレックス3日分!なんて処方箋もまかり通っていたかもしれませんね(汗)今では医療技術の進歩とともに、お薬の多様化もされて、今回ブログに書かせていただいた通り、不思議な処方箋が舞い込んだりします。

まあ、そのうち、電子カルテが発達してきたら、このような間違いはなくなるのではないかと思います。それまではある程度の書き間違いを治したりするのは薬剤師としての業務だと思っています。

今回はコメありがとうございました。こんなクダラナイブログですが、また是非通りがかったくださいね!!
Posted by ネーヤ at 2015年07月04日 19:45
初めまして♪私最近調剤薬局で働き始めたものです!
ほんとに色々ためになりまーす!
未経験で入りたてなのですが もう一人で受付事務を任されて薬剤師さんに尋ねながら頑張ってます

薬剤師さんて本当に忙しいですよね!

不均等入力をまだ見逃してしまいます 汗
Posted by おまつ at 2015年07月24日 20:18
>おまつさん

こんばんは、初コメありがとうございます(^^)
ああ、おまつさんは薬局事務としてお仕事をされているのですね!
薬剤師をしていますと、事務さんに助けられることも多く、日々感謝しております(^_^)

ここのブログはオフザケブログなので、あまり勉強になりませんが、息抜き程度にお楽しみくださいねヽ(*^^*)ノ

ちなみに、私も不均等入力は苦手で、すぐに事務さんに助けを求めています(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年07月24日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419895178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック