2015年04月18日

気になる気になる!!!

さてと、本日も時間ができたので、ブログ更新黒ハート
って言っても、ネーヤの気持ちを揺さぶるような話題がないのよねバッド(下向き矢印)この時期ならば必ず書くであろう花粉症のお話も、なぁ〜んか面白い話題がなかったし・・・

で、そんな中4月1日にボス(厚生労働省医薬品食品局長)から一つのお触れ(省令)出されたの!
それが・・・
『薬局等構造設備規則の一部を改正する省令の施行について』
って、言うんだけどね。ちなみにこのお触れはネット上で公表されているから、コピペしてもいいのだけど、それじゃあ、ネーヤのブログを楽しみにしてくださっている読者の皆様に申し訳ないでしょ?
だから、今回はネーヤの言葉で説明してあげるわね揺れるハートで、内容はこんな感じるんるん

今まで、薬局に置いとかなきゃならない器具は、薬局の人間なら知ってるわよねexclamationでも、今までの器具はかなり昔に設定した物だし、今はそんな器具よりよっぽど進んだ器具があるから、ちょっと考え直すわよ!細かく言ったら次の通りよっ!!


先ずね、今までは液量器は20ccと200ccって決まってたけど、それは無しにするわっ!ああ、でもね、できたら50cc未満のものと50cc以上のものは用意しておいてちょうだいっ!!
次ね。ピペット台とロート台はいらないから!必要なら適当な物を使ってちょうだいっ!!
じゃあ、その次!メスフラスコとメスシリンダー!今までは両方って言ってたけどどっちか片方があればいいやっ!!
で、さいごねっ!細かいのは以上だけど、それ以外の器具も今までのより高性能の奴があれば、それでもいいわよっ!!一応基準は他の紙に書いておくから、それで高性能かどうか判断してちょうだいっただし、書籍に関しては今まで通りだからね!!!


と、まあこんな感じるんるん
じゃあ、続けてその高性能かどうかの判断基準をネーヤ風に書いていくわね黒ハートついでにネーヤの意見もこっそり入れておくわっexclamation×2

イ、液量器
 これは正確にちゃんと計れれば、何でもOK!でもね、さっきも書いたけど、50cc未満の物と50cc以上の物は用意するにこしたことはないわっ!!
ロ、温度計(100度)
 これは環境や水温を計れればいいから、一応は100度って書いておくけど、その辺の温度が測れれば200度でも構わないわよっ!!
ハ、水浴
 これは医薬品を間接的にゆっくりと温められれば何でもいいわよ!電気式の温度を上げていく奴なんかもいいわねっ!!
ニ、調剤台
 これは散剤・錠剤・水剤の調剤を行う台ねっ!いーい!専用よ!!せ・ん・よ・う!!!薬歴を書く事務机と兼用なんか認めないからねっ!!!
ホ、軟膏板
 これは軟膏やクリームなんかを、ちゃんと混ぜられればいいわ!まあ、電動の軟膏練り器があればいいけど、ちょっとだけ混ぜたいときはこれじゃなきゃダメだし、電動の軟膏練り器は高くて手が出ないわよ!!
ヘ、乳鉢及び乳棒
 これは錠剤を砕いたり、粉薬を混ぜられればいいわ!専用の散剤攪拌器でも可。でもこれも少量のは出来ないかな?ネーヤとしてはフードプロセッサー(ミルサー)が簡単でお勧めだけどね!
ト、はかり(感量10mgおよび100mg)
 これは昔は天秤ばかりだったのね。でも今は電子ばかりでOK!!
チ、ビーカー
 液剤を混ぜたり、攪拌できるもの!でもネーヤから言わせたら、ワンカップの空いたグラスで十分じゃないかと思うわ!!
リ、ふるい器
 これは錠剤を粉砕したときに、その粉が均一になるようにするもの!フィルムコーティングがしてある錠剤はそのフィルムが混ざらないようにする物、でもねこれって普通に茶漉しで十分代用できるわよね!!
ヌ、へら
 これは軟膏・クリームを混合するときに使う物!これも代用品としては電動の軟膏練り器があるけど・・・以下同文。ちなみにお薬によっては金属だと反応してしまうものがあるから、角製のものも用意しないとね!!
ル、メスピペット
 液体を少しだけ計れればOK!ネーヤは省略しちゃったけどボスからのお触れにも、ディスポシリンジで代用OKと明記されていたわ!!
ヲ、メスフラスコ又はメスシリンダー
 これは先ほど出てきたわよね!要は液剤を正確に測れれば、形は問わないという事!!
ワ、薬さじ
 これは粉薬なんかを取る出せればOK!へらと同じ理由で角製のも用意しないといけないわ!!まあ、スプーンでも何ら遜色はないと思うけど・・・
カ、ロート
 液体と固体をろ過・分離できればOK!


って、こんな感じかな?
でね、まあ薬局さんによっても違うんだろうけど・・・これって全部必要???
ネーヤが今まで薬局で使ったことがある器具って、
イ、液量器 
ニ、調剤台
ホ、軟膏板
ト、はかり(電子ばかり)
ヌ、ヘラ
ワ、薬さじ
位なのよねたらーっ(汗)まあ、ヘの乳鉢はミルサーを使っているし、ふるい器は茶漉しだけどねわーい(嬉しい顔)
それにね、まあ今の薬局ではネーヤが使っていない器具の使用薬局より、レセコンや分包器の方が使用普及率の方が高いような気がする・・・
で、もってネーヤが一番気になっていることはアスクルさんの開局セットがどうなるかと言う事どんっ(衝撃)

どういう事かと言うとね、前にブログでも書いたけど、開局や薬局の更新時には、これらをチェックされるのよもうやだ〜(悲しい顔)
ネーヤの薬局もそうだけど、はかりと調剤台以外のものがセットになっている、アスクルさんの開局セットを買ったのね。

薬事監査とコンプライアンス!
(リンクしてるわよ!)

を見れば分かるけど、そのセットがあるだけで、検査フリーになってしまう場合もあるというスグレモノなんだけど、果たしてアスクルさんが今回不必要になったものをいつから外して、いくらくらい値引きをしてくるだろうかと言う点。

それからね、今回の改正では書籍はそのままになっているでしょ?
レセプトも電算化され、これだけIT化が進んだ世の中で・・・

書籍はそのままって一体どうなのよ!
専門書はやたら重いし、改正がなされていくのだから、
電子書籍にした方がいいんじゃないの??


ついでに言わせて貰うけど、

2年に1回やる改正より
こちらを見直したほうがいいんじゃないのっ!
ボォォォ〜ス!!!


と、今夜もネーヤが気になるお話を書いた所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓水浴?わぁ〜、懐かしい響きexclamationと思ったベテラン薬剤師さんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑調剤台?あんなの省令で決められているのexclamation&questionと思った新人薬剤師さんはこちらをポチッと







↓そうだよねぇ〜、そんな昔に作られた省令がやっと今になって変わるなんておかしいよねぇ〜たらーっ(汗)保険の改正は2年に1回行われているのにあせあせ(飛び散る汗)って思った中堅薬剤師さんはこちらをポチッと押した後、今後の改正について、いろいろ論議してください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 19:20| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネーヤさん、こんばんわ!

イ〜カって全部無いとダメなんですか?
あったかなぁ………。
水浴ってなんですか?
ヘラとさじの角製ってなんですか??

ちなみにうちも百均の茶漉しを使ってますが、一応調剤用のふるい器もあるんです。ただ目が粗いのは金属製のざるか?!ってくらい粗いし、細かいのはふるいにかけると半分も落ちてこないって代物です。あれが普通なんだろうか?そして開局からずーっと引き出しに入ってて邪魔です。法律変わるんなら捨てていいのかなぁ?

ボスも特に興味がわかなかったから改正しなかったんでしょうね(笑)。
むしろなぜ今改正なんだろう。
ネーヤさん、なんか文句つけたんじゃないですかぁ?( ´ ▽ ` )ノ
Posted by さくら at 2015年04月18日 20:02
こんばんは

薬局系の話は他の方にお任せして、お世話になってた内科医院の話。
そこの内科は、昔からある内科で、院内処方。
内科言っても、高齢者から小児科まで見れちゃうコテコテの町医者。

この医院、粉薬に関しては、一つ一つ天秤で測って、乳鉢でゴリゴリ混ぜて、分包機で回数分に分けて行く。
PTPになっているものはそのままでるときもありましたが・・・。
風邪薬とか整腸剤も自家調剤してました。
領収書も手書きだし
今に珍しい3〜5日しか処方しない先生です。
今時こんなクリニックあるのかなあ。

専門書。
必須って訳ではないですが、役所が来た時に、赤本青本は最低限なくちゃいけないし、過去の通達まで見るなら、緑本なるものまであるらしい。
来所者向けの、近隣市町村の社会資源系の閲覧誌。
権利擁護、感染症、虐待、終末期、急変時の手引。
下手すりゃ疾病、薬の本も必要だし・・・。
近隣医療機関の受診の手引も用意しないといけないし。
役所も滅多にお目にかかれなくて知らない人も多い保険制度なんかだと、個人的に資料化と記録しないといけないし

ファイルにした方が良いものと、iPadと最近は資料の保管をわけています。
それでも、A4ファイル3.4冊位に個人で作りましたよ。
薬や疾病はネットで検索か介護系の専門書購入。
福祉小六法や福祉系辞典も個人持ち・・・。

アプリや電子辞書もない訳じゃないのですが、若干古いんですよねえ。
結局、書物になります。
Posted by かいごや at 2015年04月18日 23:04
>さくらさん

こんばんは!
はい、イ〜カは全て揃えておかないと薬局開局の許可は降りませんし、監査に入ったときに揃っていないと、後からそれを地区の厚生労働事務局まで持って行かされる事になります(実話)
ちなみにブログに書いた様に、イ〜カの器具を上回るような器具があればなくてもいい事になりましたが、多分監査員からいろいろと難癖つけられるでしょうから、どこの薬局も全て揃えておくと思います。
ちなみに、さくらさんのところにもあるはずですよ?まあ、本社倉庫に置いてあるなんてこともありそうですけどねw

これからは、調剤器具ももっと良いものが出てくるでしょうから、ますます改定は進んでいくと思います。今回は具体例が提示されませんでしたが、今後は提示されると思いますヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年04月20日 00:38
>かいごやさん

こんばんは!
はい、昔はお薬の種類も少なく、院内ですと(人手の関係で)使えるお薬も限られていますから、仕方がないと思います(^^)
今では調剤薬局が増えて、少なくなりましたが、多少はそう言うところも残っていますよwでも、もうすぐそう言うところもなくなってしまうでしょうね。

書籍に関しては・・・まあ今回書きませんでしたが、日本薬局方はそろえなければならない書籍の1つですが、あれを見る薬剤師は・・・まあ少なくとも私は何年も薬局方を開いた記憶はないですね(;^_^A
まあ、ネットの世界では情報も早く、今後は電子書籍も認められるようになると思います。その方がネット回線を通じて、メーカーからの注意事項や重大な副作用が早く知らされるでしょうからねヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年04月20日 01:14
“電動の軟膏練り器”って、あるんですね。
で、気になって ググったら…。

『市販の軟膏容器10ml,(中略)に対応し、軟膏容器に処方するお薬を入れ、フタをした状態で混練…(略)』
って、云うのを発見したんですけど…。
要は遠心分離機みたいな 感じで 結果的に混ざっちゃう、みたいな?

比較的少量の塗料のを 調色する機械な 感じを想像してたんですが…。

上の以外にも色んなタイプがあるんですか?
なんか 記事の内容より そっちが気になる〜〜


全然違うけど。
粉薬の 『袋』 息子が利用してた薬局は 一見 何もないように見えますが 綺麗に 1包ずつ 切り離しが出来るのですが…。
娘が利用してるところは。点線が入ってるけど…。
切り離しがめっちゃ 難しい!
機械によって、利用できる 袋の素材が違うんでしょうか。


Posted by うさぎぃ at 2015年04月20日 06:49
ネーヤさん、お疲れさまで〜す

埋蔵?備品?書籍の電子化、大大賛成です!
てか、もはやクラウド配信で十分ですよね〜

ついでにこの際笑、処方せんも、窓口の支払いも、
健康保険証もぜ ーんぶ電子化して、
スマホで処理できたら、楽でいいわ〜(((^^;

案外早く、そっちに進むような気がします〜






Posted by アグリーモニカ at 2015年04月20日 13:37
>うさぎぃさん

こんばんは!

はい、電動の軟膏練り器と言うのは・・・
えーっと、何と言えばいいかな?
ああ、TV番組でよくパン屋さんの、生地をこねる機会が出てきますよね!あれをもっと小さくして、ふたがあって、密封されたものといえばいいかな?私が言ったのは業務用ですので数百グラム単位のものです。

ああ、分包器に使う薬包紙もいろいろなタイプがあります。あれは熱で圧着するのですが、ビニールタイプですと比較的低温ですし、パラフィン紙みたいなのだと高温になります。まあ、一長一短があってどちらが勝っているとは言えませんけどね。ちなみに薬包紙の選択は機械の調節でどちらも使えますヾ(=^▽^=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年04月21日 00:24
>アグリーモニカさん

こんばんは!
さすが職業柄、目の付け所が違いますね(^^)

今は、処方箋もQRコードがついていて、それを読み込むことによってレセコンに入力されて、勝手にお薬を包んでくれる機械もあります。まあ、非常に高価なので私も1回しか見たことがあるだけです。

今のところ、大きな病院などは、清算は機械で行われるところが多いですし、それにカード払いをつけるのは難しくはないと思います。薬局でも電子薬歴が普及してきましたし、お薬手帳の電子化も使われ始めています。
仰る通り、IT化はあっという間に進むと思いますヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年04月21日 00:59
お久しぶりです。
事務員が軟膏練ったとニュースなってたので早速記事になっているかと思いきやなっていませんでした(笑)ピッキング程度なら事務員がやってる薬局も多いでしょうけど、計量混合も事務員にやらせるのはさすがにまずいでしょう。ピッキングも厳密には違法なんでしたっけ?

さて、電動軟膏練り機って80万円ぐらいしますが、高価なのか安価なのか分かりません。確かにあんまり置いてるのは見た事無いですね。見た事あるのは皮膚科門前薬局でしかも混合大好きな皮膚科の門前だけですな。計量混合加算2400円がノルマになってるような悪徳薬局?皮膚科?です。
こういうところじゃないと導入しても元とれないかもしれませんね。まあこれでも手数料の安い事前混合品をその場で計量混合としてないだけましでしょうか。そういう違法薬局も中にはあるんでしょうね。

だいぶ前にも計量混合加算が変とコメントした記憶がありますが、1gでも100gでも手練りでも機械練りでも一律800円ってのはやっぱり変ですよね。グラム数で差別化と、手練りか機械練りかでも差別したら良いと思います。
当然一番高いのは手練りでうん百グラムですよ(笑)筋肉痛になりそうですね。
Posted by Y at 2015年05月11日 16:51
>Yさん

こんばんは!お久しぶりです(^^)

軟膏練りやピッキングが事務さんが行うのは一人薬剤師ですと結構アルと思います。
以前何かで書きましたが、私の場合、ピッキングや、一包化のシートからの取り出しは事務さん、軟膏や水剤などは自分でやります。基準としては後から容易に間違いを見つけられて、手直しができるというのが基準判断です(法律上ではどうなのかは覚えていませんが)

計量混合加算や自家製剤加算はよく問題になりますよね。錠剤を半分に割っただけで、自家製剤加算が取れるのに、嚥下困難の患者様のために錠剤を粉にして服用しやすくする嚥下困難加算は後者の方が手間が掛かるのに、点数は低かったりします(;^_^A
まあ、そう言った点を考えていくと軟膏も量によって加算点数を段階付けすればよいと思いますが、少量の加算でも面倒な物はありますし、基準判断が難しいです(-"-;A
Posted by ネーヤ at 2015年05月11日 20:08
もうひとつ気になったのが「角製」のヘラ。「ツノ製」でしょうか?ググったら確かに象牙や水牛のツノと思われる質感のヘラがありました。ほんとにツノ製なんでしょうか?ツノだと水に弱く洗浄消毒が面倒だと思いますので耐熱性や耐溶剤性に優れた樹脂製の方がいいと思うんですけど。

最近はめんどうで混合するのやめましたが、以前は計量混合加算費節約の為自家混合してました。100円ショップで練り板とヘラも揃えましたよ(笑)練り板は樹脂製でヘラも木柄に金属のヘラで見た目はプロ用と全く同じです。調理コーナーにいろいろありますね。シリコンやポリプロピレン製のヘラも売ってたので買った事もあります。

練り板の洗浄が面倒で次第に練り板を使わず軟膏容器内で直接練るようになり、それも面倒になり最近では手のひらに直接2剤取り出して手でコネコネしてから皮膚に伸ばすようになりました(笑)混合後の安定性なんかも考慮するとこれがベストなんでしょうね。
Posted by Y at 2015年05月11日 23:39
>Yさん

連投コメありがとうございます。
角製の薬さじは、金属だと反応してしまうような薬品に用いられますが、今回のブログに書いた様に、角製を上回るような素材のものがあれば、それでOKと言う事になっています。つまり、樹脂でもグラスファイバーでもカーボンファイバーでも角製よりも上回ればOKです。
また、非常に苦しい言い訳になりますが、用意されておれば、他のものを使っても問題はなく、100均でも問題はないと思います。

ちなみに、手の上で混ぜてから使いなさいとか、A軟膏を塗ってから、B軟膏を上から塗るような方法もあります。その場合は、手間は省けますが、加算が取れなくて残念ですけどね(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年05月12日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417511326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック