2015年01月31日

痔疾のお作法

さてと、世の中インフルエンザ蔓延中どんっ(衝撃)その中で、花粉症もチラホラ!

ん?じゃあ今回はまたインフルエンザのお話??それとも花粉症???

と思った読者の方々・・・

あっま〜い!!!

インフルエンザはそろそろ下火に入るだろうし、花粉症はネーヤの琴線に触れるような話題もないしね黒ハート
ちょっと興味を引いたのがアレジオン点眼液なんだけど、これって、貴公子やりく様がいろいろとネタにしちゃっているのよねもうやだ〜(悲しい顔)

と言う事で、本日は痔のお話わーい(嬉しい顔)
えっ?何で痔のお話かって??いつも言っているでしょ・・・

ネーヤは書きたい事を書くのよ!!!

でね、痔と言うのは正式には痔疾黒ハート業界内ではヘモって言うわねひらめきこれはhemorrhoid(痔疾の英訳)を短縮させた物決定

じゃあ、早速痔のお話。痔と言うのは大きく分けると3つの種類があるのね。それが・・・

痔核(通称、いぼ痔)
裂肛(通称、切れ痔)
痔瘻(通称、あな痔)


では簡単に説明していくわね揺れるハート
先ず最初の痔核、これは肛門や直腸に出来る静脈瘤ね。肛門の内側に出来ると内痔核、外側に出来ると外痔核とそれぞれ呼ばれているの。ちなみに痔が外に飛び出したって言うのは外痔核ではなくて内痔核の方ね。内痔核が飛び出した状態を脱肛といって、ひどい場合にはそれを自分でか、人によって肛門から押し込んでもらわなくてはならないわね。原因の主なものは、いきみ!重たい物を持ったり便秘で排便をいきんだり、出産でいきんだりするのが主な原因。治療や予防は原因がいきみにあるからいきまないのが最重要。治療には塗り薬を使ったり、温めたりお薬を使ったりして血行を良くするのが使われるのね。それと便秘でいきむ患者様も多いから、下剤なんかも良く用いられるわね。

次に裂肛、これは肛門が排便などによって切れてしまう外傷のことね。肛門の周りにはたくさんの神経が走っているので痛みがひどいのが特徴。これは殆どが硬い便を排便したときに傷が出来る怪我みたいなものね決定だから、治療は先ず便を柔らかくする下剤が主に用いられるのね。怪我と同じで塗り薬も良く使われるのねわーい(嬉しい顔)

最後に痔瘻、これは分泌物を出しているところが大腸菌などに感染して膿を溜めてしまうのね。これは皮膚の中側が化膿した状態なのでなかなか治らないし、再発を繰り返すのが特徴。これは感染症だからあまり原因と言うのはないのね、強いてあげれば不潔にしていたりするとなりやすい。それから免疫力が落ちていると化膿の度合いがひどくなるわね。治療は皮膚の中だからある程度は内服の抗生剤なんかは使うけど、殆どがオペなどの外科的処置が必要になってくるわねもうやだ〜(悲しい顔)

でね、次に痔疾になったときや、その予防法ね揺れるハート
先ず、便の硬さの調節。これは痔核や裂肛で必要だけど便秘で便が硬いといきまなければならないし、肛門を傷つけてしまう事も多いのね。逆に下痢でもトイレに行ってばかりで清拭するときに傷つける恐れもあるから気をつけないとね。整腸剤やヨーグルトなんかは普段から積極的に摂っておいた方がいいわねるんるん下剤は市販の物でも決定酸化マグネシウムは便を柔らかくするし、漢方薬でもそう言ったものがあるわよ!
次に、血行。特に痔核の場合は血液が停滞してできる場合が多いのよ。入浴で温めたりするのは必要。それからお仕事がずっと座っていなければならない人は要注意exclamation座っていることによって肛門が圧迫されて血行が悪くなるのよどんっ(衝撃)職業ドライバーさんには痔の人が多いわね。定期的に椅子から立ち上がったり、車から降りたりすることが必要exclamation×2それからストレス。これも血行を悪くする要因だから、気分転換をはかった方がいいわねるんるん
そして食べ物・嗜好品。お通じにも関係あるけど野菜類を多くした方がいいわね。繊維質は腸のお掃除もしてくれるし、便の硬さも調節してくれる。牛乳なんかもお勧め!逆に悪いのは刺激物どんっ(衝撃)多少の刺激物は血行を良くもするんだけど、その辛さが肛門の粘膜の炎症を引き起こして痔疾になる確立が高くなるわ。
嗜好品は先ずアルコール。アルコールは多量になると血管を広げすぎて炎症を引き起こすのねふらふらまあ、多少なら血行も良くするし、ストレスの解消にもなるだろうけど大量に呑んじゃあダメよっビール
それからタバコ。これはネーヤには言う資格はないから避けたいんだけど・・・簡単に。タバコの中に含まれるニコチンは血管を収縮させて血行を非常に悪くさせるのよもうやだ〜(悲しい顔)


でね、ここからは市販薬と処方薬の使い分けについてハートたち(複数ハート)
先ずね、痔疾の自覚症状は、痛み・出血・肛門の違和感・排便の清拭時に腫れに気がつくなどがあるのね。
で、医療関係者からしてみれば痔疾も風邪なんかと変わりない疾患の一つなんだけど場所が場所だけにできる事なら受診せずにコッソリ市販薬で治したい方も多いんじゃないかしら?
それでね、先ほどあげた症状の場合には坐薬や注入軟膏を使ってみればいいのよ。ちなみに市販されているボラ○ノールなんかは、処方されるお薬と成分的にはあまり変わりがないのよ失恋

え?じゃあ肛門科なんかなくたっていいじゃん!!

と思った方。えーっとね、痔疾にも度合いと言う物があって、程度が軽ければ市販薬で十分なのよ。ただし、ひどくなれば、外科的処置は必要になってくるし市販薬では手に負えなくなるの。
だからね、市販薬を使うのは1週間程度。それで改善傾向が見られなければすぐに受診が必要よexclamation
でね、市販薬じゃなくて最初から受診が必要な場合をネーヤ的なアドバイスとしてあげておくわねグッド(上向き矢印)

1、今までに腸に関わる疾患を患ったことがある方
これは、腸にダメージが出ている場合があるから市販薬よりすぐに受診した方がいいわねわーい(嬉しい顔)
2、今までにガンになったことがある方、若しくは家系的にガンリスクが高い方
痔疾の出血だと思っていたら、直腸ガンからの出血だった!と言う場合があるの。こう言った方は早めに受診して大腸ファイバーの検査を受けた方がいいわねわーい(嬉しい顔)
3、排便時清拭したら膿がついていた場合
これは、3つあげた痔疾の中で痔瘻の可能性が高いのね。市販薬のホームページを見ていただくと分かるけど、市販薬は痔核と裂肛は効能効果に書いてあるけど痔瘻は書いてないのね。つまり市販薬では効かないのよもうやだ〜(悲しい顔)この場合は先ほども書いたけどお薬ではなく外科的処置が必要な場合が殆どだからすぐに受診する事をお勧めするわどんっ(衝撃)
4、何度も痔疾を繰り返される方
これは、市販薬の治療だけでは不足している証拠。または生活パターンが痔疾を起こしやすいのね。受診して痔疾の程度判定や生活改善指導を受けた方がいいわねるんるん

さてと、大体このくらいかな?
えーっと・・・あっ!一つ言い忘れてた!!

ネーヤは痔疾があるわけじゃないからねっ!!!

大体、こういうブログを書くと変な勘繰りを受けることがままあるけど、ネーヤは今まで痔疾になったことなんかないわよ黒ハート

と、釘を刺したところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓ちなみに私ってば、大痔主なのよねもうやだ〜(悲しい顔)って言う痔疾持ちの方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は痔主では無いけど便秘症だから気をつけないとあせあせ(飛び散る汗)って言う痔主予備軍の方はこちらをポチッと







↓そんなこと言って、ネーヤってば本当は大痔主なんじゃないのわーい(嬉しい顔)って疑り深い方はこちらをポチッと押した後、ネーヤのTwitterを見てみてくださいあせあせ(飛び散る汗)大痔主だったらあんなにお酒のツイートは致しませんむかっ(怒り)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:24| Comment(21) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザでもない。

花粉症でもない。

なのに〜痔のネタとゆ〜ことは、ネーヤくん。正直に話して楽になりなさい!!故郷の母さんも泣いてるぞ。ほら、カツ丼食べてな…

妙に詳しすぎる…。ネーヤさん、薬剤師っぽ〜い♪薬剤師っぽすぎる!!出来れば市販薬で治したいとこですねぇ〜うちの父は超けちんぼなお尻でセンノサイド4〜5錠飲まないと出ない!!

しかも「飲まない!!ペッペッ!!」と吐き出すので今日は甘食に仕込んでやりました。介護が必要ですが、飲ませれば取り替えなくちゃならないし、出ないと困るし…ヤレヤレです。
Posted by みみすけ at 2015年01月31日 20:20
こんばんは。

脱肛というか、直腸脱もなかなか厄介な疾患ですよねえ。
大腸肛門の専門医で手技の良い先生って少ないみたいだし・・・。
何度手術しても再発するし。
年末まで頭抱えた身内のことですから。

ここ1週間、カマやプル。食物繊維含有飲料飲んでも、酪酸菌、耐性乳酸菌。3種混合乳酸菌製剤内服しても出た記憶がない・・・。さてはて困ったものだ。
ストレスなのか、食べてる量が少ないのか・・・脱水なのか。
ここまできたら、ラキソ1本2Lペットボトルに入れてがぶ飲みするしかないかなあ。
国外に持っていけない眠剤飲んでも眠れないし・・・。
最近メンタルボロボロです。

週明け、定期の外来だから相談しよう♪そうしよう♪
Posted by かいごや at 2015年01月31日 20:59
むふふ、経験がないのになぜに、
やけに心のこもった熱文?!と思ってしまった(笑)
いえいえ、決して疑ったりしてませんから、安心してくださいヽ(^。^)ノ
まさかねえ、疑ったりしてませんから〜っ!
そして今回は、思いっきり、ポチットとするのに抵抗があるのは、私だけではないに違いない。
Posted by きりちょん at 2015年02月01日 16:48
むふふ、経験がないのになぜに、
やけに心のこもった熱文?!と思ってしまった(笑)
いえいえ、決して疑ったりしてませんから、安心してくださいヽ(^。^)ノ
まさかねえ、疑ったりしてませんから〜っ!
そして今回は、思いっきり、ポチットとするのに抵抗があるのは、私だけではないに違いない。
Posted by きりちょん at 2015年02月01日 16:50
>みみすけさん

こんばんは(^^)
今回のネタは・・・
まあ、いいや!とりあえず痔疾になった事は本当にないですよ(;^_^A
私のことより、今回のネタに対して一番に食いついてきたみみすけさんの方が・・・ニヤ(・∀・)ニヤ
ほら、お父様も便秘症のようですし、それが遺伝してみみすけさんも・・・そうやって考えるとみみすけさんは大痔主の可能性大ですね(笑)

せっかくですから薬剤師っぽいアドバイスも一つ!
錠剤を吐き出してしまう認知症の方って結構多いですよね。下剤にはラキソベロン液と言う液体もありますし、マグラックス(マグミット)なら水にも溶けますよ(^^)
メジャーなお薬ですし、Drや薬剤師に相談してみてくださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月01日 17:48
>かいごやさん

こんばんは(^_^)

おや?なにやら体調が悪そうですね??
多分ロヒ(サイ)を指していると思うのですが、それでも眠れないとなると結構重症ですね。
まあ、そちらの方は私の苦手分野ですので専門家にお任せして・・・
便秘の方は大腸ファイバーを受けられたらいかがですか?
依然私がいた病院では、検査のために1週間前から検査食、検査前日にはカマ、アローゼン、ラキソ1本、それでも出ない場合は、当日ニフレックを2L飲ませました(^○^)
さすがにそれでも出なかった方はいらっしゃいませんでしたねw
かいごやさんも私の想像ではそろそろ大腸ガン検診を受けられても良いのではないかと思います。
是非、ご検討くださいねヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月01日 18:05
>きりちょんさん

こんばんは!

むふふ、私のことより動揺して2回もコメしてくださったきりちょんさんの方が・・・
面白いから、コメは2つとも残しておきますねニヤ(・∀・)ニヤ

ああ、いいんですよ!ポチは誰がポチしたかなんて私にも分かりません!!思いっきりポチッとどうぞ!!!

( -人-).。oO(フーン、キリチョンサンガ○○トハネ)
Posted by ネーヤ at 2015年02月01日 18:16
こんばんは

まさに、ロヒ(1)GEです。今まで上手く行っていたのですが・・・。
他に、メイラックス(1)も入ってるんですが・・・。
それに、デパスも合わせ技で噛ませて。
精神科の医師曰く、マイスリーやレンドルミンが効きにくい人は、
アモバンとの相性が良いそうですよ。苦いですが。

まあ、原因ははっきりしているのですけれどね・・・。

金曜日にドライアイの点眼処方目的で眼科に行ったら、
眼圧検査(空気を吹きかける検査)?がうまくいかなかったらしく、緑内障を疑われ、眼底検査を受けました・・・。
問題なしで、ジクアス継続ですw

大腸ガンかあ。思い当たる節がwww
系統的に、癌家系だけど、長寿命な家だからなあ。
似た業界人ですが検査は嫌ですう。
Posted by かいごや at 2015年02月01日 21:57
>かいごやさん

こんばんは。
なるほど、何種類か服用しているんですね。
ちなみに、アモバンはその後継薬剤が出ており、ルネスタといいます。そちらも現在売り出し中ですので、それもDrと相談してみられても宜しいかと思います。

まあ、ガン系統の家計だからと言って、必ずしもガンになるわけではありませんが、検査は恥ずかしがらずに受けたほうがいいですね(^_^)
Posted by ネーヤ at 2015年02月02日 00:42
ネーヤさん、薬剤師っぽ〜い♪て、私はOPPヘルパーですから…残念ながら大痔主ではありませぬ♪

父は完全に主ですね〜透析してるのでマグミット系が使えないんですよ。ラキソももちろん試しました。30滴…50滴…無反応でしたが(; ̄ー ̄A

いったいどうなってるんだ、このお腹!!て感じですよ。最初の1回だけですねぇ〜その後は無反応。食い意地だけは張ってるので、お菓子に仕込めるので仕込み戦法で行こうと思います。

「子供の頃から薬をペッペッペッペッペッ!!てやるんだぞ」と祖父。今じゃ〜大きな赤ちゃんですよ。粉薬なんてもっての他ですねぇ…あとはアローゼンとかですかね。でも粉薬だし。ムリだよなぁ…
Posted by みみすけ at 2015年02月02日 07:01
>みみすけさん

こんばんは!
OPPヘルパー?ってなんだろう??

お父様は透析をしていたんだ!ラキソが使えないとなると後はアローゼンくらいですね。お菓子が好きなようなので、パンに振りかけてからその上から生クリームを塗って食べさせてもいいですね(^^)

まあ、最終手段として浣○もありますので、気楽にやればいいですヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月02日 22:35
ネーヤさん、こんばんわ!
寒い冬の最中何を書かれるのかと思えば…(ーー;)

しかし、痔疾のお悩みって多いですよね。私もDSという職場柄OTCの分野で良くご相談にのらせていただきます(一応登販も持ってますよ〜)。
この薬とあの薬の違いとか、どっちが効くのとか。
こういうこと言うと本業さんからお叱りを受けそうですが、どれも大差ないってーーーー!と思っています(笑)。「塗り薬は一時的には良くなりますが、慢性的になる方は便秘や軟便、冷えが原因で起こることも多いですからそちらも治療されて下さいね」とは言いますが、まぁほとんどの人は聴いちゃいません。
「いつも使ってる黄色の軟膏頂戴!」って、いつも使うもんじゃありませんっ!って言えない気弱な登販なのです(´Д` )。
Posted by さくら at 2015年02月03日 20:59
>さくらさん

こんばんは!

あはは、厳密に言えばステロイドの使用の有無や、局所麻酔剤(リドカイン)の有無で分類できますよ(^^)
まあ、患者様は恥ずかしいためなのか、薬局でも早く帰りたそうにしていますね。
私も生活改善指導は良くしますね。やはり、便秘・アルコールは罹患者の殆どがどちらかに当てはまります。
お薬の指導は簡単にしてそちらを重点的にやると患者様も割りとよく聞いてくれますよヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月04日 00:44
ネーヤさんこんばんは^^うちはインフルの患者さんも落ち着いて来ました。
ネーヤさんはアメブロの人気blogのゲイの精神科医者Tomyさんみたいに本を出していただけないんですか(*^o^*)
あちらのblog覗きましたが、仮想彼女を作ったり色々大変なんですね。
この方の恋人もゲイドクターで、病院で最初告白してくれるのがナースばかりだったのが最近男性ばかり告白してくるとか書いてました。
多分バレてますね(笑)
Posted by バリィさん好き at 2015年02月05日 23:22
>バリィさん好きさん

こんばんは!お久しぶりです(^^)

あはは、私なんかの中途半端な知識や拙い文章では、自費出版でもしなくては本なんか作れませんよ(;^_^A
インフルエンザの患者様は減ってきましたが、変わりにウィルス性腸炎の患者様が増え、花粉症の患者様もチラホラ!当分忙しい日が続きそうです(ノ_-。)

へえ!そんな精神科医もいるんだ!!今度そのブログも読んでみます!!
Posted by ネーヤ at 2015年02月06日 01:27
ネーヤさん、こんばんは。

↓のニュースを見てネーヤさんを思い出し
久しぶりにブログを見に来ました。コメントは初です。

薬のカルテ17万件未記載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000008-asahi-soci

ネーヤさんが薬歴書かずにサボっている、と言いたい訳じゃなく、いつも薬歴を書く大変さや重要性を仰っていたなぁ…と思い出しまして。

こちらのニュースに関する見解を伺いたいなぁと思って訪問しましたが…最新の記事が痔とは、たまげました(笑)

僕も「ここは入口じゃなくて出口です!」って言われるような使い方をしますが、きちんと準備しているからか不思議と痔になったことは無いですね。使い過ぎと性病には気を付けます。

久しぶりに来たにも関わらず、変わらず楽しく、勉強になるブログだったのでまたちょくちょく寄らせていただきます。
Posted by ぺら坊 at 2015年02月11日 00:53
タイミング良すぎ〜〜(笑

改めましておはようございます。

早速ですがね・・
おしりがね・・
痛いのですよ・・
糖尿病になってから。
出血するときもあるし。
内科の先生に申し上げると
ネリプロクト軟膏を56本処方してくれまして・・
持って帰るの恥ずかしいっちゅうのっ(どばっと涙)

詳しくお話すると
お尻の穴から少し内側が痛いのです。
そして、膣と肛門の境目が荒れてしまっているのです。
(この場所は婦人科で診てもらいました)

どちらも糖尿病による血行不良らしいですが・・
(お尻はDr.に診て(見て)もらってないけど)

恐ろしや糖尿病(不憫な涙)

グッドタイミングなネーヤさんのブログに笑いが出ちゃいました^^

ありがとう!
Posted by ぎんg at 2015年02月11日 09:08
>ぺら坊さん

こんにちは!初コメありがとうございます(^^)
あはは、痔疾のブログは今回ぺら坊さんが下さった情報のかなり前にアップしましたので(^○^)

このニュースに関しては多分あちこちの薬剤師ブロガーさん達が書くと思われますので、私は多分書かないです!
と言うより、このニュースは突っ込むところが殆どないんです。まあ、多くの真面目な薬剤師さんからしてみるととんでもないお話ですし、突っ込むところもあるのでしょうけど、私みたいなオフザケ薬剤師が突っ込みを入れたらブログが炎上します(;^_^A

えーっと・・・まあ使い方は人それぞれなので、私からは特に何も申しませんが、ご自愛くださいね!
また、チョクチョク遊びにいらしてくださいヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月11日 13:10
>ぎんgさん

こんにちは!
おや、ぎんgさんは痔疾になってしまいましたか・・・
DMの場合、血管が脆くもなりますし、化膿しますと治りも悪いので十分なケアが必要ですね。

ちなみに、膣と肛門の間はネリプロクト軟膏を注入する前に指に少し出して塗布しておくといいのですが、それによって肌荒れを起こして痒みが出て来る場合がございますので、注意してくださいね。
早く血糖値が落ち着いて、QOLが良くなるといいですねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年02月11日 13:18
初めまして(^^)偶然ブログにたどりついた某お尻の薬のMRです♪
医療用と一般用、どちらが効くかとのご質問も時々いただきます(笑)
比較試験がなされてないので、どっちが効くとは言えないのですが、メーカー的には一般用は限られた成分の選択肢しかありませんが、医療用は承認が下りればそれ以外の成分も使います。痛み止めやステロイドはどっちにもはいっておりますが、それ以外の成分や、ステロイドの強さはそれぞれ特徴あるんですよー。
ただ、お尻の市場自体がニッチなので^^;
なかなかご説明にあがることも稀なので…まだまだ薬局さんへのPR不足ですみません^^;がんばります。
Posted by きみどり at 2015年06月05日 10:47
>きみどりさん

こんにちは!初コメありがとうございます。
そちらのMRさんというと、T系列の会社かな??(^^)

ああ、ちょっと誤解を招いてしまったかな?
OTCと処方薬では比較した場合、処方薬のほうが優れていると言うのは確かだと思います。
OTCには強ポスのように大腸菌死菌浮遊液が入っているものはありませんし、ネリプロクト軟膏のジフルコルトロンの様なVeryStrongなステロイドも入っているものはありませんからね(;^_^A
まあ、ニッチ産業とは言え、人知れず悩みを抱えている人も多いでしょうね。それで無ければ、あれだけTVCMが行われることは無いかと思います。
きみどりさんも担当範囲が広くて大変だとは思いますが、頑張って下さいね!うちの薬局に来てくださるのも楽しみにしておりますヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年06月05日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413284884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック