2015年01月18日

どうしろって言うのよ!!!

さてと、今日は久しぶりに更新黒ハート
えっ?サボっていたんじゃないわよ!!ネーヤもいろいろと忙しい身体なのよ!!!

でね、忙しい理由としてインフルエンザの蔓延exclamationそれから地味に出てきているノロウィルスによると思われる嘔吐下痢症exclamation×2

で、本日のお話もネーヤの薬局から始まる。
「郵便で〜するんるん
いつもなら外の郵便箱に入れていくだけなのに、年賀状が落ち着いた郵便屋さんが薬局に入ってきて、楽しげな声で薬局に封筒をいくつか置いていく。それを受け取った事務さん、中身を開けながら・・・

事「ネーヤさん、突合点検で返戻がきています。」
ネ「えっ?どれどれ??」
確認してみると、これは薬局への返戻ではなく、処方箋発行機関(つまりお隣のクリニック)から返金してもらうからねるんるんと言うお知らせ。
ネ「んー・・・えっ?事務さん!!○山×子さんの薬歴だして!!!」

ここで、黙って薬歴を取り出して来てくれた事務さん。
う〜ん・・・これが引っかかっちゃうのかたらーっ(汗)
でね、引っかかった処方内容が以下の通り

Rp)
1、プリンペラン錠5   3錠
             毎食前 5日分
2、ホスミシン錠500  6錠
  レベニンカプセル   3カプセル
             毎食後 5日分
3、ナウゼリン坐剤60  5個
             吐き気時頓用


薬歴には、昨日より悪心嘔吐が出現。食事は一切不可。発熱・下痢はなし。などと共に併用薬の有無などがネーヤの汚い字で記載されている。薬歴にも書いたけどノロウィルスなどによる嘔吐の可能性ねひらめき
まあ、ここで処方内容に関してはいろいろと言いたい事がある真面目な薬剤師さんもいるかと思うけど、ここは内容にツッコミを入れるところじゃないから、一つこらえて読み進んでちょうだい。

でね、この中で切られてしまったのが処方3のナウゼリン坐剤どんっ(衝撃)削除理由は
ちなみにAと言うのは適応症が違うと言う事なのね決定そして、ナウゼリン坐剤60の適応がこちら!

下記疾患および薬剤投与時の消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満、上腹部不快感、胸やけ)
○胃・十二指腸手術後
○抗悪性腫瘍剤投与時


ちなみにナウゼリン坐剤は10と30もあるからその適応症がこちら!!

下記疾患および薬剤投与時の消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満、腹痛)
○周期性嘔吐症、乳幼児下痢症、上気道感染症
○抗悪性腫瘍剤投与時

ここで簡単に解説しておくわね。ナウゼリンと言うのは坐剤以外に錠剤や散剤などもある古くからのお薬。制吐剤として使っているDrも結構多いんじゃないかしら?坐剤は内服薬も受け付けないような激しい嘔吐症状には良く使われているのね。
ああ、ついでに余分な解説もしておくわね。嘔吐や下痢と言うのは基本体内に入った菌やウィルス、毒素などを体外に出す働きなのね。だから嘔吐下痢症なんかでは無理に下痢は止めないことが最近の治療方法。ただし、嘔吐の場合は嘔吐物が気管支などに入ると誤嚥性肺炎と言った肺炎を起こして大変な事になるから制吐剤を使うのね決定

でね、今回の○山さんは嘔吐症状がひどいと言う事で、ナウゼリン坐剤が処方されたのよ。ところが適応症では、胃・十二指腸手術後でもなければ抗悪性腫瘍剤投与時でもないからこのお薬の投与は認められないと言うことになったわけもうやだ〜(悲しい顔)
まあ、当然と言えば当然のことなんだけど・・・

じゃあ、どうすればいいのよっ!!!

ちなみにネーヤは『自分でやらなくていいことは人に頼る』タイプ。で、後日ナウゼリン坐剤を販売している協和発酵キリン株式会社のMR、Pさんを呼び出したの黒ハートそのときの会話が次の通り。

ネ「すいません、お呼び立てしてあせあせ(飛び散る汗)
P「いえ、こちらこそ今回はご迷惑をおかけしてあせあせ(飛び散る汗)
ネ「じゃあ、早速だけどナウゼリン坐剤って、以前は吐き気止めとして使っても問題なかったわよね?他でもレセプトで切られる事が出てる?」
P「数は多くないですが、突合点検ができてから、アチコチでポツポツ出てきています。」
ネ「そうなんだ。この場合、使える坐剤とかはある?30の方なら上気道感染があるから、それをつけて30を2個でも大丈夫?適宜増減の言葉もあるし・・・それとも他のメーカーで何か坐剤はある??」
P「申し訳ないですが・・・30の場合は小児用なので成人に使うと査定対象となります。他メーカーは・・・これも私が知る限りではありません。OD錠ならば慢性胃炎による消化器症状が認められていますので適応症に慢性胃炎を記載してもらえば宜しいかと思います。」
ネ「えっ?でもOD錠でも口に含んだら嘔吐症状が出てしまう場合はどうするの?」
P「その際はプリンペランの注射液(これも制吐剤ね!)を使っていただくしかないかと・・・それなら胃炎の適応がありますので・・・」
ネ「・・・やっぱりそれしかないんだたらーっ(汗)それだと何度も来院しなければならないし、費用も余計にかかるわよねバッド(下向き矢印)
P「はい、以前は査定される事はなかったのですが・・・」
ネ「やっぱり突合点検?」
P「そうですね、Drによる審査では殆ど査定される事はないのですが、事務方での照合ですとコンピューターによる適応症だけですので、査定対象になります。」
ネ「・・・ちなみに坐剤の適応拡大をする予定は?錠剤に慢性胃炎があるなら可能性としてはない??」
P「申し訳ありません、アチコチの医療機関からその要請はあるのですが、今のところその予定は・・・」

と、まあ会話はこんな所。
ここでネーヤはいつもの様に叫びたいどんっ(衝撃)

ボス、突合点検って医療費抑制のための制度でしょ!
これで査定された医療機関が注射を使い出したら医療費はさらに膨らむわよっ!!
ボォォォ〜ス!!!


それにね吐き気が強い患者様を何度も受診させるってどうなのよむかっ(怒り)
ついでに協和発酵キリンさんにも・・・

事態が把握できているなら適応拡大の努力をしなさいよっ!!!

と、八つ当たりにも近いような雄叫びをあげたところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓確かに内服薬を受け付けないような患者様には必要なお薬だよねexclamationと思った優しい方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、規則は規則でしょ?それを認めていたら何でもOKになっちゃうわよexclamationと思った理性的な方はこちらをポチッと







↓そんなにナウゼリン坐剤が使われているんなら公知申請をすればいいじゃないのexclamation&questionって思った方はこちらをポチッと押した後、公知申請の仕方を教えてくださいたらーっ(汗)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 13:25| Comment(25) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネーヤさん、こんにちわ。

今回のブログびっくりです。うちはあまり大人にはナウゼリン坐剤は使わないですが、子供にはどうしても使う事があります。大体の病名は大人も子供も感染性胃腸炎とかウイルス性胃腸炎とかだった気がします。ノロだなーと思う子供にはあえて上気道感染症なんて病名付けないですよ。子供も下手したら切られる可能性あるって事ですよね…。

確かに大人にはプリンぺランの注射をよくしますね。メニエールとかで吐き気がひどい人とかもありますが。しかしネーヤさんのいう通り注射にしても点滴にしても手技料とってますけど〜。坐剤の方が医療費削減と違いますか〜保険者〜。

ただ、レセプト病名で慢性胃炎をつけるのには私は非常に不快感があります。薬剤師の方々にはまったく関係ない医院側の話ですが、慢性胃炎の病名は「特定疾患療養管理料」がレセコンで勝手に付いてしまいます。これ診療所では225点(2250円)ですよ。もちろん入力を消す事も出来ますが、その系統の薬出していて管理料消してたらかえって不自然だし…。

薬局側ではこちらがどんな病名付けているか推測しか出来ませんものね。レセプト病名は必要悪だと思いますが、患者様の負担を増やしては元も子もないのでなるべく慢性系のはつけたくないですね。これは適応を増やしてもらうしかないのかな?やっぱり。

これは対策としてネーヤさんにナウゼリン坐剤を切ってきた保険者を明かしてもらうしかないですね。国保ですか?協会けんぽですか?企業社保?もしかして生保?相手が判れば自衛出来るのですけど。最近企業社保と生保が厳しくて何だかな〜〜。国保なら自治体によって全然違うので少しは安心ですが。(多分ネーヤさんの所と私の所の自治体は都道府県単位で違うので)
Posted by 紫もんちゃ at 2015年01月18日 17:06
>紫もんちゃさん

こんばんは!この辺の話題なら紫もんちゃさんなら絶対に出てきてくださると思ってました(^^)

そうなんですよね!このあたりのお薬は、適応症とかは関係無しに慣例的に処方がまかり通っていたはずなんです。
私の経験ではひどいのになると、動揺病予防にナウゼリンを持って行ったりする患者様もいましたね。薬歴に書きようがなくて非常に困った経験があります(;^_^A

保険者も目先の削減に捕らわれ過ぎなところも多いですね。まあ突合点検が始って日が浅いので今はとにかく杓子定規的な削減だけで、もっと広義な意味での削減が始まるのはもう少し先かもしれませんね。ボスがもう少し本腰入れてアルゴリズムを作ってくれればいいんですけどね(ノ_-。)

レセプトの病名を処方箋に載せると言う動きもありましたが、最近ではあまり聞きませんね。薬局サイドとしてはそれがあると、患者様にもっと詳しく説明などもできると思うのですが、いろいろと問題なんかもあるんでしょうね。

保険は組合保険の家族でした。保険者に噛み付きたい気持ちもありましたが、薬局側には実害がなかった(処方元から返戻)のと、処方元との兼ね合いもあるので、Drに連絡して、今後の対応を練っている所ですヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年01月18日 18:35
ネーヤさん、お久しぶりです。
ナウゼリン60って適応狭いんですね。どうりであんまし出ない訳だ。
まだ若かりし頃に、クリニックで事務をしてて、まだ医薬分業なんて全然浸透しない時代だったので院内処方だったのですが、Dr.の出す処方に病名をつけるのが大変だったなぁと思い出しました。(あ、ちゃんと先生が病名をつけてましたけど…)
突合点検になり、機械的に適応無しっていわれるのも難しいところですね。制度が現場に追いつかないのかもしれませんが、決まりだからといわれるなら、公知申請一つにしても、もっと柔軟に耳を傾けられる制度が必要なのかもしれないですね。
Posted by さくら at 2015年01月18日 22:53
こんばんは

前回のブログから、今回のブログまで、私的に非常に忙しく慌ただしく、かなりグロッキーな自分です。
今回ばかりは、免疫力の低下で風邪ひく?と思いきや、甥っ子が水疱瘡にかかり病児保育を再開(身内に限る)。免疫力低下する暇もありません。

甥っ子の薬情みたら、今の水疱瘡は、抗ウィルス(液)剤で治療するんですね。自分の頃は、紫色の液剤塗布でしたが。
それに、抗アレルギー(液)剤(痒み止・喘息予防)。
非ステロイド消炎鎮痛軟膏でした。

液剤は喜んで飲むのですが、鎮痛剤は拒否。
まあ、気にしてないなら、2〜3回/日と比較的ゆるい指示だし、自宅いる時に親が塗れば良いや。液剤確実に飲んでくれれば良いや的な感じです。

でも、液剤のボトル。キャップに記し付けてくれるのですが、
ゆすいで、タオルで拭いたら消えちゃうんですね…。予想外でした。

レセプト。今の時代なんだからオンラインで入れてくれないのかな…。って思ってしまうのは自分だけでしょうか。
一々、事前にあれやこれや入力しないといけないのが面倒なんです。
Posted by かいごや at 2015年01月18日 23:07
今思いついたので、レンコメです。

今回の理屈で考えると、乳酸菌製剤(整腸剤)も引っかかるんですか?
抗生剤とセットで出ますよね?
でも、R型乳酸菌も新たな抗生剤の確認をしてないみたいですし。
(医師や薬剤師、病院のブログで見ました。)
Posted by かいごや at 2015年01月18日 23:24
ボスって、なんか『あ〇ま、大丈夫?』って
云いたくなる時があるんですよね〜。
今回の場合みたいに。 
△と□なら△のほうが安いのに、□しか適応がない、とか。
あと、今回の特定疾患…
医療機関全てを届け出ないと 来年からは 特定疾患受給者証(名前、変わってるけど…)受診が出来ないから。
と、病院、薬局、訪問看護先などを書いて提出。
なのに、フタを開けたら 結局『届け出を出してる医療機関なら どこでもいいよ』に。
個人が書いた 医療機関は全く 関係なし!
つまり、ホントに 特定疾患で そこを受診したのかが…
とどのつまり 限度額を決めた意味ないし、要らん出費が増えちゃいますが??
しかも ノートに手書きでチマチマと…
めっちゃ待ちます。大学病院で先日 会計だけで2時間弱 かかりました。 
Posted by うさぎぃ at 2015年01月18日 23:45
ねーやさん。今、胸がバリバリ音がしてます…。吸うときは平気…でも吐くとバリバリと。肺炎なのか粘液のせいか(; ̄ー ̄A

バリバリバリバリバリバリバリバリ…ったくうるさい、私の胸っ!!

私もレセプトやりますが、こんなんで…てこと多い。誕生日違いとか、男女間違いとか…名前見れば分かるだろう!!て感じ。

前よりうるさくなってきたんだよなぁ〜と先生も言ってたけど、厄介な事ばかりですねぇ。出された患者も払うのは、ん!?て感じだし…ましてや薬局も、ん!?て感じだし…

気管支喘息があるからって余計にお金取られるのにったく…チマチマするのもいらっとする。
Posted by みみすけ at 2015年01月19日 07:02
>さくらさん

こんばんは!
昔は病名と処方薬の紐付けは、事務さんや薬剤師、Drがいろいろと苦労しながらやっていましたよね。
それでも昔は審査のDrがいろいろと加味しながら、お目こぼしをしていたように思います、その頃のバファリンなんかはフリーでしたからね(^^)

今はPCで機械的に許可、不許可を振り分けていきますが、それだと確かに正確無比で今の保険制度にはあっているとは思いますが、キャパが狭く今回のような場合に私の様なオフザケ薬剤師にも突っ込まれてしまいますねw
前のコメ返でも書きましたが、ボスがもっと現場に即したアルゴリズムを確立してくれることが理想ですねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年01月19日 21:50
>かいごやさん

こんばんは(^^)
その紫色の液体はピオクタニンブルーと言う試薬で、今でもベテランDrによって、口内炎や褥瘡なんかに用いられていると思います(;^_^A
それよりもう少し若いDrはカチリと言う白い外用剤、そして最近では抗ウィルス剤(バルトレックスなど)とゲンタシン軟膏やリンデロンVGなどの抗生剤入り軟膏を使うのが主流みたいです。

レセプトに関してはある程度はユーザーがカスタマイズできると思います。ただし、あまりにもケースバイケースで一律に入力するのは査定対象になるかと思います。その辺はかいごやさんが査定を受けたときに、調査員に対して論破できるかどうかですかねニヤ(・∀・)ニヤ

ああ、(Rが入った)乳酸菌製剤は・・・厳密に言うと嘔吐下痢症に良く使われるホスホマイシンでは適応外処方になります。まあそこまで査定対象になると多分消化器のDrからクレームが入ると思いますw
Posted by ネーヤ at 2015年01月19日 22:26
>うさぎぃさん

こんばんは(^^)
はい、今回のように矛盾が生じる処方はいくらでもありますよね。
今回の特疾に関しては、医療機関側からも苦情が噴出しております。とっくに申請を提出してあるのに未だに許可証が届かず、行政に苦情を入れたら事務方の問題で許可証の発送が遅れているとの事。一応申請許可は降りていることは確認できましたが、こちらとしては非常に不安でした!
今回の改正で、ある程度の圧縮は出来るとは思いますが、それ以上に事務費や管理費がかかっているのではないかと思います(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年01月19日 23:02
連投? すみません。
うちに リハビリ で、来てくれてる、
訪問看護のところも許可証が届いてなく、しかも
届出済みの名簿にも載っておらず…
挙句、「申請、出されましたか?」と都道府県からTELが。
他でも結構 あったんですね。
また。
計算もややこしいのでしょ?
リハビリに来て下さってる OTさんが、
事務の方からきいた〜 と、教えてくれました。
Posted by うさぎぃ at 2015年01月19日 23:32
>みみすけさん

こんばんは!
おや?喘鳴がひどいのかな??
バリバリという表現は初めて聞きましたが大丈夫ですか???

レセは・・・人間がやることなので、ミスは付き物ですが、以前はもっとのんびりしていたような気がしますね。
まあ、保険財政も苦しくなっていますし、保険制度も複雑になってきていますので、ミスも増えると思いますが、もう少し大らかになってもいいと思いますねw

気管支喘息は、寒いと悪化しますが、これから季節の変わり目になりますと悪化しやすいのでご注意くださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2015年01月19日 23:33
>うさぎぃさん

連投ありがとうございます!
これはこの業界では問題視されているんです(;^_^A

上限を設けるのはいいのですが、病院と薬局の合計金額をどうすればいいのか?途中で薬局が気に入らなくなった患者様が他の薬局に行かれた場合の金額の合計をどうするかなどの問題が山積みです。

償還払いにしていただけるとこちらでは助かるのですが、立替払いをしなくてはならない患者様の立場からすると大問題ですし・・・頭が痛いです(ノ_-。)
Posted by ネーヤ at 2015年01月20日 00:33
ネーヤさん、連投コメです。
特定疾患(51)に関して私も怒っているので一言。
「まだ届いてへんやないか〜い!!!」(芸人風にどうぞ)

今回から低所得の方にも自己負担額が発生し、今まで0円だった人からいくらか貰わないといけないのに、書類届いてないから負担額が確認出来ない…。患者さんはメモ的なモノを持たされてそれぞれ負担額を記入してもらって上限までいってもまだ提出しないといけなくて…。(これは自治体によって違う可能性あり)

医療機関側はよそでいくらかかったか自分のレセコンに入力しないと自院での請求額に影響でるし、医院ごとの負担上限の方がありがたいなあ。誰だこんな面倒な制度にした奴は。やさぐれるぞー!!!

ちなみに頭番号は51から54になってましたよ。レセコンは省略名が「難病」になっていました。でもまだ一人だけです。届いたの。他の患者さんはまだです。事務泣かせ過ぎるやろ〜!

Posted by 紫もんちゃ at 2015年01月20日 11:52
こんばんは。

昨日、甥っ子は再診し無事完治。登園許可がおりました。
受診もしていたし、熱もなく元気に暴れ、昼寝、暴れ、条件としては安心でしたが、やっぱり気疲れが多いこと・・・。

ちなみに処方は↓
イブプロフェンピコノール(軟膏)
アシクロビル(液剤)
気管支拡張剤・痒み止(液剤) でした。

残念ながら、「カチリ」はでませんでしたが、みるみる水疱がかさぶたになり、炎症が引き、完治したので、問題なしですね。

が、今度は、上のお姉(姪)にインフル疑惑が・・・。
まだまだ、戦いは続くようです。
Posted by かいごや at 2015年01月20日 19:28
皆さん書かれてるので、便乗してみます(^^)

51の患者さん、うちの患者さんもまだ誰一人受給者証来てないです!
現物を見たいと思っているのですが、未だ未確認。
因みにうちの県では代替手段の告知も無いので、各医療機関の思惑でやってるっぽいです。(*_*)
手続きが遅れていることは、お役所仕事なので仕方ないのですが、上限管理があると結構後々の処理も面倒くさいことになりそうです。
前に別の公費で上限管理があったのですが、正式な書類が来てから会計をしたら、医療機関さんが該当月分を全部書いて上限に達していたので薬局の会計が載せられないという事件があったんです。しかも病院に確認したら「会計済みなので変更不可」の一点張り!なんなの〜︎︎って思いましたよ。以来、なにがあってもお会計はとりあえずもらうことになりました(笑)。
特定疾患…当分物議を呼びそうです……(ーー;)
Posted by さくら at 2015年01月20日 21:21
>紫もんちゃさん

こんばんは!
本当に今回の難病指定については、ボスの用意不足の感は否めないですね!!
こちらも指定申請を提出しているのに、指定許可書の発行は随時だとか・・・

こちとら、新年から患者様が来ているのよっ!!!

って、叫びたくなります(ノ_-。)
私はすでにやさぐれていますw
この事に関してはブログでツッコミ所満載なんですが、どこからツッコンで言いか分からなくなります。
まあ、今年度中には落ち着くとは思いますが、早めにすべてのカタをつけて欲しいです!!
Posted by ネーヤ at 2015年01月20日 21:35
>かいごやさん

こんばんは!
おや?優しいオジサマですねwww

姪っ子さんもインフルエンザが軽く済めばいいですね。
介護?の合間にまたここにも遊びに来てくださいね(。-∀-) ニヒ♪
Posted by ネーヤ at 2015年01月20日 21:39
>さくらさん

こんばんは!
今回の難病指定は本当に穴だらけで、事務さんには非常に分かりにくい改正ですよね!!
うちにも今までの51指定の患者様が何人かいらっしゃいますが、この患者様が来るかと思うと、戦々恐々しています!!
正直な所、私も負担割合で負担金を頂きたいと思ってますが、それをやっちゃうと、返金も面倒ですし、患者様同士の噂話でうちの薬局もいろいろ言われてしまいそうですし・・・(;^_^A
はやく、この制度が落ち着いてくれないですかねぇ〜!!!
Posted by ネーヤ at 2015年01月20日 21:52
ネーヤさん こんばんは!
とうとう某DSで働く予定となりました。調剤も一部ありドキドキしております。諸事情により(ネーヤさんなら想像つくと思います)たちまちお金が要り用でもなくなりますので、週三回程度、夕方から閉店まででのアルバイト勤務となります。たまたま家族の体調もよくなく、一部家事手伝いもありますので、色々な都合が重なり、今回の結果となりました。MRを結果、10数年しましたが、貴重な経験だったと思います。近々また薬剤師立場からの書き込みをすることになるかもしれませんがよろしくお願いいたします。ネーヤさんの薬局担当はできなかったのが残念ですぅ・・・。
Posted by しょう at 2015年01月21日 00:34
>しょうさん

こんばんは!
MRのお仕事お疲れ様でした!と同時に、薬剤師への転職おめでとうございますヽ(*^^*)ノ
ご家族の体調も良くないんですね。これから新しいお仕事もあり大変ですが、MRの経験を生かして薬剤師のお仕事を頑張ってくださいねヾ(=^▽^=)ノ

私の薬局を担当していただけなかったのは大変残念ですが、またどこかでお互い薬剤師として会えるのを楽しみにしています!!!
Posted by ネーヤ at 2015年01月21日 17:16
ネーヤさんおはようございます

51患者です。
申請の時に、「1月に間に合わないかも、ごめんね〜」と言われました。
本当に間に合いそうになかったようで、仮と赤スタンプが押された仮受給者証がクリスマスイブに届きました。
あちこち手書きで修正されていました。修正した職員さんも大変だったでしょうね。

仮とはいえ、上限管理表も届いたので、大学病院薬局共にスムーズに会計終了しました。

薬局では、私が51第一号だったらしく、他の患者さんそっちのけで、全員集合して会計処理していましたが(^_^;)

臨機応変に対応してくれた県に感謝です。
Posted by あび at 2015年01月24日 07:52
>あびさん

こんばんは!初コメと貴重な体験談ありがとうございます(^^)

今回の改正では、薬局側もかなりの混乱が生じており、うちの薬局でも「まあ、患者様が来たら考えればいいよね!」と現実逃避をしております(51の患者様もいるんですが・・・)

大学病院の事務方も『おー!これが新しい受給者証かぁ!!』などと盛り上がったのではないかと思います(不謹慎だとは思いますが、うちの薬局でもそうなると思います。)
まあ、早く正式な受給者証が出回ってくれればいいなぁ〜!と思っています。
ちなみにうちの51患者様は来週来局の予定です(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2015年01月24日 23:25
昨年のうちに、次回の薬局襲撃日を予告しておいたので、系列店の事務の方も呼んでいたようです

講師役の方が1名いて、生徒が10名ほどいたような気がします

薬局も新制度に振り回されていることがよく分かりました

病院や薬局の指定登録は、1月9日にはHPで公開されていました
都道府県によってかなり対応が違いますね

早く国の施策が固まることを祈ります
ってか、見切り発車するな!
そう思いません?

Posted by あび at 2015年01月24日 23:46
>あびさん

返答こめありがとうございます!

本当に見切り発車で困っております(;^_^A
うちの地区ではHPに載っていない場合は直接電話して確認を取るように言われています。

中にはかなり早い段階で申請したにも拘らず、HPに載っていないと言う薬局もある様で、行政側の混乱もひどいようです。
せめて、来月頭のレセを提出する頃には落ち着いていて欲しいです(ノ_-。)
Posted by ネーヤ at 2015年01月25日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412548428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。