2014年12月28日

お母さんは心配性

さてと、ネーヤの薬局は昨日で仕事納め黒ハート
えっ?まだお仕事??それは大変!がんばってねぇ〜揺れるハート

それでは本日のブログ揺れるハート以前から何度も書いてきたけど、ネーヤの薬局は24時間対応。と言っても薬局を開けっ放しにしているのではなく、緊急連絡先(携帯電話)を出しておいて、必要なときは薬局を開くという形態をとっているのねひらめきだから、ネーヤは薬局の携帯電話が手放せない。今日もこのブログを書きながら目の前でネーヤ個人のPCで充電してるのね。
まあ、それほどこの携帯電話が鳴るわけではないけど、そこそこにお薬相談とかが来るのあせあせ(飛び散る汗)
でね、時系列的にお話が前後して申し訳ないんだけどたらーっ(汗)今日のお話はこの前の日曜日の朝。

あー今週も忙しかったなぁ〜、そろそろインフルエンザも出てきたし年末のための処方もいっぱいexclamation今日はユックリ休もうかな?ああ、でも年末年始の引きこもり用のお酒も買って来なきゃビール予告していたブログの更新もしなきゃあなぁ〜exclamation

などと、考えつつコーヒーをすする喫茶店そのとき目の前の薬局の携帯電話が・・・携帯電話携帯電話携帯電話

ネ「はい、○○薬局(ネーヤの薬局)ですが?」
 「あ、○○薬局さん?いつもそちらでお薬を貰っているんですが、ちょっとお薬のことで聞きたいことがあって。」

ネ「(誰よ!電話をかけてくるときは名乗ってよっ!!)あ、はい。えっと、お名前をいただけますか?」
 「ああ、ごめんなさいUと申します。」
ネ「(Uさん?聞きなれない名前だわね??どんなお薬が出てたかしら???)失礼しました、Uさん。一体どんな事でしょう?」
U「昨日の夜ね、子供がいきなり吐いちゃったのよどんっ(衝撃)それで前にそちらで私が貰ったプリンペラン錠って言うのがあるんだけど飲ませてもいいかと思って、電話させてもらったの。」

なるほどお母様かひらめきこのブログのコメでもそうだけど、お母様から子供さんの事で相談はよくあるからね。やっぱり子供さんの事になると心配よね決定
でも・・・ネーヤはやっぱり薬剤師exclamationブログでも書いているようにネーヤがお母様に出されたお薬を子供さんに飲ませてもいいなんて絶対に言えないのよもうやだ〜(悲しい顔)

ネ「それは心配ですね。熱とか下痢とかもあるんですか?今も吐き気が強いですか?」
U「熱はなかったわ。多分下痢もしていないと思う。今は落ち着いていて吐き気はないわ。」
ネ「ああ、それは良かったわーい(嬉しい顔)じゃあ、先ず結論から言いますね。Uさんに出されたお薬は飲ませないでください。」
U「え?ダメ??」
ネ「はい、それはUさんが吐き気があるときに出されたお薬です。子供さんにそのお薬が正しいかどうかは判断できないんです。」
U「そうなんだ・・・」
ネ「はい、ちなみに吐くという行為は身体の中に入ったウィルスや異物を身体の外に出すという行為です。吐き気を止めるのはいつまでも身体の中にウィルスや異物が残ってしまいます。よく吐き気止めが出されるのは吐いた物が気管支に入ってしまうと肺炎を起こして危険な状態になってしまうからなんです。今は特に吐き気も無いようですし、他の症状も見当たりませんからね。とりあえず今日は様子を見るだけで宜しいかと思います。明日は通常通りに病院もやっておりますので、それからでも間に合うと思いますよわーい(嬉しい顔)
U「分かった、ありがとう!」
ネ「ああ、それから・・・あまり急いで救急とかには受診しない方が良いかと思いますよ。多分お子様は体力も落ちて身体の抵抗力も落ちています。救急ですと重病患者様もいらっしゃいますし、インフルエンザや他の病原菌を貰ってしまう可能性がありますからね。」
U「分かったわ、もうちょっと様子を見てみます。」
ネ「ただし、またひどく吐いてしまったりするようなら迷わず救急にかかってください。先ほども言ったように吐いた物が気管支に入ってしまうと危険ですし、点滴が必要になる場合があります。ひどい場合は入院が必要になる場合もありますからね。」
U「分かった、丁寧にありがとうるんるん
ネ「いえいえ、この程度の事ならいつでもどうぞるんるん小児の場合、身体の機能もしっかり出来ていませんし抵抗力が弱い場合もありますから、注意を払ってあげてください。お子様が早く良くなるといいですねわーい(嬉しい顔)
U「ありがとう・・・」

そこで、Uさんがちょっと口篭る。
ん?何か変なこと言ったかな??などと考えていたらUさんから衝撃的な一言がexclamation

U「子供って言っても27歳なのよ。」

!”#$%&’()
え?えっ??えーっ!!!



ネ「そ・そ・そうでしたか・・・どちらにしてもお大事になさってください!何かございましたらまたこちらまでお電話ください!!」

しどろもどろになりながら電話を切る・・・はぁダッシュ(走り出すさま)疲れた・・・
そりゃあ、確かにお子様の年齢も確認せずに答えていたネーヤが悪いのは百も承知よっどんっ(衝撃)でも、この展開ならどう考えても子供さんは小児から高校生位だって考えられなくないexclamation&question

と、この日は一気に疲れが倍増したネーヤでしたたらーっ(汗)
と言った所で、本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓27歳ってわーい(嬉しい顔)それなら、自分で電話してくるのが普通じゃないのexclamation&questionって思った方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑おバカねぇ〜たらーっ(汗)子供はいくつになっても子供なのよむかっ(怒り)って思ったお母様はこちらをポチッと







↓お父さんだってしんぱい・・・・・はっexclamationそうかexclamation×2って気がついた方はこちらをポチッと押した後、岡田あーみんさんの漫画をお読みください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 12:28| Comment(14) | TrackBack(0) | 患者さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネーヤさん、こんにちわ。

うちの医院も年末年始のお休みに入りましたよ。インフルが流行っていたせいで毎日残業でしたが、一週間休みがあるのは良いものです(笑)

今回の子供(成人)の例は意外に多いですねえ。いくつになっても息子や娘はかわいいもの。「太郎くん(仮名)のお薬欲しいのだけれど」と来るお爺ちゃん(太郎は40歳代)。電話で「私と娘のインフルの予防接種の予約を・・・」「ではお子様はおいくつですか?」「28です」などなど。もう慣れました(笑)

年末でクソ忙しい最中、連絡用の携帯をお持ち帰りされているネーヤさん、その電話が鳴らない事をお祈りしておきま〜す。来年も楽しいブログの更新を待ってますよ!!!(プレッシャー)

P.S.お父さんは心配性をご存じだとは・・・。もしかしてりぼん読者でしたか?当時ときめきトゥナイトを読みたくて買っていました。あーみんさんも面白かったですね。懐かしいです。

Posted by 紫もんちゃ at 2014年12月28日 16:56
「子どもがね……」云々の前に、
子どもがワケあり、でなければ…
27歳なら 自分で対応するべきでわ。
(医者に行く、取りあえず様子を見る…)
いきなり嘔吐プラス ぐったりで 動けなくなったら
親に助けを求めるのって有り、だと思うけど。
そうではなさそうだし。
いや、確かに親にとって いつまでも 何歳になっても
子どものために! と思うらしいですが。
何かが違う。

というより「うちのこどもが…」ではなく、
「家族がいきなり嘔吐して、あまりにしんどそうなので… (アレルギーとかはないと思うので)飲ませても良いですか?」かなぁ〜。

全然違いますが。
特定疾患、通知なしにコロコロ変わりすぎ…
申請時に 薬局名や訪問看護先まで 書くように云っておいて…(申請時のところ以外はダメ!)
結局 手元に届いたら
(説明書が抜けててひと悶着ありましたが)
登録先(医療機関側からの登録)なら、どこでも いいんじゃん。
しかも あのノート、全てのページに自分で書け、と。
病気によるけどさぁ、字が書けるくらいなら 身障一種2級 持ってないよ〜。
ネーヤさんのところは 『特定疾患』の届出、しましたか?
Posted by うさぎぃ at 2014年12月28日 17:28
>紫もんちゃさん

こんばんは(^^)
やっと冬休みに入ってノンビリ出来ますね!

今回の1件は、なんとなく釈然としないです。薬局でなら代理投薬の場合でも処方箋による年齢の確認は致しますが、このように電話対応だけですと・・・
はい、確認をしなかった私が全て悪いです(ノ_-。)

え?もう来年の話ですか??私はまだ年内にブログ更新するつもりでいたのですが???(自分でプレッシャーかけてどうするwww)

リボン良かったですねw一条ゆかりさんの漫画が好きでした(^^)
ちなみに当時は花と夢、なかよしなんかもよく読んでいましたよ。未だにパタリロから抜け出せなくて困ってます。私のブログにはパタリロからパクった(リスペクトした)表現もたくさん出て来ます、宜しかったら探してみてくださいねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2014年12月28日 19:16
>うさぎぃさん

こんばんは!

あはは(^○^)確かに仰る通りだと思います。
でもまあ、田舎の薬局で、それだけ頼りにされているのだろうし、ブログネタにもさせていただいたので今回の一件は、お母様の心配から来たと言う事で不問に処したいと思いますw(すごい上から目線ww)

ああ、特疾の届出!出しましたよ!!
とは言え、うちの会社の場合、書類関係はほとんど本社任せですけどね(。-∀-) ニヒ♪
確かに、今回は大きく変わりましたよね。私らプロでも何度も資料を読み返してやっと理解するのに、これでは患者様では理解にかなり苦しむだろうなぁ〜と言う感想です。
書類は専門家の聞き取りで代書してくれて、保険証の交付をしてくれればありがたいですね!!
Posted by ネーヤ at 2014年12月28日 19:32
ネーヤさん こんばんわ!
私は明日が仕事納め、と思ってたら明後日も仕事なことに昨日気がつきました(T_T)。疲れ倍増です。

お子さんの年齢は難しいですね。電話じゃ計り知れないですよ〜。
私はOTCの接客で面と向かってても、お子さんの年齢は判らない。子供用の薬(シロップとか)見てるから、乳幼児なのかと思ってたらたら社会人の子供だったってこともよくあります。いつまでたっても親からすること子供は子供なのかな(笑)。

年内のブログ更新楽しみにしております!
Posted by さくら at 2014年12月28日 22:12
こんばんは

特疾指定・・・。
母のかかりつけ薬局は、とっくに申請書提出したのに、かかりつけの大学病院は12月までに考える。とか、9?10月頃お間抜けな話がありました。
保健所は、大病院よりも開業医の方が心配なんですよ・・・。
とか言ってましたが。
上限額&制度。良く見ないで家族代行申請しちゃったので、忘れましたw

自分のかかりつけ薬局は転送電話対応。だそうです。
時間外対応の時、患者様の名前聞けばすぐにわかるものですか?
それなりの受け持ちを持ってらっしゃるでしょうから。
と言っても、カルテ(薬歴・台帳)持ち歩くわけにいかないでしょうし。

居宅介護支援事業所も24時間電話対応しているところもあありますね。
ケアマネの受け持ちは35:1ですが、電話番ローテーションしたら、他ケアマネの受け持ちなんて把握し切れてるとは思わないし。

あまり、そっち方面での対応したことがないので謎です。
Posted by かいごや at 2014年12月28日 22:55
そう言えば、自分も年に数回薬局に電話しますw

自宅に戻って確認したら、
P○とS○誤処方してるじゃないか!!!(似てると言っちゃ似てますけどね)
この処方日数で、この金額はあり得ないじゃないか!!!などなど。
お詫びの印に、駐車場の無料券発行してもらってますw

薬の内容で問い合わせはしたことないです。
どうしても、大雑把には調べないといけませんから。
やっぱり、類似職の匂いがするんですかね?
話の仕方や動き方ですぐに、同業者ですか?って聞かれますので。
福祉士なもので・・・。って返事すると納得されますw
Posted by かいごや at 2014年12月28日 23:16
>さくらさん

こんにちは!
さくらさんは30日までお仕事なんだ!それはご苦労様です(ノ_-。)

たまに大人でも錠剤が苦手でシロップの処方が出たりする方もいますよね。一度、そういう方の代理投薬で「○○ちゃんの具合はいかがですか?」と言ってしまって恥をかいたことがあります(60代半ばの患者様でしたw)

今年はあと1回更新予定です!
お楽しみにヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2014年12月29日 11:10
>かいごやさん

こんにちは!
特定疾患の届出は面倒ですが、特に麻薬なんかの様に条件はないのでどこもやっていると思いましたが、そうでもないんですね。

電子薬歴とかならば、薬歴の持ち出しも可能ですが、今の世の中情報漏えいなどの問題があるので難しいかもしれませんね。
ちなみに私の薬局はまだ手書きの薬歴なので、こう言ったときは全て私の頭の中のデータだけですね。

で・も・・・・・
私、失敗しないので。

と言うのは冗談で、ある程度は分かる場合もあります。でも、電話の時はなるべく詳しくお話は聞くようにしますね(;^_^A

業界の方は、質問やお話で何となく分かります(^^)
でも、ネットが発達してTVなどでも健康番組がたくさん放送されている世の中。素人の方でもやたら詳しい方もいますね。一度漢方薬の処方で『この漢方は私の証に合わないと思うのですが?』と言われて、非常に苦労した覚えがあります(;^_^A
Posted by ネーヤ at 2014年12月29日 11:32
改めましてこんばんは。

保健所の方の話では、今回は指定医&指定医療機関。
例:○×医師は△◇病の専門医という形で、
医師別と病院で指定が必要だそうですよ。

今回の申請を怠ると、医師は指定の講習?研修?を受けないと特疾の申請ができないらしいです。
だから、専門分野化された医療機関は心配ないけれど、開業医は心配なところがある。って話でした。

やっぱり、わかりますか・・・。
介護用語って、医療と共通な面あるから、まず聞かれます。
でも、そこからの進展がないんだなw
Posted by かいごや at 2014年12月29日 21:32
>かいごやさん

こんばんは、連投コメありがとうございます(^^)

なるほど、医療機関と医師はそれぞれの指定がいるんですね。薬局の場合は施設だけなんですけどね。

私の場合、介護認定審査をしておりますので、余計に馴染が深いですね。薬歴にも介護度を聞いて記載したりしています(それを書いておくと代理投薬の言い訳にも役立ちますw)
これから益々高齢化社会になりますし、お互い協力しないといけませんねヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2014年12月29日 23:52
Posted by みみすけ at 2014年12月30日 22:11
27?!つ〜か、自分で電話して来いや!!と思うのは私だけでしょうか(; ̄ー ̄A

うちなんて、親は放任主義なのに。自分でやりなさい!!的な。その後の手荒れの調子ですが…ストロンゲス!!なデルモベートとワセリンの混合を出してもらい、塗ること数日。

結果!手を使えば荒れる!!
Posted by みみすけ at 2014年12月30日 22:15
>みみすけさん

こんばんは!
あはは、実は私もそうやって考えましたw
でも、今になって考えてみると、息子さんのためと言うより、Uさんの親心と言うか、Uさん自身が安心したくて電話をかけてきたようにも思えます。

デルモベート!まあよく効きますし、内服よりもSEは少ないと思いますが・・・
使いすぎに注意してくださいね!!!
Posted by ネーヤ at 2014年12月30日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411402853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック