2014年07月19日

この前って、いつだっけ???

さてと、今日は久しぶりに真面目にお薬のお話るんるん

と言う事で、場面はいつもと同じネーヤの薬局。午後の患者様も一段落ついたところで、入ってきたのはまだ20代前半、スーツのうら若き女性黒ハート

○「こ・こんにちは、私科研製薬のYと申します。いつも当社の製品がお世話になっております。ただいまお時間宜しいでしょうか?」
ネ「ああ、こんにちは!科研製薬さん?こちらに来られるのは初めてでしたっけ??」
Y「す・す・すいません!こちらを担当させていただいておりますYと申しますあせあせ(飛び散る汗)宜しくお願いいたしますあせあせ(飛び散る汗)

は・はぁ〜ん、このキョドった態度にドモリ具合・・・

新人ねっ!!

ネーヤはこの手の新人さんが大好き黒ハートつい、いじめたくなっちゃうのよねわーい(嬉しい顔)
・・・って、今日書きたいのはこんなことではなかったあせあせ(飛び散る汗)この可愛らしいMRさんが出してきたパンフレットには・・・

クレナフィン爪外用液10%

の文字!パンフレットを出しながら、Yさんが続ける。

Y「この度、当社から発売予定のクレナフィン爪外用液です。日本で初めての爪白癬に対して適応が通りました外用薬です。」
ネ「えっ?外用薬で爪白癬治療薬が出るのどんっ(衝撃)それはすごいexclamation
Y「はい、日本初と言う事でDrの皆様から興味を持っていただいてます。○×総合病院(ネーヤの薬局の近隣の官公立病院)の皮膚科Drからは発売と同時に仮採用のお約束を頂いております。今、お隣のDrとも面会させて頂きましたが、興味を持ってくださったようです。」

おお、Yさん少し慣れて来たせいか口調が滑らかになってきた揺れるハート

ああ、いけない!今日のブログはYさんのことではなく、このクレナフィン爪外用液について書きたいんだったあせあせ(飛び散る汗)

でね、このお薬に関してはネーヤはすごく興味を持ったんだけどなぜかって言うと・・・爪白癬って言うのは爪の中に出来る水虫の事なのね決定
でね、今までは爪の中に出来た水虫には内服薬しか適応がなかったの。しかも、この爪水虫に対する内服薬と言うのは、結構肝臓に与えるダメージが多くて、併用薬に気をつけなくてはいけない物もあり、結構気を使うお薬が多いのよもうやだ〜(悲しい顔)ところが、今回出てくるお薬は外用薬だから、内臓に与える影響は少ないし、他のお薬との併用制限もかなり少ないのね揺れるハート

ネ「へぇー!これはかなり売れるんじゃないかしら!!」
Y「ありがとうございます。おかげさまで皮膚科に関わらず、あちこちのDrからいろいろとご質問を頂いております。ただ・・・」
ネ「ただ?何か問題でもあるの??」
Y「はい、問題点は2つほど。1つは薬価です。このクレナフィンは1本4mlですが、これで5000円程度となる予定です・・・」
ネ「5000円!!それで1本でどれだけ使えるの??」
Y「はい、爪1箇所で約3週間から1ヶ月程度です。」
ネ「えーっ!じゃあ普通の水虫の外用薬の約10倍程度じゃない。内服薬と比べたら・・・」
Y「はい、内服薬の先発品だと大体10〜14日程度の薬価です。ジェネリック品だともっと期間が延ばせますが・・・」
ネ「ああ、そうやって考えると5000円と言うのもそれ程高いと言うわけでもないのね。まあ爪水虫が3本も4本もあれば高くなっちゃうけど。」
Y「はい、それからこれは未確定なのですが、このクレナフィンを使う場合、直接鏡検か培養などで爪白癬であると確定診断しないと使えない可能性があります・・・」
ネ「えっ?視診だけでは保健適応として認められないの??確かにパーカーインク法なんかは簡単ではあるけど、皮膚科や外科以外ではあまり行っていないんじゃないの???」
Y「仰る通りです。まあ外注に出せば直接鏡検は600円程度ですので・・・」
ネ「いやいや、それって患者様の手間が一つ増えるよ?」
Y「はい・・・今のところは確定でないので何とも言えません。現在保険審査の先生方に確認を取っている最中です。」
ネ「うーん、もし直接鏡検が必要だとしたら、使う先生がかなり限定されちゃうねぇ〜ふらふら
Y「はい、でもまだ確定ではありませんし、内服薬と比べて使いやすいお薬ですから有用性が高いと思います。それにですね・・・etcetc」

この後、Yさんとネーヤはこのクレナフィン爪外用液の効果などについていろいろと話すんだけど、ちょっと説明が難しいから(どうせネーヤも上手く説明できないし)カット失恋

ネ「でも、確かにこのお薬は売れそうよねexclamationYさんもこの冬のボーナスは期待できるんじゃないexclamation&question
Y「いえ、とんでもないですあせあせ(飛び散る汗)
ネ「ん?大丈夫よ!このままで行けば、一時金もつくかもよるんるん
Y「えっ?そうなんですか??」

ああ、ここでちょっと解説入れておくわねひらめき一時金って言うのは、製薬業界においては、新薬なんかが非常に売れた時に社員に出される特別ボーナスみたいな物なのね!いくらとは言えないけど、それなりにお小遣いにはなるし、ちょっとした旅行くらいには行けるくらいの額なのね。

ネ「そりゃあ、そうよ!日本初の爪白癬の外用薬だし、内服薬は併用薬などで制限も多いものわーい(嬉しい顔)使いたい患者様は多いだろうし、かなりのDrも注目しているでしょうね?科研製薬さんのMRさん達も、普通の新薬とは気合の入れ方が違うんじゃなくて???」

Y「はい!それに当社で製造販売元の新薬を出すのは約20年ぶりなんだそうです!!」


えっ?科研製薬さんってそんなに、製造販売元の新薬って出てなかったの???

それじゃあ、前回の新薬を知っている社員の方々(推定年齢40代後半以上)にとっては思いっきり興奮しちゃうようなお薬だわねどんっ(衝撃)
まあ、場末の薬剤師のネーヤでさえかなり興味を引かれるお薬だしねわーい(嬉しい顔)


科研製薬の皆様!クレナフィン爪外用液10%!!頑張るのよ!!!


と、叫んだ所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓新薬が多いのは大変よexclamation次から次へと数字に追われるしあせあせ(飛び散る汗)って言う、贅沢な悩みを持つメガ・ファーマシーのMRさんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑いいのexclamation私はジェネリック医薬品を誇りに思っているからexclamation×2と言う、ジェネリック医薬品を支えるメーカーの方達はこちらをポチッと







↓どちらにしても、私達は大変だぁexclamation×2と言うMSの皆様は、こちらをポチッとした後、そろそろ妥結に向けて見積もり表を作成してくださいるんるん

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:22| Comment(9) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ね〜やさん、お疲れさまです。

最近、かかりつけのDrが薬を出すのを渋る時が多くなったんですよ〜今まではバンバン湿布も出してたし、軟膏も普通にくれたのに汗疹にって強レスを「1本」て…思わず「先生けちくっさ〜」と言っちゃいました♪3本くれたけど…

お盆の関係で35日分処方で8300円って(T-T)覚悟はしていたものの、引きました…IPD・ムコダイン・トラムセット・漢方薬で。今、財布がビュービューいってますよ!!

新薬が売れたらボーナス…私だったら新規利用者が来たらボーナスとかないかなぁ〜ね〜やさんは…そうだなぁ〜「うまく分包出来たら100円増し」でいかが?

今日は施設の納涼祭でくたくた…身体中が痛み、湿布8枚貼り!!寒い〜
Posted by みみすけ at 2014年07月19日 21:46
ネーヤさん、こんばんは!!

またサボってるから、ブログランキング抜かれているじゃないですかー

きちんと1位をキープしといて下さいよ(笑)

クレナフィン・・・まだチェックしてませんでした

これはネタにしなければ(笑)
Posted by るるー主 at 2014年07月19日 23:17
>みみすけさん

こんばんは!納涼会お疲れ様でした(^○^)

ちなみに、私は年俸制なのでボーナスも何もないです。
今回の後発医薬品調剤体制加算では今月から会社に毎月30万円くらいの収入があるんですけどね(ノ_-。)

まあ、社員にやる気を出させるのは会社の役目ですので、気は心でいいから、少しくれないかなぁ???
Posted by ネーヤ at 2014年07月19日 23:48
>るるー主さん

こんばんは!
私を抜くのは、るるー主さんか、りくさんだろうなぁ〜と想像していましたので、第3勢力からの刺客に驚いております。

最近は何かと忙しいのと、お薬手帳の一件でちょっとモチベーションも下がってしまってちょっとサボリ気味ですw
まあ、またその内何かネタを作って巻き返しを図りますのでお楽しみにヽ(*^^*)ノ
Posted by ネーヤ at 2014年07月20日 00:05
おはようございます。

爪白癬。酷い人になると、盛り上がってきていますよね。
いつ、爪がぽろりと逝くか不安で心配で(笑)

爪白癬の外用薬。なんで今まで発売されなかったんでしょうか?
薬剤が爪に浸透しないから。って聞いた事はある様な・・・。

20代の女性を賞与で釣るとは・・・。
何を考えているんですか?(爆笑)
Posted by かいごや at 2014年07月20日 07:29
>かいごやさん

こんにちは!毎日暑いですね(;^_^A

爪白癬、介護をする人にとっても結構厄介な病気ですよね!
ちなみに仰る通り、今までは爪に浸透しないと言う理由で外用薬はありませんでしたが、今回のお薬は浸透するようです。内服薬に比べて副作用も少なく、介護する人間からしてみても、楽なのではないかと思います(^_^)

えーっと、私が別に賞与で釣ったわけでは無いですよ!!
ただ、薬業界の一般論を言っただけで、もし一時金が出たら、それで接待をしろとか・・・・・これっぽっちも考えていませんからね(;´▽`A``
Posted by ネーヤ at 2014年07月20日 13:55
小さなマークが点滅するので読み難い。知的レベルを疑う。
たったの17%(1割強)の治癒率である事を科研製薬が公表している。ジェネリックとなった完全治癒の内服剤の方が格段に安い。草加市の皮膚科で既に新薬を使用して半年。全く変化がない。約4万2千円の薬代が無駄となった。関西の大融寺町谷口医院のネットの見解を早めに知りたかった。
Posted by at 2015年09月14日 10:00
小さなマークが点滅するので読み難い。知的レベルを疑う。
たったの17%(1割強)の治癒率である事を科研製薬が公表している。ジェネリックとなった完全治癒の内服剤の方が格段に安い。草加市の皮膚科で既に新薬を使用して半年。全く変化がない。約4万2千円の薬代が無駄となった。関西の大融寺町谷口医院のネットの見解を早めに知りたかった。
Posted by 鴻之介 at 2015年09月14日 10:01
>鴻之介さん

こんにちは、コメありがとうございます。
先ず『小さなマークが点滅するので読み難い。知的レベルを疑う。』と言うのは、私のブログに出てくる!や?などのマークのことですかね。
もしそれならば、申し訳ありませんがこちらには来られない方がよろしいかと思います。このような書き方を改めるつもりは無いので、鴻之介さんが不快な思いをされるだけだと思います。
それから鴻之介さんの患者背景(アレルギー、体質、併用薬など)が分かりませんので、何とも言えませんが、鴻之介さんが出されていた大融寺町谷口医院のDrが書かれているように、全ての症例で今回のお薬が意味の無い事だとは思いません。今後は治療の際にDrと良く相談なさってくださいませ。
Posted by ネーヤ at 2015年09月14日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。