2012年01月08日

販促資材品の正しい使い方

お正月も明け、仕事始めも済みました。では、本日のブログわーい(嬉しい顔)


と、その前に・・・前回のブログで読者さんからご依頼があったので、追加情報。
前回のNG項目の2番、『期限切れの処方箋』
処方箋の期限は処方箋をもらった日を含めて4日間。これは以前にネーヤのブログ『処方箋をもらったら忘れずに!!!』(←クドイけどリンクしてるわよっ!)でも書いたけど、これはそれなりの理由があれば、期限延長が可能です黒ハートただし、これは薬局で言われても延長は不可パンチもし、期限内に薬局に行けない場合には・・・

必ずDrに申し出てね

ちなみに、この理由と言うのは一応長期旅行などとガイドラインがあるんだけど、それを認めるか、認めないかはDrの判断。薬剤師としてはOKともNGとも言えないので、必ず受診の際にDrに相談してくださいね。


じゃあ、今日はここ・・・じゃなかった。本日のブログでしたあせあせ(飛び散る汗)


本日は、仕事始め晴れまだ患者様も来ていないし、お隣のDrに新年のご挨拶に行かなくちゃexclamation
ネ「先生、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」
Dr「明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。これは少しですが。」
お隣のDrはすごく律儀、お年賀を毎年下さる。そんなに気を使ってくれなくても良いのにがく〜(落胆した顔)

Dr「ところで、新年早々で悪いんだけど、リカルボンの1ヶ月製剤って薬局に在庫してある?あれば今日使いたいんだけど。」
ウ〜ン、本当に律儀。『用意しておいて』って言ってくれれば良いのに。えーっと、リカルボンもボノテオも卸からの預かりが置いてあった筈だわ決定


ここで、ちょっとだけ説明入れておくわね。同業者の方は読んでも意味がないから飛ばしてねハートたち(複数ハート)
リカルボンもボノテオも骨粗鬆症のお薬。両方共に同成分の同じお薬なんだけど、発売しているメーカーさんが違うので、名前が違う。リカルボンが小野薬品工業さんで、ボノテオがアステラス製薬さん。当然のことなんだけど、処方箋にリカルボンと記載してあればリカルボンを調剤しなくてはならない。同じお薬だから在庫はどちらかにしたいのだけど、ボノテオに変えたいと思ったら一々Drに疑義紹介をしなくてはならない。と言う面倒なお薬。

ネ「大丈夫です先生、リカルボンもボノテオも在庫してあります。いつでもどうぞ揺れるハート
Dr「それはありがたい、じゃあ後で処方箋出るからよろしくね。」

それから数時間後、リカルボンの処方箋が回ってきた。まあ、ここまでは普通の良くある風景ね。

さて、その日の夕方、リカルボンを納入した卸のAさんがご来局。
A「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」
ネ「おめでとう、今日リカルボンが処方されたわよわーい(嬉しい顔)明日でいいからもう2箱納入しておいて。」
A「えっ?本当ですか?それは新年からありがたいグッド(上向き矢印)リカルボンは明日の朝1番の配送に回しておきますねるんるん
ネ「良かったわねわーい(嬉しい顔)小野薬品のMRさんにも連絡を取って、またDrの所にも訪問するようにしてね。」
A「それはもちろんです。今日中に連絡入れておきますっ!」
そう言って、嬉しそうにAさん帰っていった。新規処方だから嬉しいでしょうねぴかぴか(新しい)

それと、入れ替わりにご来局されたのが、ボノテオを納入した卸のBさん。
B「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今、A君がニヤニヤしながら出て行きましたけど何かありました?」
あちゃー、リカルボンが処方されたって事はボノテオは殆ど使わないって事よねもうやだ〜(悲しい顔)
ネ「明けましておめでとう、こちらこそよろしく(私、今日この言葉を何回書いたかしらたらーっ(汗))えーっとね、ちょっと言い難いんだけど・・・リカルボンが処方されたの・・・申し訳ないけどボノテオは返品・・・と言うことで・・・」
B「エーッ!そうなんですか?何でリカルボンなんでしょう?アステラスさんも良く訪問してましたし、私からもボノテオをPRしていたんですが・・・」
ネ「ウ〜ン、小野薬品さんも結構訪問していたからねぇ〜。」
B「そうですかバッド(下向き矢印)
Bさん、肩を落として退出。悪いことを言ったかなぁ〜?でも隠しておいても仕方ないし・・・


それから、数十分後。ん?再びBさんがご来局。どうしたのかなぁ〜?
B「度々すいませんたらーっ(汗)今、先生の所に新年のご挨拶に行って、なぜリカルボンにしたか聞いて来ました。」
ネ「へぇ〜、でっ、先生何だって?それって私も興味あるわexclamation
B「はい、マグネットだそうですもうやだ〜(悲しい顔)
ネ「マグネット?磁石がどうしたの??」
B「1ヶ月製剤は以前から試してみたいと思っていたそうです。両方のメーカーさん共に良く訪問してくれるのでどうしようか迷っていたら、ちょうど机の上にリカルボンのマグネットがあったので、そちらにしたそうですもうやだ〜(悲しい顔)ついてないです・・・」

はぁ〜、紙を留めたりするための販促資材品のマグネットがたまたま目の前に置いてあったのねひらめきそれは、小野さんは運が良くて、アステラスさんは運が悪かったわねふらふら

ネ「それは不運だったわね、ボノテオはマグネットが無かったの?」
B「どうだったかなぁ〜ボールペンはあったような気がしますが・・・」
ネ「どちらにしても、販促資材品は配らないとねるんるん車に積んでおいても意味無いわよ。」
B「でも、今年からはメーカーさんの申し合わせで、接待費や販促資材費は殆どカットです。多分ボールペンなども無くなってくると思います。」


そうかぁ〜そう言えば今年から接待費なんかは全面カットになるってどこかのメーカーさんが言っていたなぁ〜

・・・・・ん?ちょっと待って??今日の『販促資材品の正しい使い方』って書いていた意味無くない???

じゃあ、私の今日のこのブログをアップした意味って・・・・・o(T^T)o


それでは、本日のお話はこれで終了あせあせ(飛び散る汗)ではでは手(パー)




↓本当に、運不運ってあるわよねぇたらーっ(汗)ちょっとしたタイミングも重要よねぇ〜ひらめきって、営業の苦労をご存知の方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、運不運以上に自分の努力・実力が必要よっexclamation×2って言う、やり手の営業さんはこちらをポチッと




↓それよりも、もう接待費って無くなるんだぁ〜どんっ(衝撃)ちょっとショックたらーっ(汗)って言う接待を頻繁に受けている羨ましい方はこちらをポチッと押してから、担当の営業さんに今年の接待費を確認してみてくださいわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 14:23| Comment(16) | TrackBack(0) | 販促資材品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでもあけおめでございます。

販促資材は本当に使い方と作り方次第でゴミにも商品にもなりますね。
薬局においては関係ない話ですが、お店では販促POPやベンダーなどが完全に禁止、オマケも「フェイス」と呼ばれる商品の大きさそのものを変更してしまうようなオマケは禁止となっている所があります。
一つは「定番」と言われる常時取り揃えておくべき商品のフェイスがオマケやベンダーによってズレたりして、物理的に付近の商品の販促の妨害となる事が多いため。
もう一つが、オマケ付けてもぶっちゃけそこまで効果が無いためです。

栄養ドリンク10本買ったら2本オマケ!とか、痛み止めシップ今なら2枚余計に入ってるよ!とかなら誰にも迷惑はかからないし効果も見込めそうでOKなんですが
例えばカゼ薬にマスク一枚つけるとなると専用のラミネートケースに入れる手間
入れる事で商品そのものの大きさが変わるため、付近の商品のフェイスへ与える影響
そして、たかがマスク一枚付けることにそれだけの労力を注ぎ込んだのに見合うほど売れ行きに影響するか?
これらの要素を勘案すると、どうしても「そこまでしてオマケ付ける必要無いんじゃねーの?」という結果になるそうです。
それが実利の無いPOPやベンダーならば尚のこと。
オススメ品を紹介する特集コーナーの「エンド」売り場であればこの限りではないので、メーカーさんはエンド売り場の確保に躍起になっています。

でも、もっと本音をぶっちゃけると、100のサンプルを商品にくっ付けるより、1のサンプルを売り手に試してもらう方が効率も費用対効果も高いと思うんだけどなぁ。
さらに具体的な話をすると、フェイタスのサンプルをフェイタスに付けるより、痛み止めの入ってない競合商品を買った客に渡してもらうよう頼む方がずっと有効だと思うんだけどなぁ。
Posted by 猫耳将軍 at 2012年01月08日 14:59
>猫耳将軍さん
今年もよろしくです。

へぇ〜、「フェイス」とか初めて聞きました。確かに消費者としてはオマケが付くのは嬉しいですが、その手間隙を考えた場合、それに見合う売り上げは見込めないですかね。

医科向用医薬品の場合は、2本オマケ!とか付けると違法行為になってしまうのでどうしても文房具品が多くなってしまいます。人気が高いのは、テープのりや修正テープなどですかね。ボールペンなどはあまりにも数が多すぎて・・・毎年年末になると患者様に配ったりしています。
私はこの業界に入って、ボックスティッシュとボールペンは買った事がないです。

ただし、こんな状態も今年で終わりそうです。余計なオマケがなくなるのは良いのですが、販促資材品として患者様向けパンフ(食事レシピなど)までカットになると聞いて少々凹んでいます。
サンプルも昔は多数あったのですが、適性使用がなされていないので現在では殆どありません。
本当に必要な販促資材品やサンプルなら残してくれるようにメーカーさんも考えてくれるといいのですけどね。
Posted by ネーヤ at 2012年01月08日 19:15
10年ほど前の新潟県中越地震のことです。被災地の学校から子供の通っていた姉妹校にティッシュペーパーをはじめとする衛生用品を送って欲しいという依頼があり、ロッカーの上や倉庫の隅などに大量に眠っていたボックスティッシュを送ったことを思い出しました。車に積んでいると出入りの卸さんが覗き込んできて事情を聞くと彼も大量に放出してくれました。他にも記録や連絡用にレポート用紙と筆記具という要望もあったのですがこれに対しても冬眠備蓄?!からかなりの協力ができました。売り上げ向上という製薬メーカーの意図には添えなかったかもしれませんが現地でおおいにお役にはたってくれたことと思っています。

こんな災害はないにこしたことはありませんが、正しい使い方だったのでしょうか。
Posted by mykonos at 2012年01月09日 18:41
>mynokonosさん
私がMRをしていた時代には、配りきれなくなったボールペンやメモ帳を破棄していた卸さんもありましたが、本当に必要な得意先に必要な量だけ持って行くのが正しい使い方ですよね。
コメの件では、確かに製薬メーカーの意図には合っていないかもしれませんが、薬剤師法による『公衆衛生の向上及び増進に寄与』といった点では誠に正しい判断だったと思いますよ(この際、薬剤師法の解釈の正誤は置いといて(;^_^A )
製薬メーカーさんも医師や薬剤師などのフォローに回るお仕事ですので、特にそのような使い方をしても問題無しだと思います。

それから直メをご丁寧にありがとうございました。
このようなフザけたブログですが時々遊びに来てくださいね(^▽^)/
Posted by ネーヤ at 2012年01月09日 19:05
初めましてー。みぃといいます。
2か月前に企業から調剤薬局に転職しました。
働いているのは、大学病院前の門前の大手調剤薬局です。
毎日忙しくてんやわんやしております。
大学卒業してからのブランクが長いため、今は毎日の勉強とテストに悲鳴をあげています。
正直乗り越えて、ちゃんとした薬剤師になれるのかすごく不安です。
ネーヤさんのブログ、見つけたばかりでそんなに読めてませんが、時間見て参考にさせてもらいます。

Posted by みぃ at 2012年01月09日 19:59
>みぃさん
初コメありがとうございます。
私と同じMR上がりですかね?大学病院前の調剤だと処方箋の種類も多く大変ですね。
企業からの転職ですと生え抜きより知識面で劣る面もありますが、それ以上のメリットもありますので頑張ってくださいね(^▽^)/

私のブログが役に立つとは思いませんが、息抜き程度に読んでみて下さいね。またコメをお待ちしております(^^)
Posted by ネーヤ at 2012年01月09日 21:50
小学生だった時 読書感想文の下書き用原稿用紙を
父に頼んだら 持ち帰ってきたのは 薬名バッチリ入った横書き原稿用紙…

赤いボールペンある?と聞けば あるよと
○○薬品名入り3色ボールペン

高校入ってレポート用紙って父に頼んだら Fujisawa製薬
ケテック錠300mgと入ってるレポート用紙…(これは今もウチに残っていた〜)

(父は薬屋さんでもお医者さんでもありませんけどね。)

はい 今から30年以上前 確かに私 販促用品を有効に使わせていただきました(^^)v
Posted by アール君 at 2012年01月10日 13:42
残念ながらMRじゃないんです。研究してましたが、ジェネなので大したこともしておらず知識不足で…。
とりあえず、頑張ります!
Posted by みぃ at 2012年01月10日 20:28
>アール君
あはは(^∇^)それはすごい!
私は、親戚に医療関係者がいなかったので、学生の頃はコクヨとパイロットでした(^○^)

Fujisawa製薬のレポート用紙!今では貴重ですよ。もう藤沢製薬さんは合併してアステラス製薬になってしまいましたからね。大事に取っておけば『お宝鑑定団』に出せるかもo(^▽^)o
Posted by ネーヤ at 2012年01月10日 22:25
>みぃさん
研究分野でしたか?それは優秀ですねぇ!
先発メーカーさんも後発メーカーさんも大した違いは無いです。
調剤薬局は分野が違いますが、その経験も役に立つと思いますよ。

これから頑張ってくださいね(^▽^)/
Posted by ネーヤ at 2012年01月10日 22:30
お久しぶりです(^-^*)/
覚えていますか?少しまえにステロイドの件で伺った者です!今日、無事に息子のステロイドなどをお医者様にもらえました。来週息子のいる施設に持って行けます。
もらったお薬について、注意やアドバイスを伺えたらと思い、メールしました。お忙しいと思いますが、どうかお願いします! ステロイドはロコイド0.1%、リンデロンA軟膏、あとはプロペト、これははじめてもらったのですが、ビーソフテンローション0.3% です。

ビーソフテンローションは化粧水がわりと言われましたが、お薬なんですよね? 普通の化粧水と併用しても大丈夫ですか?
大丈夫な場合、どちらを先に塗るといいですか?
ビーソフテンローションだけだと乾燥した場合、困るので、普通の保湿化粧水も重ねて使えるか、気になりました。

良かったらお願いします!
Posted by ぽろん at 2012年01月10日 23:35
>ぽろんさん
もちろん、覚えてますよ(^_^)
ステロイドなどが無事処方されたようで良かったです。

先ず、今回のステロイドはロコイド・リンデロンAですが、両方共にステロイドとしては弱目の部類に入ります。ただし、リンデロンAは抗生剤が配合されており、通常は眼や耳に使用されるものです。
これからは、私の想像で申し訳ないですが、多分これを処方してくれたDrはぽろんさんの息子さんの症状を見ていないと思いますのでそれ以上強いステロイドを処方できなかったと思います。
使い方としては、前にも書いた通りリンデロンAは傷がある場合に、ロコイドは傷が無い湿疹などに使うと良いかと思います。

次にプロペトですが、これは白色ワセリンの商品名で、これも眼科用にも使えるお薬です。ただし、これはお薬の効果としては無く、皮膚を保護する役割で使います。従ってステロイドを塗った上から重ね塗りしてもらうように処方されたと思います。またロコイドやリンデロンAでも効果が強いと思われるときにプロペトでステロイドを薄める事もできます。この場合にはプロペトを薄く塗ってからステロイドを上から重ね塗りすると良いでしょう。

最後にビーソフテンローションですが、これは血行を良くしたり保湿効果を高めるお薬です。霜焼けなどにも使われます。化粧水との併用ですがビーソフテンローションを使用していれば化粧水は必要ないかと思います。どうしても併用したい場合は、朝に化粧水、夜にビーソフテンローションと言った使い方ならば問題ないです(ただし、ビーソフテンローションを朝と夜に塗った方が効果があるかと思います。ビーソフテンローションは1日2〜3回塗ってもOKです)

最初の方に書きましたが、この処方してくれたDrは息子さんの為に安全性を優先し、オールマイティーなお薬を選んだと思われます。従って、これである程度の湿疹・アトピーは抑えられる筈ですが、あまりにも酷くなってしまう場合は早めに専門医に相談(可能ならば受診)される方が良いですね。
それと、まだまだ寒い日も続きますので、あまり外気にさらしたりしない方が良いですね。息子さんの病状が悪くならないことを祈ってます(^_^)
Posted by ネーヤ at 2012年01月11日 00:43
丁寧にありがとうございました!安心しました。
薬を処方してくれた薬剤師さんが、いろいろ聞いても良く教えてくれなくて (>_<) なので不安でした(;_;)。 あと、息子が円錐角膜と発覚したばかりなんですが、このステロイドやビーソフテンローションは使っていても大丈夫でしょうか?
Posted by ぽろん at 2012年01月11日 10:48
>ぽろんさん
お役に立ててよかったです(^_^)

円錐角膜についてですが、円錐角膜はステロイドとは全くの無関係ですので別にそれらのお薬を使用したからといって円錐角膜が悪化したりするような事はないです。安心して使ってください。

それから、これは蛇足ですが、リンデロンAとプロペトは眼科のお薬としても使用されますので眼に入ってしまっても大丈夫です。ですから眼の周りに使うにはその2剤がいいですよ。眼に入ったからといって、慌てて擦ったりしない様にしてくださいね。
Posted by ネーヤ at 2012年01月11日 14:49
いろいろありがとうございました。安心しました。
お忙しい中感謝します!
また何かあったらお願いします。
Posted by ぽろん at 2012年01月11日 20:49
>ぽろんさん
こんなので良かったら、いつでもどーぞ(^_^)

また私のブログをご贔屓にしてくださいね(^▽^)/
Posted by ネーヤ at 2012年01月12日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/244995173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。