2011年09月17日

なぁ〜んて、いい加減なお薬!

もう9月も半ばだと言うのに、まだまだ暑いですねたらーっ(汗)暑さが苦手なネーヤとしては早く涼しくなって欲しいなぁと思う毎日です。


でっ、数日前の事、この暑い中、薬局の一角のかごの中にはお薬が山積み。中身はネキシウムカプセルとリカルボン50mg錠、ボノテオ50mg錠。新発売になったお薬ぴかぴか(新しい)
前にブログで書いた事があったと思うけど、メーカーさんや卸さんにとってお薬の新発売はお祭りに近い。何件の新規納入先が出来たかでMRさんやMSさんの評価が違ってくるからね。元MRのネーヤとしては営業さんには甘々なので、『とりあえず、置いておいて下さいっ!』って頼まれると断れない。なので、お薬の新発売の時には(卸の数)×(お薬の数)だけお薬が集まってくる。
・・・ネーヤが良いと言ったんだから、まあ、いいけどねっもうやだ〜(悲しい顔)ちょっと暑苦しいわね。


そんな中、ボノテオ50mg錠の発売元のアステラス製薬のMR、GさんがA卸のMS、Fさんと連れ立ってやってきた。

F「こんにちは、今日はアステラスさんと同行でやってきました。今回はボノテオ錠、ありがとうございます。」
G「お世話になっております。アステラスです。いつもリピトールなど多数使っていただきありがとうございます。今回はボノテオ錠も無理を言って申し訳ありません。」
ネ「まあ、ボノテオは3錠包装だし、小さいからいいけどね。お隣のDrが使ってくれるかどうかは分からないわよ。」
G「はい、何とか採用になるように頑張りますexclamation
ネ「うん、お隣のDrはお薬の採用はMRさんの訪問頻度も関わってくるから頑張ってね。ねーねー、ところでボノテオって何で50mgなの?」


ここで、なぜこんな質問をしたか、ちょっと解説するわね決定多分分かっている方も多いと思うけど、お話を整理するためにお付き合いくださいね黒ハート
このボノテオ錠は骨粗鬆症のお薬、同系統のお薬にはアクトネル・ベネット・フォサマック・ボナロンがある。アクトネルとベネット、フォサマックとボナロンは同じ成分で違うメーカーが併売している。
一番最初に発売されたのはフォサマック、次がベネット。(ボナロン・アクトネルは同じなので以下省略ね)フォサマックは5mg錠、ベネットは2.5mg錠。これは毎日服用だった。その後、フォサマックは35mg錠、ベネットは17.5mg錠と7倍の用量が出てきて1週間に1回服用すれば良いという1週間製剤が出た。
この後、ボノテオの1mg錠が発売。これはやはり毎日服用のお薬。今回発売になったボノテオは50mg錠にして4週間に1回服用すればよくなった訳。

ふぅ〜、能書きが長くなってごめんなさい。
でっ、ネーヤが疑問に思うのは、フォサマックやベネットは用量を7倍にして週に1回にしたのに、ボノテオは4週間に1回だから28mgにしなかったの?って事。50mgっておかしくなぁい?って言う疑問?

お話は戻って、その後のネーヤと営業さんたちとの会話
F「ありがとうございます、その質問は大変良い質問です。」
おっ、Fさん随分と自信満々じゃない?どういうこと?
G「それに関しては、こちらをご覧下さい。」
そう言ってGさん、1冊の資料集を開く。それにはいろいろとグラフが連なっている。Gさん、そのグラフを指差しながら、
G「当社では、開発段階でボノテオの1mg・7mg・30mg・50mgを比較しております。その中で50mgが1mg毎日投与と同等かつ副作用も30mgと変化が無くetcetc・・・と言うことで50mg錠の発売となりました。」

ウ〜ン、分かったような分からないような。つまり、1mgの時と同じ臨床成績があって、副作用の発現率も同等の最大用量が50mgってことねたらーっ(汗)

ネ「ありがとうGさん、ところでボノテオを服用するのは殆どが高齢者よね、週1回なら毎週の事で忘れ難いと思うけど、4週間に1回だとかえって忘れ易くならない?毎月1日とか日にちを決めた方が忘れないんじゃない?」
G「ありがとうございます。その質問も待っておりました。ボノテオ50mg錠は28日間隔でも31日間隔でも効果に変わりは無く、そのような服薬指導でも問題は無いです。患者様のご都合に合わせてください。それにこのお薬は月1製剤で、多少前後にずれても問題ありません。」

エーッ!それじゃあずれるのが3日間として25〜31日間隔で適当に服用しろって言うことぉグッド(上向き矢印)


なぁ〜んて、いい加減なお薬なのっ!!!


と、やっとここで題名と本文が繋がったところで、今日はおしまいっ。
でも、今回はアステラスさんの手のひらの上で踊らされたようで、なぁ〜んか腑に落ちないわぁ〜ふらふら

じゃあ、今日は本当にこれでおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)



↓今日はなぁ〜んか、理屈っぽく過ぎて面白くなかったわぁ〜バッド(下向き矢印)とネーヤのユル〜イお話を期待している方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑理屈っぽ過ぎる上に内容も無いわよねぇ〜バッド(下向き矢印)って今回のブログを全否定してしまう方はこちらをポチッと



↓理屈をこねるんなら、もっと学術的な内容を書かないとねグッド(上向き矢印)ってネーヤに無理難題を押し付ける方はこちらをポチッと押してから、その中から学術的ブログを探してくださいもうやだ〜(悲しい顔)
人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 17:52| Comment(12) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
月イチの薬・・・おいらなら忘れるどころか紛失しそうだな。
むしろ「なぜ28日でも31日でも作用に変化がないのか」って所にさらに良い薬を開発するカギがあると考えるのは、おいらが素人だからかな。
Posted by 猫耳将軍 at 2011年09月18日 15:34
>猫耳将軍さん
現時点では、このお薬は1回に1錠しか出せないので、受診された時点で遅れている場合は次の日に服用するように指導するんだそうです。早めに取りに来た方には、カレンダーに服薬日を記すシールや冷蔵庫などに掛けるためのお薬ホルダーが販促資材品としてメーカーさんが配っていきました。

説明不足で申し訳なかったですが、このお薬は有効血中濃度の幅がかなり広く、その上毒性が低いため安全域もかなり広く、数日間のズレではお薬の効果が変わらないと言う事のようです。確かにこのような薬物が今後出てくれば、安全で有効性が高いお薬が出てくるでしょうね。
Posted by ネーヤ at 2011年09月18日 16:14
ヤバイ(-_-;)
ネキシウム、リカルボン、ボノテオってナニ? ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

精神科病院勤務だとこの手の新薬に関して疎くなりがちだから(言い訳(T_T))、意識してアンテナ立ててるつもりだけど全く知らね〜

っていうか、1ヶ月に1回タイプという便利なんだか不便なんだか分からない薬が出ているとは、驚きを隠せませぬわヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

基本的に高齢者が飲む機会が多い薬だと思うので、
忘れないように配偶者の月命日 Σ(・∀・|||)

おっと・・・スイマセン( >Д<;)
お口が過ぎました(´・ω:;.:...

明日は敬老の日です。
おじいちゃんおばあちゃんを大切に (b´∀`)ネッ!
Posted by まいすり at 2011年09月18日 20:50
>まいすりさん
まいすりさんは精神科病院勤務でしたか、それは知りませんでしたΣ(゚Д゚)

やはり私たち薬剤師は、その勤務先によって得手不得手が出来てしまいますよね。なるべくそのような事が無いようにしないといけませんね。とか言いながら、私の場合不得手はあっても得手はないんですけどねo(TヘTo)

そっかぁ〜明日は敬老の日でしたね。すっかり忘れていました。
まいすりさんに私に合う認知症のお薬を選んでいただきたいです。やはりファーストチョイスにはメマリー辺りから始めるのが良いですかね(^○^)
Posted by ネーヤ at 2011年09月18日 22:16
ボノテオ50mgそーなんですね!何でだろうとネーヤさんと同じ疑問持ってました。勉強になりました。
新薬色々出てきて、付いていくのが大変です(*^_^*)

所で、これも新薬のリオベル。アクトスとネシーナの配合剤。配合剤の続々登場には閉口してますが、それにしてもいまさらアクトス…これどーでしょう??
Posted by オレンジ at 2011年09月19日 23:09
>オレンジさん
本当に、次から次へと新薬やら配合剤やら出てきて大変ですよね。その上、併売なんて言われると同じお薬なのに、2つも名前を覚えて・・・最近ではジェネリックもあるし・・・覚え切れないです(ノД`)
本当に、メマリーでも飲もうかしら(T-T)

アクトスは、ブログで何度も書きましたが、悪いお薬ではないと思います。ただ、武田さんは販売戦略を失敗したかと思います。お薬にはSEが付き物ですし、それを明記しておけばあそこまで大事にはならなかったと思います。
私自身の意見を言わせてもらえば、アクトスは他に同じ作用の薬品がない分だけ、今後同種薬品が出てこなければまだまだ市場で通用するお薬だと思います。でも・・・武田さんがなぁ〜。
Posted by ネーヤ at 2011年09月19日 23:30
ほんとついて行けナインですよね・・・最近の薬の名前。
私だけじゃなかったんだあ。

ところで、私も意外だったアクトス。
最近騒がれたので、50台の人だったし、一応情報提供したら、Dr中止したんですよ。
総合病院からの紹介状で継続(4年ぐらい)してただけだし。

なんてアバウトな!!!と、驚いたのですが。
他にもグルファストもスターシスも飲んはいたんで、一応経過観察したら・・・・
3ヶ月経っても血糖値正常。

アクトスは・・・・・何だったんだろう・・・・
おかしい。
出す順番がわからないですが・・・・
アクトスで効かなくて、グルファストとか出したのなら、元々効いてなかったのかもしれませんが・・・・

世の中・・・・わからんもんです。
Posted by けろ at 2011年09月20日 10:12
ボノテオ50mg恐るべし!!

ってことは長期投与可能になったら、
「はい!12錠。1年分ね」と処方されんの?

あな恐ろしやー

アクトスはノスカールという好敵手が居なくなって
ちょっと慢心したかなーと思うね。
Posted by たいしょう at 2011年09月20日 14:31
>けろさん
けろさんもお薬の名前が覚えられないですか?本当に次から次へとよく出てきますよね(ノ_-。)病気で苦しむ患者様にとっては朗報になるかもしれませんが、医療従事者泣かせですよね。

アクトスのお話、その患者様はダイエットなどをなさってインスリン抵抗性が改善なさっていたかもしれませんね。もしくは、最初からアクトスは不要だったか・・・まあ、いろいろと不思議な事はありますよね、ってそれで片付けてしまっては患者様もたまった物ではありませんが。
Posted by ネーヤ at 2011年09月20日 19:49
>たいしょうさん
私の薬局で、フォサマックが24錠処方された時があって驚いた覚えがあります。
まあ、1年分と言うのは余程特殊な場合だけでしょうね、ちなみに船員さんに血圧のお薬を300日分調剤した経験がありますが、ボノテオを服用する患者様じゃあ船員と言うことは無いだろうなぁ〜

ノスカール、効いた覚えがあります。確か第一三共さんのお薬で、発売後すぐに発売中止になったんですよね。
今後、アクトスの対抗品が出てきますかね?
Posted by ネーヤ at 2011年09月20日 19:57
アクトスの後継品は沢山ありますが。。

アクトスと同じ作用機序の薬物は開発されません。
(各社が開発中だった候補物質はすべて中止されています)

なぜならアクトスは安全な薬剤とは言えないからです。

新規作用物質でとんでもなく良い薬物が発見されています。年間5000億円(日本円換算)は売れるかも。。
Posted by たいしょう at 2011年09月22日 13:08
>たいしょうさん
アクトスと同じ作用機序のお薬はもう出ないんですか?それは知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。

今は、臨床上ではDPP4やビグアナイドが脚光を浴びてきているような気がします。
たいしょうさんの言うとんでもなく良い薬物、凄く興味があります。まだ企業秘密で教えてはくれないでしょうけど、マスコミ発表する直前に教えていただきたい!もちろんマスコミよりも早く私のブログでアップしますっ!!!
Posted by ネーヤ at 2011年09月22日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226399860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック