2015年08月08日

はぁ〜見えすぎちゃって困るのぉ〜♪

さてと、今日も『あーつーいー!!!』から始めようと思ったけど毎回同じだと芸が無いからねわーい(嬉しい顔)

それではちょっとブログもサボリ気味だったし、ネーヤの夏休みまであと少し今日もクダラナイ事をアップしちゃうわね黒ハート

と、言う事で場所はいつものネーヤの薬局。お隣のクリニックでは午後の診療が始まる一番暑い時間晴れ入ってきたのは塩野義製薬のMR、Hさん揺れるハート

H「こんにちは、ネーヤ先生。毎日暑いですねあせあせ(飛び散る汗)
ネ「そうだよね、薬局はエアコンが利いていて涼しいけど、外回りのMRさん達は大変だよね。お疲れ様exclamation
H「車の中は地獄ですよどんっ(衝撃)エアコンかけても、訪問先ではエンジンを切りますから、すぐに暑くなって、何の役にも立ちませんもうやだ〜(悲しい顔)
ネ「そうだよねたらーっ(汗)こんな暑い日くらいサボって喫茶店でアイスコーヒーでも飲んでいればいいのにるんるん
H「私もそうしたいですが、今日は連絡があってアチコチ回らなければならないんです。」
ネ「ん?何か副作用でも出たの??」

ちなみにここで、解説ね決定
お薬なんだから、必ず副作用と言うのはあって副作用が無いなんてお薬はないのね。ちなみに開発段階で見つかる副作用もあるし、発売後に患者様で今までになかった副作用が出る場合もあるのね。そして今までなかった副作用が出てしまった場合、どこの製薬メーカーも結構パニックになるの。もちろんその度合いにも寄るけど、今の時代だとネットやメールは元より、ダイレクトメールなんかでもお知らせするのね。
でね、ネットやメール、ダイレクトメールだけだと現場の状況は分かり難いでしょ?そのためにMRさんが東奔西走するわけねexclamation副作用の状況によっては、そのメーカーの屋台骨を揺るがしかねないからMRさんも多少のパニック状態になりながら、そのお薬の納入実績がある得意先に片っ端から回るの。
今、ネーヤはそれを疑ったわけねexclamation×2

H「いや、おかげさまで副作用報告では無いです。包装変更です、これを・・・」

そう言って取り出したパンフレットがこちら!

クレストール変更.JPG

どうかな?読めるかな??
クレストールのPTPシートがアルミからポリプロピレンに変わったと言うお知らせ。
ちなみに、アルミシートと言うのは中が見えない奴ね。ネーヤのブログで良く出てきたザイザルなんかもこのアルミシート。
で、中が見えるのはポリプロピレン。
見て分かると思うけど、一般的にアルミシートはシートの大きさが大きくなるのね。それに使った人なら分かると思うけど、ポリプロピレンのシートの比べると押し出すときに力が必要で出しにくい。ただし、ポリプロピレンに比べて防湿性は高いし、吸湿性が高いお薬には良く使われるのねひらめき
でね、脱線ついでにネーヤのワンポイントレッスン揺れるハートアルミシートのお薬を出すときには力が要ると書いたでしょ?指先に力がないご高齢者とかはこれを極端に嫌う方も多いのよもうやだ〜(悲しい顔)
じゃあ、3代目NSoulSistersのメンバーには、こっそり開け易い方法を教えるわね黒ハート
これはお薬を押し出して開ける前に裏側のアルミの部分を爪で傷つけて、穴を開けておけば簡単に開けられるのよひらめき爪が短い人や弱い人ならば、お薬のシートの角を使えば簡単に傷つけられる。傷つけたあとは普通に表を押してお薬を押し出せば簡単に取り出せるわよ黒ハート同様に、カプセルなんかもこの手間をかければ、カプセルを変形させる事なく取り出せるから試してみてね揺れるハート
じゃあ、本編に戻るわね!

ネ「へー、とうとうポリプロピレンのシートにするんだ!アルミは開け難くて大変だったのよね!!それに中が見えないのとシートが大きいから、患者様に錠剤も大きいのではないかと思われたりもしたしね!!!」
H「はい、今までもたくさんの得意先からご指摘いただきましたが、やっと改良する事にしましたわーい(嬉しい顔)
ネ「でもHさん、最初にアルミにしたと言う事は吸湿性の問題があったと言う事でしょ?その問題はクリアーになったと言う事??」
H「はい、ネーヤ先生。実は・・・」

と、ここで言いよどむHさん。意を決したように言葉を続ける。

H「クレストールは販売当初からあまり吸湿性に関しては問題ないと思われていたんですよ。とりあえず発売だけはするためにアルミシートにしておこうと言うコンセプトで発売されたんです。で、今回吸湿性には完全に問題がないと言うことになりまして・・・」

え?吸湿性に関して問題なかった??
発売するためにアルミにしておけば問題ないだろうって言う事???


あっけに取られるネーヤの顔を尻目に・・・
H「一応、こちらの販売予定が10月中旬から11月になる予定です。卸によって在庫に差がありますので、多少のずれはあると思いますが、よろしくお願いします。それでは」

そう言うと、Hさん忙しそうにご退局。
まあまだいろいろ回らなければならないから仕方がないだろうけど・・・なるほど発売に関しては吸湿性はそれ程重要視されないのねひらめき
まあ、いろいろな情報はネットとかで回ってくるけど、やはりこう言った事はMRさんじゃなければ分からない事もあるのねひらめき

と、そんな訪問があった次の日。今度はアストラゼネカさんのMR、Lさんがご来局。Lさんはまだ新人さんの女性MR、ネーヤの前では緊張している感じがすごいのね。

L「こ・こんにちは!アストラゼネカです。いつもお世話になってます。先生、今日はお知らせがありまして!!」
そう言うと、昨日Hさんが持ってきたパンフレットと同じパンフレットを取り出す。

ああ、ここでもちょっと解説ね。クレストール錠って言うのは製造販売元がアストラゼネカさんなんだけど、塩野義製薬さんと2社から発売されている併売なのね。包装の箱が違うけどお薬の中身やシートは全く同じ。通常だと、どちらか1社から購入する場合が多いと思うけど、ネーヤの薬局の場合、発売当初からどちらのMRさんも熱心でDrへの訪問も繰り返されていたから2社から納入されているのね。だから、こう言ったお知らせも2社から重なっちゃうのよたらーっ(汗)

ネ「ああ、Lさん。包装変更のお知らせねわーい(嬉しい顔)聞いているわよ。」
L「え?もう塩野義さんから連絡があったんですか??申し訳ございません!遅くなりましたどんっ(衝撃)
ネ「いやいや、Lさん。連絡があったのも昨日だし、謝ることなんか無いよあせあせ(飛び散る汗)クレストール錠は元々吸湿性に問題なかったんですってね。塩野義製薬さんが言ってたわ」
L「はい、その通りです。じゃあ私からの説明は繰り返しになってしまいますからいらないですね。申し訳ありません。」

いやいや、そんなに謝られても・・・こっちが何かいじめているみたいじゃないのあせあせ(飛び散る汗)

ネ「大丈夫だよ。クレストール錠はスタチンの中でも最も売れているから大変だね。でも、ポリプロピレンはうちとしてもありがたいわ。場所も取らなくなるし。」
L「はい、今回ポリプロピレン包装は日本だけです!海外はアルミシートのままで変更はありません!!」
ネ「え?ちょっと待って!!ポリプロピレンは日本だけなの???」
L「はい、そのように聞いております!理由は分かりませんが!!」
ネ「へぇ〜、あまり海外の人はアルミで開け難いとか無いのかな?それとも、ボトルのバラ包装で1本調剤されるのかしら??」
L「分かりません。何でしたらこの次までに調べておきます!」
ネ「いやいや、そこまでしてくれなくていいよあせあせ(飛び散る汗)特に仕事には関係ないからあせあせ(飛び散る汗)
L「分かりましたexclamationまた何か分からないことがあったら仰ってください。それではこれからもクレストール錠をよろしくお願いしますexclamation×2

そう言うとLさんも昨日のHさんと同様、忙しそうにご退局。

う〜ん、それにしても同じお薬なのにMRがそれぞれ違った情報を持っているのかぁ〜ひらめき

これだからMRさんと面会するのは面白い!!!

と言ったところで・・・あ、ちょっと言い忘れた事があったexclamation×2

えーっと、アストラゼネカ関係者の皆様、ネーヤは立場上Lさんには調べなくていいと言っちゃったけど・・・オフザケ薬剤師ブロガーとしては、なぜ日本だけがポリプロピレン包装にしたのか興味津々ですexclamationだ・か・ら・・・

何か情報があったら、コメントくださいっ!!!
ョロシク(。・ω・))(。uωu))ペコリ


と、お願いしたところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓ネーヤの薬局の担当になるMRさんって大変だよねたらーっ(汗)同情するわもうやだ〜(悲しい顔)って思った方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑え?でも、面白ければお薬の採用に便宜を図ってくれるんでしょexclamation&questionそれなら楽勝じゃんわーい(嬉しい顔)と思った方はこちらをポチッと







↓そんな事より、もっと学術的な質問をして欲しいわむかっ(怒り)と思ったMRの皆様はこちらをポチッと押した後、学術的な事で何か面白い話題を提供してくださいるんるん

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:49| Comment(39) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。