2015年07月08日

先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い〜攻守交替〜

さてと、あっという間に6月も終わり、気がつけば早くも1年の半分が過ぎたのねあせあせ(飛び散る汗)
ここのところ、ネーヤも忙しい日が続いているのと、これと言った面白い話題もなく・・・
あ、そうだ!るるー主さんゴメンね!!管理品目について話題を振ってもらったけど、あれってるるー主さんがブログにした以上の広げ方が見つからなかったから、スルーしちゃったたらーっ(汗)

と言う事で、本日は再びこのブログの要『先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い』から黒ハート

先ずね、ジェネリック品というのは、先発品が出て何年かして、その特許が切れてから同じ主成分を使って違うメーカーさんが出すお薬と言うのは何度も説明してきたわよね決定
ところが、今日は新発売になった薬なのに、すでにジェネリック品があると言う摩訶不思議なお薬のお話。

え?それってどういうこと??

と叫んだ読者の方々わーい(嬉しい顔)それはね・・・

ムコソルバンL錠45mg

これはね、今月、帝人ファーマさんから新発売になったお薬なんだけど、もうすでにジェネリック品が何社も出ているの揺れるハート
そんなバカな!ですって??仕方ないでしょ、本当の事なんだからハートたち(複数ハート)
このムコソルバンL錠が発売になったのは7月2日。でもこのジェネリック品は昨年6月にアンブロキソール塩酸塩徐放OD錠45mg「○○」が発売になっているのよexclamation

え?なぜ先発品が出る前にジェネリック品が出てるかって??
じゃあ、種明かし黒ハート
えーっとね、ムコソルバンって言うのは、去痰剤なんだけどその歴史は古く1984年にムコソルバン錠15mgとして発売されたのね。去痰剤としてはかなり売れたお薬で30年以上経った今でも処方されているのよ。でね、この15mg錠は1回1錠1日3回服用として販売されたのね。そしてそれから8年後の1992年に、このジェネリック品が各社から発売となるの。それから時代が流れるにつれて、お薬の服用回数は減らす流れになっていったのね。そして1日1回服用で済むムコソルバンLカプセル45mgとして1996年に販売されるのね、そしてそのジェネリック品も2005年から販売されたのねひらめき
ところが、カプセルと言うのは錠剤よりも往々にして飲みにくいのよねたらーっ(汗)喉に張り付く感じもしたりして、同じくらいの大きさなら錠剤の方が飲みやすいのね。そこで後発メーカーさんはこう考えたの。

錠剤にすればいいんじゃね?

ってねひらめきで、しかもOD錠を2014年に作って発売しちゃったわけ。ここは、開発の経緯が良く分からないから想像だけど、普通錠では大きくなっちゃったんじゃないかしら?
でね、先発品から後発品に変更するルールとして、普通錠・OD錠・カプセルはDrに疑義照会をかけなくていいことになっているのね。だからOD錠を開発したメーカーのMRさん達はこぞって・・・

カプセルの飲みにくさを無くして、OD錠にしました!

と言うPRを展開したのね。

で、今回先発メーカーである帝人ファーマさんがここで巻き返しを図るべく出してきたのが、ムコソルバンL錠45mgexclamationだから、このお薬は発売以前からジェネリック品が存在すると言う不思議な先発品となったわけ。
でね、今回のこのお薬の売り文句は2つexclamation×2

1、剤形を小型化して飲みやすくしました。
2、錠剤毎の徐放機能が優れています。


うーん、一見してネーヤが突っこみたい所は・・・

1、小さな普通錠だったら大き目のOD錠と大差なくない?
2、じゃあ、ジェネリック品のOD錠は除放機能は優れていないって事?


の2点。素直なネーヤはこの2点を質問としてぶつけたわよるんるんで、得られた回答がこちら。

1、ムコソルバンの一般名アンブロキソールは少し苦味があり、OD錠でいつまでも口の中に残っていると、苦味などが出てくる可能性があります。
2、他社メーカーの事は分かりかねますが、ムコソルバンL錠は、速放徐放一体顆粒として一体化(単一顆粒)としました。このことにより、錠剤毎の主薬の顆粒(主薬含量)に偏りがなくなり、また、顆粒設計において緩衝膜を存在させたことにより、錠剤成形時に圧縮されても徐放機能が維持されます。

うーん、分かったような分からない様な・・・でも雰囲気として、ジェネリック品のOD錠はディスっているような気がバッド(下向き矢印)

まあ、患者様の立場から言えば、OD錠の甘さとかが苦手だとか言う患者様もいるだろうし、いろいろな選択肢が広がるのはいい事だと思うわ黒ハート
でもね、ネーヤは一つだけ確認しておきたい。

ジェネリック品より後から出してきてジェネリック品より高いってどういう事!!!
(ちなみにムコソルバンL錠の薬価はムコソルバンLカプセルと同じ、メーカーにも寄るけど、ジェネリック品は先発品の薬価の半額くらい)

前にブログでも話題にした事があるけど、アリセプト錠のフィルム製剤は、アリセプトD錠があるからっていう理由でボスが先発品にすることを認めずに、ジェネリック品としてエーザイさんの子会社であるエルメッドエーザイさんから発売になったわよね?それと今回のムコソルバンL錠はどう違いがあるの???

どうなのよ?ボォォォ〜ス!!!

と、叫んだところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓え?やっぱり先発メーカーが開発して、製造したから先発品と同じ薬価でいいんじゃないexclamation&questionと思った方はこちらをポチッと
って、いつもの様に書いたけどここで緊急事態が発生exclamationブログ村さんただいまメンテナンス中でバナーが貼れないのよふらふら気が向いたら右上にあるブログ村のバナーを押してちょうだいもうやだ〜(悲しい顔)







↓しかし、この仁義なき戦いシリーズもよく続くよなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)と思った方はこちらをポチッと押して次回の仁義なき戦いシリーズに期待してちょうだい黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 19:09| Comment(26) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。