2015年04月25日

あ、はい・・・そうですね!?

さてと、今日は薬剤師ブログで初めての内容るんるん
それは配送さん黒ハート

えっ?配送さんについて書かれた薬剤師ブログを読んだことがある??
シー!あなたが黙っていれば分かりゃしないわよっ!!
多分、こんな所に目をつけるオフザケ薬剤師なんてネーヤくらいよっexclamation薬剤師ブロガー界の隙間産業と読んでちょうだいexclamation×2

さて、前フリはこのくらいにして・・・
この配送、以前は注文を受けてMSさんが得意先まで持っていくことが普通だったのね決定大体、朝とお昼に会社によってお薬を車に積んで得意先に配送するの。ところがそれだと手間も掛かるし、得意先のDrや薬剤師とゆっくりお話も出来ないから、各卸とも次第に配送専門の人間を用意し始めたの。
でね、それからレセコンが普及・発達しだしてお薬の在庫管理もそれでし始めたの。それまでは薬剤師や事務さんが自分の目で在庫量を確認して発注を出していることが多かったと思うけど、その頃から在庫がある一定量より少なくなるとレセコンが教えてくれて、レセコンから発注できるようになって来たのね。そうすると、特に一括注文する必要性もないから細かい発注になって行ったのよ。
で、細かい発注になると配送の方も忙しくなって来て、各卸とも卸とは別会社の配送センターを作って、そこが一手に配送を引き受けるようになってきたというのが、現状exclamationまあ、急配の場合はMSさんが配送する事もあるけどね。で、この配送センター、卸によって違うのだけれども、卸の近くにある場合も有るし、卸とは全くの別な土地が安い田舎などに広大な土地を持って、近代的な建物でかなり大きな範囲で配送を引き受けているのね。昔はMSを引退した方が再就職で配送に回ったりもしたけど、今ではそういうのは殆どなくなって、資本は同じでも全くの別会社になっている場合が多いのね。

でね、この配送が薬局に来たときは、薬剤師と以下のような会話がなされることが普通なのねひらめき
配「こんにちは、お世話になります○○薬品です。検品お願いします。」
と挨拶と共に、伝票が薬剤師の手に手渡され・・・
薬「はい、じゃあA錠の100錠包装が3本、Bカプセルの1000カプセル包装が1本、ああ、湿布はこちらの隅に置いてくれる?それからC錠の500錠包装が1本、それから・・・」
と言う風に伝票を読み上げていって、配送の人がそれを箱から出していくのね。
でもって、検品が終わった所で、受け取りの印鑑を伝票に押して・・・
薬「はい、ご苦労様。これ受け取り伝票ね黒ハート
配「ありがとうございますexclamationまたお願いしますexclamation×2
と配送の人は、受け取り伝票とお薬を持ってきた空のコンテナを持って退場。となるわけねひらめき

ところが・・・とあるM卸さんで画期的なシステムが生み出されるのね。
M卸さんが生み出したシステムとは配送センターでお薬の検品を行い、それをコンテナに詰めて封印してそれと共に伝票と検品票を得意先にお届け。得意先では配送の人間と薬局の人間で検品をせずにコンテナごと検品票をお渡しして、受け取り伝票に受け取り印だけ貰って配送の人間は退場するといったシステム。まあ、これで間違いが無いとは言い切れないけど、その後薬局はユックリと検品票を使って検品するといったシステム。
これだと配送の人も余計な時間を取られずに、物だけ置いて次の得意先に行けるという事なのねひらめき

でもねぇ〜このシステムって、非人間的と言うか・・・ちょっと人によってはイラッむかっ(怒り)とすることもしばしばなのよパンチ
え?どういうことかって??じゃあ、それは再現フィルム?でね黒ハート

とある日、ネーヤの薬局の午前10時。薬局の中は第一陣の患者様でいっぱいどんっ(衝撃)ネーヤも事務さんもお薬の払い出しやレセコン入力にてんてこ舞いどんっ(衝撃)薬局のいすも全て埋まっている所に、M卸の配送員Lさんがコンテナを積んだ台車を押しながらご来局。

L「お世話になります、Mです。朝の配送、こちらにおいておきますね」

そう言うや否や、薬局の待合室の待合室の隅にコンテナを積んでいく。ちょうど月初で結構たくさん発注したし、湿布の箱もあって、ただでさえ狭い待合室が益々狭くなっていく。コンテナを全て下ろし終えた所で・・・

L「これで全てです!検品はセンターでしてありますので、こちらに受け取り印をお願いします。」

ちょっと、待てぇ〜い!
状況を見ろやぁ〜!!
お前の都合だけで物事を進めるなやぁ〜!!!



あら、ネーヤとしたことがお恥ずかしいあせあせ(飛び散る汗)
でもね、気が小さなネーヤにはそんな風に怒鳴る事もできなくて・・・
ネ「あ、はい・・・そうですね。じゃあこれ・・・」
そう言って、手早く印鑑を押して返すだけで精一杯。
L「ありがとございましたるんるん
あたふたしているネーヤたちを尻目にLさんは車に乗り込むと、次の得意先に向かってしまった・・・


でね、このM卸の配送システム。必ずしもコンテナで置いていくわけではないの。発注品目が少なければ、その場で封印を解いて、中身のお薬だけ取り出して、その場で検品していく場合もあるのね。M卸の配送員さんは何人かいて、普通に検品をしてお薬だけ置いて言ってくれる方もいらっしゃるのよ決定
で、またとある日のネーヤの薬局、本日は先日と違って薬局はすごく暇。30分ほど前から患者様も途切れて、薬局の中はゆったりとした時間が流れていく・・・と、そのときご来局したのは件のLさんどんっ(衝撃)

L「お世話になりますMです。午後の配送になります。受け取り印をお願いします。」

そう言った手には、やや小さめのコンテナが一つ。

ネ「ああ、ご苦労様。じゃあ検品するわね」
L「いえ、検品はもうセンターの方でしてありますので、印鑑だけで結構ですexclamation

え?ちょっと待合室の中を見てよ?誰もいないでしょ?
これだけのお薬くらいこの場で検品してコンテナ持って帰ってよ!!
あんた、バカじゃないのっ!!!


はぁーはぁー、今回は言ってやったわexclamation×2
でも、言ったのはLさんが帰った後の事務さんの前。

そのとき気が小さいネーヤは・・・
ネ「あ、はい・・・そうですね。じゃあこれ・・・」
たった一枚しかない伝票に印鑑を押して、Lさんに返す。Lさんまたもや・・・
L「ありがとうございましたるんるんまたお願いしまするんるんるんるん
と帰っていった・・・たらーっ(汗)もちろん、コンテナの中は伝票通り100錠包装のお薬が3品目たらーっ(汗)

ねー、M卸さん・・・
このシステム考え直した方が良くない?
少なくとも、Lさんにはこのシステムは向いてないよ!!!


それにね、Lさんがうちの薬局の担当になってから、新しく採用になるお薬でどこの卸も採用に関与してない場合、ネーヤは絶対にM卸には新採用品目を回さなくなったものもうやだ〜(悲しい顔)

配送だって、立派な会社の顔よっ!!!

と、ここで嘆いた所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓まあ、確かに薬剤師ブロガー界の隙間産業だよねわーい(嬉しい顔)まさか、配送が来るとは思っても見なかったexclamationって、意表をつかれた方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑でも、これで薬剤師ブログと言うのはどうなのむかっ(怒り)って、懐疑的な目を向けられた方はこちらをポチッと







↓私、実はとある卸の配送なんですが・・・あのシステム、得意先で評判が良くないですどんっ(衝撃)って、仰る方はこちらをポチッとした後、会社の方に是非報告書をあげてください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 19:18| Comment(17) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。