2015年03月01日

優しいお薬やさん、後編!



えっ?本当に後編??



なんで?前回ネーヤは次回に持ち込み!!って言ったでしょ!!!

と言う事でこの前の続きよっexclamation
で、この前はどこまで書いたんだっけ?
えーっと、前回のブログを読み返してっと・・・ああ、そうだ!テキトーにお薬の紹介をしたんだったるんるんで、今回は何を書くつもりだったんだっけ?
え?やぁね〜!ボケた訳ではないわよっむかっ(怒り)ちょっとど忘れしただけなんだからっあせあせ(飛び散る汗)

えーっと・・・あ、そうだひらめきこの前のブログでお薬について書いたから今日は副作用について書くんだった決定
でね、この前紹介した7種類のお薬にはそれぞれに副作用があるのね。それぞれを紹介していくと、また長くなってネーヤが飽きてきちゃうから今日は全部のお薬に共通する副作用だけ!それはね・・・

低血糖!!!

低血糖と言うのは糖尿病のお薬の中で一番多くて、一番恐い副作用なの。
でもってこれがどう言う副作用かって言うと・・・
あ、いつもならここで大文字で叫ぶんだけど、特に思い浮かぶのもないやたらーっ(汗)
えーっと、糖尿病は血液の中の糖分、血糖が上がる病気だということは前回のブログで説明したわよねexclamationで、糖尿病のお薬はその血糖値を下げるお薬と言うのも分かっているわよねexclamation&questionでもって、低血糖と言うのは今度はお薬が効きすぎてその血糖が低くなってしまった状態を言うわけね決定
ここでちょっと、付け加えておくわね。前回示したお薬の中には理論的に低血糖が出ないとPRしているものもあるけど、それはあくまでも理論上であって現実とは別だからねexclamationお薬を飲んでいる以上、低血糖には注意が必要よっexclamation×2
で、その低血糖起きるとどういう症状が出るかって言うと、先ずめまいやふらつき、生あくびや冷や汗、悪心吐き気などから始まるの。そしてその症状がひどくなってなってくると、意識混濁、でもって意識消失、最悪の場合には死に至るのねどんっ(衝撃)そこまで行かなくても、車の運転中だったり転倒したりと危険が満載なのね。

でね、この低血糖。もし起きてしまった場合にはすぐに甘い物を食べるのが有効。お菓子でもジュースでも何でもいいから口の中に放り込むの。でね、低血糖を感じたとき、運転中の場合にはすぐに車を路肩に停めて甘い物を摂った方がいいし、歩いているときには転倒しないように他の通行者の邪魔にならないように、道の端っこで座り込んで甘い物を取ったほうがいいわね。多分大体の方は甘いものを食べる事によって楽になるはずなんだけど、良くならない場合はすぐに周りの人に助けを求めるのよ!
ちなみに糖尿病の方に聞いてみたいんだけど、糖尿病の管理手帳(名前はいろいろあるけど)って持ってる?これは糖尿病の患者様が検査結果を書いたり、体調を書いたりするノートなんだけど持っていなかったら、病院や薬局で取り寄せてもらった方がいいわねひらめきこの手帳の最初には・・・

私が意識不明になったり、異常な行動を示したら、私の携帯している砂糖(ブドウ糖)、またはジュースか砂糖水を飲ませてください。飲めない場合や、飲んでも回復しない時は、救急車(119番)を呼んでください。

と言った内容のことが書いてあるのね。低血糖と言うのはこんな風に恐い副作用なのよexclamation×2
で、ここでブドウ糖という言葉が出てくるんだけど、前回のブログの中にαGI剤(4番)を服用している患者様は糖分の吸収を抑えてしまっているからブドウ糖でないと糖分として吸収できないのよ。砂糖はこのブドウ糖が組み合わさって出来たもので分子が大きいから小さくしたブドウ糖じゃないと吸収できないのね。
ちなみにこのブドウ糖、αGI剤が処方されている患者様には必ず渡されているはずよ!もし、渡されていないとしたらαGI剤じゃないか、薬局で忘れているから一度確認を取ってみた方がいいわね黒ハート

で、こんな一般的な事ばかり読んでいてもツマラナイでしょ?じゃあ、ここでちょっとした裏話をしちゃうわねわーい(嬉しい顔)
ブドウ糖と言うのはお薬に分類されていて、薬価もついているの。栄養補給として使ったりもするのね。薬価がついているからもちろんお金が掛かるんだけど、αGI剤を発売しているメーカーさんの中にはこれを無料で薬局などの医療機関に提供しているのね。ネーヤの様な小さな薬局でもメーカーさんに提供を希望すればすぐに持ってきてくれるの。
で、αGI剤以外のお薬ならブドウ糖じゃなく、砂糖でも低血糖に効くけどネーヤはそれ以外のお薬を飲んでいる糖尿病患者様にも提供してるのね。
え?別にお金は取ってないわよむかっ(怒り)もちろん無料揺れるハート
ブドウ糖の方が吸収が早く低血糖症状の改善が早いし、患者様へのサービス黒ハートまあ、ネーヤの懐が痛む訳でもないし・・・提供してくれるメーカーさんからしてみれば、自分の所のお薬も使ってもらえずブドウ糖ばかり提供するんじゃ泣くに泣けないかもしれないけど・・・まあ糖尿病薬で儲かっているんだから社会奉仕の一環だと思ってちょうだいハートたち(複数ハート)それにネーヤは提供してくれるメーカーさんに対しては、月末の先切りなんかに関しては他のメーカーさんより寛容にしているわよるんるん
でね、糖尿病患者様はこのブドウ糖はいつも持ち歩くわけだから、使わなくても古くなってしまったり、包装が汚れたりしてしまった場合にはすぐに、薬局で新しいブドウ糖を貰った方がいいわね。糖尿病患者様へのブドウ糖提供はどこの薬局も無償提供していると思うけど、一応お金が掛かるか聞いた方がいいわね。
それからね、このブドウ糖。通常では粉末なんだけど、とあるメーカーさんが提供してくれる物には大きな飴玉くらいに固めた物があるから、できれば薬局にはそれを希望した方がいいわよ。低血糖になると、意識が朦朧としてくるし、手が震えたりする場合も多いの。そんなときに包装を明けて粉薬を口の中に入れるのは大変。大きな飴玉くらいに固めてある物なら、万が一下に落としたとしても簡単に拾うことが出来るし、周りの人に口の中に放り込んでもらうにも便利だからねexclamation×2

で、裏話はこのくらいにして、このブドウ糖、低血糖の特効薬と言っていいほどの効果があるの。ネーヤは糖尿病じゃないから効果は聞いたお話でしかないけど、ブドウ糖を服用することによって、吐き気や悪心がスーッと消えて気分が良くなるらしいのね。でもね・・・もしこのブドウ糖を使ったらすぐに受診しなくてはダメよっexclamationもちろん、新しいブドウ糖をもらってこなくてはならないと言う理由もあるけど、低血糖を起こすと言う事はお薬が強すぎたり、体調変化によって身体に合わなくなっている可能性があるの。特にインスリン製剤やSU剤を使っている方は要注意。もう一度Drにお薬の見直しをしていただく必要性があるからねexclamation×2

さてと、お薬関係はこのくらいにして生活面についても軽く黒ハート
この糖尿病と言うのは、(T型糖尿病は違うけど)生活習慣病と言うだけあって、生活面が最重要。お薬だけ飲んでいればいいって物じゃないのむかっ(怒り)お薬のDI(添付文書)にもインスリン製剤を除いて

食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る

と言うような意味合いが記載されているのexclamation
つまり、食事療法や運動療法もしないでお薬を服用してはダメexclamation×2と言う事ね。

で、食事療法なんだけど、食べ過ぎ厳禁!血液の中の糖分が増えすぎると言う病気なんだから糖分の摂り過ぎや食べ過ぎは厳禁なのよ。で、量に関しては?って言うと・・・
残念ながらネーヤには分からないもうやだ〜(悲しい顔)患者様の背景(年齢・性別・病態など)によって千差万別なのたらーっ(汗)それに関してはかかりつけのDrや病院の栄養士に相談してもらうしかないわね。
でも、アドバイスをするとしたら、早食いは止めた方がいいわよ。早食いすると満腹中枢がお腹がいっぱいになったと認識できずに食べ過ぎてしまうから。そして良く噛む事も必要exclamationしっかり噛む事によって食べすぎも防げるし、血糖値を急激に上げることも防止できるからねるんるん
ちなみにこんな逸話があるのバッド(下向き矢印)とある、ゲイバーのママさん、その道が大好きだったけどお酒は1滴も呑めなかったのね。で、お酒が呑めないママさんじゃあゲイバーでは店も盛り上がらないし・・・店を盛り上げるためにカル○スの一気飲みを考案したの。しかも薄めたりしないで原液でたらーっ(汗)お客さんは喜んで店は大繁盛exclamationでも、その店がどうなったかって言うと、半年後には閉店。理由はママさんが重度の糖尿病になってお亡くなりになったからバッド(下向き矢印)良い子のみんなは絶対に真似しちゃあダメよっパンチ
次に、運動療法。これもネーヤには分からないもうやだ〜(悲しい顔)患者様の体重や年齢によって運動量が違ってくるからね。肥満の方だと運動による膝への負担も考えなくてはならないから、やはりこれもかかりつけのDrや病院の運動療法士とよく相談してちょうだい揺れるハート
って、これだけだと無責任すぎるから・・・運動は激しい物ではなく、軽くてもいいから毎日続けることが大切exclamation以前にダイエットを題材にあげたときにも書いたけど、運動によるカロリー消費なんてたかが知れてるの。運動だけでダイエットや食べたカロリーの消費をしようと思ったらプロの運動選手並みの運動量が必要になってくるの。
じゃあ、なぜ運動が必要かって言うと・・・運動をすると基礎代謝量が上がってくるのね決定これが上がってくると、普段からカロリー消費をしてくれるから、糖尿病やダイエットには最適なのね。よく車の燃費に例えられるけど、燃費が悪い身体になるの。車のアイドリング時にガソリンの消費量が多いというイメージ。車なら最悪だけど人間の身体にとっては燃費が悪い方が良いと言うことなのよ揺れるハート
ちなみに、食事療法・運動療法を行う際には専門家とよく相談して、決して無理しちゃあダメよっどんっ(衝撃)変にストレスをかけるとホルモンバランスが崩れて糖尿病が悪化したり、他の病気が出てくるからねexclamation
ああ、後ね。頭を使うと糖分は消費されるのるんるん学生さんは糖尿病にならないように、しっかり勉強してくださいね揺れるハート(もちろん社会人も頭を使うことは必要よっ黒ハート

と、まあ糖尿病についてはこのくらいかな?
あ、ひとつ言い忘れていたあせあせ(飛び散る汗)糖尿病の方のシックデイexclamationつまり風邪などの病気になったときの対処exclamation×2
風邪なんかで食事が摂れない時や激しい下痢で栄養状態が悪いとき、若しくは体力の消耗が激しいときは原則として糖尿病薬は飲んじゃあダメexclamation×2糖尿病薬を飲むと低血糖を起こす確立が高くなるし、それもひどい低血糖になる場合が多いの。できる事ならばそのような病気のときにも糖尿病で受診している病院を選んだ方がいいし、もしそれが不可能ならば・・・

お薬手帳や糖尿病管理手帳は必ず持参するのよっ!!!

と、今日も叫んだところで長くなった今回の優しいお薬やさんシリーズ(これ以上の連載はしないわよっ!)はこれにておしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓糖尿病って良く聞くけど、実は大変な病気だったのねもうやだ〜(悲しい顔)私の部下にもいるけど気を使ってあげよう黒ハートって言う天使のような上司の方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑なるほど、糖尿病はカロリーを消費させることが必要なんだひらめきそれでは私の部下にはお仕事量を増やしてカロリーを消費させてあげようハートたち(複数ハート)って言う悪魔みたいな上司の方はこちらをポチッと







↓で、どこが優しいお薬やさんなのexclamation&questionって、根本的に今回のブログをひっくり返しちゃう方はこちらをポチッと押した後、もう一度最初から読み直してみてください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 19:04| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。