2014年12月23日

先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い!〜企画戦争〜

さてと、もうすぐクリスマス黒ハート
それが終われば、いよいよ冬休みるんるんえ?もう休みに入ってる??いいなぁ〜学生さんは!!!

じゃあ、冒頭の挨拶はこのくらいにして本日のブログ!
先ずね、この前のブログで頂いたコメを読んでいてネーヤは思ったの。

読まれてる( ̄□ ̄;)!!

ネーヤが次回使おうとしたネタが、コメに書かれている!
う〜ん、これは何とかせねば!!今日は『ネーヤの怒り新党』続編を書こうと思っていたけどどんっ(衝撃)仁義なき戦いシリーズに予定変更!!!
でも、書く内容は同じなんだけどね揺れるハート
ちょっと!そこで派手にこけてないでよ!!
ネーヤにそんなたくさんネタがあるわけないじゃない!!!せいぜい目先をちょっと変える位のキャパしかないわよむかっ(怒り)

と、言った所で本題。前回のブログではクレナフィン爪外用液の規格が「ml」か「g」で書いたんだけど、コメ返にも書いたけど、ネーヤが想像するに多分これは「g」で正しいと思うのね。今後軟膏やクリームも出てくる可能性もあるし、それに合わせたと思うのね。
え?じゃあ何で前のブログ書いたの??ブログ自体が成立しないじゃない???と仰る読者の方々。
別に理由なんかないわよるんるん何となく思ったことを書いてみただけるんるん
でね、コメでも頂いたんだけど点眼液!これの薬価のつけ方がまた変なのよ!!
「ml」と、「瓶」なんかがあるのね。
で、これってなんで?って聞かれたんだけど・・・

わかんないっ!!!

調べてみたけど、どういった理由かは分からないのよもうやだ〜(悲しい顔)「瓶」は5mlと決まっているみたいだけどその違いが全く不明たらーっ(汗)多分、製薬メーカーが申請するときに勝手に申請したとしか思えないのね。
と、言う事で点眼薬では有名どころの参天製薬さんや、千寿製薬さん。または事情を知っている薬剤師さんは是非是非ご連絡をくださいね黒ハート

と言った所で本日のブログは・・・え?この展開はもう飽きた??
まあ、ちょっとマンネリかなあせあせ(飛び散る汗)

じゃあ、やっと本題ハートたち(複数ハート)
えっと、先ず外用薬の処方箋を発行するときのお作法として、総量で処方箋を書かなくてはいけないのね。例えばロキソニンゲル1%を処方する場合・・・

Rp)
ロキソニンゲル1%   100g
         1日1回 膝関節に塗布

これが正解。これを見て薬剤師はロキソニンゲル1%の25gチューブを4本、または50gチューブを2本出すかは自由なのね。ところが・・・

Rp)
ロキソニンゲル1%(50gチューブ) 2本
         1日1回 膝関節に塗布

これは、間違いexclamationまあ、大きな病院の場合、院内採用の関係でレセコンにこのような入れ方をしている所もあるわけね。だから、これは薬局側で患者様にちゃんと説明して変更するのは問題ないと思う。ただし、この患者様が次回病院に受診したときDrに『この前と同じ様に4本ちょうだい』と言ったりしたら面倒だけどねたらーっ(汗)

で、もう一つ例を出しておくわね。ロキソニンゲル1%の場合はどちらを出しても問題ないと思うけど、注意が必要なのが強力ポステリザン軟膏みたいに規格によって使い方が違う物。これは痔疾のお薬なんだけど、2gチューブなら肛門から注入でも外側に塗ってもいいけど、30gチューブなら外側に塗布するだけだからねひらめきまあ、特殊な理由がない限り2gチューブで調剤するのが正解決定

じゃあ、ここで問題!次の処方箋はどうすればいいでしょう??

Rp)
ヒルドイドローション0、3%  75g
          1日数回 患部に塗布

ちなみにヒルドイドローションは25gと50g入りがあるのね。
え?今までの流れからすれば、ヒルドイドローションの25gを3本か、50gと25g1本づつでもいいわけよね??
はい、正解ですわーい(嬉しい顔)大変よく出来ましたexclamation
じゃあ、次に患者様がジェネリック品を希望したとしたら?

あ、分かった!
エアリートローションを使う!!


と答えられた人は、かなり優秀exclamationネーヤも今回のブログを書くに当って初めて知ったんだけどヒルドイドローションの25g包装のジェネリック品ってこれしかないのね。他のメーカーのジェネリック品は全て50g包装しか無いのよもうやだ〜(悲しい顔)

え?50gのジェネリック品を別容器に半分移せばいい??
通常の投薬瓶でそれってできるのかなぁ〜???
誰か知っていたら教えて!でもそんな面倒な事をするならエアリートローションを買った方が早くない??

それから似たようなケースがイドメシンコーワゲル、こちらは先発品が35g70gの包装に対して、ジェネリック品は25g50gの包装。つまり175gの倍数でなければ変更できないし、こちらに関しては軟膏ツボに入れたらアルコールが飛んじゃうから、小分けなんか出来ないしね失恋

ああ、それからもう一つexclamation×2
ビーソフテン外用スプレーって言うのがあるのね。中身はビーソフテンローション、つまりはヒルドイドローションのジェネリック品。スプレータイプで無駄がなくて使い易いのよ。薬価もヒルドイドローションよりも安いし、スプレーは100g単位だからイドメシンコーワゲルよりは変更しやすいのねわーい(嬉しい顔)
ところが・・・これってヒルドイドローション100gの処方箋でもスプレーには変更できないのよどんっ(衝撃)これって変だと思わないっむかっ(怒り)中身は同じで適応症も全く同じ。薬価も安いしなぜこれで変更しちゃあいけないのよパンチこれを使いたかったらビーソフテン外用スプレーって書かなければならないって、それじゃあジェネリック品としておかしいじゃないむかっ(怒り)


まぁ〜ったく!
ボスも先発メーカーも後発メーカーも!!
ちょっとはエンドユーザーの事を考えなさいよっ!!!



先発メーカーはいくらジェネリック品に変えられたくないからって、途中から包装変更するのはおかしいexclamation
後発メーカーなら先発メーカーの包装変更について行く気構えくらい持ちなさいよっexclamation×2
ボスも、デバイスが違うからって、薬価が安くて適応症が同じジェネリック品への変更を認めないっておかしいでしょexclamation&question

このままだと本当にネーヤが政治の世界に打って出るわよ!!!

と、ネーヤが錯乱した所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓本当にヒルドイドローションには参っちゃうわもうやだ〜(悲しい顔)うちの薬局はエアリートローションは採用していないのよどんっ(衝撃)って言う薬局関係者はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑それよりも、イドメシンコーワゲルよむかっ(怒り)切り替えのときだって2つの規格が混在して迷惑だったわパンチと言うお怒りの薬局関係者はこちらをぽちっと







↓ネーヤが選挙に出たら、おねぇ党exclamation&questionそうなったら私がウグイス嬢をしてあげるわね黒ハートと言ってくれるあなたはこちらをポチッとした後、先ずはその無精ひげを剃り落としてくださいあせあせ(飛び散る汗)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 15:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。