2014年10月26日

先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い!〜MRの質〜

さてと、ここの所忙しくてなかなかブログ更新できないネーヤもうやだ〜(悲しい顔)
今月はもう無理かなと思っていたけど、今日の予定がポッカリ空いてしまったので、今日は更新わーい(嬉しい顔)ちなみに今日のお題は前回予告した通り・・・

ジェネリックメーカーのMRはMRではないの???

ああ、タイトルは違うけど気にしないでちょうだいexclamation中身は上記の通りだからどんっ(衝撃)

でね、どういった事かと言うと、前々回に挙げたブログにちょっと興味を引くコメントを頂いたの。まあ、説明は後に回して、そのコメントの抜粋がこちら!

そこで、現役薬剤師のネーヤさんにMRについて伺いたいことがあります。
GEを取り扱うMRの仕事ぶりを教えて頂きたいのです。GEMRは新薬MRと違い低価格の宣伝ばかりして、肝心の薬に関する知識や情報に乏しく、MRとは名ばかりの存在だ、という情報をネットで沢山見かけました。
ですが、本当にそうなのでしょうか?GEしか取り扱わないといえどMR認定資格はちゃんと取るし「情報提供・収集」がまともにできない(必要ない)ならそもそもGEメーカーはMRを採用しないですよね?
正直、GEMRに対する風当たりの強さからネガティブな情報が氾濫しているのではないか、と疑っています。
なので、実際に日頃から大勢のMRと関わっておられるネーヤさんからGEMRの実態、ネーヤさんが感じておられる事等、色々と伺いたいのです。


コメントを下さった方は、ビンタさん黒ハートこの度、MRの内定を頂いた方。コメントを見せてもらった限りでは、ジェネリックメーカーに内定が決まったのかな?
でね、このコメントを見たネーヤは目から鱗が18枚くらい落ちたのよexclamation今まで《先発メーカーと後発メーカーの仁義なき戦い!》シリーズなんか書いてきたけど、もっとマクロな題材があるじゃないどんっ(衝撃)
と言う事で、本日はこれについて書いちゃうよ揺れるハート一応解説は入れていくけど、まあ、元々がマニアックなブログな上に、今日はさらにマニアックな内容だから、分からなくなっちゃった方は今回のブログをプリントアウトして近所の薬剤師さんに訊いてちょうだいexclamation×2

じゃあ、思うままに書いていくから・・・ちなみに今までのブログと重複するから適当に読んで行ってちょうだいね!
先ず、ジェネリック品。これは今までも書きまくったから説明は要らないわよねあせあせ(飛び散る汗)でね、今でこそジェネリック医薬品とかエスタブリッシュ医薬品とか言われているけど後発品はその昔、ゾロ品と呼ばれていたのね。先発品に対して後からゾロゾロ湧いて出てくるように発売されるからゾロ品。これは今でもちょっと歳がいった医療関係者は使っちゃうんじゃないかしら?あまりいい言葉ではないけど、言いやすいしねたらーっ(汗)
で、そう呼ばれていた時代にはジェネリック品と言うのは納入価が命だったの。半値なんていうのは当たり前で、半値8掛け、キャッシュバックやサンプル添付で薬価の1割なんていうのも珍しくはなかったと聞いているわ。
えっ?キャッシュバックやサンプル添付??うーん、これは悪しき時代の言葉なんだけど・・・つまり薬価が1万円のお薬を5千円で買ったときに、おまけとして2千円の現金を渡したり、サンプルのお薬をもう1箱プレゼントしたりしたの。サンプルは普通に患者様に使って代金や保険請求をしていたのね。
でね、細かい事は省略するけど、この時代にはメーカーさんが病院や薬局に行って、価格交渉をしていたのね。卸はメーカーさんから指示された値段で医療機関にお薬を卸していたのよ。つまりMRさん(当時はプロパーって呼ばれていたんだけど)はお薬のお話と共に価格のお話のウェイトがかなり多かった時代だったのねもうやだ〜(悲しい顔)
で、この時代はお薬を使えば使うほど儲かる暗黒の時代だったのよ。もちろん真面目なDrも数多かったけど、お薬を滅茶苦茶な量を処方するDrもいたのね。中にはお薬がご飯の量以上だったなんて冗談が出るくらいだったの。
でね、このお話は先発メーカー、後発メーカー両方共にあったお話なんだけど、どちらかと言うと後発メーカーの方が価格のお話がメインだったのね。確かに当時の後発メーカーは納入価のお話ばかりだったらしいわよ。

と、ここまでが後発医薬品がゾロ品と呼ばれていた頃のお話。この後いろいろな医療改革が生まれてくるのね。ネーヤもそれほど詳しいわけではないから、思いつくままに書いていくわねるんるん
先ず、何よりも大きいのが医療費が増大してきたこと。
昔は医療費はそれこそ湯水のように使われていた時代だったのね。昔は国保0割(負担金なし)や社保の本人が1割だった時代があるの。ちなみにその後国保社保ともに3割になっていくんだけど、医師国保や全国建設国保は0割、薬剤師国保や退職者国保は2割だったのね。ちなみに今は全て3割になってるわ。
高齢者(70歳以上)も昔は0割だったのね。今では1割で、今年4月2日以降に70歳になった方は2割負担。
何が言いたいのかと言うと、昔は保険のお金がかなりあったの。ところがボスが無計画にガンガン使っていたために懐具合が寂しくなってしまったのねたらーっ(汗)そこで、ボスは患者様の負担を多くすると共になるべく医療費を抑えるように飴と鞭で指導をし始めたの。
これはいろいろあるんだけど、鞭の方はお薬の種類を多くした場合、処方箋発行費を安くしたり、無駄なお薬と思われるお薬に関しては保険を支払わないために監視を強化したりしたの。最近では薬局と処方箋の付け合せを行っているわね。
飴に関しては、お薬の名前を一般名で処方した処方箋に関しては保険点数を増やしたりしたのね。と、同時に薬局ではジェネリック医薬品の使用率が多い薬局には加算点数をつけさせたりしたの。逆に低い薬局には罰則は無いけど、厳しく指導する事になっているわもうやだ〜(悲しい顔)
で、ジェネリック医薬品の使用は医療費を抑えるボスの施策となっているわけ決定

じゃあ、次に行くわね。次は建値制度の導入。
前に書いてあるけど、昔はお薬の納入価はメーカーが直接医療機関と交渉してたのね。でも、それだとメーカーと医療機関の癒着も出てくるし、メーカーは直接医療機関と価格交渉を無くして、卸さんに価格交渉を委ねたのね。そうする事によって、販売競争を正常化させると共に、MRは価格抜きにして純粋にお薬のPRをする事になったの。ちなみに前にも書いたことがあるけど、最近は接待や過度の販促資材品も無くすようになって来ているわねるんるん

さてと、前置きが長くなったけど・・・
えっ?長すぎて疲れた??
やだなぁ〜!こんなのいつもの事じゃない!!


と言う事で、ここからMRさんのお話に入っていくわよexclamation×2
先ずね、ビンタさんが仰る通り、今までの経緯を考えるとジェネリックメーカーのMRさんはMRとは名ばかりでMRじゃないと考えられてしまうかもしれないわね。確かにネーヤがMRをしてた時代には、ネーヤが納めていた医薬品をジェネリック品に変えられて、苦々しい思いをしたこともあったし、『価格でやりやがってちっ(怒った顔)』と思った事があるのは事実。
でもね、もうそういう時代ではないのよわーい(嬉しい顔)ジェネリック品は確かに納入価が安い物もあるけど、先発品と殆ど変わらない物も多く、これから益々そういう傾向は強くなると思う。
でね、そうなってくると後発メーカーのMRさんも価格のPRなんていらなくなってくるわね。純粋にお薬のPRで勝負しなくてはならなくなるわよ揺れるハート
次に、MR認定試験のお話。これも先発・後発メーカーどちらのMRさんも同じ試験を受けるの。メーカーによって試験が変わる訳ではないからね。自動車の運転免許と同じで老若男女全てが同じ土俵なのよ。ああ、それから付け加えておくと、薬学生の中にはMRになる方もいるわよね。ちなみに薬剤師免許を持っていてもMR試験はあるからねexclamationまあ、薬剤師免許を持っていれば試験の一部は免除となるけど、MR試験に合格できないとなるとメーカーはMRとして不適格と見なされちゃうからね。

じゃあ、先発メーカーと後発メーカーのMRは同等って言う事??って思った読者の方々わーい(嬉しい顔)

えーっとね、ここからはネーヤの主観だけで物を言うから話半分に聞いて欲しいんだけど・・・
先発メーカーと後発メーカーのMRさんではちょっと質が違ってくると思うのよどんっ(衝撃)つまりね、ビンタさんのコメ返にも書いたんだけど、専門知識やPR方法がちょっとずれているのね。先発メーカーはそのライバルが他社メーカーの類似薬である事に対して、後発メーカーのターゲットは先発品や同じ後発品となるわけね。

ん?分からない??
じゃあ、例を挙げて説明するわね。例えばこのブログでもいろいろと書いてきたディオバン錠。ノバルティス社さんの製品だけど、相手は同じARBであるブロプレス錠やオルメテック錠なんかになるわけね。これをPRするには降圧効果や副作用の頻度などがPR文句となるわけ。それに問題にもなっちゃったけど腎臓の保護作用があるとか・・・まあ言うなれば薬理学的なPRがメインとなるわけ。
それに対して、ディオバン錠のジェネリック品であるバルサルタン錠「メーカー名」の相手はディオバン錠や他社のバルサルタン錠になるのよひらめき例えば、サンド薬品さんからしてみれば、オーソライズドジェネリックでバルク(原材料)、添加物、製造ラインも全て同じで、同じお薬で患者様の負担が少なくなります!と言う宣伝になってくるだろうし、日医工株式会社さんなんかは調剤用パッケージで調剤過誤や調剤の負担を減らします!といった宣伝が出来るのね決定他のメーカーさんでも割線を深く入れて、半分に割りやすくなっています!とかシートの色を変えて薬効も記載してありますので服用間違いが少なくなります!とかいった宣伝の仕方になるわね黒ハート
それからね、マイスリー錠のジェネリック品でゾルピデム錠「KN」がそうだけど、先発品にはないOD錠があるのね。この場合には、夜間にトイレに行きたくなる人が水分を少しでも摂らずに服用できます!といった宣伝の仕方が出来るでしょ?
つまりね、後発メーカーのMRさんは製剤学的なPRなどがメインとなるわけ。それから先発品を後発品に変更するときの法律上の問題なんかは先発メーカーさんはあまり重要視していないのに対して、後発メーカーさんはその分野はミッチリ教え込まれているのよ。
だから、どちらが上とかしたとか無いのね。そのメーカーさんによってPRする部分が違うんだからexclamation×2
ちなみに、Drや薬剤師だって同じなのよ。医師免許を持っていれば、一応どの疾患だって診ることが出来るし、内科医が目薬を処方する事もあるし、極端な事を言えば目のオペをしても問題ないのよ。まあやる人はいないでしょうけどね。薬剤師だって勤める薬局によって、得意分野が少しづつ違ってくるのね。まあどちらも専門認定医師や専門認定薬剤師と言う資格はあるけどね。
ああ、ブログを読んでいる方ならブログでも分かりやすいんじゃないかな?同じ薬剤師のブログでも、お薬の作用機序や副作用を中心に書いてあるブログもあるし、医療制度をメインに扱ったブログもあるでしょ?まあ、どちらもボスが認めてくれた薬剤師だし、お薬のことを中心に書いているブロガーさんだってたまには保険制度のことを書くしねexclamation

じゃあ、長くなっちゃったからそろそろまとめるかな?つまりね・・・・・

MRはMRなのよっ!!!

ちなみにネーヤは尋ねたい内容によってMRさんを選んでいるけどねわーい(嬉しい顔)中には、「自社に関係のないお薬に関して何でそんなに詳しいのっあせあせ(飛び散る汗)」って言うMRさんもいてビックリよっどんっ(衝撃)

それでは・・・ああ、遅れてしまったけど・・・

ビンタさん、本当に内定おめでとう!
たくさん勉強して、これぞ・・・
THE MR!!
と言われる様になってくださいね!!!



と、言った所で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓私は先発メーカーのMRですが法律・製剤学ともに精通していますけど、何かexclamation&questionと言う優秀なMRさんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は後発メーカーのMRですが大学時代は薬理学教室に在籍していましたが、何かexclamation&questionと言う、やはり優秀なMRさんはこちらをポチッと







↓薬剤師ブロガーさんは、たくさんいるけどネーヤみたいにフザけたブロガーさんはいないわねふらふらこれはこれで貴重な存在よねるんるんって、褒めているんだか貶しているんだか良く分からない感想を持った方はこちらをポチッと押した後、お目直しに違うブログに飛んでください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 12:09| Comment(18) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

親愛なる本部長様〜解説編〜

さてと、ここの所忙しくて、なかなか更新できなくてごめんなさいふらふら

でね、本日のブログはこの前の価格申請書はどうだったかな黒ハート
ベテランMSさんからしてみれば、小学生の作文レベルなんだけど新人MSさんからしてみれば意外と勉強になるんじゃないかしらexclamation&questionあ、でも本当にこの前の文章を丸写しにして申請書を出したら、その場で解雇されるからねどんっ(衝撃)
で、今日はそろそろ価格交渉を任されるであろう新人さんのためにその書き方を特別解説してあげる揺れるハート

んーっと、もうちょっと前フリで遊びたいんだけど・・・特にネタもないし、4コマ漫画界の貴公子には真面目に書くってTwitterで約束しちゃったから、早速解説行くわねるんるん前回の価格申請書と見比べながら読んでねハートたち(複数ハート)

先ず、最初に来るのがネーヤ先生に呼び出されたこと。
これは、事態の緊急性を訴えると共にMSさん本人がネーヤ先生と何気に懇意にしてもらっている事を表記してるのね。まあ、この辺は書き始めの軽いジャブといった所かしら?
次に来るのがA錠の現状報告。
これは、A錠の売り上げと言うのがこの卸さんにとってどれだけのメリットがあって、現状どれだけの価格にしてあるかを解説したものね決定
で、お次がB卸が見積を出してきた事と、B卸とのやり取り。
まあ、ここが今回の問題点を書いたものね。B卸とのやり取りを書いたのはうちの正当性を前面に打ち出して、なおかつ価格申請書を提出する前にMSさん自身はやるべき事はやったのよexclamationと言うアピールわーい(嬉しい顔)

ああ、ここでちょっとお話が反れちゃうけど、前回のコメで誤解もあるようだから解説を入れておくわね黒ハートコメの中ではクレームの電話が気になったようなんだけど、この業界では慣例として、同じ商品を価格だけでひっくり返すのはタブーだったのね。薬局側がどこで買っても自由なんだけど、価格競争だけでひっくり返しちゃうと、それこそ『ネーヤ薬局では価格でやられたから、るるー主薬局のトップ商品は価格でひっくり返してやれ!』なんて事にもなりかねないでしょ?基本、開業医なんかではMRさんとMSさんは二人三脚でそのお薬の有用性なんかをアピールして採用・処方促進に持っていくわけだから、価格だけで横から帳合を掻っ攫うやり方は下品なのよたらーっ(汗)まあ最近ではあまりうるさい事は言わなくなってきたけど、MSさんによっては「価格も頑張りますが、『帳合を変更した事は価格ではなく、MSが頑張ったからだ!』って他の卸には言ってくださいね」なんて予防線を張ってくるMSさんもいるわよるんるん

じゃあ、次ね。次はネーヤ先生からの要望を伝える事。
これは、いかにこのMSさんがネーヤ薬局と言う得意先を大事にしていて、なおかつ、ネーヤ先生から可愛がられているかをアピールした物。これを書くことによってMSさんの意気込みを本部長に伝える目的黒ハートネーヤが今まで見てきたMR・MSさんの中で出来る人は、必ず得意先を大事にしていたわexclamation×2セールストークの上手下手はあったけど、訪問をおろそかにしたり、フォローアップが出来ないMR・MSの商品は他の商品に変えられたり、帳合を切り替えられたりしちゃうのよ。本部長にはこのMSさんがどれだけネーヤ薬局に力を注いで、これから自社にとって良い得意先になってくれるかのアピールをしてるのね。
で、その下のB卸と自社との比較。
これはネーヤ薬局の情報を伝えると共に、ここでB卸に帳合を持っていかれたときの自社のダメージをさりげなく伝えた文章。今回の申請書でははっきりとは書いていないけど・・・

ここで、B卸に帳合を持ってかれちゃうのは、うちにとっては大ダメージだと思わない?
今は差額100万円くらいだけど、A錠の帳合を持ってかれたら差額が倍の200万円になっちゃうのよっ!!!


って書いてもいいわね黒ハート
でもって、次のC錠の帳合のお話。
これは、今回ただ単に値引きするだけではなく、その値引きによって自社にメリットがあるということのアピール揺れるハート数字を挙げることによって、B卸に代わって自社がネーヤ薬局のトップ卸になれるかもしれないと言う含みも持たせているのが分かるかしら?
で、最後のお隣のDr情報他
これは、今までのまとめと共に将来の展望を描いて、自分の意気込みを伝えているのexclamation
まあ、最後のよ・ろ・し・く・ね(はぁと)はオマケみたいな物だけどねあせあせ(飛び散る汗)



と、まあこれで解説はおしまい黒ハート
どう?少しは参考になったかしら??まあ、いろいろな得意先があって、ネーヤ薬局みたいな場合ではないけど基本は次の通りよexclamation

1、ちゃんと具体的な数字を挙げて。
 これは、どのくらい得意先を把握できているかの証拠にもなるからねわーい(嬉しい顔)
2、他卸との比較も明確に。
 数字もそうだけど、相手があっての価格競争だからね。ただ単に値段を下げたいだけでは価格は通らないわよもうやだ〜(悲しい顔)
3、価格を下げる事によってのメリットも。
 基本、価格を下げると言う事はその分だけ利益が減ってしまって、デメリットなのよ。その中で何かしらのメリットがあるならば、ちゃんとそれは書いておかないとわーい(嬉しい顔)
4、自分の意気込みをしっかりと。
 自分がその得意先をどれだけ大切にしており、そこに注力しているかを書いておかないとね!MSさんはたくさんの得意先を抱えているわけだけど、ここぞと言う所に自分の仕事ぶりをアピールする事によって、今回価格が却下されても次回に繋がるからねexclamation×2

と、こんな所かな?まあ、こういうのはいろいろと書き方のテクニックみたいなのがあって、先輩達はいろいろと知っているから、それも参考に自分のやり方を確立してくださいねるんるん

ああ、ここでお知らせ!
前回頂いたコメの中にネーヤが非常に興味を引くものがあったの黒ハートそこで、今回は次回の予告どんっ(衝撃)

ジェネリックメーカーのMRはMRではないの???(仮)

を書いちゃうよexclamation前回の返答コメで簡単には書いたけど、次回はこれをネーヤが言いたい放題exclamationこれぞネーヤの真骨頂と言わせるようなネーヤ節を書いちゃうからねるんるん

最近ちょっと忙しくてブログの間があいちゃうけど・・・
みんな、楽しみに待っているのよ!!!


と、宣言した所で、本日のブログはおしまいダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓いつもはフザけてばかりで何の役にも立たないネーヤだけど、今回のは少しは役に立ってるじゃんexclamationと思った若手MSさんはこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑解説って言ってもたいした事は言ってないじゃんむかっ(怒り)これなら私の方がよほど上手に価格申請書が書けるわよっパンチと思った、ベテランMSさんはこちらをポチッと







↓でも、これって逆から見ればMSさんに対して価格交渉のやり方のマニュアルにもなりそうだよねたらーっ(汗)って、気がついてしまった薬剤師さんはこちらをポチッとした後、早速明日からの価格交渉にご使用ください黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 16:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

親愛なる本部長様

さてと、今日も台風だし、ブログでも更新するかなexclamation&question
それでは昨日のブログは理解してもらえたのかしら?
でね、これから新たなる価格交渉に入るのは必至だとネーヤは考えているのねひらめきで、今日はそれに関係するお話黒ハート

えっ?またネーヤが卸さんに対して無理矢理値引きをさせるお話??って、思った読者の皆様!!!

やだなぁ〜、ネーヤは別に鬼でも悪魔でもないわよ(小悪魔だけど揺れるハート
今日は最初にネタ晴らしをしちゃうわね黒ハートMSさん必見exclamation会社の本部に価格を認めさせる交渉の仕方よどんっ(衝撃)

ああ、営業職の経験がある方なら分かるとは思うけど、経験がない方には良く分からないわよね!じゃあいつもの様に解説するわね。
例えば、営業さんには決裁価というものがあるの。決裁価と言われるのは読んで字のごとく決済できる価格の事。でね例えば昨日のお話の中に薬価が10000円のお薬が出てきたでしょ?この場合MSさんだと上の指示を仰がずに価格が出せるのはほんの数%の値引きなのもうやだ〜(悲しい顔)まあ、最近はどのくらいかは知らないけど、その値段では得意先から帰れっ!!!ちっ(怒った顔)と言われるくらいのレベルなのね。
で、MSさんはどうするかって言うと、上司の指示を仰ぐわけひらめき例えば、ネーヤの薬局で10%引きの価格を提示したい場合は、その理由を価格申請書に書いて、上司に提出するわけね決定
で、その価格申請書を見ながら上司はその価格を認めるかどうかを考えていくんだけど、その上司のレベルが上がっていけばいくほど、その決済できる価格が安くしていけるの。まあ、その会社の呼び方もあるだろうけど、係長価、課長価、支店長価、部長価とかな??その一番上が本部長価(会社によっては違うかもしれないけど、これが一般的だと思うわ)になるわけね。

じゃあ、簡単だだけど解説はこのくらいにして、その価格申請書を書くのは理由を書き添えなくてはならないし、結構面倒なのよねもうやだ〜(悲しい顔)
で、今日はネーヤが若いMSさんのためにその書き方を教えてあげるわねハートたち(複数ハート)

著作権?
そんなけちな事は言わないわ!!
そのままコピーして使ってもOKよっ!!!



じゃあ、書いていくわねるんるん

でぃあ、ほんぶちょう(はぁと)
って、このまま全て平仮名で書いちゃおうかと思ったけど、それじゃああまりにもひどいわよね!
この後は、ちゃんと書いていくわね!!


本部長!今日ね、ネーヤ薬局のネーヤ先生に呼び出されちゃったの!!
でね、その内容って言うのがA錠の価格についてなんだけど・・・
A錠って言うのは今までうちの会社が納入していた品目なの!使用量は大体7000錠、この系統のお薬ではA錠がトップシェアで、月の購入額は50万円以上ある、総購入額が小さなネーヤ薬局ではそれなりに大型品目なのね!!ちなみに今回の見積では15%引きで提出してあるわ!!!
でね、ネーヤ先生が言うには・・・なんとB卸が今回18%引きで見積を出してきたんだって!あっ、もちろんB卸のMSにはクレームをつけたわよ!でもね、B卸のMSが言うには、以前1回だけA錠を100錠だけお願いしてネーヤ先生に買ってもらったことがあって、価格を出す権利があるって言うの!それに値段を出すのは自由だ!!って開き直られちゃったのよ(泣)ちょっとひどいわよね!仁義も何もあったものじゃないわよねっ!!
あっ、お話がそれちゃった!それでね、私は昔からネーヤ先生にはすっごく可愛がってもらっているの(はぁと)だってそうでしょ?わざわざ私を呼んでくれて、B卸の価格を教えてくれたんだから(はぁと)
でね、ネーヤ先生が言うには・・・『18%以上とは言わないから、同額で見積を出しなおしてくれ。もう、それで決定するから』って言われちゃったの・・・
ちなみにネーヤ薬局はうちの会社は2番目のシェアでトップが今回見積を出してきたB卸なの!B卸からの月間購入金額が400万円くらい、うちが300万円くらいで、その他の卸の合計が100万円くらいで総購入学が800万円くらいの薬局よ。
あ、それからね。12月に超大型商品C錠のジェネリック品が出るでしょ??今回ネーヤ先生からうちの会社に迷惑も掛けるし、C錠のジェネリック品はうちの卸を第一に考えるってお言葉を貰っちゃったの!ちなみにC錠の帳合はB卸で月間使用量が10000錠くらい!ネーヤ薬局ではジェネリック医薬品使用率が70%くらいだからそれがうちの帳合になれば7000錠は確実ってことね!!
それにね!お隣のDrはまだ若いし、現在も患者数や薬局の薬剤購入額も増えて行ってるの!私としてはここでA錠の帳合をB卸に取られるのは面白くないし、うちの会社が今後ネーヤ薬局との結びつきを強くするためにもここで引いちゃあダメだと思うのよ!!!
だ・か・ら・・・ほんぶちょー、何とか18%引きの価格を認めてくれないかしら???

よ・ろ・し・く・ね(はぁと・はぁと・はぁと)



どう?これで参考になったかしらハートたち(複数ハート)この価格申請書にはいくつかのポイントがあるのよ。
それは希望があれば、次回のブログに書いちゃうけど・・・希望がなかったらお蔵入りね黒ハート

と、言う事で本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓前回のブログも良く分からなかったけど、今回のブログはもっと分からないわよっむかっ(怒り)って思った方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑うーん、本当にお薬の世界は良く分からないわたらーっ(汗)なんでこんなにややこしいのかしら?あせあせ(飛び散る汗)って思った方はこちらをポチッと







↓うーん、価格申請書って言うのはこうやって書くのかexclamation勉強になったexclamation×2って言う新人の営業さんはこちらをポチッと押した後、得意先の周辺状況を良く調べてくださいね黒ハート

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 18:55| Comment(16) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。