2014年07月20日

痩せ薬?いやいや糖尿病のお薬です!

さてと、世間の皆様は3連休の中日が多いのかな?まあ、ネーヤの場合土曜日は半日だから2,5連休だけどねたらーっ(汗)

えっ?今日から夏休み??いいなぁ〜学生さんは!!!

とは言え、せっかくのお休みでもネーヤはすることもなくゴロゴローゴロゴロー

あーあっ!週休5日制で給料が今の10倍になったらいいのになぁ〜!!
(by 「ずん」の飯尾和樹さん)

と、普段通りの軽いボケをかましたところで、今日のお話。
今日はこの前発売になった新薬、糖尿病に使うSGLT2阻害薬のお話。

と言うわけで、先ずは糖尿病のお話から!今日は一般の方向けだから医療関係者の皆様は余計なツッコミは無しで黒ハート
でね、糖尿病と言うと尿の中に糖分が出て甘くなると言うイメージが強いでしょ?まあ、事実そうだし、糖尿病患者様の尿を地面にこぼすと蟻が群がってくるわわーい(嬉しい顔)
なぁ〜んだ!そのくらいなら良いじゃん!!別に外で排尿するわけじゃないし!!!
と、思った方々。

あまぁぁぁ〜い!
重度糖尿病患者様の尿よりあまぁぁぁ〜い!!

(これは何度も使っているから説明はなし!!!)

えーっとね、糖尿病が恐いのは、血液の中に過剰な糖分が出るからなの。そうなると血管はボロボロになっちゃうの!だから細い血管などは切れてしまうのねもうやだ〜(悲しい顔)

ああ、いつもの様にちょっと脱線して、イメージを言うわね黒ハート
先ず、ゴムホースを思い浮かべてちょうだい!庭なんかに水撒きをするときの奴!!
それが、血管ね。中を通す水は血液。そのゴムホースが劣化するとゴム自体が硬くなって切れてしまうでしょ?人間の身体では中の水(血液)が糖分が高過ぎると、そのゴムホースの劣化を早めてしまうと言うわけexclamation
ちなみに、この劣化を早めるのは糖分だけではないの。この水の中に脂質(コレステロール)が高くなれば、水の流れが悪くなるし、詰まってしまう事もあるわけね。それが心筋梗塞や脳梗塞に当るの決定
それからね、水道の蛇口を捻って出す水量を多くすることを考えてみて!そうするとホースの中の水圧が上がるでしょ?それが高血圧症ひらめき実際、血圧が高いだけでは、問題ないの。問題は血圧が高くなることによって、血管にダメージを与える事なのね。血管が細かったり(コレステロールが溜まって細くなってしまったり)血管自体が硬くなったり(加齢など)で余計にダメージを受けちゃうのバッド(下向き矢印)それに糖尿病が加わって、血管が劣化してれば致命傷になるわけね。

大体イメージは湧いたかな??
でね、特に切れやすいのは、目の毛細血管exclamationここが切れてしまうと最悪の場合、失明してしまうのね。
それから、手や足の先の血管。ここは最悪の場合、壊死を起こして手足の切断も起こりえるのもうやだ〜(悲しい顔)
それから、腎臓。これだと透析ねもうやだ〜(悲しい顔)
それから、恐いのは感染症exclamation糖尿病の方は身体の抵抗性が低いから、風邪が治り難くなったり、怪我をした際に化膿しやすくなるから注意が必要よっexclamation×2

でもって、糖尿病の治療には血管の中の糖分を減らすの。
先ず、食事療法。これは糖分を取らなければ良いわけだから、お菓子やご飯の量を減らすわけね。
次に運動療法。これは摂取した糖分はエネルギーとして使われるわけだから、運動をすることによって糖分が消費されて、血液の中の糖分が減るわけね。

まあ、以上2点は基礎中の基礎!でも、一応ネーヤは薬剤師だからお薬のことも紹介しなくてはね。
先ず、摂取された糖分はインシュリンと言うホルモンによって糖分を貯蔵したり、逆に血液の中に放出したりするわけね。
このインシュリンは膵臓から出されるんだけど、これが全く出ない糖尿病があるのね。これは1型糖尿病と言って、この場合にはインシュリンを入れなければならないのね。現在インシュリンを入れるのには、自己注射しかないの。次に1型以外には2型もあるんだけど、糖尿病の患者様は圧倒的にこちらが多いの。ああ、言っておくけど糖尿病は2型までよっ!それ以上はないからね!!
この2型は膵臓からインシュリンが出る量が少なかったり、出ていてもそのインシュリン自体の働きが悪くなっている病気なの。
で、この辺を詳しく説明すると今日のブログは終わらなくなっちゃうから、簡単にサクサクっと行くわよexclamationまあ、リクエストでもあればまたの機会に詳しくあげるけどねるんるん

先ず、スルホニルウレア剤(通称SU剤)。これはね、ネーヤ風に言うと・・・
出難いんなら、強制的に出せば良いじゃない!
膵臓を刺激してインシュリンを出させれば良いでしょ!!

というもの。古くからあるお薬で今でも使われている物。ちょっと副作用(低血糖など)が強く、最近では敬遠されがちなお薬るんるん

次にビグアナイド剤。これも結構古くからあるお薬。これは糖分を作りにくくさせて、筋肉の中での糖分の利用を促すお薬。このお薬は一時期副作用が懸念されて、敬遠されていたお薬だけど最近になってその有効性が認められて、よく使われるお薬るんるん

次に、αグルコシダーゼ阻害剤。これをネーヤ風に言うと・・・
なんだ!ブドウ糖の吸収を遅らせてやれば血糖値はそんなに高くならないじゃない!!
私ってば、かしこーい!!!

というもの。小腸からのブドウ糖の吸収を遅らせるので一時期これを飲めば痩せるんじゃないかと評判になったけど、結局そんな作用はなく、副作用の主な物が放屁と言う比較的軽いので、軽い糖尿病や他のお薬と組み合わせて使われるお薬。ただし、低血糖を起こしたときにはブドウ糖を服用しないと治らないので注意が必要exclamation

次にチアゾリン系。インシュリンは出ているんだけど、その働きが悪いとき時にインシュリンの働きを高めて、血糖値を下げるお薬。副作用でガンになりやすいとされて、フランスでは発売中止になったんじゃなかったかな?しかし、その証拠は未だに確定されてなくて普通に使われるお薬。そのせいで一時期よりはシェアは随分と下がってしまったわね。浮腫む事があるから要注意バッド(下向き矢印)

次にDPP4阻害薬。これもネーヤ風に言うと・・・
副作用の低血糖が恐いんなら、血糖値が上がったときだけインシュリンを出させれば良いじゃん!
私ってば、本当にあったまいいー!!

というもの。血糖値が上がったときだけインシュリンを出させるお薬なので理論上は低血糖を起こさないのるんるん数年前に発売されて、副作用が少ないので使いやすいお薬黒ハート

で、最後に出てきたのが今日ブログの目玉!SGLT2阻害薬!!これもネーヤ風に言うと・・・
糖分が多いなら、どんどん排出させちゃえばいいじゃん!
そうすれば、多少の糖分の多さなんか気にならないわっ!!
私ってば、なんてかしこいのかしら!!!

というもの。尿の中に糖分を排出させるという、今までになかった新薬どんっ(衝撃)


でね、今回のSGLT2阻害薬。強制的に糖分を排出させてしまうから・・・痩せるのよたらーっ(汗)
えっ!なになに!!痩せ薬?なんていうお薬???
と、飛びついてきた読者のあなた!言っておくけど、これはあくまでも糖尿病のお薬だからね!!痩せたいからって処方をして貰おうったってできないからね!!!

で、ここから先はいつものネーヤのフィクションよexclamation

いーいっ!
フィクションって言ったらフィクションなのよっ!!
実在する人物や企業じゃないんだからっ!!!


と言った所で、場所はいつものごとくネーヤの薬局。この日いらしたのはSGLT2阻害薬を発売したA製薬のMR、Iさん。
I「こんにちは!お世話になります。毎日暑いですね!!」
ネ「ああ、Iさんこんにちは。本当に暑いわね。外回りは大変でしょう?」
I「そうですね。あっ!ネーヤ先生!!私、どこか変わったと思いませんか??」

Iさんは40代半ばのガッチリとした体型。確か趣味で大型バイクを乗り回す見た目プロレスラーの蝶野正洋選手の顔を優しくしたようなMRさん。ちょっと困った顔をしたネーヤにIさんが言葉を繋げる。

I「実は、痩せたんですよ!当社のSGLT2阻害薬B錠を飲んで!!」
ネ「ああ、そう言えば少し顔が細くなったみたい!何kg痩せたの??」
I「はい、約1ヵ月半飲んで5,5kg!身体も軽くなったような気がします」
ネ「へぇ!やっぱりSGLT2って痩せるんだ。Iさんて元々どのくらい体重があるの??」
I「身長が185cmで体重が85kgです。痩せて70kg台になりました!!」
ネ「そんなに太っていたわけではないわね。でも、Iさんて糖尿病だったんだ!知らなかったわ!!」
I「・・・いや、コレステロールは高めで薬を飲んでいますが、HbA1cは5,9で境界型糖尿病です。」
ネ「ん?HbA1cが5,9なら正常の範囲内じゃん。B錠ってそれでも使えるの??」
I「・・・いや、使えません・・・今回のはB錠の製剤見本をかき集めて、それを服用してました。」
ネ「えっ?なんて危険な事を!!」
I「いや、コレステロールの薬を処方してくれている内科医の先生と相談して、製剤見本を服用しています。血液検査も行っておりますが、これと言った異常はありませんでした。HbA1cも下がっており、完璧です!やはり、自分が売る薬は自分で試してみないと!!!」


へぇー!MRさんもいろいろ苦労があって大変だわね!!
って、おいっ!そんな危険な事をしても良いの???


と、まあこれだけのお話あせあせ(飛び散る汗)
ああ、もう一度言っておくわね!
これはフィクションよ!フィクション!!
お薬を使うときには、ちゃんとDrに処方してもらわなくてはダメよ!!!


それからね・・・
SGLT2阻害薬って言うのは、痩せ薬ではなく糖尿病のお薬よ!
Drにワガママ言って困らせてはダメよっ!!!



と、叫んだところで本日のブログはおしまいっダッシュ(走り出すさま)ではでは手(パー)







↓でっ、その痩せ薬はなんていう、どこのメーカーのお薬なのむかっ(怒り)と言う、痩せる所だけに注目してしまった方はこちらをポチッと
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
↑私は2型糖尿病だから、SGLT2阻害薬は使えるわよねexclamationと言う、嬉しそうな糖尿病患者様はこちらをポチッと







↓細かい事はいいから、早くメーカー名とお薬の名前を教えなさいよっパンチと言う、気が短い方はこちらをポチッと押した後、直メにてお尋ねくださいあせあせ(飛び散る汗)

人気ブログランキングへ
posted by ネーヤ at 21:27| Comment(21) | TrackBack(0) | お薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。