2021年06月02日

医薬品業界は上を下への大騒ぎヽ(*´∀`)ノ 完結編

と言ったところで、皆様前回のブログは読んできてくれたかな?

( ゚Д゚)ハァ?まだ??取り敢えずそれを読んでから今回のブログに来て頂戴!!!

じゃあ、一応前回のブログ内容をダイジェスト版でお伝えするわねヽ(*´∀`)ノ


日医工さんと小林化工さんが悪いことをしたので、その他製薬メーカーを始めとして、卸・薬局・処方医・患者様にまで迷惑をかけているヽ(`Д´)ノ


と、言うことなのね(笑)じゃあ、今回のブログはなぜ皆様に迷惑をかけているかを説明してくわねヽ(*´∀`)ノ

ああ、一応最初に言っておくけど、ネーヤは薬局薬剤師だから薬局に関しての苦労は十分わかるんだけど、その他に関しては(一応調べたけど)想像も入っちゃうから、それに関しては理解しておいてね💓
何か間違っていたりした場合は、コメントしてくれたらありがたいわ💋

じゃあ、早速行くわね⤴

みんなに迷惑かけているのだけど、その中でも最も迷惑が掛かっているのは・・・

1、患者様
これは当然で言うまでもないことだけどね💧
先ずね、患者様のほとんどは今回の件はよくわかってない場合が多いのよ。まあ説明を受けた方もいるでしょうけど、大体は医師や薬剤師から「今回からお薬が変更になります!」「お薬のメーカーが変更になります!」などと言われると思う。
こうなると、患者様の心理としては・・・

へ?体調は全然変わりないけど、私って病気が悪化したの??

なんて考えちゃう方もいるのね。まあ、メーカーが変更になるだけなら主成分は同じだし、効き目もかわりないんだけど患者様は病気に関してはナーバスになっている方も多いのね。このブログの初期のころにも書いたけど、全く同じお薬でも包装が違うだけでも効き目が違う!なんて大騒ぎしちゃう方もいるのね。
つまり今回の件では、お薬のメーカーが変われば見た目も変わっちゃうし、物によっては同じ成分のお薬の入荷がなくて、似たような成分に変更になっちゃうことも多いの。特に慢性疾患のお薬なんかの場合、何年も同じお薬を服用していることもあるからそれが変更になっただけで先程も言ったように不安になっちゃう患者様も多いのよ。
その上、今まで日医工さんや小林化工さんのお薬を服用していた患者様は・・・

え?ニュースでやっているお薬って今まで私が服用していたお薬と同じじゃん!!
ひょっとして、私にも健康被害が?!?


なんて考える患者様も多いと思うわ💦
一応言っておくけど、今現在で健康被害が出てない方は、大丈夫!確かにお薬に問題はあったけど、その殆どは製造過程に問題があったからなのね。今の所それで健康被害は出ていないし、問題を起こしたお薬も問題がありそうなお薬は全て回収したわ。だから、心配ではあると思うけど安心してね。

でね、一番の被害者は患者様であることは理解できたでしょ?まあ一つ間違えば健康被害が出ちゃうんだからね💦
ちなみに、患者様以外は健康被害が出ることはないんだけど、別な面で大迷惑を被っているのよ。じゃあ、次の被害者は・・・

2、病院・医院・処方医
これはね、そのお薬を選んだ(処方した)医療機関・医師ね。この処方医なんかは、患者様を診察して、その病態にあったお薬を選択してるのね。中にはそのお薬を選択するまでに、いろいろな検査や試行錯誤を繰り返してたどり着く場合もあるのね。でね、今回の件でそのお薬が違うメーカーでも用意できればいいけど、万が一同成分のお薬の流通が滞ってしまった場合、違う成分でのお薬を考えなければならないのね。そのお薬が今までと同じ効果を発揮してくれればいいけど、微妙に効果が違ってきちゃうことも多いと思うのよ。そうなると処方医は最初から、診察・検査などを全てやり直さなければならなくなっちゃうの。特にこのコロナ禍の現在、医療関係者は人でも足りないし、疲弊しているのね。その中で余計なお仕事が増えるわけだし、大変なことなのよ。
ちなみに、その検査費用なんかは保険が使われるわけだから、それはそれで保険に対して莫大な費用がかかることになるわね💧


では、その次に・・・
3、薬局・薬剤師
ここは、ネーヤが属しているところだからちょっと詳しく書かせてもらうわね。
薬剤師の場合、処方されたお薬が患者様にしっかり効いているか?服用による副作用が出ていないかどうかの確認は重要なお仕事!今回の件でお薬が変更になった場合は、その確認は今まで以上に気を使わなくてはならないのよ。
それと、せっかくだから実際にあったことを、ネーヤ得意(?)の会話形式にしてお送りするわねヽ(*´∀`)ノ

〈患者様編〉
ネ「○○さん、それじゃあお薬用意できました!あ、それで今回から今までとお薬が変わります。と言っても製造しているメーカーが変わるだけで、お薬の中身は同じですし、服用方法が変わるわけでもないのでそのまま続けてください。」
患「ん?何で変更になったの??今までのお薬で体調も良かったのに???」
ネ「えーっと、ニュースなんかでご存知かもしれませんが、ある製薬メーカーが製造過程において不備がございまして・・・業務停止になっているんです。その為違うメーカーに変更になっています。」
患「へー、でも今回のメーカーは大丈夫なの?」
ネ「あ、今回のメーカーは大手のメーカーですし、コンプライアンスを重視しているようなので大丈夫だと思います。」
患「ならいいけどね。」
ネ「はい、それではこのままお薬を続けてください!」

てな感じ。これだけ見るとそんな面倒じゃなさそうだけど、これはかなり端折って書いているのよ(^_^;)
実際は、患者様がもっと詳しく内容を聞きたがったり、不安になっているのをなだめたりするから、いつもの倍以上時間がかかっちゃうこともあるのね💧

〈発注編〉
ネーヤの薬局ではレセコンと連動させて在庫が出るようになっているのね。そして数字を設定しておくと、そこでレセコンから注意が出て発注する仕組み。ちなみに発注もレセコンで○○錠100錠包装2箱注文!とかできるの。
でね、ネーヤの薬局では発注を患者様が途切れたお昼休みと閉局間際の2回行うんだけど、発注を飛ばして卸に在庫がないと電話やFAXで連絡が来るのね。その時の会話がこんな感じ。
☎☎☎
ネ「はい、ネーヤ薬局でございます。」
A卸「こちらA卸でございます、いつもお世話になっております。さきほどご注文いただいたお薬で欠品のご連絡です。」
ネ「はい、なんでしょう?」
A「さきほどご注文いただいたうちの、Z錠5本のうち4本は本日の午後、1本は明日の便になってしまいます。それとY錠3本ご注文ですが、これは支店に在庫が無くて3本ともに明日、そしてX錠ですが、これはメーカーに発注しなければならないので来週月曜日になってしまいます。」
ネ「分かりました!それでお願い致します」
と、今まではこんな感じだったのね。ところが、今回の件で・・・
☎☎☎
ネ「はい、ネーヤ薬局でございます。」
A卸「こちらA卸でございます、いつもお世話になっております。さきほどご注文いただいたお薬で欠品のご連絡です。」
ネ「はい、なんでしょう?」
A「先ほど頂いたご注文のうちZ錠は日医工販売で、現在在庫が0となっており、販売開始の見込みが立っていない状態です。」
ネ「え?ああそっか、Z錠は日医工さんの他に沢井製薬さんや東和薬品さんもあるよね?どちらか在庫がある??」
A「東和薬品さんのものなら、在庫がございます。」
ネ「じゃあ、それを3本、日医工さんの方はキャンセルしておいて!」
A「かしこまりました、それでは午後便でお届けします。」
となったりするの。でも、まあこれは全然いい方、今は・・・
☎☎☎
ネ「はい、ネーヤ薬局でございます。」
A卸「こちらA卸でございます、いつもお世話になっております。さきほどご注文いただいたお薬で欠品のご連絡です。」
ネ「はい、なんでしょう?」
A「先ほど頂いたご注文のうちZ錠は日医工販売で、現在在庫が0となっており、販売開始の見込みが立っていない状態です。」
ネ「え?ああそっか、Z錠は日医工さんの他に沢井製薬さんや東和薬品さんもあるよね?どちらか在庫がある??」
A「申し訳ございません、日医工さんの煽りを受けまして、どちらも出荷規制が掛かっておりまして、新規の注文は受けられなくなっております。」
こうなってくると大騒ぎ💥先ずは、他の小さなメーカーでジェネリック品がないか確認したり、他の卸に電話をかけまくり在庫がないか確認したり、代理店があればそちらに電話してなんとか回してもらえないか確認したりするのね。こうなってくると、10分やそこらでは片付かないのよ(^_^;)投薬したりしながらだから、半日位潰れちゃうこともあるのね。
で、どうしてもそのお薬が都合が付かない場合は、同じような成分で代替えになりそうなものを探して、それを処方医に連絡して処方変更をお願いすることになるのね。それが次の処方医編

〈処方医編〉
ネ「先生、例の日医工の関連でZ錠が手に入りません。他のメーカーもあたってみましたが、出荷規制が掛かっており、お薬の用意ができない状態です。一応同種同効薬品ではY錠があります。(プリントアウトして用意した添付文書を渡しながら)これならZ錠と服用方法も同じですし、変更可能でしょうか?
処「まあ、ないならしょうがないね、じゃあY錠に変更しておいて」
とこんな感じ。門前の処方医ならこんな感じで済むし、開業医さんなら電話で話が通るんだけど、総合病院なんかになるとFAXを使ってやり取りしなくてはならない場合もあるのね。これはこれで大変。

あと、特殊な場合だけど、どうしても同じお薬でなくてはダメ!という場合は、近隣の薬局に電話をしまくって在庫を分けてもらったり、患者様自身にそちらの薬局に行ってもらうこともあるの。
どう?取り敢えず薬局や薬剤師の苦労は理解してもらえた??

じゃあ、次の被害者に行くわよ!次は・・・

4、卸・MS
お話が飛んで申し訳ないけど、現在日本のジェネリック使用率は8割くらいなのね。だからよほど特殊な事情がない限り、どこの薬局にもジェネリックは入っているのね。
で、先ほど薬局のところでも書いたように、発注や在庫状況の確認は卸に行くのよ。通常では在庫確認なんかは普通に回せると思うんだけど、今は非常事態。卸さんも頑張っているだろうけど、かなり疲弊してるわね。
それから、薬局が卸に在庫状況を確認した場合、出荷調整がかかっていたりすると「後で担当者から連絡入れます」なんてこともあるのね。
でね、前にMRさんが人員削減で人数が減っているというお話はブログで書いたけど、MSさんも同様なのね。MSさん一人でどのくらいの得意先があるかはわからないけど、10〜20軒なんてことはないと思うわよ。ネーヤが親しくしているMSさんは一人で100軒の得意先を持っていたわね。でもって、そのMSさんの得意先から、出荷規制の問い合わせがあったらどうなると思う?まあ、一気に問い合わせが来るとは思わないけど、それなりに重なったりするんじゃないかしら?ちなみに今は昔と違って、誰もが携帯電話を持っている時代。面会の時は携帯は車の中に置いていたりするけど、会社からの留守電や移動中の電話もめちゃくちゃ多いんじゃないかな?そして、中には得意先に携帯の番号を教えているMSさんもいるから・・・考えただけどパニックになりそうね💥

そして、最後は・・・

5、製薬メーカー・MR
ここも卸・MSとほぼ同じ。ただし問い合わせが得意先からではなく卸やMSさんからという違いね。(まあ、中には医院や薬局からの問い合わせもあるだろうけど)
それとMRさんの数。まあ、先発メーカーや大手のジェネリックメーカーならそれなりに人数がいるけど、そうでなければ都道府県で各一人、もっと少ないところになると複数県で一人なんて言うメーカーもあるのね。
ちなみに今回の件で最初は自社の販売量が増えて売り上げが上がる⤴なんて喜んでいたMRさんもいたみたいだけど、今は対応に追われてパニックになっているんじゃないかしら?
それから、先発メーカーもえらいことになっているところもあるわね。ジェネリック品の流通不足で仕方ないから先発品に戻した得意先もあるけど、その先発メーカーも製造キャパを超えてしまって出荷調整がかかってしまったところもあるの。
こうなってくると、患者様のお薬の変更を余儀なくされて・・・さらに変更になったお薬の製造キャパが超えて・・・なんていう負のスパイラルに陥ってしまうこともあり得るわね。


どうかな?現在医薬品業界が上を下への大騒ぎになっていることを分かってもらえたかな??
あ、あと更に言うとね。日医工さん、製造停止の品目が再び出てきて、全部で200品目を超えたわ💦
こうなってくると、まだまだ騒ぎは収まりそうにないわね💧

と言ったところで、本日のブログはおしまい💨
ではでは✋
posted by ネーヤ at 22:51| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医薬品業界は上を下への大騒ぎヽ(*´∀`)ノ

さてと、久しぶりに更新するかな?

と言ったところで、今日のブログは以前のようにネーヤの薬局から始まる。本日いらしたのは、40代女性のKさん。高血圧や脂質異常症で数種類のお薬を服用中。

K「こんにちは♥はいこれ、処方箋とお薬手帳、今月初めてだから保険証も❗」
ネ「ありがとうございます(´▽`)、それではいつものお薬・・・だけじゃない!どうかしました??」

見ると、いつものお薬の処方の下には別のお薬の処方が。うーん、これってめまいのお薬だけど、お隣のDrがいつも使うお薬じゃないけど??

K「血圧とかは落ち着いているんだけど、めまいが時々あるのよ。以前、耳鼻科にかかったときに自律神経の乱れから来るめまいと言われて、お薬出してもらったの!今日はお隣の先生におねだりして同じお薬出してもらっちゃった🎵」

ちなみにその部分の処方はコチラ!

Rp)トフィソパム錠50mg「トーワ」  3錠
             分3毎食後 14日分(めまいが収まったら中止)

ネ「Kさん申し訳ない。今このお薬うちの薬局に在庫してなくて、取り寄せになっちゃうんですが💦」
K「あら、そうなの?取り寄せって言うと1週間くらいかかる??」
ネ「いや、そんなにかかりません。割にポピュラーなお薬だし、メーカーさんもメジャーなところだから明日には届くと思います。」
K「そうなんだ!取り敢えず今は落ち着いているから、明日の夕方に仕事終わってから取りに来るわね。5時くらいなら大丈夫??」
ネ「あ、それなら大丈夫です!何度も足を運んでもらってすいませんがよろしくお願いいたします。」
K「じゃあ、明日の夕方に来るからよろしくね✋」

そう言って、Kさんは出て行かれた。


と、ここでちょっとお薬の説明ね。先ずトフィソパム錠って言うのは自律神経の乱れや、更年期障害から来るめまいを改善するお薬。「トーワ」って言うのはメーカーの名前なんだけど末尾にメーカー名がついているのはジェネリック品なのね。ちなみにメーカーの正式名称は東和薬品。「トーワ」って言うのは屋号みたいなものね。どうでもいいけど先発品はグランダキシン錠って言うのね。


さてと、それじゃあ発注の電話するか!東和薬品さんならA卸ならだいたい揃っているわね💡

ネ「あ、A卸さんですか?こちらネーヤ薬局と申します、いつもお世話になっております。在庫の確認をお願いしたいのですが??」
A「はい、ネーヤ薬局様いつもお世話になっております。承ります。」
ネ「えーっと、東和薬品さんでトフィソパム錠50mg「トーワ」。最小包装は100錠ですよね?今発注したら午後の定期配送に間に合いますか?」
A「少々お待ちください。はい確かにこちらの商品の最小包装は100錠になります。ただ、この商品はメーカーから出荷規制が掛かっておりまして、取り敢えず担当者からすぐに連絡入れますので、電話を切って少々お待ちください。」
ネ「???はい、分かりました。」

取り敢えず、電話を切って待つこと数十分。うーん、担当者から連絡がないなぁ〜💧などと思っていたところ、A卸の担当者N君がご来局。そして隣には東和薬品の担当者O君が一緒に入ってきた⁉

N「お世話になります、先生先程は連絡ありがとうございました。すいませんトフィソパム錠ですが、出荷調整がかかっておりまして・・・ちょうど東和薬品さんのO君と連絡も取れましたので同行してもらいました。」
O「お世話になります。このところ日医工さんや小林化工さんさんの一件でバタバタしてしまって、なかなか顔が出せなくて申し訳ないです💦
そして、トフィソパム錠なんですがジェネリック品を作っているところが、うちと日医工さん、そして沢井さんの3社だけですので現在出荷調整がかかっておりまして、ご新規の得意先にはお断りしている状態でして・・・」

と、申し訳なさそうにするO君、そこにN君が言葉を続ける。

N「ネーヤ先生のところでは東和さんのジェネリック品をかなり採用してくださっているので、なんとか都合をつけたかったのですが、こればっかりは無理みたいで・・・一応、先発品のグランダキシン錠と、沢井さんのトフィソパム錠は1本づつ押さえておきましたが、どうしましょう?」
ネ「あ、沢井さんの方のトフィソパム錠は在庫あったのね!それじゃあ、そちらを1本午後の定期配送に回してもらえる?」
N「分かりました、回しておきます!」
O「本当に申し訳ありません、今回は新規ということで回せませんでしたが、既存の商品に関しましてはある程度確保してますので。」
ネ「まあ、仕方ないわよ💦また既存品で出荷調整がかかりそうなものがあったら早めに連絡くれる?」
N・O「はい、分かりました!今後ともよろしくお願いします!」

そう言って、お二人は頭を下げるとご退局。

と言ったところで、いつものようにながぁ〜いプロローグはここでおしまい💓

え?ここまでがプロローグ??本題に入っているんじゃなかったの???

と、叫んだ方々。あなた方はきっとネーヤのことをあまり理解できてないわね(笑)
ネーヤのブログの特色は無駄に長いお話!だからと言って、斜め読みとかすると、その無駄に長いお話の中に伏線が張ってある場合もあるから気をつけてね!ちなみに伏線なんか何もなくて、本当に無駄話のこともあるからね💓
え?なんで、そんなブログにするかですって??いつも言ってるでしょ(笑)


このブログはネーヤが書きたいことを書くブログなの!


それ以上でもそれ以下でもないからね(・∀・)ニヤニヤ

じゃあ、本題に入っていくわね。ネーヤのTwitterをフォローして見てくれている方なら分かると思うけど、最近「お薬が品薄状態!」っていうつぶやきをよく見るでしょ?
でね、こういったつぶやき、ネーヤだけでなく他の薬剤師さんなんかのつぶやきでもちょくちょく見かけるの!まあ、業界関係者ならよくわかっていると思うけど、関係者外の方はあまり良くわかってないでしょ?あ、ネーヤのブログを熟読してくださっている方々ならある程度は想像がつくかな?じゃあ、今回のブログはそれを一般の方々にわかりやすく解説するわね!

まあ、簡単に言っちゃうと・・・

日医工さんと小林化工さんが業務停止を食らっちゃっているから(^_^;)

3月4日に書いた「ジェネリック品は悪」(クリックするとそちらに飛ぶわよ!)で書いたけど、日医工さんは約1ヶ月、小林化工さんは約3ヶ月の営業停止処分を食らっちゃっているのね。
えーっと、ジェネリックメーカーって、めちゃくちゃたくさんあるし、たかが2社が数ヶ月業務停止食らったからってそんなに影響ないんじゃないの??
と思った方々。そうじゃないのよ!実際、現場では思いっきり混乱してるのね!!「事件は会議室で起こっているんじゃ・・・」いや、不謹慎だからくだらないジョークはやめておくわね(^_^;)

じゃあ、混乱している理由を一つづつ挙げていくわね。

1、不祥事を起こしたのが日医工さんだった事
一応、ジェネリック品を扱うのはたくさんのジェネリックメーカーや最近では先発メーカーでもジェネリック品を作っていたりするんだけど、日医工さんは日本では三大ジェネリックメーカーの一つなのね(あと二つは沢井薬品さんと東和薬品さん)。
一応、日医工さんの製品の中でも今回製造停止になっているのは富山工場で作っている商品だけなんだけど、それでももともとの製造量も多いし、中には日医工さんだけしか作っていないジェネリック品もあるのね。事実冒頭で出てきたトフィソパム錠は三社でしか作って医薬品でしょ?つまりその影響力は計り知れないの。あ、小林化工さんに関してはまた別な理由もあるからまた後で解説するわね!

じゃあ、次の理由。

2、問題になっているのが医薬品だという事
医薬品を使うのは当たり前なんだけど病気の人でしょ?まあ、コロナみたいに感染症なんかだったらどのくらいの人が病気になるかわからない部分もあるけど、現在使われているお薬に関しては患者数もある程度読めているし、使用するお薬の量もある程度読めるのよ。製薬メーカーさんも慈善事業団体ではなく、営利団体だからお薬の製造量も不測の事態(患者が急に増えたりとか)に備えてある程度多めに作っていたとしても、日医工さんの不祥事に関しては不測の事態を上回っちゃったわけね。
例を挙げると、例えば冒頭に出てきたトフィソパム錠。仮に1日に100万錠使用されているとするわよね?その100万錠を3社で製造してるわけなんだけど、仮に沢井製薬さんが40万錠、東和薬品さんと日医工さんが30万錠づつ販売していたとするでしょ?まあ、各社ともに不測の事態に備えて沢井製薬さんが50万錠、東和薬品さんと日医工さんが40万錠づつ製造してたとするわよね。ところがここで日医工さんの40万錠が製造できなくなってしまったのが今回の状態。もちろん、沢井製薬さん・東和薬品さん・日医工さんともにある程度の在庫は持っているだろうし、卸や病院・薬局にもある程度の在庫はあるけど、これで言うと、毎日10万錠づつ在庫が減っていくわけね(^_^;)一応、日医工さんの業務停止は1ヶ月だけど、この計算方法で行くと10日間で在庫が底をついちゃうわけね。あ、一応言っておくけどこの数字はいつものようにネーヤが考えた数字だから、実際は各メーカーさんもリスクヘッジを考えて、もう少し余裕があると思うわ。でもね、実際今の状況を考えるとそこまでの余裕はないのかもしれないわね(^_^;)

ここで・・・

え?じゃあ、他のメーカーさんが製造ラインとかを増やせばいいじゃん!!

と思った読者の方々。そんなに甘いもんじゃないのよ💧今回日医工さんや小林化工さんが問題になっているのは、製造方法を守らなかったというのもあるの。お薬の製法は厳密に決められていて、それを守らなかった場合は全てアウトなのね。例えば、お薬の原料Zを入れてから40度まで加熱してからYを加えると言うのをZとYを入れてから40度まで加熱したらそのお薬は全て使えなくなるの。
だから、製造ラインや製造量を増やすとなると、最初から厚労省に申請しなくてはならない場合があるのね。だからそんなに簡単に増やすなんていうことはできないの💥

それでは次に・・・

3、ジェネリックメーカーが周知されていないという事
先ず、業界に関係のない方に聞きたいんだけど、ジェネリックメーカーっていくつ知ってる?
沢井製薬、東和薬品さんは、TVCMをやっているから知ってるわよね。最近はニプロさんもCMしているから知っているかな?でも、他のジェネリックメーカーって知らないんじゃないかしら??
でね、一般の方がジェネリックメーカーを知らないのは仕方がないんだけど・・・医療関係者でもジェネリックメーカーに関して疎い人が多いのよ(^_^;)
まあ、ネーヤもあまり言えないけどこんなブログを書いているくらいだから、少しは詳しいのね。例えば薬剤師さんにとって有名なアムロジピン錠のジェネリック品を調べてみると・・・全部で20社以上あるのよね!この中にはネーヤですら「え?このメーカーって何??」っていうのもあるの。そのメーカー名をあげちゃうと問題になっちゃうから、下記にリンクしておいたからちょっと確認してみてね!

アムロジピン錠ジェネリック一覧

ちなみにこれは、いろいろな規格が入っているけど、5mg錠だけピックアップしても20社以上あるわよね。これにOD錠(口腔内崩壊錠)を入れたらさらに倍になるのよ。
何が言いたいかっていうと・・・薬剤師の中でもこのジェネリックメーカーを全て網羅できている薬剤師というのはかなり少ないから、日医工さんのお薬が販売停止になると、薬剤師もかなりパニクっちゃうのよ💦


そして、ここで先ほど出てきた小林化工さんの問題。えっとね・・・


小林化工さんは小林化工さんのお薬だけ作っているのではない!!!
前にも何回か説明したけど・・・ジェネリックの場合、○○錠「××」ってなっているのが殆どなのね。○○の部分は基本お薬の成分名で、××は発売のメーカー名なの。でね、この××の部分なんだけど、××はあくまでも発売メーカーで、そのお薬を作っているメーカーではないのね。
小林化工さんは自身でも発売はしているんだけど、お薬を製造して、他のメーカーに卸しているのもかなりあるのよ。で、今回の問題では小林化工さんがお薬の製造方法を守らなかったりしたから業務停止になったの。
つ・ま・り・・・他のメーカーさんに卸しているお薬も全て発売停止になったのね。だから販売していたメーカーさんもてんやわんやになっちゃったのね(^_^;)
で、これって今回の件があるまで知らない薬剤師さんも多かったの。つまり××がKN(小林化工の屋号)じゃないからウチは大丈夫!なんて甘く考えていた薬局も多かったのね。ところが、製造が小林化工だとわかった瞬間にパニックになった薬局も多かったと思うのよね(^_^;)


( `・ω・) ウーム…、好き勝手な事を書いていたらめっちゃ長くなっちゃったので、一旦ここで切るかな💧
取り敢えず、なぜパニックになったかは分かってもらえたかしら?

じゃあ、後編ではメーカーだけではなく、薬局の苦悩なんかも書くから楽しみにしててね!


と、言うことで本日はここまで✋ではでは💨
posted by ネーヤ at 00:11| Comment(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

COVID19って( 'ω')?(ワクチンそしておまとめ編)

さてと、今回は『COVID19って( 'ω')?』3部作の最終回!!!


え?これって3部作だったの??と思ったそこのあなた!前にも言ったでしょ!このブログはネーヤが好き勝手なことを書くブログだって!!ネーヤがここに来て3部作と言ったらその時点で3部作になるのよっ👊

で、また1・2部のダイジェスト版を書こうかと思ったんだけど、何回も同じ手法を使っていても芸がないからそれは中止!

でも、安心して!ここで、新たな展開を考えているから(笑)


えっとね、COVID19が程々悪いウィルスって言うのは前回話したわよね。でも、それだけでは納得が言ってない人もいると思うのよ。だからね、なぜCOVID19が悪いのかを追加情報を挙げるわね⤴それはね・・・



COVID19は季節性がなく長期!!!




前回の予防編でネーヤが言ったのを実行するのはそれほど難しくはないでしょ?基本、COVID19はインフルエンザと同じウィルス感染だから、前回行ったような予防をすれば、減少するはずなの。だって、今シーズンは皆さんがマスクをして、手洗いを励行して、人ごみを避けたからインフルエンザは例年の10分の1以下になったのね!でも、COVID19は未だに収束しないでしょ?その理由はいくつかあるけど、一番の理由は期間が長引いているからだと思うのね。例えばインフルエンザが大流行しても冬が開ければ自然に収束していくでしょ?ところがCOVID19はもう1年以上ずっと続いているでしょ?つまり予防をするのは簡単でも、続けるのは非常に大変なのよ。今これを書いているのはGWの真っ最中なんだけど(アップするのは明けてからかもしれない💦)TVなんかで見ていると渋谷なんかでは人出が多くて、インタビューで「緊急事態宣言だけど、前も罹患しなかったからいいかな?」とか「もうストレスが溜まっちゃったし、呑みに出かけたからと言って必ずしもコロナになるとは限らないし・・・」とか、いろいろな事を言っていたけど、この人たちも最初は我慢して外出とかしなかったと思うのよね。でも、さすがに1年以上自粛とか言われて緊張の糸が切れちゃったと思うのよね。

とは言え、やはりCOVID19に打ち勝つまでは、自粛などそれなりの方法が必要なのね。それと問題になるのは経済!前回のブログでも書いたけど、COVID19が出始めてから、いろいろな産業でかなりの痛手だったと思うわ。飲食業やプロスポーツ、芸能関係も目に見えて被害を被ったけど、それに付随する産業もひどいと思う。


え?医療関係はどうかって??

まあ、ネーヤの薬局なんかでは、患者様は減ったわね!やはりCOVID19が出てから、自粛が言われて病院なんかにはあまり行きたくはないものね(^_^;)処方医もあまり受診しなくてもいいように、今まで1ヶ月分しか処方しなかったのを2〜3ヶ月分まとめて処方するようになったしね🏣
そして、ご高齢者に多かったけど・・・COVID19が出る前は『ちょっと咳が出たから早めに受診した!』とか、『明日は日曜日で、風邪がひどくなったら大変だから受診した!』なんて、ネーヤからしてみたら、そんなのお薬いらないでしょ!💢と言いたくなるような患者様もかなり少なくなったものね。まあ、それに関しては喜ばしいと思っているけどね💓
あ、だけど、そういう患者様も最近また増え出しているわね💧やはり、自粛生活が長くなってきて、感覚が次第に鈍っているのかもしれないわね💦そういう患者様が増えると、感染者も増えるのではないかと心配だけどね💧
同じ医療関係でも、病院はもっと大変!感染者が増えるにつれて、入院患者は増えるし、その分だけお仕事も増えるしね。そして、COVID19の入院が増えると、その分だけ他の患者様に迷惑がかかっちゃうのね。ネーヤの薬局にかかっている患者様は、白内障の手術の予定があったんだけど、手術延期が2回あって、この前はとうとう無期延期になっちゃたわね。まあ、もちろん白内障では生死には関係ないから仕方がないとは思うけど、患者様にとっては迷惑極まりないと思うわ💥


でね、このように閉塞的な状況を打破するべく、ワクチン接種が次第に動き出したのね💓
じゃあ、これからはワクチンのお話ヽ(*´∀`)ノ
先ずワクチンをしたほうが良いかどうか?と言うお話から!

えー!ワクチンって副作用があるんでしょう??接種したくないっ!!!

と叫んだ方々。まあね、言いたいことは分かるんだけどネーヤが思うにはワクチンは接種したほうがいいと思うわ!
えっとね、ワクチン接種にかかわらず、医療ではリスクベネフィットと言う言葉が使われるのね。まあ、リスクベネフィットという言葉を知っている方も多いと思うけど、これは重要なことだからもう一度説明しておくわね!!
リスクベネフィットと言うのは日本語訳すると、リスク(危険)とベネフィット(利益)を連ねた言葉なんだけど、今回のワクチンに当てはめると・・・

リスク:ワクチンを接種することによって起きる副作用の危険
ベネフィット:ワクチンを接種することによってCOVID19に感染する確率が低くなる利益、もしくはワクチン接種によってCOVID19に感染しても重症化する確率が下がる利益


となるのだけど、ネーヤが考えるにリスクよりもベネフィットの方が大きいと思うのね。それに加えてワクチンのベネフィットをもう少し考えてみるわね❗
1、COVID19は感染症が強い
先ほども書いたけど、COVID19が出て、マスクや消毒、三密を避けることによって今シーズンのインフルエンザは例年の10分の1以下になったわけよね?でも、COVID19は一時的に感染者が減ってもすぐに感染者が増えてくるでしょ?これはもう、予防だけでどうにかなるレベルではなくなっているのよ。もちろん予防は必要!でも、今はそれ以上の手を打つ時期が来ていると思うわ。
2、ワクチン接種数が増えれば、感染拡大が抑えられる
えっとね、ワクチンを接種した人はもちろん感染しにくくなるんだけど、集団免疫と言ってワクチン接種して免疫を得た人がある程度の割合を超えると、ほかの人への感染する割合が減って流行しなくなるの。ちなみにこの集団免疫を得るためには60〜70%以上の人が免疫を得れば集団免疫ができるのではないかと言われているのね。
3、COVID19はまだ未知な部分が多い
COVID19は三部作の最初に説明したけどSARS、重症急性呼吸器症候群と言って呼吸器疾患なんだけど、味覚障害を起こしたり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性も指摘されているのね。COVID19に関しては研究が進んでいるとは言え、まだまだ未知な部分が多いのも事実!ワクチンによってそれが解消できるとは言わないけど、少しでも危険が回避できる可能性があるなら接種しておいたほうがいいわね。
4、経済活動・医療崩壊への影響
これも先ほど書いたけど、このままCOVID19が続いていくと、感染して苦しむ前に経済破綻を引き起こしたり、医療崩壊を引き起こしてCOVID19以外の疾患でお亡くなりになることも増えてくるでしょうね。ネーヤには、もう負のスパイラルに入ってしまったように見えるのね。ここでしっかり負の連鎖を断ち切らないとCOVID19感染よりも悲惨な結果を引き起こしてしまうと思うわ。

えー?でもワクチンで副作用が起きたら嫌だなぁ〜!💦

と言ったアナタ!まあね、気持ちが分からないわけではないけど、先ほど挙げた4つの理由から考えると接種したほうがいいわね(^_^;)
そして、そんなアナタにちょっとだけ安心する情報を出しておくわね。
現在使われているのはアメリカのファイザー社が出しているワクチンなんだけど、主な副作用は注射部位の腫れや痛みが最も多く67,7%、それ以外には倦怠感(28,6%)、頭痛(25,6%)、筋肉痛(17,2%)、発熱(7,4%)なんかがあるのね。そしてその副作用は1〜2日で改善することが多いみたい。また、重い副作用はアナフィラキシーショックと言うアレルギー反応があるんだけど、これに関しては0.000005%、そしてこれに関しては、接種する医療機関や、集団接種する場所などでは接種後30分程度様子を見て、万が一アナフィラキシーショックを起こした場合も対処できるように用意されているわ💕
ここで、『やっぱりワクチン接種するしかないかなぁ〜?』と前向きになったアナタ!
せっかくだから、もう少し背中を押してあげるわね💨
えっとね、もうTVとかでも周知されているから、特に大騒ぎするほどでもないんだけど、実際にワクチン接種はもう始まっているのね!
とりあえず、COVID19感染者に実際に接する医師や看護師などの医療従事者はもうワクチン接種は終わっているの。そして、第二段階として、ネーヤみたいに直接COVID19感染者との接触は少ないとしても、一般の方よりも感染者との接触リスクが高い方、また都会でご高齢者や、基礎疾患を持っていて、感染したら生死に関わるような患者様(呼吸器疾患や糖尿病、脳梗塞などの既往歴がある方)なんかは、もうワクチン接種が始まっているのね!ちなみにネーヤも取り敢えず1回目のワクチン接種を受けてきたわヽ(*´∀`)ノ
で、どうだったかと言うと、何もなかったとは言わないけど、次の日接種部位が筋肉痛みたいになったわ⤵でもね、その次の日は全く普通!一緒に受けたうちの薬局の事務さんも次の日は、接種部位が腫れたり、強い痛みが出たりもしたけど、その次の日はほとんど治まったようね。他の薬局さんの薬剤師さんにも聞いてみたんだけど、どこも似たような感じだったわね。
まあ、この結果でこれからワクチン接種をする皆様全員が副作用が起きないとは言わないけど、それほど副作用が多いとは言えるんじゃないかしら??


ああ、最後にこれからワクチン接種を受ける人のためにワクチン接種のお作法をいくつか挙げておくわね!
1、現在持病があって、受診中の方は必ず事前にかかりつけDrに相談
先程も言ったように、糖尿病や呼吸器疾患、脳梗塞などの疾患がある場合は積極的にワクチンは受けた方がいいのね。ただし、疾患の種類によってはワクチンを受けない方がいい場合や受けられない場合もあるの。疾患と言ってもいろいろなケースがあるから、現在治療中の方は必ずかかりつけ医と相談して頂戴!
2、アレルギー体質の方は要注意
一応、ワクチン接種する場合は問診票に記入して、その時注射するDrが確認してくれるし、大丈夫だとは思うけど、食物アレルギー・お薬によるアレルギーがある方は、接種する前に必ずそのDrに念押しして頂戴!
3、当日、体調が悪い方
これも2の場合と同じ!その日にワクチン接種ができないからといって、その日に受けられなかったら次回は最後尾に回されるようなことはないから安心して!それ以上に体調が悪い時はワクチンを接種するのは危険なの!発熱がある場合など体調不良の場合は必ず、当日申告してちょうだい!!
4、ワクチンを受けた日の次は休日がベスト
これはマストではないんだけどね、ネーヤの経験や今までの情報を見ていると、軽微な副作用は接種した次の日に起きているのが多いのね。だから、接種した次の日はお仕事を休んで家でゆっくりしていた方がいいと思うわ。もちろん何かあればすぐに受診するのは当然だけど、それも会社などを休んでいた方が受診しやすいからね💓

と、まあ現時点でCOVID19に関して分かっていることや、ネーヤがアドバイスできるのはこのくらい!
ちなみに、このGW中にはマスクをしていても感染リスクがある!なんていう発表もあったけど、医療従事者からすれば、『それがどうしたの?当たり前じゃん!』くらいの発表ね(^_^;)

まあ、COVID19に関して言えば・・・

例えワクチン接種が100%になったとしても油断はできない!

と考えている医療従事者がほとんどじゃないかな?

だからね、ワクチンやマスコミのいろいろな情報があるけど、それで一喜一憂しないでちょうだい!

と言ったところで、COVID19って( 'ω')?三部作はこれにて終了💨
ではでは✋

posted by ネーヤ at 17:23| Comment(2) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

COVID19って( 'ω')?(予防編)

前回のブログは理解できたかしら?

え?イマイチ理解できなかった??

仕方ないなぁ〜!じゃあこの前のブログをダイジェスト版として分かりやすく言うとね・・・


COVID19と言うのは、程々悪いウィルス感染症なの!!!



ん?程々悪いって( '-'* )??

と思った方々。えーっとね、前回のブログでCOVID19と他のウィルス感染症と致死率や感染率で比較をしたでしょ?COVID19の場合、確かに致死率や感染率が高いんだけど、その数値はネーヤからしてみると、言葉は変だけど程々なのよ。
それでね、今現在、医療崩壊が起きかけてたりして、かなり深刻な問題になっているにも関わらず、『コロナはただの風邪』とか言っているおかしな人もいるし、マスクもせずに、大声で話しながら会食とかする人もいるでしょ?
つまり、COVID19の致死率がエボラ出血熱やペスト(これはウィルス感染じゃないけど)と同等だったらもっと大騒ぎになっていただろうし、とてもオリンピックなんてとっくに中止されていたと思うし、マンボウなんてなまやさしいものじゃなくロックダウンなんかもあったかもしれないわ。そして、今は感染が1日に3千〜5千人程度だけど、これが1日に5万人とかなっても大騒ぎだと思う。そうしたら、先ほど言ったようなおかしな人間はほとんどいなくなると思うわ。


と言ったところで、今日のブログに行くわよヽ(*´∀`)ノ

で、このCOVID19を乗り越えるためには、特効薬なんかができるのが一番なんだけど、それは学者さんや製薬メーカーにしかできないことよね?一般の人ができるのは、今更なんだけど・・・感染を広げないようにするための予防なのね!そのためにはいくつかの方法が言われているのね。

あ、もう一度言っておくわね!今更なんだけど!!!感染を広げないようにする方法ね!

まあ、マスコミなんかでも毎日のように言われているから、目新しいこともないんだけど、せっかくだからネーヤの解釈(能書き)を聞いていって頂戴💓

まず最初に・・・

COVID19はウィルス感染だからウィルスに感染しなければ大丈夫!!!

え?何当たり前のこと言ってんの??馬鹿じゃないの???
と思った方々、もちろん当たり前のことなんだけど、それができてないから、未だにCOVID19の感染が収まらないんじゃない?
でね、その感染を完全に防ぐ方法なんてものはないの!ただし、感染する確率を減らす方法はあるのね。それを挙げていくから少しでも参考にしてちょうだいヽ(*´∀`)ノ

1、マスク
先ずね、COVID19のウィルス感染が最も多いのが口・鼻の呼吸器感染なの!マスクをすることによってある程度感染は防げるんだけど、マスクは自分が感染するのを防ぐというよりも、他人に感染させないという意味合いが強いのね。そういった意味ではマスクは付けるべきなの!ところが、世間の中にはマスクを毛嫌いしちゃう人もいるのね。まあ、中にはアレルギーなんかでマスクができない人もいるので、そういう人は仕方がないと思うけど、暑苦しい!とかの理由でマスクをしないのは言語道断!
でね、マスクを使うときの注意をいくつか挙げておくわね。
・マスクは正確に使って!
時々、口だけマスクして鼻にはマスクをしていない人を見かけるんだけど、先ほど言ったように鼻からもウィルスは入るからね!そして、マスクと顔に隙間が空いている人もいるけど、それではウィルスが出入り自由となるからね!それと、使い捨ての不織布のマスクなんかは表裏や上下があるからね。それを間違って使うとせっかくのマスクの効力も半減するわ。ちゃんとマスクの説明(箱に書いてある)を読んで、正しい使い方をしてちょうだい!!!
・マスクを長期間使わない!
患者様でも見かけるんだけど、時々薄汚れた患者様もいらっしゃるのね。マスクは使っているとそのマスクにウィルスが付着する場合も多いのね。つまり長期間使えば使うほどウィルスに接触する確率が増えるの!ちなみに医療従事者は頻繁にマスクを変えるわよ。特に大きな病院の医師や看護師なんかは病棟を移動すると、その都度マスクを新しいのに変えるわね。それじゃないと複数の病棟でクラスターが起きる可能性が出ちゃうからなのね。一般の人ならそこまで頻繁に変える必要はないと思うけど、1回使ったマスクはいくら綺麗でも次の日に使うのはダメね。できれば、外出して家に帰ってきたら、そのマスクは捨てて外出するとき新しいマスクに変えたほうがいいと思うわ!
・マスクの取り扱いに注意!
先程も言ったように、マスクをして呼吸するとウィルスがマスクに付着する確率が大きいのね。で、マスクの位置を頻繁に治す方がいらっしゃるんだけどそれをやると手にウィルスがついちゃうのね。だから、位置を治したい時はマスクのゴムを持って一旦外してから再び装着するのが正しい使い方。また、マスクを廃棄するときはできればビニール袋などに入れてから廃棄するのがいいわね。そしてマスクに触ったあとはちゃんと手を洗ってねヽ(*´∀`)ノ


2、うがい・手洗い
うがいや手洗いは、付着したウィルスを洗い流すといった点で非常に有効な方法ね!手洗いは流水で30秒以上で完璧!ちなみに漫画家の油沼さんや、ルルーシュ先生もTwitterで紹介してたけど「ハッピーバースデイ♫」の歌を2回歌うくらい。洗うときは手のひらだけでなく、手の甲や指の間、手首なんかもしっかり洗ってね💓うがいも同様ね!喉の粘膜に付着したウィルスを洗い流せるわ!
そして、手洗いをしたあとはアルコール消毒薬で消毒しておけばいいわね💕
あ、喉の消毒にお酒を・・・なんていうのも聞くけど、消毒に必要なアルコール濃度は76,9%〜81,4%なのね。ちなみにお酒のアルコール濃度は標準的なもので、ビール4〜5%、日本酒17%、焼酎25〜35%、ウィスキー40%程度だから、全然足りないのね(^_^;)まあ、世の中には96%あるポーランドのウォッカ、スピリタスなんていうのもあるけど、まあこれはカクテルなんかで薄めて使われるもので、消毒用アルコールと同程度のアルコール濃度で呑んだら・・・(ネーヤは呑んだことあるけど)COVID19よりも危険だと思うわ🍸
ちなみに、ウィルスが感染するのは口・鼻が多いんだけど、目の粘膜からも感染する可能性があることが知られているので、なるべく顔を手で触らないようにするのも大切よ👀


3、十分な栄養と休養
一応人間にはウィルスなどに対抗する免疫力というのが備わっているのね。身体が疲れていたり、栄養状態が悪かったりするとこの免疫力は著しく落ちるの。免疫力が落ちるといろいろなウィルスや最近に感染しやすくなるし、感染したら重症化しやすくなるのね。だから、普段から免疫力を高めておく必要があるの。免疫力を高めるためには、しっかり栄養、休養を摂ることが必要。軽い運動やストレスを溜めない事も必要💤


4、不必要な外出を避け、ソーシャルディスタンスを保つ、そして換気
何度も言うけど、COVID19は感染力が強く、人から人に感染していくのね。そして、その感染に関しては時間や場所を選ばないわ。人が多く集まれば、それだけ感染が大きくなる可能性が大きくなるの!だから、コンサートなんかは中止になるし、スポーツ観戦も無観客や観客数を減らしているわよね。お仕事に関しても在宅ワーク、学校なんかもリモート授業が多いでしょ?だから、人と会うような外出はなるべく控えた方がいいわね。まあ、全く外出するな!と言うのは酷だし不可能だと思う。だから、出来る範囲で、例えばスーパーなんかではまとめ買いをして買い物の回数を減らしたりした方がいいわね。
そして、COVID19のウィルスはCOVID19に感染した人から出るウィルスを含む飛沫(唾液やくしゃみ)や空気中にに漂うエアロゾル(微細な粒子)を吸い込むことによって感染することも知られているのね。
ちなみに飛沫の場合、2m以上離れることによって、飛沫は殆ど届かなくなるのね。これがソーシャルディスタンスと言われる元になったもの。つまり、ソーシャルディスタンスを取っていれば、飛沫感染は防ぐことが出来るのね。更に、ちゃんとマスクしていればこの距離は1mでも大丈夫と言われているのね。また、エアロゾルの場合は空気中に漂っているのでソーシャルディスタンスとかは関係なくなるのね。このエアロゾルは定期的な換気をすることによって防げるの。
だから学校や職場なんかではある程度の時間で窓を開けて換気をするのね。まあ、夏の暑い中や冬の寒い中では、窓を開けて空気の入れ替えをすると部屋の温度が、外気温と同じになって暑かったり寒かったりして辛いだろうけど感染するよりはマシ!ちなみに家電業界では換気ができるエアコンとかが爆売れだそうよヽ(*´∀`)ノ
まあ、てっとり早く言えば、密集した空間で、人が近くにいる時間が少なければ少ないほど感染する確率は低くなるの。


5、消毒
えっとね、COVID19のウィルスっていうのは結構長生きなのね。どのくらい生存するか?と言うと・・・
エアロゾルでは3時間、ティッシュやコピー用紙でも3時間、プラスチックやステンレスの表面では3日間程度、またサージカルマスク(普通の使い捨てマスク)の表面(表側)では7日間以上生存していたという研究結果があるのね。ちなみにCOVID19のウィルスはアルコール消毒でやっつけられるのね。
だから、マスクやお金はもちろんのこと、ドアノブやスーパーでのお買い物のときに持つプラスチックのかごなんかに触れた場合には、その後速やかに手洗いをして、アルコール消毒をするのがいいわ!一時期、アルコールが品薄状態になったけど今は問題なく流通してるし、気の利いたスーパーなんかだと、アルコール消毒液と一緒に紙ナプキンなどが用意されているから、かごの持ち手などをアルコールで拭いておくといいわね💕
そして、マスクの処理方法は先程も書いたから問題ないでしょ⁉あとは家での消毒よね💓まあ、外出から帰ってきたらすぐに手を洗うことと、ドアノブなんかはアルコールを吹き掛けて紙ナプキンで拭っておけばいいわね。


一応こんなところかな?まあ、あまりナーバスになることはないと思うけど、ウィルスはそんなに珍しいものではなく、その辺に当たり前のようにいるということは覚えておいたほうがいいかもね❗

と言ったところで、今日のブログはここまで💨ではでは✋


posted by ネーヤ at 17:25| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

COVID19って( 'ω')?

さてと、今日は世間を賑わしているコロナのお話ヽ(*´∀`)ノ

( ゚Д゚)ハァ?今更何よヽ(`Д´)ノ

と思った読者の方々。

まあね、ネーヤとしても今更感が半端ないのは分かってはいるわよ(笑)
でもね、ある程度、情報が出てきてからの方が、ブログネタとして熟成されてわかりやすいでしょ??
まあ、後出しジャンケンにした方が面白いブログが書けるってものよwww

と、まあとりあえずツカミはOK!と言ったところで・・・

コロナって何???ってところからね💨

あ、古くからの読者の皆様はよく分かっていらっしゃるからいいんだけど、最近になって読者になってくださった方々に注意書きね!

え?新しい読者なんているの!?(゜∀゜)って、思った方々。
それがいるのよ💓ネーヤの場合、ブログを更新すると、Twitterで報告するんだけど、その報告に対して『ネーヤがブログ書いていたなんて知らなかった!!』なんてリプが付いたりしたものね💦
えっとね・・・このブログの一番上の題名の下の注意書きを見ていただければ一目瞭然なんだけど、大切なことだからちゃんと言っておくわね。


このブログは、おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです!!!



いい?ちゃんと理解した??このブログはネーヤが書きたいことを書きまくるブログなの(笑)
だ・か・ら・・・お話はあっちこっち飛びまくるし、内容も独断と偏見に満ち溢れてるの(笑)(笑)
まあ、分からないことがあれば質問してくれればいいし、間違った内容があれば訂正も受け付けるわ(笑)(笑)(笑)


それと、もう一つ重要なことを言っておくわ!

ネーヤは一応薬剤師免許を持っているから薬剤師なんだけど、他の真面目な薬剤師さんのブログと違って、有用な内容なんかは全然ないからね!


ネーヤの場合、未だになぜ国家試験に受かったのか?と思っているオフザケ薬剤師なの💕
もし、このブログで何か有用な情報とかを得ようと思っている方がいたら・・・悪いことは言わないから、ここじゃなくて、他のもっと真面目な薬剤師さんのブログを見たほうがいいわ!!

と、またも無駄な文字数と時間を使ったところで本題に入るわね!

えーっと、あ、そうそうコロナって何?というところからだったわね。
コロナ、コロナって言うけど、コロナは略称。略さずに言うと新型コロナウィルス感染症。そしてちゃんとした病気の名前はCOVID19、そしてこれはウィルスに感染して起きる病気のことなのね。ちなみにウィルスによる感染症、身近なものではインフルエンザや(俗に言う)風邪、あと、子供がよく罹る水ぼうそうなんかもウィルスによる感染症なのね。ちなみにインフルエンザではインフルエンザウィルス、風邪ではアデノウィルスやライノウィルスやコロナウィルス、水ぼうそうでは水痘・帯状疱疹ウィルスが原因となるの。コロナっていうのはコロナウィルスに感染しちゃった事を言うのね。
ちなみに、風邪のところでコロナウィルスが出てきたでしょ?ただし、これは現在世間を賑わしているコロナとは別物なの。コロナウィルスにも種類がいくつかあって、風邪のコロナウィルスはHCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1の4つ。他にも重症急性呼吸器症候群コロナウイルスはSARS-CoV、中東呼吸器症候群コロナウイルスはMERS-CoVというウィルスに感染する病気なの。
そして、今騒がれている新型コロナ感染症はSARS-CoV2というウィルスによる感染症のことを言うのね。

ここまでで、いろいろな質問やツッコミが殺到しそうだけど、これから色々と説明してくからもうちょっと読み進めて言ってちょうだい🚗

先ずね、賢い読者の皆様ならすでに分かっていると思うけど、CoVというのは CoronaVirusの頭文字のこと。
そして、COVID19というのは、COronaVIrusDiseaseの頭文字、直訳するとコロナウィルス病気、つまりコロナウィルス感染症になるの。そして2019年に感染者が出たところから19。すべて合わせてCOVID19となったの。
ここでちょっとした豆知識ね!いろいろなコロナウィルスの共通としてこのウィルスはその表面に突起状のタンパク質があるの。この突起物が王冠(コロナ)のように見えることからコロナウィルスと呼ばれているのよ!
ここまでは理解できた?じゃあ、次に進むわよヽ(*´∀`)ノ

先ほど重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群って言葉が出てきたでしょ?その後ろにウィルスの名前が書いてあるから、分かると思うけど、この疾患はサーズ(SARS)マーズ(MERS)と呼ばれていたわね。
でね、繰り返しになるけど、COVID19の原因となるウィルス名はSARS-CoV2!SARSとついているでしょこのSARSというのはsevere acute respiratory syndrome、重症急性呼吸器症候群の頭文字なのつまり、COVID19は重症急性呼吸器症候群を引き起こす可能性が高いというわけね。

えー!でも『コロナはただの風邪!』って言っている人もいるじゃん!!

と叫んだ方々。
うむ、確かにウィルス感染による病気というなら、COVID19は風邪と同類項と言えるかもしれないわね(^_^;)
でもね、ウィルス感染と言ってもいろいろな感染があるのね。
本当に繰り返して悪いんだけど、COVID19の原因ウィルスはSARS-CoV2!つまり重症急性呼吸器症候群を引き起こす可能性が高いのよ!この情報を無視して『コロナはただの風邪!』って言ってる奴は、ネーヤみたいな底辺医療従事者からしてみても・・・

お前、馬鹿だろ!!!


としか言いようがないのね(^_^;)
そして更に言わせてもらえるなら、COVID19によって重症化した患者様はエクモ(ECMO)という医療機器が必要になるのね。ちなみにこのエクモ非常に優秀な医療機器なんだけど、今までこのエクモが必要になる患者様も少なかったし、エクモを完璧に扱える医師や看護師が少なかったのね。で、今回のCOVID19で慌てて医療従事者に研修をさせたんだけど、そんな付け焼刃的な対処で間に合うこともなく、医療現場でアタフタしてるのも事実。頑張っている医療従事者には悪いんだけど、やはり後手に回ってしまったのは否めないと思うわ。

えー!COVID19ってそんなに危険なの??単に医療関係者やマスコミがお騒ぎしてるだけじゃねーの???って思った方々。まあ、身近にコロナ感染者がいなければそう考えちゃうかもしれないわね(^_^;)

じゃあ、COVID19が怖い理由を他の感染症と比較して考えてみるわね。
先ずね、感染症の怖さを考えた時に、基本となるのは感染によって致死率や重症化率、それと感染率なのね!
え?よくわからない??
えっとね、致死率や重症化率、それに感染率という言葉はわかってくれると思うんだけど、例えばCOVID19に日本の人口1億2千万人のうち、感染する確率が120人、つまり100万人に1人、0,00001%が感染するなら全く問題にならないのよ。また1億2千万人のうち、感染者が2400万人(5人に1人が感染)だとしても、そのうち重症化する、または死亡する人間が100人だとしてもここまでは問題にならなかったのね。
ところが、COVID19の場合(まだ感染が収まっていない状態だから概算だけど)・・・
普通の風邪と言われるのと比較した場合、感染率は2〜3倍、致死率に至っては10〜50倍になるのね。
そして、通常のインフルエンザと比較した場合は、感染率は2〜3倍、致死率は1〜50倍なの(変動があるのは、COVID19がまだはっきりわかっていなくて情報が少ないから)
まあ、これだけだと、イマイチピンと来ないだろうから、もう少し有名な感染症と比較すると・・・
かの有名なスペイン風邪と比較すると、感染率は3倍、致死率は同等!エボラ出血熱と比較すると致死率は10分の1以下に落ちるけど、感染率は3倍くらいなのね。
だいたいこれで、COVID19がどんなものか分かっていただけたかな?


え?COVID19って、そこまで怖い病気だったの💦って思った読者の方々、大丈夫!
次回はCOVID19に対抗する方法をネーヤがちゃんとレクチャーするからねw 


といったところで、今夜のブログは一旦オシマイ❗ではでは💨


posted by ネーヤ at 15:25| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。